邦画ブラボー

おすすめ邦画(日本映画)のブログ。アイウエオ順(●印)とジャンル分け(★印)の両方で記事検索可能!歌舞伎、ドラマ感想も。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「小さいおうち」

2015-03-12 | ★愛!の映画

中島京子さん原作の「小さいおうち」。

山田洋次が映画化を熱望したというので

ちょっと気になっていた作品。

地上波で放送されたので見ました。

 

戦前の東京、山の手に建てられた

小さな赤い屋根の洋館に暮らす一家の日常が、

東北の雪深い村出身の女中の目を通し、丁寧に描かれております。

物語は二層式になっており、

舞台が変わった現代では

アパートで

ひとり暮らしの元女中(倍賞千恵子)の回想形式:自叙伝として語られます。

 

庭で女中が着物の伸子張りをしている様子や

松たか子が運針しているところなど

演出も細かくて面白かった。

自分もお裁縫をするのでこんなところを見てしまう。

運針はイマイチだったけど、

吉永小百合とか他の女優さんと違い、正面からトライしておられます。

(今まで見た映画の中では乙羽信子(香華)と

田中絹代の運針が上手かった!女学校でお裁縫が必修だったころの女優さんはすごいですわ)

 

それと倍賞千恵子の、

とんかつをあげる手つきや料理の盛り付けの

仕草が印象的でした。

微細なところまでの役作りがさすがです。

 

セットが作り物っぽい乙女チックな雰囲気で

物語もどこか大人のメルヘン風。

現代の作品の中の

昔を再現したセットは

絵に描いたようなステレオタイプで、いつも違和感を感じるのですが

思いっきり作り物っぽいので、すんなり受け入れられました。

 

久石譲の抒情的なメロディが繰り返される

序盤は、

私たちが思うような戦争前の陰鬱な雰囲気とは違い

平和でのんびりした市井の生活が描かれます。

向田邦子のエッセイにも

戦前の庶民の生活は穏やかだったと表現されていたのを思い出しました。

回想形式という点、ちょい色っぽさということも含め、全体に

ちょっと向田ドラマにも似た風情、

そしてそこここに

小津安二郎的趣も感じられます。

(もしかしてオマージュもある?)

 

徐々に戦争の色が濃くなってきて

人々の表情に影が出てくる。

世の中の情勢が変わっていくにつれ

暮らし向きも変わっていきます。

 

その中に織り込まれたひそやかな秘密。

奥様の不倫 に気付いた女中が思い悩んだ末、

ある行動に出るというものですが、

これが!!

筆者 一言言わせてもらうと

奥様のお相手

吉岡秀隆には

色気がない・・・ちゅうことです。

どうも「秘め事」の匂いがしなくて・・ほんとに二人は?と疑問に思ったくらい。

これが伊勢谷友介だったら、井浦新だったら?緊迫しただろうに!(爆)

思ってみましたが、

どうも、

山田洋次監督に原因があるのではないか?

ラブストーリーはムリだったのではないか??という結論に達しました。

 

色気が・・・・・・・・!足りない・・・・・・・・

 

松たか子は綺麗だけれど、奥様言葉もどこか空々しく、

吉岡を本気で愛している気持ちが伝わってこない。

重要な役柄の黒木華も、

たたずまいは女中だけど、

奥様や吉岡秀隆に対する

複雑な思いが

イマイチこちらに伝わってこなかったのは

演出のせいなのか役者のせいなのかわかりません。

片岡孝太郎、台詞棒読みです。

 

米倉斉加年はお年を召されて声が変わっていて

びっくり。この後 亡くなられたと聞いた・・・

 

色々ありましたが

みんな死んでしまって、

人々の悲しみも悩みも

みんな夢の中・・・という無常観と

さらりとした軽い後味が残りました。

おばあちゃん思いの妻夫木くんの現代的な明るさが

そうさせてくれたのかもしれまっしぇん。

 

私のキャスティングでは月丘夢路が奥様、

口うるさい奥様の姉は杉村春子かな。

相手役に伊勢谷友介・・・女中は・誰がいいっかな~~~?

 

時系列がめちゃくちゃでスミマセン!

 

 

 

 

 

 

 

コメント (4)

若尾文子の「清作の妻」

2015-01-10 | ★愛!の映画

長年見たかった作品を

ついに

2015年見ることが出来、感涙。

たいへんな衝撃作でした。

 

田村高広扮する夫に対する

ものすごい愛情と執着は、

「妻は告白する」(61年)で、

ずぶ濡れで

川口浩の職場へ行って迫るシーンを彷彿とさせる、

いやそれ以上の迫力。

 

捨て身、忘我、滅私の権化と言えるでしょう。

 

美しく色っぽいおかねは

(言っときますが、ものすご~~~く綺麗です!)

貧しさゆえ

年寄りの(殿山泰司)妾をしていましたが、

殿山のダンナは風呂上りに倒れ、あっけなく昇天。

 

厄介払いの手切れ金をもらって、

実家がある貧村に戻るのですが

村人に

妾をしていたあばずれ女と蔑まれ、村八分に合うのでした。

 

閉鎖的な村社会がえぐいまでに描かれ

文子ちゃんの孤独が浮き彫りになります。

そこへ村一番の優等青年である清作(田村高広)が戦争から帰ってきます。

日清日露の時代、

兵隊に志願する若者はこの時代、村の誉れとしてもてはやされておりました。

二人は出会い、離れられない関係になって

周囲の反対を押し切り結婚するのでした。

生まれて初めて掴んだ幸せを

絶対に逃したくないおかねは、 狂おしいまでに激しく夫を愛します。

(激しすぎて、見てるほうも何か起きそうな不穏な予感が・・・・)

 

だけど、悪い予感が当たり・・・そんな幸せも長くは続きませんでした。

 

再び召集令状が!!!

愛する夫が死ぬかもしれない!!!そうしたらまたひとりぼっちになる!

 

おかねは

苦しんで苦しんで苦しみぬきます。

 

見てるほうも息が詰まるぅ~~~!

 

思いつめた人間というのは恐ろしい。

そして見送りの儀式の日、

清作の妻

誰もが予想だにしない、行動に出るのです!!!

このくだりがサスペンスタッチでハラハラドキドキ・・・

 

若尾文子は美しいだけではなく

すごい表現力をもった女優さんだ!と今更ながら感嘆しました。

リンチシーンあり。思い切った演出。

 増村保造、我らが文子様になんということをさせるのでしょうか!

 増村監督らしく

不幸・・不幸 ↗ 天国 ↘ 不幸 ↗

メリハリはっきりしてます

 

ラストも予想だにしない展開で、

これまたお見事!

絶対に幸せを逃すまいとする若尾チャンの

アカデミー級の名演に目が覚めた新年でした!

夫役が名優の田村高広なのも大成功。

しつこさ、いやらしさというものが全くなく、

あっと驚く結末に説得力があり、余韻が残りました。

 

 

 

増村保造監督 1965年

日本映画専門チャンネルにて

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント (7)

「明日の記憶」

2014-07-20 | ★愛!の映画

普段は考えていないけれど

ふと

想像するだけで奈落の底へ落ちるような恐怖を感じることって

たくさんありますが

この映画のテーマ

「若年性アルツハイマー」もそのひとつだと思い知らされました。

 

花形広告代理店の部長だった渡辺謙が、

若年性アルツハイマーに

なってしまう。

病名を告げられた時の絶望感、想像するだけで恐ろしいですね。

世界の謙さんが

丁寧に丁寧に主人公の心のひだを表現しています。

 

徐々に自己が崩壊していく恐怖におびえつつ

無くなっていくだろう記憶を日記に書きとどめておこうとする

姿は傷ましいの一言。

渋谷の街で突然自分の居場所がわからなくなり

焦りまくる主人公の姿も恐ろしかった。

映像も本人の頭の中の混乱をよく表していて

会社を歩いている時の妄想シーン(からだと脳がぐらりとゆらぐ感じ)は

特に素晴らしかった。

 

ひとり娘の結婚式でのスピーチ、

退職する謙さんを見送るかつての部下たち、

細かい演出が涙を誘います。

 

精神が崩壊していく病気ほど

残酷でつらいものはないのではと

思った。

 

ショックを受けながらも

夫を支えていこうとする専業主婦の樋口可南子が凛と美しく

つらい物語の救いになっていた。

 

あなたがもしこんな病気に罹ったら?

大切な人が罹ったらどうしますか?と問われているような気がした。

でも

答えは出てこないし

映画の終わりもとても切ないものだった。

 

 

日本映画専門チャンネルにて

コメント

太秦ライムライト テレビ編集版 見ました

2014-01-15 | ★愛!の映画

斬られ役の大スター、

「ラストサムライ」で脚光を浴びたことでも有名な

福本清三さんが初主役を務めた、

時代劇への愛に満ちた作品。

 

チャップリンの「ライムライト」を下敷きにし

斬られ役の大部屋俳優と

女優の卵とのふれあいを描く中で

かつて数々の時代劇を送り出した

京都太秦スタジオの衰退が

あぶりだされております。

 

「一生懸命やっていれば、何処かで誰かが見ていてくれる」

華やかな表舞台じゃなくても

自分の持ち場を誠心誠意勤め上げる。

ぐっとくる福本さんの言葉です。

 

そんな福本さんの等身大の生き様が描かれており、胸を打たれました。

 

初ヒロイン役の山本千尋さんはぱっと見、

可愛らしい少女。

 

しかしその実、

世界武術大会で沢山のメダルを獲得している

武術界のエースだそうで

最初、福本さんに教えを請う場面では

おどおどしたへっぴり越し、

徐々に体の芯がしっかりしていき、目つきが変わり

ラストでは別人のように(というかこれがほんとの実力なのでしょうが)

圧倒的なたち回りを披露するなど

見事な演技でした。

 

スタッフたちに

「だんな」と呼ばれる大スターに

待ってました!と声をかけたくなる松方弘樹。

このキャスティングも嬉しかった。

お父さんの近衛十四郎の立ち回りも

すごかったけど、

さすがの千両役者オーラ、華があります。

そうそう、もうひとつビックリだったのは

時代劇の監督役で

中島貞雄監督が出演していること!これは映画ファンには嬉しい!

 

いや~~もっともっと時代劇が見たくなりました。

ブラボ~~福本!時代劇!

 

この作品は今年夏に

劇場公開されるそうです。

ぜひ映画館でも見てみたい!! 

 BSプレミアムにて

監督〕落合賢
〔脚本〕大野裕之
〔撮影〕クリス・フライリク
〔音楽〕戸田信子
〔出演〕福本清三、山本千尋、合田雅吏、萬田久子、本田博太郎、小林稔侍、松方弘樹 

 太秦ライムライト 公式HP

コメント

木下恵介の「お嬢さん乾杯」

2013-06-19 | ★愛!の映画

木下恵介監督

楽しくてちょっと切ない恋愛コメディの傑作。

BSプレミアムの

「山田洋次が選ぶ日本映画100本」で放送されました。

 

1949年公開。

脚本は新藤兼人

 

終戦直後の東京、自動車修理業で財を成した

佐野周二は没落華族のお嬢様、原節子とお見合いをすることになった。

佐野はもちろん一目惚れして、とんとん拍子に事は運ぶが

うまく行き過ぎる話の裏はやはり深い事情があった。

 

教養も品も無いが

お金を稼ぐことは得意な

佐野周二のキャラクターが最高。少々強引だけど

気が良く弟(佐田啓二)の面倒見も良い。

浮き浮き気分の佐野が

洒落たファッションに身を包んだ佐田啓二をバイクの後ろに乗せ

神宮外苑あたり(たぶん)を疾走するシーンが最高。

 

「兄貴、何処へ行くの?」

(佐野、手をハンドルから離し、ヒラヒラさせながら)

「天国さ!♪」

(佐田啓二慌ててしがみつく)

 

原節子は齢 29歳!あの「東京物語」よりも若く、

きらきらと光る瞳は宝石のようであります。

元華族のお嬢様役といえば吉村公三郎監督の

安城家の舞踏会」を思い出しますね。

これもやっぱり新藤兼人脚本でした。

お嬢様言葉を

こんなにもさらりと自然にこなすことが出来るのは、

彼女と、「美徳のよろめき」(こちらもやっぱり新藤脚本)の

月丘夢路が双璧だと思います。

そして母親役にはあの

東山千栄子ざましょう!!

これは鉄板、押しも押されもせぬ無敵の元華族の配役です!

並なみならぬ

ユーモアセンスが散りばめられていて

原節子の祖母の言動とか

佐野周二の表情など思わず笑ってしまう箇所多数。

かと思うとほろりとさせられたり・・楽しめます。

見事なカメラアングル、テンポのいい洒落た演出は

ほんとに驚嘆の一言です。

 

佐野の行きつけのバーのマダムには

黒澤明の「八月の狂詩曲」で主役を演じた村瀬幸子

佐野を励ましながらも

「私がもう少し若けりゃ、ほっときゃしないよ」などと言ってますが

そのわりにはそんなに色っぽくありません(爆)

 

身分違いの恋を周りの人々が暖かく見守り応援する様子は

あのヒュー・グラント、ジュリア・ロバーツの

「ノッティングヒルの恋人」みたいで

やっぱり木下監督って天才!

時代の先を行っていたんだなと再確認しました。

 

もちろん音楽は木下忠司。

灰田勝彦の歌声が高らかに「人生の善きもの」を歌い上げます。

後味も爽やかで希望に満ちている。

山田洋次ならずとも日本の恋愛映画のトップ10には入れたい映画です。

これも見てね♪おすすめ♪

関連記事

● 「安城家の舞踏会」

●「美徳のよろめき」(成金の夫役、三国連太郎がいいです)

コメント

「ほらふき丹次」

2012-09-19 | ★愛!の映画

観始めたらぐぐぐっと

引き込まれてしまった。

 

藤田進が

原作に惚れ込んで企画を持ち込み

自らが主人公の丹次を演じたそうな。

切り替えが鋭いシャープな演出が冴えると

思ったら監督は中川信夫。

きらきらとこもれ陽が差し込む

山林の描写は

黒澤の「羅生門」を思い出させる。

 

藤田進っていえば「姿三四郎」を思い出す方も多いと思うけど

四角い顔に大きな目、まるで

野生の熊みたい。

豪放磊落でワイルドな魅力が

キャラクターにぴったりはまっている。

でも、たたずまいになんとなく哀愁があるんですね。

 

三船敏郎とかこの人とか

勝新太郎みたいな、

画面が狭く感じるスケールの男優さんって

今いませんね。

黒澤映画「隠し砦の三悪人」でも達者な乗馬を披露していたけど

ここでも見事な手綱さばきをみせてくれてます。

 

前半は小さな村の人間模様と

ふとしたことから同居することになった

無垢な少女(安西郷子)とのほほえましいエピソードが綴られていく・・

が、

後半ではがらりと、息つけない展開に変わっていく。

このタッチの切り替えが素晴らしい。

 

あまりにも純粋で無垢な魂は

この世では

生きづらかったのか。

丹次が娘のように可愛がる少女、はつ子を演じた

安西郷子の美しさが

作品をより切なく、より光り輝かせています。

 

巡査役の

東野英治郎もまことに素晴らしく、

藤田進の純情、安西郷子の愛らしさに泣けた夜でした。

****

 

蛇足ですが

安西郷子って、日本人と思えないような美貌の持ち主ですね。

それがなんと、三橋達也夫人になって引退したとは知りませんでした!!

三橋達也、やっぱりやるもんですね~~!と、妙なところで感心してしまいました。

コメント

「続飢える魂」

2012-05-02 | ★愛!の映画

鬼才川島雄三にかかると

男女の愛憎ドラマも哲学的で

とびきり洒落て見える。

 

青年実業家でプレイボーイの三橋達也(元祖ソース顔)と

暴君(小杉勇)に仕える従順な人妻 南田洋子との愛と

その周りの人々の人間模様を描く。

軸になる二人もさることながら

小杉勇のいやらしさと俗物ぶり、

轟由起子(味がありますねえ)と大坂志郎の熟年カップル、

学生服の小林旭(すでに貫禄あります)、

渡辺美佐子(ものすごい表現力です)、

若い頃から老け役の金子信雄、

なんて台詞が上手い女の子だなと思ったら桑野みゆきだったり、

にくいほどの芸達者ぞろいで

楽しくなってしまう。

 

主人公を取り巻く人たちの内面も丹念に浮き彫りにするのは

川島雄三ならでは。群像劇的メロドラマと言おうか・・

 

カット割り、テンポの良さ、

おのおののエピソードを挿入するタイミングは

最近のアメリカンドラマ、「プリズン・ブレイク」とか

「トゥルーブラッド」も真っ青の切れの良さ。

まるで小気味よい音楽を聴くようなシャープな展開なのです。

 

家の中を輪切りにするように流れるカメラワーク、

センスありすぎ。

この映画が公開されたのはなんと50年以上前なのに!!

 

川島映画でおなじみの

フランキー堺、岡田真澄、小沢昭一などの顔が見えるのも嬉しい。

夜間飛行の機内から見えるテレビ塔や

全国ロケの貴重な映像も盛り込まれている。

 

ラストまでジメジメせずに

ドライに仕上がっているのも川島流。 

 

南田洋子、カンペキな骨格で綺麗です!!

 すごいタイトルの原作は丹羽文雄。

 

1956年公開

川島雄三監督

 

 

コメント

「悪人」

2011-11-07 | ★愛!の映画

閉塞感いっぱいの寂れた地方都市で

孤独な男女が

出会ったのは「出会いサイト」。

出会いサイトっていう言葉自体が

うら悲しいです。

登場人物一人ひとりの内面を

抑えた演出で細密に表現していて

見ごたえがあった。

 

国道沿いの紳士服店に勤める

深津絵里が接客しているシーン。

客の足元にひざまづき採寸していると

裸足が見える。何か感じる深津・・

その後、それまで映りこんでいなかった客の妻が出てくるシーンも上手かった。

 

時々

どきっとするような台詞も含まれていた。

妻夫木くんに連れ込まれたホテルで深津絵里が言う

「女だってそういう気持ちになるときがあるとよ。」

赤裸々な女性目線の性欲表現でどきりとしましたね。

 

さらに深津が無邪気に

「いいね。海のそばに住んでいるとでしょう?」と言うと

暗い目の妻夫木君が言うには

「目の前に海があると、そこから何処へもいけないんだって思う。」

 

脱出不可能のアルカトラスの囚人のような言葉で

びっくりした~~~~!

ともかく主人公の祐一はそんな男なんですね。

 

娘を殺された柄本明の悲しみもよく伝わってきた。

怒りのこぶしは振り上げるけど、

打ち下ろすことは出来ない男であるところが悲しさに追い討ち。

妻夫木くんを育てたばあちゃん(樹木希林)の呆然とした

表情も悲しかったですね。

年取った弱いばあちゃんから金を騙し取るものもいたりして。

 

悲しい 暗い 悲しい 映画でした。

ずっと雨降っていたし。

雨の演出、よくありますが

 

ざあざあざあざあ・・

 

滅入ります。

 

久石譲の叙情的な調べが

さらに傷に塩をすり込むようにつらかったです。

 

「誰が本当の悪人なのだろうか?」

というキャッチコピーがありましたが

本当の悪人なんて誰が判別出来るのでしょうか?

 

人間の中には

常に善と悪が存在しており

そのせめぎあいの中で他者と折り合いをつけながら

危うく生きている・・のではないでしょうか?

さらに

他者を攻撃することによって

かろうじて自分を保つ弱い存在であり

その攻撃は卑怯にも常に弱いものへと向かっていく。

 

殺された女の子も人を小馬鹿にするような嫌な性格でしたが

それを上回るような冷酷な男(生田斗真君ナイス良かったです)に夜中の道路に蹴り出され

懲りたかと思いきや

助けに来た妻夫木くんを見下し・・という負の連鎖で、たまったものじゃないです。

 

でもそんな娘も柄本さんにはかけがえのない唯一無二の存在だったりします。

妻夫木くんも別れた生母から金をせびる面があるかと思えば

ばあちゃんにスカーフを買ってあげたりする優しさも持った青年です。

 

深津絵里が

自分に言い聞かせるように言っていた

最後の言葉は

色んな解釈があると思いますが

私は

自分にとってはかけがえのない善人でも

他人にとってはとんでもない悪人であることを

遺体発見現場で手を合わせる柄本明を見て

他者の傷みを見て

改めて(初めて?)自覚した言葉ではなかったのかなと思います。

 

何か現代の若者の閉塞感と心の貧しさを見せ付けられた作品でした。 滅入った~~~

コメント (2)

「大鹿村騒動記」

2011-07-25 | ★愛!の映画

原田さんがやせ細った車椅子姿で完成試写会に

臨んでいる映像を見ているうちたまらなくなり、

映画館に走りました。

原田芳雄に会いに飛んで行ったのです。

 

館内は「デンデラ」と同様、中高年が半数を占める入り。

 「大鹿村騒動記」は

長野県の村に

古くから伝わる民衆歌舞伎を軸に

幼馴染と駆け落ちした挙句、

認知症になって戻ってきた妻(大楠道代)とその夫(原田)、

回りの人々の人情喜劇。

 

原田さんは出ずっぱりで

しゃべりっぱなし。

歌舞伎の台詞も朗々と響き渡る声量で

石橋蓮司と共に魅せてくれた。蓮ちゃんもやっぱりすごかった!

二人とも腹の底から声が出ていて聞いててスカッとした。

小倉一郎も歌舞伎台詞、意外と(?)力強くて驚いた。

原田VS大楠道代のツーショットは

あの鈴木清順の「ツゴイネルワイゼン」を思い出させてくれたが

時の流れを感じて頭がクラクラした~~

 

ゴージャスな出演者たちの中でも

三國連太郎はランクが違う感じが・・・

年齢を超越した凄み。

わずかの出番でも作品に深みを与えてくれるたいへんな役者だ。

ただ野原を歩くだけでも映画!になってしまう職人芸を見せてくれてこれぞ国宝級

拝みたくなった。

 

ギャグの演出って難しいと思う。

ここでは決して大笑いを誘うわけじゃなく

くすくす笑いを引き出す系。

ギャグにはセンスが合う合わないがあって、私個人は大笑い系が好みだけど。

多彩な人物の台詞や描写も決して深く重たくは無い。

日本全体が疲れ果てている今日、エグ味の無い癒されるものをみんな見たいのかも。

テンポは良いが

せっかくの歌舞伎のシーン、

爆発的とは言わないまでも、もうちょっとカタルシスが欲しいと思った。

 

原田さんは文句無く素晴らしいです。

原田さんが主役の本格的な時代劇がもう一本見たかったなあ・・・

 

「この週末、大鹿村にちょっと遊びに行ってこよう!」

「原田さんに会いに行って来るか。」

そんな気軽な気分でごらんになると楽しめると思います。

1000円という鑑賞料金も嬉しいですね!

 

コメント (4)

「牝犬」

2011-02-25 | ★愛!の映画
すごいタイトルをつけたものですね:
 
妻子もちの志村喬
踊り子の京マチ子の魅力に負け、
堕落、破滅する物語。
 
あの「七人の侍」の、
「生きる」の、志村喬が
女に溺れるなんて!という
ファンの想いをよそに
なりふり構わぬエロ親父を演じていて、さすがの役者魂をみせてくれます。
 
同じ木村恵吾監督の
「痴人の愛」より
ストレートな愛欲モノ、そのものずばりの内容。
 
京マチ子が相手では
最初から勝敗ははっきりしているようなものですが
カチカチの堅物サラリーマンが
いつどうなって女の術中にはまるのかと
思ったら、
ものすごくあっさりとその手に落ちてしまってアングリ 
 
病弱の妻(北林谷栄)
バレリーナをめざしていた清純な娘(久我美子)も
一家のあるじを失って
あっというまに
不幸のどん底へ叩き込まれてしまいます・・
久我美子の堕ち方がハンパ無くてその落差の激しさがすごい。
 ・・・
など、大げさで漫画チックなデフォルメが楽しい。
 
京マチ子が出ると
必ずストッキングを脱ぐシーンとか
脚を投げ出すシーンがあるけど
ここでも志村喬が
そのおみ足にすがりつくお宝場面アリ。
 
ただれた生活をおくる京が、
教養ある若いピアノ弾き(根上淳)に
ひとり相撲の恋愛感情を抱いて幸せを夢みるところは
ちょっと森鴎外の「雁」を思い起こさせます。
 
どっこい志村は離れようとせず
その執着と怨念は
ホラー映画のように
加速していきます。
 
 
教訓:女の脚には気をつけろ
 
1951年

監督 木村恵吾

脚本 成澤昌茂

   
   
   
   
   
コメント (2)