邦画ブラボー

おすすめ邦画(日本映画)のブログ。アイウエオ順(●印)とジャンル分け(★印)の両方で記事検索可能!歌舞伎、ドラマ感想も。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

知るを楽しむ:「おもろい作家」太宰治

2009-10-27 | ★TV番組
小説家の西加奈子さんが太宰のユーモアに迫る。

今風のルックスの西さんが
最近の芸人を見るのと同じ目線で
太宰を
めっちゃおもろいやん
めっちゃおもろいおっさん」と
面白がるところがまず面白かった。

高校生の頃、はまったという「皮膚と心」
「富嶽百景」から
つっこみどころを拾い読みして笑いころげる。

「笑い」って普通、誰かに説明されたり
ここが面白いから可笑しいなどと分析されると
しらけてしまうものだけど
西さんがほんとに可笑しそうなので
思わずもらい笑いしてしまった。

乱脈な女性関係・心中・人間失格
・ダメ人間と言いながらもナルシスト・・のような
ステレオタイプのイメージとは違う太宰の顔が見える。

そういえば
「ほんとはとても明るい男だった」のような証言もあるようだし
相手によって、
またその時々で別人にみえるような
かなり多面性がある人だったのかもしれない。

このシリーズは、
身近な(と勝手に思っている)女性作家の方々の
新しい観点が新鮮で、見ていて楽しい。

今まで「小説極道の女たらしめ」と思っていた太宰のことも
見方を変えてみようと思ったし
西加奈子さんのはじけるような若さと個性にも魅了されたので、
彼女の小説も読んで
このガチガチに固まりかけた脳みそに
新しい、新鮮な血液を循環させることが出来たら
素晴らしいだろうなとワクワクしています。

ブログランキングへ応援オネガイシマス
コメント (4)   トラックバック (1)

南田洋子さんが亡くなった

2009-10-22 | 日々の泡
南田洋子さんが亡くなられたそうだ。

フランキー堺主演の「幕末太陽傳」(1957)での
花魁役が忘れられない。
こんな綺麗な女性がいるのかと画面に釘付けになった。
左幸子さんと共に、どちらがあやめかかきつばた、
と言いたくなるような美しさだった。美しいだけではなく
しなやかな演技が魅力的だった。

「太陽の季節」も素敵でしたね。

いちファンとしては
晩年の患っておられる姿は見たくはなかった。

謹んでご冥福をお祈り申し上げます。

ブログランキングへ応援オネガイシマス
コメント (4)   トラックバック (1)

「知るを楽しむ」モテる作家太宰治

2009-10-21 | ★TV番組
今をときめく辛酸なめ子さんによる
太宰治の「モテ」 研究。

紺のアンサンブルの着物に下駄。
アンニュイな表情のコスプレでなりきり
太宰がなぜ今に至るまでモテ続けているかを考察されていた。

各章にバラで囲んだ表題が入るなど
ちょい乙女な演出で楽しい。

なめ子さんの分析で
参考になった言葉を書き出してみますと・・

●写真のモデル立ち、色々なポージングから
ガクトみたいなビジュアル系であると。
不健康なイメージ・目線はずし・
自己演出の巧みさを指摘。

●筆跡を書き分ける=意外に器用である。他人の目を常に意識
一撃必殺の殺し文句や甘えた文章で母性本能を掴む
奥さんを愛していると言いながら
自分しか愛せない男性だという鋭い指摘

●モテて困ると言いながらも
今で言う美輪明宏や綾小路きみまろのような
女性に対しての厳しい視線も持っていた

恋愛とは性欲衝動に基づくものである・片恋こそ最高の恋愛
据え膳は食わない姿勢
彼の死はサービス精神の表れであった

私も付け加えますると::

センスが良かった

作家で、太宰の娘である太田治子さんのインタビューによると
太宰は着物も着るけど
洋服も見事に着こなしたようだ。
太宰の一ファンだった
治子さんのお母さんの太田静子さんが自宅を尋ねたときは
和服姿だったが 次に呼び出されて
カフェで会ったとき がらりと変わって
まるでフランス人のような洋装で現れ
 ビックリ仰天したと語っておられた。
短編「お洒落童子」でも書いているように、
太宰はとてもお洒落で着るものに気をつかっていたのである。

お洒落な男はモテる
(亡くなった加藤和彦さんもとびきりお洒落でしたね合掌)

巧みな言葉術で女心を翻弄
手紙といえば、
太田静子さんとの手紙が今回治子さんによって初めて公開され
そのあざといばかりの巧みな文にはあっけにとられました。
のらりくらりかわしてみたり、
殺し文句を書いてみたり、うんざりするくらいの熟練。
プロだから 反則ですよね。
あんな手紙をもらった女は翻弄されちゃって、
たまったものではないですね。
文章だけではなく、実際の会話でも
必殺フレーズを連発していたのでは?と想像します。

他もだいたいなめ子さんと同じ意見ですが
死についてはわかりません。

今夜も知る楽:太宰の「ユーモア」について 見ま~~す

ブログランキングへ応援オネガイシマス
コメント (2)

「美の壷」少女雑誌特集見ましたか?

2009-10-19 | ★TV番組
秋のメランコリックな気分に押しつぶされそうになったときは
「少女の友」を読もう!

憂鬱なムードがあら不思議、
ロマンチックに変換されてしまう。

秋の夜、NHKの「美の壷」は少女雑誌の特集だった。
30分の時間制限の中、駆け足でその魅力に迫っていた。

「少女の友」の投稿欄は
全国から寄せられるコメントでいつも白熱していたそうだが
編集長自ら、そのひとつひとつに返事を書いたっていうのがまず凄い。

そして紙の宝石と言われた「付録」の数々は何度見てもうっとり。
実物を弥生美術館で拝見したけど
それはそれは丁寧で美しい仕事だった。
当時の少女は大事に大事にしていたのだろうな。

「友ちゃん会」でご一緒したご婦人が
番組に出演されていて、とても嬉しくなった。
なんと素敵な少女時代を過ごされたのだろう。

少女だけの世界は
ほんの一時だからこそ愛おしいもの。

”少女の友歌”
アンニー・ローリーの唄をYoutube でみつけた。懐かしく美しい調べをどうぞ

ブログランキングへ応援オネガイシマス


コメント

加藤和彦が!

2009-10-17 | 日々の泡
昨日の「美の壷」も辛酸なめ子さんが出た太宰の
番組の感想も書いていないうちに
ショッキングなニュースが飛び込んできた。

加藤和彦さんが亡くなられたそうだ。

加藤さんは、ミカバンドの頃
「ロキシー」をコピーしたり
レインボーカラーのツンツンヘヤーで
ボウイっぽくしていたりして、ほんとカッコよかった。

だけど、オシドリと言われた
安井かずみさんが亡くなると
すぐに再婚して、意外というかびっくりというか
薄情な男だなあと思ったりしていたのでごめんなさい。

作品では
坂本龍一らが参加した「ベル・エキセントリック」(81'年)を
よく聴いたな・・・

自殺というが
信じられない。

この世はほんとうに儚いですね

合掌

追記:80年代の終わりに、あるコンサートで
仲睦まじい加藤さんと安井かずみさんを見かけた。
お揃いの真っ白いスーツを着ていて、ものすごくお洒落だった。
今頃は天国で楽しく語り合っているのでしょうか。

ご冥福を心よりお祈り申し上げます。
コメント

「少女雑誌」特集!

2009-10-16 | ★TV番組
本日 教育テレビ 10:00PMからの
美の壷」は 「少女雑誌」特集!
「少女の友」も紹介される模様。
先日の「101年目の友ちゃん会」でも
アナウンスされていましたっけ。

あれから数日経ったというのに
熱が覚めず、
蕗谷虹児や高畠華宵や中原淳一の本や弥生美術館でついつい
買ってしまった「女学生手帳」なる本を眺めては
すっかり少女気分に浸っている今日この頃です。

素敵なデザインのHP
●美の壷

ブログランキングへ応援オネガイシマス
コメント

101年目の友ちゃん会

2009-10-14 | 日々の泡
「101年目の友ちゃん会」という催しに参加してきました。
「友ちゃん会」というのは
言うまでも無く、
先日復刻され、大反響を呼んだ、
伝説の雑誌少女の友を愛する会のことであります。

復刻版の「読者カード」を書いた人が招待されたイベントだったのですが
編集の方のお話によると
その数なんと400通にも達したそうである。
この復刊本が如何に熱い思いで読まれたか(私もそのひとりなのですが)
ということがわかるエピソードだ。

全国から駆けつけた20代から80代までの
約80名の「友ちゃん」たちが
東京上野、池の端にある森鴎外邸跡の

水月ホテルに集い歓談し
「少女の友」にかかわった方々の貴重なお話を聞きながら会食。
その後弥生美術館に移動して、
貴重な原画や、紙の宝石と呼ばれる付録の数々を愛でるという
素晴らしい企画。

「少女にこそ一流の作品を」をモットーにし
(『不思議の国のアリス』を日本で一番最初に紹介したそうです)
川端康成、吉屋信子 中原中也の一流どころが執筆し
 松本かづち 中原淳一 蕗谷虹児 高畠華宵などが
飾った誌面が素晴らしいのはもちろん
「少女の友」のすごいのは
読者と編集部が密接に係わり合い、読者を巻き込み
本を作り上げて言ったところだ。

愛らしいペンネームが並ぶ
投稿ページの盛り上がりはたいへんなものだったそうだ。
小説家の田辺聖子さんも常連だったとか(お祝いメッセージが届いていた)。

ファンが大勢いる「カリスマ読者」が存在したそうで
そのおひとりが会場で紹介され、
当時大ファンだったというご婦人が、
ん十年を隔て昨日初めて会えたその人に
「あなたに憧れて娘にお名前をいただきましたの」と会場で
おっしゃったのには一同一瞬シーンとなり、そして拍手が沸いた。

一夜明けた今、素敵な場面に同席出来た幸せをかみしめているところです。

蕗谷虹児さんのご子息龍生さんのお話は
あの優雅な絵のイメージとかけはなれ、
とてもユーモラスで場を一気に和ませていた。
「こんな会が催されることを虹児が知ったら、
なんでお前が・・と、真っ先に(自分が)来ていただろう」とも。

当時の編集部だった高木さんが語られた
熱血編集長のエピソードを織り交ぜたお話も
「少女の友」への深い愛情が感じられて感動した。
他に松本かつぢさんご令嬢、
中原淳一御令息の奥様もゲストとして
スピーチ。



会の終盤には一同で歌も歌った。
「てるてる坊主」の時は固かった歌声も
美しい調べの
「アンニー・ローリー」を歌い始めると徐々にほぐれ・・・



歌手の久留さんによる少女の友歌「聖き鈴蘭」を聴く頃には
カンペキに少女の世界に浸り陶酔!

ホテルからの送迎バスで移動した
弥生美術館はこの日のため貸切だったので
はずんだ声でかわされる想い出話のあれこれを聞きながら
ゆっくりと展示を楽しんだ。
3Fのスペースでは
安野モヨ子展も開催されていた。

点数が非常に多く、
沢山の表紙や原画を見ているうち
当時の熱気や意気込みがそのまま伝わってきて
紙の媒体はネット文化には無い
手ごたえ(撫でさすりたい)と温かみがあるということを身を感じた次第。
手の込んだ付録にもビックリ!



「私の青春は『少女の友』一色だったのよ」と
生き生き語っておられる方、
別れ際に「二度と会えないかも知れないけど・・」
「いえまたお会いしましょうよ」
と手を握り合っている友ちゃんたち、
「ほんとに楽しかった」「いい会だったわね」の声も聴かれ
麗しい少女の面影をそこここに見た。

リアルタイム読者ではない私も
当時の読者である
「本物友ちゃんたち」にお会いできたことは
大変光栄だった。
この素晴らしい会を企画してくださった、
実業之日本社さんと
弥生美術館に感謝いたします。



おまけ:展示されていた「くるくるクルミちゃん人形」を見て
家で作ってみようと思い、
現場でなぐり書きしたスケッチ。
美しい場を汚すようで申し訳ないです。
本物はとっても可愛いです。

    
出版業界は冬の時代と言われているけど
読者を大事にしてくださる
出版社が或るかぎり、本は人々に愛され続けると思う。
「実業之日本社」さんの本への情熱と
社の皆様の
大変丁寧な応対に恐縮・感激したので
買いそびれていた「giorni」三号をこれから買いに行こうっと!

実業之日本社

弥生美術館

拙ブログ関連記事
少女の友ゲット
祝少女の友復刊・記念(勝手に)ストール完成

●「美の壷」少女雑誌特集見ましたか

ブログランキングへ応援オネガイシマス
コメント (6)

魔都:東京

2009-10-09 | 日々の泡
今日は大都市 東京の毒気に当てられた日だった。

ランチタイムに入ったカフェのテーブルには
昔懐かしデザインの「灰皿」が当たり前のように置かれていた。

ここは喫煙カフェだったのか!と気づいたのは
注文を済ませた後だった。
見渡せば周りは煙がもうもう。

お嬢さん、
ニコチン中毒、お肌に良くないわよお・・大きなお世話だけど

店内は満席。話し声がこだましてまるで「カオス」
きのこのクリームソース・パスタは
濃厚すぎて身体に合わず

店を脱出し
ロゴスに駆け込み新刊本を眺めていると
不審な女性出没!

広東語のようなベトナム語のようなタイ語のようにも聞こえる日本語
延々と喋りながら
売り場を歩き回り
手当たり次第に本を手に取って
独りごとをお経のようにいいまくっている。
話している言葉は
「庭!」「動物がいます」「だからそうするのでわかっています」などと
まったく脈絡が無く、
時折声が大きくなったりするのでびっくりしてしまう。
支離滅裂な言葉というのは
聞くものを不安にさせると言うことがよくわかった。

私も気をつけよう・・・・

気になって本もゆっくり見られないので
外に出て東急ハンズへ。
たどりついたステイショナリー売り場で
あの
鹿賀丈史さんが筆記用具を選んでいるのに遭遇!
目立つ。
俳優さんというのは
地味とか派手とかではなく「顔が立っている」のですねえ。

数時間経過しているというのにクリームソースを消化できず
む~~っとしながら
帰りの電車に揺られていると、
前に座ったおばさんが
細かい柄の茶色い大島紬をリメイクした
ガラガラヘビのようなワンピースを着ていて
持っていたのがなんとまた
へび皮のバッグだったので「ふるいへびほど・・」
のフレーズも思い出して嬉しくなっていたら
やおらそのバッグからヘビ皮のペットボトルホルダーを出したので
その瞬間
今日の疲れがいっぺんに吹っ飛んでしまった!

あっ 太田治子さんの本を買うの忘れた!

ブログランキングへ応援オネガイシマス

コメント (6)

「女が愛した作家:太宰治」

2009-10-08 | ★TV番組
今年は
太宰治 生誕100周年ということで
テレビでも特集番組が
組まれている。

NHKの「知るを楽しむ:こだわり人物伝」で
小説家の角田光代さんが
少女の頃好きだった(そしてまた読み直しているそうだ)太宰のことを
生き生きと語っておられた。
角田さんってご自身を中年とおっしゃっていたけど
少女みたいな方なんですね。

「途中の人」という表現が面白かった。
十代の頃「気持ちのある部分を
まるごともっていかれてしまった」そうである。

また、のめりこみ方が
青春の一時期にが~~っとロックにのめりこむ
のに似ているということで
ロックな作家であると言っていた。

私は「斜陽」への旅~太宰治と太田静子の真実
という番組を見て、甚大な衝撃を受けた直後だったので

「角田さんをも夢中にさせたのか。
なんちゅう罰当たりな女たらしめ」と思ってしまった。

そういう不埒な観点からすると
次回の
「辛酸なめ子」氏による「モテる作家」は非常に楽しみである。

●「こだわり人物伝:女(わたし)が愛した作家 太宰治」サイト

ブログランキングへ応援オネガイシマス
コメント (2)

「桃井かおり語録かるた」

2009-10-06 | 日々の泡
昨日は録画した「天地人」見たけど
う~~む・・・シラケた・・

松方家康のみ 面白かった。
少々オーバーで表情豊か。
そこだけ切り取ってファイルしておきたい。

それよりも
昨日のヒットは
桃井かおりかるた」。
たまたま見たテレビで
紹介されていた。

桃井かおり語録を収めた
本人直筆、デザインによる「かるた」だそうで
思わず膝を打つ言葉が沢山!

例えば・・

さ:さんじゅう すぎたら おないどし
ふ:ふるいへびほど がらがいい

ま:まっかなうそ まっくろな ほんとう

わ:わすれたいことは わすれないこと

え:えびすてて スープとる


ぷぷぷぷぷ・・・
桃井さんの声色真似芸人が読んでいて、それもツボに。

お洒落な扇子付き。
¥12,600(税込み)が少しイタイけど
家宝と思えばお安い?
お正月に大笑いしながら遊べるかも。

桃井かおりオフィシャル

ブログランキングへ応援オネガイシマス
コメント (2)