トルコのトピックス

トルコの新しい話題をご紹介しています

いまも昔ながらのライフスタイルをつづける遊牧トルコ人

2021年05月09日 | 国内
5月9日 アナトリアで、独特のライフスタイルを守りつづける遊牧民「サルケチリ・ヨリュク」たちは、いまも先進技術を受け入れず、季節が移ると、ラクダや馬に乗って昔ながらの旅をしています。

 Hurriyet

サルケチリ・ヨリュクたちは、南部メルシン県で冬を過ごし、夏になると、中央アナトリアのコンヤ県やカラマン県の涼しい高原に移動します。遊牧民たちはこの生活を1000年来つづけてきました。彼らは旅の前に、テントをたたみ、旅行中の食物を用意して旅に備えます。

遊牧民たちは飼っているヤギの乳でチーズをつくり、ストーブで平たいパンを焼き、荷物はラクダの背に乗せて運びます。タウルス山脈の丘陵地帯を通る旅の間、遊牧民たちは馬に乗ったり、歩いたりしながら、家畜の群れを管理します。高原を進む家族たちはテントを張って夜を過ごし、休息をとります。

遊牧民の女性ディジェ・ウチャルさん(61)は、馬上からラクダの群れを誘導し、夫のアリ・ウチャルさん(63)は、トラクターで水のタンクを運びます。夫婦の娘ファトゥマさん(23)と彼女の夫ムスタファ・ディレクメンさんは(24)は、ヤギの群れを見張り、移動させる役目を負っています。

「私たちはブドウ園や畑も通りますが、種がまかれているところや苗が植えられているところもあるので、ひとの作物を傷つけないように注意しています」とハティジェさんはアナドル通信に語りました。

彼女はまた、ラクダは自分の支配下にあると言いました。「私が前に立つと、ラクダたちは私についてきます。私が高原に連れていくことを、彼らは知っているんですね」

移動生活は苦労が多いが、それでも自分たちは幸せだとハティジェさんは言いました。「私は山の中で生まれ、育ち、暮らしています。他の場所は見たこともありませんでした。でも、年をとってきて、旅はきつくなってきました」

20~25日の旅
ファトゥマ・ディレクメンさんは、大変なのは旅の準備段階だと言いました。「私たちは20~25日かけて移動します。その間、困ることのないように前もって準備しておくのです」

ディレクメンさんも遊牧民であることは幸せだと言いました。「私たちはコンヤのハディム地区に向かっています。旅の途中で、ときどき休息をとります。テクノロジーが進歩しても、私たちは生まれながらの生活をしてるのです」

トルコはアルアクサ・モスクへのイスラエルの攻撃を強く非難する

エルドアン大統領は、5月9日、声明で、エルサレムのアルアクサ・モスクへのイスラエルの攻撃に対し、有効な行動を起こすよう世界に勧告しました。

 Hurriyet

「イスラエルは世界の一部であり、そこに住むムスリムたちは人間である。聖都エルサレムの名誉と尊厳を守ることは、あらゆるムスリムの義務である」と、大統領はツイッターで言いました。「われわれは祈りの場であるアルアクサ・モスクとムスリムへの攻撃を、われわれに向けられた攻撃とみなす」

「自身を人間だというなら、3つの宗教の聖地であるエルサレムを汚す暴虐者たちに反対しなければならない。イスラエルの攻撃に対して沈黙している者、明確な立場をとらない者は、イスラエルの支持者と変わらず、パレスチナへの暴虐の共犯者である」と大統領は力説しました。

5月8日、エルドアン大統領は、エルサレムのアルアクサ・モスクの礼拝者に対する、最近のイスラエルの暴力を強く非難しました。「われわれは、ラマザン中に起こった、アルアクサ・モスクに対するイスラエルの憎むべき攻撃を強く非難する」

大統領はまた、パレスチナの人々への団結を表明し、「わが国トルコは、いかなる場においてもパレスチナの兄弟姉妹の味方でありつづける」と言いました。これらメッセージはトルコ語、アラビア語、ヘブライ語でソシアルメディアにシェアされました。


   「ときどきダイアリー」へ




コメント   この記事についてブログを書く
« トルコ政府はロックダウン延... | トップ | トルコとロシアの大統領がパ... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

国内」カテゴリの最新記事