パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞のレビューを中心に、DVD、WOWOWの映画の感想などネタバレ有りで記録しています。

きっと、星のせいじゃない。★★★★

2015年03月06日 | か行の映画
ジョン・グリーンのベストセラー小説「さよならを待つふたりのために」を基にした青春ロマンス。ガン患者の集会で出会った若い男女が恋に落ち、憧れの作家と対面しようとオランダへ旅する姿などを追う。『ダイバージェント』に出演したシャイリーン・ウッドリーとアンセル・エルゴートがカップルを熱演、その脇をローラ・ダーン、ウィレム・デフォーら実力派が固める。残り少ない時間の中で懸命に生を全うしようとするヒロインの姿に熱くなる。
あらすじ:末期ガンながらも、薬の効果で深刻な状態を免れているヘイゼル(シャイリーン・ウッドリー)。だが、学校にも通えず、友人もできず、酸素ボンべなしでは生活できない。そんな中、ガン患者の集会で骨肉腫を克服したガス(アンセル・エルゴート)と知り合う。ヘイゼルに惹(ひ)かれたガスだが、彼女に距離を置かれてしまう。ヘイゼルに振り向いてもらおうと、彼女が敬愛する作家にメールを送って返信をもらうことに成功するガス。それをきっかけに、二人は作家に会おうとオランダへ旅行に出るが……。

<感想>ヒロイン役のヘイゼルには「ファミリー・ツリー」に「ダイバー・ジェント」のシャイリーン・ウッドリーが、彼女と恋に落ちていくガス役には「ダイバー・ジェント」でシャイリーンと共演したアンセル・エルゴートが、ティーン・エイジャーのカップルを演じて、少女は若々しい機知と洞察力に恵まれ、少年は非の打ちどころのないナイスガイで、しかも彼らの最大の恐怖は自分の死ではなく、「自分がいなくなったあと、周囲の人たちはどうするのだろう」ということなのだから。

眩し過ぎてどこから見ても、とても若々しくて清清しくて、途中で泣けて来て、感動して、この映画が描くのは悲しい運命を背負った若者の恋物語だから。
いわゆる難病ものなんですが、それでも単なるお涙頂戴の物語りになっていないのは、ヒロインの魅力に負う所が大きいと思う。

17歳のヘイゼルは、末期がん患者だが、ありふれた悲劇のヒロインとはちょっと違う。皮肉屋で「さっさと死なせてくれないことにうんざり。」と過激なことばを吐いたりする。
一方で優しい心の持ち主で「ガンで死ぬより最悪なことはたった一つ。癌で死ぬ子供をを持つこと」と、自分よりも両親を心配する。
そうした10代の女の子の豊かな人間性が、この悲劇に救いや明るさをもたらしているのだ。そして限られた時間を懸命に生きる彼女の姿が、生きることへのポジティブなメッセージを浮かび上がらせている。

ヘイゼルの愛読書「大いなる痛み」を、恋人のガスに読んでくれと上げる。彼女がどんなにかその本によって勇気づけられたのか。しかし、その本の病気の主人公が、最後の方では文章が唐突のように書きかけのように終わっているのだ。その結末が知りたくて、オランダ在住の原作者であるヴァン・ホーテンに手紙を書き、アムステルダムまで行くというのだ。

しかし、ヘイゼルの家では、高額の治療費のかかる娘のために、旅費を出す余裕がないのだ。それに、ヘイゼルの体の状態も飛行機に耐え得ることができるのか。すると、ジーニー財団というのがあって、難病に苦しむ子供に一つだけ願いを叶えてくれるという制度があることを。
つまりは、ヘイゼルは前にその制度を使ってしまいダメで、ガスはまだ使ってないのだ。それで、ガスが財団にお願いして、ヘイゼルとアムステルダムまでの費用を出してもらうことに。

オランダのアムステルダムの景色の素敵なこと。運河の流れや建築物の抜群な色彩。アンネ・フランクの家を見物に行く二人だが、ヘイゼルが酸素ボンベを持って階段を上がるのに一苦労である。エレベーターがなく階段を上って屋根裏部屋まで行き着くのは、健常者でも青色吐息なのにね。それは、アムステルダムの街の美しい風景とともに、丁寧に描かれているので、旅行した気分になる。

死期を感じている彼らのケータイによるやりとりが、マンガの吹きだしのように画面に表れて、この若若しい感覚の映画にユーモアを加えていて面白いですね。二人に同行してきたヘイゼルの母親も、娘の命の短さを知り、それに恋人のガスも骨肉腫の癌で、足を切り取っている。いつ何時、転移するかは分からない。童貞くんのガスに処女のヘイゼル。友達でいようなんて言っていても、異国の地で意気投合し、二人は愛を確かめ合うのだ。

「大いなる痛み」の作者役で、ウィレム・デフォーが出ているが、ラストでガスが全身に癌が転移して亡くなってしまう哀しい出来事があり、葬式でのこと、ガスの葬式にあの偏屈でアル中のヴァン・ホーテンが来ているではないか。驚くヘイゼルに、「くだらん、祈るふりをしろ、葬儀は生きる者のためのものだ」とぶっきらぼうに言う台詞がいい。彼の娘も8歳で癌で亡くなり、それを小説にしたものが「大いなる痛み」なのだ。結局は、小説ではラストはウヤムヤにして読者に委ねているようだ。
親よりも先に逝かなければいけない子供、先に子供に逝かれる親の哀しさや悔しさなんかにも触れてはいるが、けっして湿っぽくはない。時間が限られているからこそ、痛いほど感じる生の輝き、どんな状況でも恋が生まれてしまう素敵な摂理を描いている。
2015年劇場鑑賞作品・・・44 映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング

トラックバック (18)   この記事についてブログを書く
« サンバ ★★.5 | トップ | セットアップ ★★★ »

か行の映画」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

18 トラックバック

映画「きっと、星のせいじゃない。」 感想と採点 ※ネタバレなし (ディレクターの目線blog@FC2)
映画 『きっと、星のせいじゃない』 (公式)を昨日の公開初日に劇場鑑賞。採点は ★★★★ ☆ (5点満点で4点)。100点満点なら78点にします。 ざっくりストーリー 17歳のヘイゼル・グレース(シャイリーン・ウッドリー)は末期のガン患...
きっと、星のせいじゃない。 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★☆【3.5点】(試写会) 試写会が当たりました!去年も当ったけど観に行けなかったから
『きっと、星のせいじゃない。』 (2014) (相木悟の映画評)
さわやかに胸に沈殿する、純愛ストーリー! 瑞々しい若手俳優の好演、人生訓を提示する物語性と、硬軟が融合したまばゆい青春映画であった。 本作は、ジョン・グリーンが友人をモデルに書き上げたベストセラー小説の映画化。全米で公開されるやサプライズ・ヒットをか....
『きっと、星のせいじゃない。』 2015年2月16日 よみうりホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『きっと、星のせいじゃない。』 を試写会で鑑賞しました。 映画とは関係ないけど、よみうりホールは久しぶりだった。 どうやら2ヶ月はご無沙汰だったみたい。 【ストーリー】  末期ガンながらも、薬の効果で深刻な状態を免れているヘイゼル(シャイリーン・ウッドリ...
『きっと、星のせいじゃない。』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「きっと、星のせいじゃない。」□監督 ジョシュ・ブーン□脚本 スコット・ノイスタッター、マイケル・H・ウェバー□原作 ジョン・グリーン□キャスト シャイリーン・ウッドリー、アンセル・エルゴート、ローラ・ダーン、      ...
映画・きっと、星のせいじゃない。 (読書と映画とガーデニング)
原題 THE FAULT IN OUR STARS2014年 アメリカ原作 ジョン・グリーン「さよならを待つふたりのために」 主人公のヘイゼル(シャイリーン・ウッドリー)は16歳13歳で甲状腺癌になり、腫瘍が肺に転移幸い抗がん剤が効いて、今は酸素ボンベは手離せないものの小康状...
『きっと、星のせいじゃない。』 (ラムの大通り)
(原題:THE FAULT IN OUR STARS) ----『きっと、星のせいじゃない。』。 これって、タイトルからしてロマンチック。 「うん。 この映画もやはり新宿カリテ、新宿武蔵野館での予告で観ていたんだけど、 やはりヒットしそうな予感があるんだ」 ----ふうん。 青春ラブロマ....
きっと、星のせいじゃない。 (風に吹かれて)
0と1のあいだは無限の数がある 公式サイト http://www.foxmovies-jp.com/kitto-hoshi 原作: さよならを待つふたりのために (ジョン・グリーン著/岩波書店) 末期
きっと、星のせいじゃない。 (ケントのたそがれ劇場)
★★★ 製作:2014年 米国 上映時間:126分 監督:ジョシュ・ブーン  どこかで見たようなポスターだと思ったら、2007年製作の『マイ・ブルーベリー・ナイツ』のポスターとそっくりじゃないの。また主役の男優さんもどこかで見たことがあると思ったら、これも
『きっと、星のせいじゃない。』 (こねたみっくす)
ヘイゼルとガスのokay。それはきっと、忘れてしまう言葉なんかじゃない。 何て純粋な恋の映画なんだろうか。何て爽やかな青春映画なんだろうか。そして何て可愛らしいカップルなん ...
きっと、星のせいじゃない。 (C’est joli~ここちいい毎日を♪~)
きっと、星のせいじゃない。 '14:米 ◆原題:THE FAULT IN OUR STARS ◆監督:ジョシュ・ブーン ◆出演:シャイリーン・ウッドリー、アンセル・エルゴート、ナット・ウルフ、ローラ・ダーン、サム・トラメル、ウィレム・デフォー、ロッテ・ファービーク、アナ・デラ...
『きっと、星のせいじゃない。』をよみうりホールで観て、きゅんふじき★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★生きるとは辛さに耐えること、死ぬとは被忘却に耐えること】 ガン患者のラブコメ(哲学的だけど「コメ」なんだと思う)。 可愛い女の子は鼻に管を付けてて ...
予め死を受け入れた二人のために~『きっと、星のせいじゃない。』 (真紅のthinkingdays)
 THE FAULT IN OUR STARS  17歳のヘイゼル・グレース(シャイリーン・ウッドリー)は、甲状腺ガンが肺に 転移し、酸素ボンベが手放せないながらも小康状態を保っていた。母(ローラ ・ダーン)の薦めでガン患者が集う会に参加した彼女は、骨肉腫により...
きっと、星のせいじゃない。 (映画的・絵画的・音楽的)
 『きっと、星のせいじゃない。』をTOHOシネマズ渋谷で見てきました。 (1)時間的な余裕があるときにはこうした純愛ラブストーリーも良いのでは、と思って映画館に行ってみたのですが、案の定、女子高生が大部分でした。  本作(注1)は、17歳で末期ガンを患っている少...
「きっと、星のせいじゃない」☆透き通った涙 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
清らかで濁りのない、透き通った美しい涙がほろほろと流れる映画。 自分の境遇を後回しにして、残される者に対して愛を注ぐ物語。 湿っぽいお涙頂戴にしないところが、さすがアメリカ☆でも大判ハンカチは最初から用意しておこう!
「きっと、星のせいじゃない。」 (Con Gas, Sin Hielo)
たったひとつの希望を君に捧げる。 障害を持つということは、身体の自由のみならず精神の広がりをも閉ざしてしまうことが往々にしてある。 ヘイゼル・グレースは、良くなる見込みがない病状の下でも、両親の温かい愛情を感じてかろうじて自暴自棄になることなく過ごし....
きっと星のせいじゃない (迷宮映画館)
子供を見送る親の悲しさよ。
映画評「きっと、星のせいじゃない。」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 2014年アメリカ映画 監督ジョシュ・ブーン ネタバレあり