普通のおっさんの溜め息

戦前派から若い世代の人たちへの申し送りです。政治、社会、教育など批判だけでなく、「前向きの提案」も聞いて下さい。

コミュニティー造りの Dos and Don'ts 集

2006-12-27 22:45:06 | 日々雑感

私たちの英字新聞輪読会の納め会があった。
土地の名物の駅弁で食事の後雑談に入った。
最初はコミュニティー活動の話し、つづいて宗教の話しになった。
私はもっぱら聞き役に徹していたが、次の音楽と西洋文学の話しになると完全に壁の花状態になってしまった。
何しろ私は音楽と言えば、全くの演歌派で、西洋の小説と言ったら、シャーロック・ホームズに始まる推理小説しか読んだ事がないからだ。
それで仕方なく彼らの話を聞きながら、私のいる団地の活動の失敗についてぼんやり考えていた。

<<コミュニティー活動に関する Do and Don't集>>
私が今の団地に引っ越して来た時は、地域の活動がとても盛んで、団地の殆ど全員が参加していた。
また私の属していた老人会の上部団体も、県から表彰を受ける程盛んに活動していた。
それが今の団地では全くの沈滞状態で、盆踊りの参加者が少なすぎて廃止に追い込まれ、団地の文化祭で何度出品者を募っても、提出する人が少なくて、都度中止のありさまだ。
老人会も一時解散した後、再結成されたが、旧メンバーの大半は参加しないままだ。
これには色々の経緯があって、多分読むには面白いか知れないが、私も団地でここしばらいさせて貰わねばならないので、省略させて頂いて、反省すべき点だけ書いておく。

1.町内の活動はこうあるべきだと言って、それを強引に推進するのでなくてある程度適当にやる
活動に参加するように勧めても強制はしない。
例えば町内の行事の参加者が全体の60~70%有ればまあまあ成功だとする。
町内の人が行事に参加がとても苦痛にならないようにする。
2.粘り強く、辛抱強くやる。
町内活動はやはり何人かの中心人物の強い信念が活動継続の一番の原動力だ。
3.推進役は完全なボランティア精神に徹してやる。
他の役員や会員が余り協力しない、自分は損だと言い出したら、町内の活動はその時点から、じり貧になる。
4.会員にも分からず屋も、厚かましい人もいるものだと言う前提でやる。
その人達の悪口を言い出したら、町内の活動がマイナス面に働く事になる。
私たちの老人会は皆良い人ばかりだったが、上部団体の役員の中に自分は何もせずに他の役員のすることに文句ばかり言っていたのが、私たちの老人会の解散の一因となった。
5.会員も活動に参加するのにはある程度のストレスがあるのを我慢する。
適当なストレスは惚け防止に良いと割り切る。
会員の中には変な人もいるが、良い人もいて、友達も増えるメリットもあることを知る。
私の家内も、町内の活動でいろいろ言っていたが、そのお蔭で多くの友達ができ、今でも彼らとの交際が続いている。
ストレスから逃げて、家でテレビばかり見ていては、惚けるもとになる。
テレビの実験で、テレビを見ている間脳は完全に活動停止状態になっているのを見たことがある。
6.会員も役員達から何らかの世話をして貰う時は、態度や言葉で感謝の気持ちを伝える事。
ある老人が、シルバー・ボランティアに草取りをして貰っているとき、彼が頬づえをついてぼんやりそれを見ていたそうな、そして仕事が終わった後もお茶も出さなかったそうだ。
これではコミュニティー活動など続く筈がない。
7.町内の中でお稽古ごとのグループは良いが、大人数の(例えば20人以上の)特別な仲良しグループを作らない。
これではただでさえ纏まりの悪い町内が纏まるはずがない。

<<子供教育環境改善のためのコミュニティー活動について>>
社会環境の改善の為のコミュニティーの人達の参加が必要な事は、多くのマスコミで取り上げられているし、私もブログで何度も書いてきた。
ここで一番問題なのは、共稼ぎの夫婦で、子供の教育は完全に学校の責任だと考えている人の存在だ。
例えばコミュニティーの人達が、子供の通学の安全を守るための活動を始めても、それは本来は市か、警察か、学校の責任だと言って時間があっても参加しないときは、そして、活動している人達に何の感謝の気持ちを表さないときは、上で書いたように、コミュニティーの善意に基づく活動の意欲を挫く原因となってしまう。
特に、コミュニティーの活動に参加してるいる若い専業主婦から言わせれば、人に自分の子供を世話をさせておいて、その間金を稼いで、贅沢をしていると反感を買うのは眼に見えている。
もう定説となっている教育環境改善のためのコミュニティーの参加、特にいじめ問題の解決策の一つの密閉社会にいる生徒達から子供を開放はするためにも、コミュニティーの参加はは不可欠な問題になっている。
教育再生会議の提案の家庭教育も、共稼ぎ夫婦の意識改善に特に焦点を当てるべきだと思う。

このブログを、より多くの人にも見て貰いたいと思っています。どうぞご協力をお願い致します。↓

人気プログランキングへ

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 国会議員の選び方 | トップ | パートタイム労働法改正案に... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日々雑感」カテゴリの最新記事