mugifumi日誌

海外旅行の体験などのほか園芸、料理などの生活雑感を思いつくままに綴っています。

ワロン地方のロマンティックな古城

2013年12月19日 | 旅行記

P4151525

 今年も残り少なくなってきました。

 現在、小生は、来年の年賀状づくりに勤めていますが、今年の海外旅行が3月に訪問したポルトガルでしたので、年賀につける写真をどうしようかと迷っています。

 といいますのは、小生は、親戚や友人、海外旅行で知り合った方などに差し上げる年賀状には、必ず私達夫婦が収まった旅行写真を載せていたのですが、ポルトガルの写真で適当なものが見当たらないのです。

 仕方がありませんので、昨年の4月に旅行した「花のベネルクス物語(ユーラシア旅行社)」か10月の「ルーマニア・ブルガリア大周遊(ワールド航空サービス社)」の写真にしようかな?と思っています。

 でも、今年の新年のあいさつがルーマニア・ブルガリアでしたから、「花のベネルクス物語」からオランダのキンデルダイク(風車)が良いのかな?と考え、写真に合う文案を考えています。

 そうはいいましても、ひねくれ者の小生ですから、もしかしたら、ポルトガルの気に入らない写真をつけて年賀状にするかも知れません。

 小生が例年、賀状でご挨拶申し上げている方で、このブログをご覧になっている方がいましたら、どちらが来るのか楽しみにしてください。

 さて、こうして、ブログを書いていますが、小生の大きな仕事であり、かつ、楽しみでもある旅行記の執筆ですが、現在、先ほど申し上げた「花のベネルクス物語」のワロン地方の古城「ヴェーヴ城」を書き終わったところです。

 そして、旅行記でも申し上げましたが、ワロン地方の古城は、このヴェーヴ城だけではなく、多くの古城が点在しているそうです。その中で、私達が訪問したのは、ヴェーヴ城とモダーヴ城だけでしたので、そのほかのお城も見たかった!のです。

 今日のブログでは、ラヴォー・サン・タンヌ城について記事にしてみたいと思います。

 このお城は、13世紀頃ジャック・ド・ウェランがこの地に要塞を建てたのが城の起源です。しかし現存するほとんどの部分は15世紀に城を所有したベルロ家のジャン一世とジャン二世によるものです。円筒形の巨大な3本の隅塔と1本の主塔が印象的で、当時の優れた軍事建築の好例となっています。1630年に城を購入したルーヴロフ男爵は城壁の一部を取り壊し、中庭のファサードをイタリア風に変更するなどしました。19世紀に至っても様々に城主が変わり、ついには棄てられた状態になりましたが、1934年以降はルモニエ男爵夫人の尽力により、ふたたび美しい城としての生命を取り戻しています。現在は狩猟博物館として公開中です。ディナンの南東20㎞。

 とベルギー観光局の公式サイトで紹介されています。

 巻頭写真は、ワロン地方で最も素晴らしい城の一つとされるモダーヴ城です。

コメント

年賀状ソフトとベルギーのデュルビュイ

2013年12月14日 | 家電

P4151561


 

 今日は「筆ぐるめ21」がほかのソフトのようにスムーズに起動するように期待したのですが、やはり「ダメ」でした。

 どうして直ぐに起動しないのか原因が分からないこともあり、ますます「いらいら」しています。

 現にこうしてブログを書いていましたら、邪魔をするように起動してきました。

 クリックしてからどのくらいの時間が経過したでしょうか?

 小生も頭をフル回転して、もしかしたらデフラグをしていないことが原因かも?とか基本ソフトのウインドウズ7との相性が悪いのではないか?などと考えて多くの可能性を試してみたのですが、結局全部ダメでした。

 こうなると、本当に疲れてしまいますが、起動時間が長くとも立ち上がるまで待つしかないようです。

 ほかにやることがある?「筆ぐるめ」をやめて「筆まめ」というソフトを買ってきたのですが、このソフトは、自由がきかないようで小生が希望する「写真と文章」の構成という単純な年賀状ができないようです。

 ところで、今日、久しぶりにベネルクス物語の旅行記を更新しました。ベルギーのおとぎの国のようなお城の記事を書いていますが、まさに、おとぎ話に出てくるようなお城ですから写真を見ながら「ほかのお城が見たい!」という気持ちが強くなっています。

 現在、モダーヴ城を終えて、世界一小さな街とか美食の街といわれるデュルビュイの記述をしています。

 この旅「ベネルクス物語」15日間の旅は、「花と絵画」の旅であると勝手にテーマを決めていましたが、「中世のおとぎ話のような街がテーマである」といっても良いかもしれません。

 もう2回目になりますが、そのデュルビュイの写真を掲載して今日は失礼します。

コメント

年賀状ソフト「筆ぐるめ」

2013年12月13日 | 家電

P4151620

 今年も残り少なくなってきました。

 小生は来年の年賀状を「筆ぐるめ」というソフトを使って作りたいと作業を進めていますが、このソフト、何が原因なのか起動時間がかかるものですから、「故障したのかな?」などと思ってしまいます。

 去年までは何ともなかったのもですから、困惑していますが、小生以外にもこういう現象で困っている方がいるのではないかとネットで調べて見ました。

 そうしましたら、全く同じ悩みの方がいたのですが、その解決策がコンピュータのお掃除?のようですので、どうしたものかと迷っています。

 でも、コンピュータの混雑が原因であれば、ほかのソフトも立ち上がりが遅いはずですが、ワードやアウトルック、ホームページビルダーなどは問題なく短時間でオープンしてくれます。

 小生が使っている「筆ぐるめ」は、バージョン20ですから去年のものですが、今年のものにバージョンアップしないと短時間に起動しないのかな?とも考えました。でも、そんなことはあり得ない話ですね!

 まぁ、仕方がありませんので、時間がかかっても起動するのを待つしかないようです。(10~20分ぐらい)

 年賀状も本当は自筆が良いと思うのですが、ミミズがのたくっているような小生の字で皆さんに差し上げるわけにはいかないと思います。

 また、儀礼的な賀状も終わりにして枚数を減らしても良いのではないかと思うのですが、なかなか決心がつきません。

 ということで、来年も海外旅行の写真付きの賀状を差し上げたいと思います。

 今年は、3月にポルトガルに行きましたが、適当の写真がないかも知れません。

 現在、ホームページの旅行記でベネルクス物語15日間を執筆していて、その中に草花や古城の可愛らしい光景がありますので、その写真を使おうかな?などとも考えています。

 今年も世の中がめまぐるしく変化して「あっ」という間に過ぎてしまったと感じています。

 来年はどんな年になるのか見当がつきませんが、個人的には「健康に過ごせればいいな!」と思っています。

コメント