mugifumi日誌

海外旅行の体験などのほか園芸、料理などの生活雑感を思いつくままに綴っています。

タトラ山麓とスロバキア周遊の旅<旅行5日目・昼食の模様とシュトゥルブスケー湖>

2017年06月17日 | 日記
 久しぶりにブログのペンをとっていますが、皆さま!お元気でしょうか?
 このところ体調が優れないためかペンを執る気力がわいてきませんでした。などという言い訳は良くありませんね。
 体調が優れない原因?畑作業のやりすぎでしょうか?また、網戸の戸車を交換したり、洗濯機を買い替えたりと休む暇がありません。
 仕事をしていた時には、これらの家事は誰がしていたのでしょうか?申し訳ない気持ちと感謝の気持ちでいっぱいです。
 どんな洗濯機を購入したのか?ドラム式ではない全自動洗濯機で、東芝製です。倒産しそうな会社のものを買って大丈夫?などという質問を受けましたが、心配していません。
 残念なのは、価格がネットの販売額より1万円ぐらい高かったことですが、まぁ、仕方ありませんね。

 さて、タトラ山麓とスロバキア周遊の旅行記ですが、今日は旅行5日目の昼食とその後に訪問したシュトゥルブスケー湖についてお伝えします。

<Mugiko>
 レヴォチャを後にして、次はスロバキアを代表する観光地シュトゥルブスケー湖に向かいました。昼食も同じタトラ山麓にあるSVISTというレストランです。
 早速、レストランの模様をお伝えしたいところですが、私が撮影した面白い写真がありますので、ご覧ください。

 <木製の人形?>


<Mugio>
 外見は木造の頼りない感じのレストランだったけれど、中は開放的で明るい雰囲気だったね。

 <レストランSVIST>


 <同じく中>


<Mugio>
 チキンスープ、正確にはチキンコンソメスープは、薄味だったこともあり、評価はBかな!
 鱒のローストは、ポテトと野菜が添えてあり、評価はAだね。デザートも美味でAだね。

 <チキンスープ>


 <鱒のロースト>


 <デザート>


<Mugio>
 食事が終了すると、シュトゥルブスケー湖に向かいました。
<Mugiko>
 大事なことを忘れてるわよ!
 食事の前に自己紹介がありました。口下手ですから、こういう場は苦手なのですが・・・・
 でも、10日間という短い期間ですが、名前と顔を覚えることは会話が弾むので有難いことです。
<Mugio>
 などと言ってますが、25名の名前と顔を覚えるのは難しいよネ。
 さて、シュトゥルブスケー湖にはバスで30分ぐらいで到着しました。
 ここが次の宿泊地かな?と思ったのですが、今夜の宿は、昼食をいただいたスタリー・スモコヴェツという町のホテル「グランド・ベルビュー」です。
 シュトゥルブスケー湖では、散策を楽しもう!ということのようです。
<Mugiko>
 ところで、「シュトゥルブスケー」は、スケート場やスキー場があり、また、湖の周りにはホテルなど大きな建物があるリゾート地のようね。
<Mugio>
 説明する情報が少ないので、正確な説明ができないけれど、君の写真に収まっていた到着直後の模様から「どんなところなのか?」が想像できるかもしれないね。

 <仏像のようなもの?>


 <白い花?それとも実?>


<Mugio>
 上の写真は、まるで仏像のように見えるけれど、スロバキアの仏像があるわけないよネ。また、下の写真の植物は何だろうね。
<Mugiko>
 そんなことより、折角、湖の周りを散策したのだから、その光景を見ていただきましょう。

 <シュトゥルブスケー ブレソ>


 <湖の周辺から>


<Mugiko>
 写真説明の「シュトゥルブスケー ブレソ」とあるけれど、これが正式な名称なの?
<Mugio>
 それがよく分からないのさ。
 湖の周囲にあった案内板が参考になると思うよ。

 <案内板>


<Mugio>
 上部に地名を表示する大きな横文字が見えるけれど、どう読むのかハッキリしないんだ。
<Mugiko>
 それに、何と書いてあったの?
<Mugio>
 「VYSOKY TATRYーSTRBSKE PLESO」だね。
<Mugiko>
 日本語的には、「ビソケイ タトリーストルブスケ プレソ」ね。
 ここは、山岳リゾートいうところで、冬場のスキー、スケートを楽しみにスロバキア内外から多くの人々がやってくるようね。
 私たちが訪問したのは、10月だからちょっと早かったのね。
 ここで、あなたのメモに再登場願って、本音を聞きたいわね。

 <mugioメモ>
  湖には一周3Kmくらいの通路があり、「ゆっくり歩いて1時間」とのことだが、雪がちらついてとにかく寒いので早足になる。
  自然美が溢れているので、もう少し温かい時期に来たい場所である。

<最後は、湖の周りを一周してから大きなホテルでコーヒーをすすりましたが、それらの模様は次のブログでお伝えします。では、これにて。>




コメント

毎日のmugifumi日誌

2014年11月21日 | 日記
11月1日(土) 曇りのち雨<朝のニュースは円安と株高>
・ 6時起床。昨夜ポット洗浄剤をポットに入れておいたが、汚れが落ちない。何回も何回も水洗いするが、汚れは知らんぷりするばかりある。最後は諦めるが、洗浄剤が残っていないか心配になる。
・ 朝食は焼き肉、野菜、味噌汁、麦ご飯など。
・ かみさんは9時から皮工芸教室に行く予定。
・ 12時までテレビ朝日を見てしまった。(外国人が日本のバス、地下鉄システムを体験するもの。)
・ 12時からパソコン作業をしていたら、かみさんが帰ってきて昼食用の「うどん」の調理をしている。
・ バルト三国のツアーでお世話になった京都のKさんあての封書をもって、郵便局に歩いて行く。(そうか!今日は土曜日で郵便局はお休みだ!)
・ 帰宅途中に思いついた「サーバーのファイル削除」をグーグルで検索したら、ジャストシステムの答えが出て来たので、その手続きをしようと作業を開始した。
  ところが、今度はホームページビルダー18が正常に動かなくなってしまった。(ファイルが開かない!?)
  仕方がないので、ビルダー16を立ち上げて、思い切って全ファイルを削除してみる。
  そして、ファイルを1ページずつ送ろうと、最初にトップページ(index html)をヤフージオシティーズのサーバーにアップロードしてみる。しかし、エックスプローラで確認するとエラーメッセージが出てしまう。
  小生のホームページ「mugifumi夫婦の海外旅行」を見るとこができない!という最悪の事態に焦ってしまう。
  何度か同じ動作を試みるが、何度やっても同じメッセージが出てしまう。もしかして、転送設定に問題があるかのか?と思い、確認するが、アップロードできない理由が分からない。
  そして、もしかしたらサーバー上の確保エリアの名前が「/sinainaruike」ではなく「/」になっているのかもしれないと考えて、これで転送してみたら、エラーではない画面が表示されたので「ほ!」とする。その後、ページではなく、サイトとして転送してみる。
  なんとか成功したが、写真に×印が表示される状態は変わらない。
  もしかしたら、写真サイズが大きすぎるのかも知れない。
・ ご飯のスイッチを入れて風呂に入る。
・ 夕食は我が輩の手作り餃子など。
・ 食後はいつものようにテレビを見て過ごしたいが、見たいものがない。

 今日は11月1日ではない!というお叱りを頂戴しそうであるが、今日の記事は、上の文章のような内容の日記を小生がノートに毎日書いている、ということを伝えたかったのです。中身は実に些細なことですが、こうして、毎日書いていますと、色んなことが見えてくるのです。「自分の字がいかに下手くそなものか」、「漢字が書けないことの多いこと」、「今日も何もせず一日が過ぎてしまったが、仕事をしていても、人様のためにはなっていなかったのだから、そう悲観することもない。」などと自分が見えたり、反省したり、慰めたりすることもあります。
 いつまで続けられるか分かりませんが、楽しみながら書くことができれば幸いだと思っています。

 今日はジャンルを「ささやき」にして投稿してみました。
 
コメント