mugifumi日誌

海外旅行の体験などのほか園芸、料理などの生活雑感を思いつくままに綴っています。

英国の旅から帰国

2015年05月28日 | 旅行記
 26日に英国(ロンドン)から帰国しました。
 早速、その感想を申し上げたいところですが、眠くて眠くてたまりません
 ロンドンとの時差が8時間ありますから、日本の時間に身体が慣れるまで1週間から10日間くらいかかると思います。
 ヨーロッパから帰りますと、いつものことですから慣れているはずなのですが、深夜に目が覚めてしまうというのは結構辛いものです。
 また、こうしてパソコンの作業をしていますと、睡魔が襲ってきます。
 時差ぼけを解消する良い方法はないものでしょうか?

 などと、つまらない話を申し上げていますと、肝心な英国の話するのを忘れそうです。
 「皆さん!英国は素晴らしいですよ。」と簡単に言えれば良いのですが、何を話せば良いのか迷っています。
 小生の第一印象は、「英国は緑が溢れる、静かな国」だというものです。
 最初に北アイルランド、その後、ブリテン島に渡ってスコットランド、ウェールズ、イングランドの順に旅したのですが、高い山がないことが原因でしょうか?どこに行っても見渡す限り緑に覆われた牧草地が続くのです。そこには多くの羊がいましたが、家屋がまったく見当たらないところが多いのですから、「イギリスは何と広いのだろう!」と勘違いしたほどです。
 「そんなことより、イギリスのどこが見どころなのかが聞きたい!」という声が聞こえそうですが、頭の中で考えが「ぐるぐる」と回っていて、うまく表現できませんので、本日は「無事、帰ってきた!」という報告でご勘弁いただきたいと思います。
 後日、時差ぼけが解消したら、何とかなりそうですが・・・・

 さて、根が食いしん坊な小生ですが、英国の食べ物は評判どおりでしたね。意味が分からない?
 魚といえば「タラ」と「鮭」で、魚以外ではウィンナー多くでてきました。ハムもあるにはありましたが、種類と量が少ないので「驚き」でした。肉類としては鶏肉の蒸したもの(脂身がない)を何度か頂きましたほか、羊も独特の調理方法のものをいただきました。
 でも、一番の驚きは、ホテルでは野菜がほとんどないということでした。もちろん、まったくゼロではありませんが、「正直、青物野菜が恋しい!」と何度思ったことでしょう。
 そのほかにも飲み物のことなども、申し上げたいところですが、次の機会に譲りたいと思います。
 最後に、「英国は素朴なジャガイモ料理が多い!」と感じました。では、また。

 巻頭写真は、是非、訪問したいと考えていたイングランドのバイブリーです。
コメント

英国大周遊

2015年05月11日 | 旅行記
 明日から26日までクラブツーリズムさんのお世話になって英国大周遊の旅に行ってきます。
 小生は、ヨーロッパが好きで、国名を挙げるとフランス、イタリア、スペイン、ドイツ、スイス、オーストリア、ポルトガル、ルーマニア、ブルガリア、チェコ、スロバキア、クロアチア、スロベニア、モンテネグロ、ボスニアヘルツェゴビナ、オランダ、ベルギー、ルクセンブルク、エストニア、リトアニア、ラトビアなどに行っているのですが、イギリスには乗り継ぎでお邪魔したくらいで、訪問したことがなっかたのです。
 イギリスといいますと、テレビで連日放映していました王女のことや、総選挙で予想に反して保守党が勝利したことなどが話題になっていますが、実際に訪問した方の話ですと、豊かな自然に癒やされるようです。
 また、NHkの朝の連続番組の「まっさん」が好きで毎日、見ていましたので、訪れるという蒸留所も楽しみです。
 ところで、小生の姪が夫の仕事の関係で2年ぐらいロンドンに住んでいたことや、もう一人の姪がホームステイしていたこともあり、イギリスは、ヨーロッパの国の中では縁があるほうなのですが、訪れる機会がなかったのです。
 15日間に北アイルランド、スコットランド、ウェールズ、イングランドを周遊するのですから、忙しい毎日だと思いますが、存分に楽しんできたいと思います。
 写真はエストニアのタリンです。帰国したら、英国の写真を掲載したいものです。
コメント