mugifumi日誌

海外旅行の体験などのほか園芸、料理などの生活雑感を思いつくままに綴っています。

中欧ロマン紀行<ウィーンからプラハ(チェスキー・クルムロフ)>

2018年11月01日 | 旅行記
 今日の記事は、旅行5日目にウイーンからチェコのプラハに向かいましたが、その途中、チェスキー・クルムロフという世界遺産の街を見学したところからです。

 今日は、朝5時30分にモーニングコールがあり、スーツケースの廊下搬出が6時20分、出発が7時25分と強行軍のスケジュールでしたが、小生は毎日、肩の痛み夜2回ぐらい目が覚め、朝もモーニングコールがある前に目が覚めていましたので、苦痛ではありませんでした。

 こうして、予定通りプラハを目指して出発したのですが、プラハまでの距離が長く365キロもあるのです。
 しかも、途中から雪が降り出して、辺り一面真っ白となりました。

 日本と違って、家が一軒もない光景が続きました。
 そして、その途中、世界遺産の美しい街「チェスキー・クルムロフ」によって、世界一美しい!といわれる小さな街を見学したのですが、雪に埋もれていてその美しさが一層際立っていました。

 <雪に埋もれたチェスキー・クルムロフ>

 <はいポーズ!>


 この二つの光景も十分美しいのですが、お城みたいなところから撮影した光景はまさに「メルヘン!」でした。

 <妖精が舞い落ちる街>


 ところで、この街はオーストリアなのか?添乗員さんにでも聞いてみようかな?(聞かなくても自分で「チェコ」だといってたよね。)
 話が変わりますが、帰宅してからかみさんと意見が分かれることがあります。それは、小生はこの街で昼食をしたときにホットワインをいただいたと思っていたのですが、どうやら小生の勘違いでした。

 まぁ、それはそれとして、妖精が舞い降りるような美しい街をできるだけ再現したいものです。

 <チェスキー・クルムロフの光景>

 <同じく>


 ところで、かみさんは、この街の広場でどいつのおばさん?から話しかけられ、チンプン・カンプンのようですが、適当に相づちをうってお相手をしていました。
 言葉尻から日本に行ったことがルような雰囲気でしたが、こういうハプニングは、意外と嬉しいものなんですね。

 ハプニングといえば、小生はイタリアのホテルでコーヒーを飲みながら休憩していましたが、時間を見計らって店を出ようと立ち上がりましたら「どうしてあなたは、夫人にコートを着せてやらないのか?」と詰問されたことを思い出しました。
 また、ハワイでは、歩道を歩いていましたら、反対方向からきた白人の老夫婦に抱きつくように囲まれ、「あなたの母か?」と聞かれたこともあります。年寄りを大切にするとか、親孝行という文化がない夫婦だったのでしょうか?

 <チェスキー・クルムロフのマルクト広場>


 さて、本題に戻っていただいて、上の写真はこの街のマルクト広場のようです。
 冬以外の季節では印象が違うと思いますが、買い求めたパンフレットあった写真はそれを物語るように本当に美しい光景でした。

 いろいろ申し上げましたが、ここチェスキー・クルムロフは、世界遺産に相応しい美しい街でした。この街のことが話題になりますと、二人とももう一度行きたいね!という結論になります。

 さて、ここから最後の訪問地チェコのプラハに向かうのですが、プラハまでは長いバスの旅で、やっとの思いでプラハに到着しました。
 プラハの第一印象は、静かで美しい!という感じでした。
 小生は、バスに揺られながら、「あぁー、ここが良くニュースで聞いたプラハなんだ!」、共産党時代のソ連の侵攻、いわゆる「プラハの春」という事件を思ったりしながら流れる景色に見とれていました。
 バスは地下道のようなところを通ったりしながら、かなりのスピードで走っていましたが、街全体の印象は、静かで美しいのですが、少し暗いという感じでした。

 さて、この日は、2003年の終わりの日でしたが、ディブロマットというアメリカンタイプのホテルに到着して「ほっと」したこともあり、日にちのことはすっかり忘れていました。
 そして、今夜の夕食は?と思いましたら、ホテルのレストランではなく、会議室みたいなところでの食事となりました。
 なんと表現したら良いのか?細長いテーブルに会い向かいなって座り、飲み物を注文すると、その後は一品ずつ料理が出てきました。
 
 その後、ホテルでカウントダウンパーティがあるので参加しないかと誘われましたが、私たちは遠慮するにしました。
 参加した若い女性グループは、大持てでドイツやイタリアのおじさんたちに胴上げのようなことをされたと聞きましたが、陽気な人たちがいるものですね。


 <これで本日の記事は終了です。次回は旅行6日目のプラハ市内観光です。それでは、これにて失礼します。>
コメント

ウィーン市内観光3<水浸し引越事件>

2018年10月28日 | 旅行記
 前回は、ウィーン市内観光の自由行動で右往左往しながらも、王宮や美術史美術館などを巡って、夕食をホテル近くの韓国人が経営する日本食レストランでいただくことにして、タクシーに乗り込むところまでをお伝えしました。
 きょうは、タクシーに乗り込むところからの話になります。

 <チェコのチェスキー・クルムロフ>


 ところが、我が愛妻、タクシーに乗るのを躊躇しているではないか!運転手の雰囲気がイヤだったようである。
 それでも、無事、ホテルに到着し、近くの店でパンをゲットして一安心した。
 そして、部屋のキーをもらおうとルームナンバーを告げたら、何かただならぬ様子で、添乗員のHさんのメモを渡された。
 
 訳が分からず、メモを読んでみると、なんと!水道管(下水道管?)が壊れて部屋が水浸しなので、部屋を変わって欲しい、その代償に果物を差し上げる、と書いてあるではないか。
 細かい事情を聞こうと頭の中で英語を探していたら、Hさんが慌てふためいて駆けつけてきた。添乗員は本当に大変だよね。

 事情を聞いて前の部屋に荷物を取りに行こうとしたら、すでに新しい部屋に移してあるという。
 ただし、パスポートと現金が入った金庫は開けていないとのことである。
 総支配人を信用して、暗証番号を告げて新しい部屋(ここも鍵がいうことを聞いてくれない。)の前で待っていると、無事、パスポートと鍵が返ってくる。

 新しい部屋は本館にあり、前の部屋より少し狭いが、造りが豪華でベッドのクッションも柔らかで誠に結構である。
 だが、よく考えると、日本人を馬鹿にしているのではないかと勘ぐってしまう。日本人ではなく団体客だからかな?

 ところで、部屋に入ってみると、なるほど果物が置いてある。
 後で聞いたが、配管が壊れて私たちが入っていた北側の部屋が使えなくなったらしい。

 この後、私たちはミニコンサートにHさんの案内で行くことになっていたのであるが、この事件でパスポートがなくなるという話(無事、見つかりました。)があり、コンサート会場までの交通手段が車から徒歩になるというハプニングがあった。

 これが「水浸し事件」の顛末である。
 なんだ、つまらない!?でも、そのお陰で我が家だけが盛り籠のようなものにはいった果物をいただいたのだから、添乗員さんの苦労は大変だったでしょうが、強く印象に残る出来事になったのである。

 ああ!忘れていました。ミニコンサートは大変良かったですよ。
 小生は、半分「うつらうつら」していますので、かみさんに叱られましたが、そのためでしょうか?ホテルまで冷たい雨に濡れながらの散歩となりました。

 最後に一言。
 ウィーンは、音楽と王宮を中心とした文化の香りが漂う街です。
 次回は、オーストリアだけの旅にして、もう一度じっくりウィーンを訪れてみたといと思いました。
 さて、翌日は最後の訪問地であるチェコのプラハに向かったのであります。


 <ということで、これで旅行4日目に訪れたウィーン市内観光が終了し、翌日はチェコのチェスキー・クルムロフ観光です。それでは、これで失礼します!といいたいところですが、文章ばかりで画像がありませんので、雪景色のチェスキー・クルムロフのものを掲載してみました。>
コメント

中欧ロマン紀行<ウィーン市内観光2>

2018年10月18日 | 旅行記
 今日は中央ロマン紀行の旅行4日目ウィーン市内観光の続きをお伝えします。この日は、午前中にシェーブルン宮殿などを見学して午後の自由時間に日本食レストランで昼食をいただいたき、その後どこを見学しようかという話になっています。

 食後は、タクシーで帰ることも考えて、私たちは、国立歌劇場を目指すことにしました。
 ウィーンの地図が頭に入っていない私たちでも、国立歌劇場の位置は午前中のガイドさんの案内で理解できていました。
 歩きはじめますと、小生は午前中に案内していただいた光景の中にマリア・テレジア像を挟んで同じ形の立派な建物が二つ並んでいるのを思い出しました。
 そこを目指して歩いて行きますと、なんと!王宮があったのです。

 <王宮の裏側?>


 私たちは、この雰囲気を楽しみながら、王宮を囲んでいる敷地を抜けて、大きな道路の向こう側に建っている二つの建物に向かって敷地を出ようとしたのですが、若い東洋系の画家に観光客が捕まっているのが見えてきました。
 この光景を見たかみさんも東洋人から逃げるものと考えていた小生は、かみさんの目がらんらんと輝いているのですから驚いてしまいました。
 この女性、中国人らしいのですが、英語で話をしていました。
 ウィーンの街並みを題材にしたデッサンが販売しているようです。

 私たちが近づきますと、「かもが来た!」とばかりに売り込みが始まったのですが、値段が高いのです。
 こちらが「プライスダウン、ディスカウント」などと通じない英語を使いながら値下げ交渉をするのですが、敵もさるもの、ひっかくもの!
 こちらが半値にしようとすると、2枚買うなら、ときた。
 そして、2枚なら1枚を50%オフにするというのである。
 その結末?かみさんに聞いてください。

 さて、ここから大きな通りを越えていきますと、マリア・テレジア像がある広場の両側に建っている自然史博物館と美術史美術館が見えてきました。
 この広場で記念撮影をしてから美術史美術館の中を見学しようとしたら、入場券を求める人々の列が長く続いていました。
 時間がないので、本当に残念ですが、あきらめることにしました。
 「今度ウィーンに来たら絶対見ようね!」などと言いながら、もと来た王宮の緑あふれる敷地に戻る二人でした。

 <マリア・テレジア像>


 <自然史博物館>


 この二つの建物ところから戻って、王宮の公園でモーツアルト像を発見しましたが、「まさこここが王宮の裏側だとは!」日本に帰って世界遺産の本で確かめるまで気がつきませんでした。
 「ああ!表(正面)から王宮を見たかったな!」

 その後、王宮の裏側にある美術館(美術史美術館デア張りません。)に行きますが、ここも人が多いので入るのをあきらめてしまいました。
 この間、王宮付近をぶらぶらと歩きましたが、街のあちこちで声をかけられ、夜のコンサートに誘われました。
 しかし、私たちは、この日の晩にシェーブルン宮殿でミニコンサートを大枚50ユーロをはたいて聞く予定になっていましたので、断り続けたのですが、このコンサートに関して事件が起こったのです。

 どんな事件か?それは後ほど!ということにして、話を二人のウィーン散策に戻します。
 ウィーンの迷い子のような二人でしたが、夕食をいただきたいな!と思い、軽いもので何かないか?となったのです。
 そこで、デパ地下に行ってサンドイッチを買おう!となったのですが、販売していないのです。
 デパートから歩行者天国の通りに戻って、今度は露天みたいなところを探したのですが、夕食に向いているようなところが見当たらないのです。
 最後はマクドナルドに行こうか?となったのですが、言い出しっぺの小生が「これはいやだ!」と言い出す始末です。
 お互いに疲れていて、カリカリしていましたが、ホテル近くの韓国人が経営する日本食レストランでいただくか?と考えて、タクシーで帰ることにしました。


 <文面が少々長くなってきました。途中ですが、本日はここで終了にします。次回は、タクシーに乗るところからホテルでの「水浸し引越事件」についてお伝えします。それではこれにて失礼します!>
 
 
コメント

Yahooジオシティーズサービス終了

2018年10月16日 | デジタル・インターネット
 <スイス物語の旅にてマッターホルン>


 いやー!びっくりしました。
 10月1日にタイトルの案内がメールにあったのです。
 「え!またか!」という思いが頭を巡りました。
 以前にもOCNのブログが廃止になったからです。でも、お陰様でこのGooブログにお世話になっていますので、有り難いことですが、突然のご案内には戸惑ってしまいます。
 とはいいましても、決まってしまったのですから、それに伴って代わりの方法を考えて実施する必要があります。
 とはいっても、Yahooでも、単にサービス終了の通知だけで「後はご自分でどうぞ。」というわけではないだろう?
 そうなのですが、どんな「ご案内だったのか」をご覧ください。なお、Yahooジオシティーズは無料のレンタルサーバーで、小生は、これを使って「mugifumi夫婦の海外旅行」というホームページを開設しています。

 いつもYafoo!ジオシティーズをご利用いただきありがとうございます。
 誠に勝手ながら、2019年3月31日をもってYafoo!ジオシティーズのサービスを終了することにしました。
 ご利用のお客様にはご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございません。

 終了に至る経緯や、今後のスケジュール、サービス終了までにお客様にご確認いただきたい内容については下記のページに掲載しておりますので、必ずお読みくださるようお願いいたします。

 ◇Yahoo!ジョシティーズサービス終了のお知らせ
 http://info-geocities.yahoo.co.jp/close/indx.html

ジョシティーズサービス終了までに他社のサービスに移行すると、
 引き続きホームページを公開していただけます。

 上記のページにホームページの他社への移行方法や「良くあるご質問」を掲載しております。
 引き続きホームページの公開をご希望のお客様は、お手数をおかけいたしますが、
 内容をご確認のうえホームページの移行を進めてくださいますようお願いいたします。

 なお、サービス終了までに他社のホームページサービスに移行されなかった場合は、2019年4月1日以降、以下の影響がございます。

 ・Yahoo!ジョシティーズで公開されているホームページが表示できなくなります。
 ・ジオクリエーターやファイルマネージャーによるファイルの編集ができなくなります。
 ・FTPによるファイルの更新ができなくなります。
 ・MyStoreによるページの更新ができなくなります。
 ・ジオプラスをご契約で無料の独自ドメインをご利用のお客様は、サービス終了までにドメインを他社サービスの移管されなかった場合、またはYahoo!ドメインでの継続利用手続きをされなかった場合、ドメイン権利を喪失します。
 ・2020年4月1日(サービス終了より1年後)に、Yahoo!ジョシティーズに保存しているすべてのデータが削除されます。

 長い間Yahoo!ジョシティーズをご愛顧いただき、誠にありがとうございました。
 サービス終了まで引き続きよろしくお願いいたします。

 ◇Yahoo!ジョシティーズサービス終了のお知らせ
 http://info-geocities.yahoo.co.jp/close/indx.html

 というものです。
 そして、このURLをクリックしますと、終了の経緯など事細かに説明しており、移行先をして6つの会社を紹介しています。
 一つ目が「さくらレンタルサービス(有料10G~)」、二つ目が「ロリポップ(有料10G~)」、三つ目が「エックスサーバー(有料200G~)」、四つ目が「XREA(無料1G~)」、五つ目が「忍者ホームページ(無料500MB~)」、最後が「スターサーバー(無料1G~)」となっています。

 小生は、この6つの会社の評判などをインターネットで調べたのですが、評価が一番高かったのはエックスサーバーでした。
 しかし、200Gなどという大きな容量は必要ありませんし、最低でも972円(月額)だという料金にも抵抗がありました。
 小生としては、有料で気兼ねなくサービスを受けるの手かな?とも考えたのですが、やはり無料の魅力には勝てませんでした。
 それでは、無料と表示されているXREA、忍者ホームページ、スターサーバーから選んだのか?といいますと、そうではなかったのです。

 評価が一番高かったエックスサーバーのホームページを開きますと、「無料(1G)」という選択手があったのです。
 そこで、早速、申し込みをして必要なデータ(旅行記の文章や写真など)をアップロードしました。
 ところが、最初にサーバーに送ったものは、スムーズにできたのですが、二日目に送ったデータが何度実行しても、ホームページに表示されないのです。
 小生は、アップロードをホームページビルダーというソフトで実施していますが、サーバーに通じたというようなサインがあるにも関わらずHPには表示されないのです。
 会社の小生の「管理ページ」などを調べてみたのですが、異常はなさそうですので困ってしまいました。
 また、エックスサーバー社に対するホームページビルダーを使った手続きの方法がネット上に見つかりましたので、それも試みたのですが、どうにもなりませんでした。

 これでは、他社を試すしかないか?と考え、エックスサーバー社は退会することにして、無料の中では次に評価が高いスターサーバーに申し込みました。
 これは、小生のページのような容量が小さいもの(800MB)には「ぴったり!」だったようで、アップロードの時間が早いので驚いてしまいました。
 お陰様で、昨日の作業でホームページのデータをすべて送ることができました。
 また、同社の無料サービスの容量は1Gと2Gが用意されていて、小生は2Gの申し込みをしましたので余裕ができました。

 ということで、引き続きホームページを皆様にご覧いただけますので、是非、このブログともどもご愛顧くださるようお願いいたします。

 http://mugifumi.starfree.jp/
 


  
コメント

中欧ロマン紀行<旅行4日目ウィーン市内観光>

2018年10月01日 | 旅行記
 昨日、ホテルの湯船で尻餅をついた話を申し上げましたが、今日はその翌日に観光したウィーン市内観光についてお伝えします。

 <旅行4日目ウィーン市内観光と自由行動>
 今日はいよいよウィーン市内観光である。昨夜の事件で多少お尻が痛むが、そんなことは言ってられない。
 ウィーン市内は、都電のような路面電車が街を一周しており、とてもわかりやすい。

 まず、ホテルの近くにあるシェーンブルン宮殿見学である。
 生憎、どんよりと曇っているが、雨は降っていない。

 <シェーブルン宮殿の正面>


 <同じく宮殿の遠景>


 この宮殿は、ヨーロッパを支配したハプスブルク家のマリア・テレジアにより王宮として改築されたもので、その外観は、金色(黄色)に統一されている。
 建物に入ると、森進一のような顔と声をした現地の日本人ガイドが皮肉を交えながら、部屋の由来や、調度品、装飾品などの説明をしてくれた。

 それにしても、素晴らしい!
 多くの場合、こういうお城の中というのは、中国の紫禁城や日本の大名のお城のように何にもない!のが普通であるが、ここは、違いますよ。
 じっくり見て、説明を聞いて、己が知識と見聞を広げる良い機会だと思ったね。

 それしても、日本の漆を塗った壁板がある中国の間など豪華な部屋が並んでいて、ハプスブルク家の栄華が想像できるが、我々凡人がこんなところに住んだら、息が詰まるし、部屋の数が多すぎて奥さんがどこにいるのか分からない!なんてことになるよネ。

 <シェーブルン宮殿の裏側>


 この写真は、ツアー仲間に撮影していただいたものであるが、ここは、宮殿の裏側で一帯が広大な庭園となっている。

 春のお天気の良い日に来たら、咲き乱れる草花などもあるので、きっとおとぎの国のような素晴らしい光景が見られるのではないだろうか!

 宮殿の次はどこに行ったかね?確か、市立公園に行き、ここを散策しながらウィーンで活躍したヨハンシュトラウスをはじめ著名な作曲家の銅像がいっぱいありました。

 <市立公園にて>


 <同じく公園にて>


 この写真は、公園内にある作曲家の銅像と公園の池に集まる野鳥の様子です。
 さて、公園から次の日程である免税店に行って、自由行動となるのであるが・・・?

 その免税店で添乗員のHさんからウィーン市内の地図を見ながら「現在地はここで、昼食はこの店がいいよ。お土産としてはチョコレート買うならデパ地下が良いが、場所はここだよ。それから、タクシーはここから乗りなさい。ウィーンのタクシーは安全だよ。」などと説明があった。

 何のことはない。午後は自由行動だから勝手に動きなさい、ということである。
 しかし、である。教えられたが、右も左も分からない私たちはどうすればよいのか?
 後で聞けば、それを心配して、自信がない人にはHさんが行動を共にしようと考えていたらしいが、目印の歩行者天国の大通りに二人は歩き出してしまったのである。

 さあー、それからが大変である。
 マイワイフ、お土産を買いに、まず、デパートに行きたいというのである。
 二人で地図をにらめっこしながら、右往左往、大喧嘩、お陰でかみさんの方向音痴を再認識した次第である。

 やっとの思いで、デパ地下に到着してウィーンのスーパーマーケットを初体験し、めでたくチョコレートとHさんおすすめ帽子印のコーヒーをゲットしました。
 スーパーは、日本と同じシステムでしたが、ビニール袋は有料でした。

 その後、どこに行こうか?となったのですが、Hさんがカフェを盛んに勧めていましたので、その店を訪ねるのですが、どこも満員でした。
 「ああーウィーンの美味しいコーヒーと食事はいただけないのか!」なんて思いながら人混みの中を思案する二人でした。

 仕方がないので、日本のレストランを目指すことにしました。
 名前?「天」という字がついていたような気がします。(天馬屋?)
 幸い、席に空きがあり、うどん好きのかみさんがいるが、寿司を食べようか?と思いました。
 ところが、値段が高すぎて手が出ません。
 二人揃って、おにぎりが2個ついている温かいそばセットを注文しました。
 周りを見ると、ほとんどが日本人!と思いきや、半分近くが外国人。

 店は客の回転が良く、長居は禁物と考え、帽子と外套を持って外で待っていると、かみさんが店に戻れ!と迎えに来ました。
 そのわけは、よくわかりません。

 さて、お腹も膨らんで、腹ごなしにどこかに歩いて行こうか?となるが、タクシーで帰ることを考えて、タクシー乗り場がある国立歌劇場を目指すことにしました。


  <本日の記事はこれにて終了です。次回は、国立歌劇場をめざして歩きはじめた二人がどこに行ったのか?などをお伝えします。>
コメント