修行僧が行く

OCNブログから引っ越してきました。日々の彷徨の記録を綴ります。

西山興隆寺の紅葉(愛媛県西条市)

2018-11-17 12:15:23 | 散歩道

 四国には四国八十八ヶ所霊場のほかに四国別格二十霊場があります。両方を併せると百八となり人間の煩悩の数になることから、煩悩消滅のお大師様の道ということで両者を併せてお参りするお遍路さんもも多くおられます。その別格二十霊場の第10番札所が愛媛県西条市丹原にある西山興隆寺です。愛媛の紅葉の名所の一つとのことで、この日広島への帰路に参拝も兼ねて立ち寄ってきました。〔11月15日(木)〕

 ↓ 西山興隆寺の山門(仁王門)です。標高差200メートル程の寺域の下の方にあり、この辺りの紅葉は12月初め頃になるそうです。

 ↓ 長い石段の坂道を辿って上部の本堂近くまで上がってくると境内の樹々が色付いてきていました。

 ↓ 美しい城郭様式の石垣で守られた本堂や大師堂のある境内のモミジは綺麗に色付いていました、

 ↓ 西山興隆寺本堂です。銅板葺の寄棟造、1375年(文中4年)建立の国指定の重要文化財。

 ↓ 三重塔。1836年(天保7年)の作、愛媛県指定文化財。

 ↓ 境内の上部の紅葉が見頃を迎えていました。寺域全体に繁る杉の古木とのコラボ、コントラストが見事でした。

 ↓ 本堂横手に建つ聖天堂を彩る紅葉!

 ↓ 銅板葺きの本堂の屋根を覆うように延びた紅葉したモミジの枝!

 ↓ 青空の下、彩りを深めてきたモミジが輝いていました。

 ↓ 本堂脇の大きなモミジの紅葉は今が最高潮といったところか!?

 ↓ 本堂の銅板葺きの屋根に紅葉がよくマッチして華やかで美しい境内を現出させていました!

 ↓ 逆光の中の紅葉が興隆寺の堂宇群を秋色に染めていました!

 ↓ 天高く伸びたカエデが天空の杉と楽しい紅と緑のコラボレーションを演じていました。

 ↓ 秋の深まりと共に境内の様々な樹々が色付き始めていました。

↓ 庫裏前の高台から谷間の先に道前平野や燧灘が望めました。この谷間が紅葉するのはまだ半月ほど先でしょうか!?

コメント

冬支度に入った皿ヶ嶺を歩く

2018-11-16 07:11:16 | 山歩き

 3か月振りに愛媛県東温市の皿ヶ嶺(1,278m)を歩きました。朝から庭木の剪定をした後の午後2時過ぎに水の元を出発し上林峠を経由して竜神平へ上がり、山頂を踏む時間がなかったので竜神平から風穴を経由して水の元に下りました。途中でちょっと新ルートの探索などもして、下山時刻は日没後になってしまいましたが、登山口から松山の夜景を見ることが出来てまた一興でした。〔11月14日(水)〕

↓ 麓の定点からよく晴れ上がったこの日の皿ヶ嶺を見上げました。

↓ 水の元からスタートしました。まだ紅葉が残っていることを期待していましたが、それは儚い夢でした。

↓ 紅葉に彩られた天狗の庭を期待していましたが、樹々はすっかり葉を落として、森はすっかり冬支度を始めていました。

↓ それでも足元にハガクレツリフネが冷気の中で身を震わせるようにして咲き残っていてくれました。

↓ すっかり葉を落とした森を清々しい気持ちで通り抜けて上林峠へと急ぎました。

↓ 上林峠への登山道が7月の西日本豪雨で崩壊しているとの告知が貼り出されいました。

↓ 自己責任で上林峠へのルートを採りました。2つの崩土箇所を無事に通過出来ました。

↓ 上林峠

↓ 上林峠から標高差120メートルを一気に登る階段道を辿りました。

↓ 西日射すブナや赤松の樹が繁る森を抜けて竜神平へと急ぎました。

↓ 西日が山の端に沈み始める頃に竜神平に入りました。

↓ 隣接する森にはまだ西日が射す竜神平です。

↓ 夕焼け空を背にしたブナ林の中を急ぎ下山して行きました。

↓ 眼下には西日を浴びる松山平野が広がっていました。

↓ 風穴に下る頃には足元が随分と暗くなってきましたので、ヘッドランプを点けて水の元への最後の斜面を下りました。

↓ 登山口の水の元に下って、避難小屋のべランダから暮れ行く松山の夜景を楽しみました。

コメント

干し柿、そして柿、柿・・・

2018-11-15 08:00:34 | 風物詩

 妻実家の庭に大きな渋柿の木が一本あり、昨年は大豊作でしたが、今年は裏年の上に樹も傷み僅か30個余りの実が採れました。干し柿にするにはまだ暖か過ぎるかとも考えましたが、その他にも沢山柿の実が手に入ったので迷うことなく実家の軒先に皮を剥いて干しました。〔11月14日(水)〕

 ↓ 大きく立派な柿の実を早速に干し柿にしました。カビが生えずに無事に干し上がってもらいたいものです!

 ↓ 戴きもの渋柿です!少し冷え込んでから干し柿にします!

 ↓ 西条市丹原の柿農家から分けてもらった渋柿です。これも後日干し柿にします。

↓ これは富有柿です。妻実家の庭の別の柿の木からの産物です。食用にします。

コメント

愛媛で出逢った初冬の花

2018-11-14 08:21:02 | 風物詩

    天気が崩れる中を広島から愛媛に車で移動しました。しまなみ海道で瀬戸内海を渡る頃に本格的な雨になってしまいました。その雨の中、今治市朝倉では今年も冬のひまわりに出逢いました。例年より少し早く咲いたようです。そう言えば実家のワビスケの花も例年より一足早く満開になっていました。きっとずっと暖かい日が続いているせいでしょう!〔1112()13()

 ↓ 雨に濡れるしまなみ海薄く道・多々羅大橋

 ↓ 愛媛県今治市朝倉で出逢った立冬が過ぎた頃に咲く冬のひまわりです。

 ↓ 地域の農家の方々の共同活動による景観形成のための農水省資金交付事業で今年も冬のひまわり畑が出現しました。今年はひまわりが疎らなようです!

 ↓ 11月の四国での定例の行事は庭木の剪定です。その庭に今年もワビスケの花が咲いてちょっと厳しい作業の苦労を慰めてくれます。

 ↓ ワビスケはツバキとチャノキの雑種とのこと。多くの色合いや形状のものがあるらしく、昨年知り合いからこの花もそのワビスケであることを教わりました。

コメント

加計の街で「五サー市」を楽しむ

2018-11-13 08:08:19 | 散歩道

  吉水園の一般公開と一緒に加計の街で開かれていた「五サー市」〔開催日:1110()11()〕を楽しみました。かつての加計町は山県郡の中心地で近在の物産が集積して大いに賑わっていました。「五サー市」はそんな加計の街で暮れの旧25日に開かれていた一大イベントで、広島市などから多くの商人が集まり近在の物産も集まって近郷からの多くの人出で賑わった市とのことです。今吉水園の一般公開と共に祭を開催してかつてのその賑わいを復活させようとの狙いのようです。加計の街の中央通りを歩行者天国として開催されていました。〔1110()

 ↓ 「五サー市」で賑わう加計の街へ、さあ!

 賑わう加計の中央通りの「五サー市」会場!

 「源輝会」の皆様による“蒸気まんじゅう”の実演即売

 家族連れの姿も多い祭の会場

 加計の街はレトロな雰囲気

 胡子神社前の道路ではこれから「餅まき」が行われます。

 会場中心部の街は大賑わい!

 賑やかなお喋りが聞こえてきました!

 会場の一角に「勝手に路上ライブ」の場も!

 会場の通りを埋める露店と観光客の列


↓ 
鯛焼きの名店「よしお」には長蛇の列が出来ていました。

 

↓ 会場に「渋・甘の鬼」が出ていました!

 吉水園に近い「木炭車の館」に展示された木炭車!

 「木炭車の館」では石油発動機の展示運転も行われていました。かなり煙い!!


 神楽会場となっていた街外れにある長尾神社

 長尾神社の大銀杏は黄金色!

 太田川縁の旧可部線跡では旧可部線の気動車の公開が行われていました。

1 この日も構内を走行していた動態保存されたキハ28気動車

コメント