みどりの一期一会

当事者の経験と情報を伝えあい、あらたなコミュニケーションツールとしての可能性を模索したい。

続続・東京都青少年健全育成条例案:都議会総務委員会で「継続審査」に/大阪府にも飛び火か?!

2010-03-20 09:15:07 | 「ジェンダー図書排除」事件
またまた、「東京都青少年健全育成条例案」の続報です。

改正条例案は、昨日の都議会総務委員会で、全会一致で「継続審査」に決まったようです。

 子供性描写規制:都議会総務委、継続審議決める
2010年3月19日 22時1分 毎日新聞

 漫画やアニメでの18歳未満の性描写を規制する東京都青少年健全育成条例改正案について、東京都議会総務委員会は19日、継続審議とすることを全会一致で決めた。改正案は、条文の見直しも含めた検討を経て6月の定例議会で改めて審議される見通しとなった。

条例改正に批判的な民主党、共産党、生活者ネットワーク・みらいの3会派が継続審議に合意し、委員の過半数がまとまったのを受け、自民、公明両党も同調した。【鮎川耕史】


まずはよかった、というべきですが、手放しでは喜べません。
問題は先送りされただけ、ということでしょう。

この問題は、東京で起きたということもあって、
ここへきて、全国版でも報道されるようになり、
反対する人も多く、注目度が高いのです。

応援クリック人気ブログランキングへ してね 
本文中の写真をクリックすると拡大します。


「東京都青少年健全育成条例」問題のブログを関連の記事にTBしてきたら、
ブログ「たけくまメモ」のコメント欄で、「堺市立図書館、BL本5500冊排除騒動の顛末『創』5月号(上野千鶴子)」の
ブログ記事を紹介してくださった方がいて、この記事だけで
一昨日、昨日であわせてアクセスが約300人ほどありました。
一部の人にしか知られてなかった、堺市のBL図書排除事件のことが広く知られるのは、うれしいです。

堺市立図書館、BL本5500冊排除騒動の顛末『創』5月号(上野千鶴子)
~『at』15号~ケアの社会学(2009-04-19「ジェンダー図書排除」事件)



まんが・条例のできるまで(1992年作品)(「たけくまメモ」2010年3月17日 ) 
↑1992年の大阪府「青少年健全育成条例」改正問題のマンガが紹介されています。
 

堺市立図書館のBL図書排除問題の場合、そもそも「府条例に抵触するものは購入していない」ということでしたが、
今回の「東京都青少年健全育成条例」がとおってしまったら、
「BL本は図書館から合法的(条例に即して)に排除される」理由になるし、
その前に、公立図書館では、BL本を購入することもできなくなる、かもしれません。
条例がもし成立したら、図書館の現場でも大変なことになります。

彼らの言い分だと、BL(表紙と挿絵の画の部分)は当然、規制対象にはいりますから。
巧妙なやり方で、自分たち(石原)が気に入らない青少年の性的表現をすべて管理し排除したいのでしょう。

という意味でも、この問題は「ジェンダー」の問題であり、堺の問題と同根。

と思っていたら、大阪府でも追随する動きがありました。

どうやら、橋元大阪府知事も石原東京都知事と、同じ穴のムジナのようです。

アニメの性描写規制、橋下知事も検討 まず実態把握へ
2010年3月19日12時18分 朝日新聞

 漫画やアニメで18歳未満と判断される架空のキャラクターの性描写を規制する東京都の青少年健全育成条例改正案について、大阪府の橋下徹知事は19日、報道陣に「大阪府も検討する。規制する必要性があるか、まず実態把握する」と語り、規制するかどうかを検討する考えを明らかにした。府は性描写のあるマンガやDVDなどの販売状況などを調査するという。
 都の議論に、出版界などは「表現の自由を侵す」と批判している。橋下知事は「表現の自由にかかわるので慎重に見なければいけない。重要なのは実態把握。(規制が必要であれば)表現の自由も絶対的でない」と述べた。
 大阪府の青少年健全育成条例では有害図書について「総ページの10分の1または10ページ以上」など量的な基準はあるが、都の改正案のように内容で判断する基準はないという。


18日の毎日新聞にも、まとまった記事が出ていましたので、紹介します。。

 都青少年健全育成条例:改正案 漫画、ゲームなど性描写の規制強化
毎日新聞 2010年3月18日

 ◇作家ら反対運動開始
 東京都は18歳未満を対象にした児童ポルノの規制強化のため、今月30日に開かれる本議会で「都青少年健全育成条例」の改正を目指している。改正案には実在する児童ではない漫画やアニメ、ゲームのキャラクターを想定した「非実在青少年」への規制や、ただ画像や図版を持っている行為を規制する「単純所持」規定が盛り込まれている。これに対し漫画、アニメ、ゲーム、出版などの業界関係者は、表現の自由を阻害する恐れがあるとして反対運動を始めた。18日に開かれる総務委員会の動向が注目される。【内藤麻里子、臺宏士】

 ◇児童ポルノ根絶を狙い
 条例改正案で「非実在青少年」とは、「年齢又(また)は服装、所持品、学年、背景その他の人の年齢を想起させる事項の表示又は音声による描写から十八歳未満として表現されていると認識されるもの」をいう。このうち「強姦(ごうかん)等著しく社会規範に反する行為を肯定的に描写したもの」で、青少年の健全な成長を阻害するおそれがあると認められるものは不健全図書等に指定され、18歳未満への販売などを禁止する。
 つまり18歳未満、もしくはそう推定されるキャラクターを使った漫画、アニメなどで著しく社会規範に反する性表現があった場合は、18歳未満の青少年への販売などが許されない。
 ゲームのデザイナーやシナリオライターで作る「コンテンツ文化研究会」は、早くから条例改正問題に取り組んできた。杉野直也代表は非実在青少年の基準があいまいだとし、「年齢がない場合、背景や音声などから類推するのは無理がある。絵柄によっても左右される」と指摘する。「児童ポルノの規制はもちろん必要だ。だが、不明確な基準では、芸術などに大きな影響を与える」と話している。
 漫画家たちも大きな危機感を抱き、今月15日、永井豪さん、里中満智子さんらがそろって東京都庁内で記者会見した。また、約60人の反対する漫画家リストを公表した。
 漫画家で、京都精華大の竹宮惠子マンガ学部長には、代表作の一つに10歳の少年の性を扱った『風と木の詩』がある。永井さんも過激な性表現をした『ハレンチ学園』で世に出たことに触れ、「(条例が通れば)確実に世に出ることができなくなる」などと訴えた。

 ◇表現の土壌断つ結果に
 ちばてつやさんは「表現、芸術などが生まれる時はいろいろな種類の花が咲く。汚い、臭いと言って、つながっている汚い花の根を絶ってしまうと植物群全体の元気がなくなってしまうのと同じで、規制によって表現全体が元気がなくなってしまう」と述べた。
 一方、日本ペンクラブの言論表現委員会(委員長、山田健太・専修大准教授)も「小説も無関係ではいられない」と、対応策の検討を始めた。
 作者だけでなく出版社からも疑問の声が上がっている。日本書籍出版協会と日本雑誌協会が15日に都議会最大会派の民主党に提出した意見書では「青少年と性をテーマとする作品では性描写は避けて通れない。いかに健全な表現であろうと恣意(しい)的に不健全と判断される恐れがある」と批判した。

 ◇慎重な議論が必要だ
 園田寿・甲南大法科大学院教授(刑法、情報法)は非実在青少年規制に関し、「改正案は『みだりに』などの表現で規制対象を限定したというかもしれない。しかし、漫画のような創作物での芸術的な表現はそもそもデフォルメされるものだ。条文は具体的な禁止対象がはっきりせず、違憲性が問題になり得るほど過度にあいまいだ」と指摘する。単純所持規制については「現行の児童ポルノ禁止法の定義にあいまいな部分が残る以上、過度の規制になる。法の見直しが先決であり、それを飛ばして条例で規制することは本末転倒だ」と批判。その上で「出版社が集中する東京都の規制強化の影響は、他の道府県にすぐに及ぶ。慎重な論議が必要だ」と話した。
 これに対して都青少年課は「現行でも不健全図書指定の対象の8割から9割は漫画だ。性的感情を刺激しないが、強姦や獣姦、何人もの女性への乱暴行為を賛美するといった反社会的な行為は、現在の基準では指定が難しい。同性愛だからといってただちに反社会的となるわけではない」と説明。単純所持規制についても「罰則はなく、児童ポルノを根絶しようという社会機運を高めるためのあくまで理念規定だ。国に先んじたわけではない」と話している。

 ◇「単純所持」も定義あいまい
 「単純所持」については、条例改正案18条の6の4で、「都民等の責務」として「何人も、児童ポルノをみだりに所持しない責務を有する」と規定している。「単純所持」規制も、児童ポルノ禁止法が99年に成立してから再三議論されてきた。
 奈良県は05年に全国で初めて児童ポルノの単純所持を禁止する「子どもを犯罪の被害から守る条例」を制定し、規制対象年齢を「13歳未満」とした。13歳にした理由を奈良県警は「特に精神的身体的に未成熟だ」と説明する。
 昨年の通常国会でも当時の自公・与党や民主党が出した改正案が審議された。与党は正当な理由なく所持することを禁止するとともに、「自己の性的好奇心を満たす目的」での所持に対して罰則を設けると提案。民主党は購入したり、繰り返し取得する行為を禁止するという案を出したが、与野党が歩み寄れずに改正には至らなかった。
 改正案に反対を訴えている山口貴士弁護士は、「改正案では何をもって単純所持というかの基準が不明確であり、しかも児童ポルノ禁止法にさえない単純所持を禁止することは、地方公共団体は法律の範囲内で条例を制定することができるとする憲法94条に反する」としている。
毎日新聞 2010年3月18日


P-WANセレクトニュース : 「非実在青少年問題」イベントレポート! 規制が孕む問題とは?
(2010年3月17日 インフォシーク)他



最後まで読んでくださってありがとう
人気ブログランキングへ クリックを

 記事は毎日アップしています。
明日もまた見に来てね
  

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 3月19日(金)のつぶやき | トップ | 3月20日(土)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

「ジェンダー図書排除」事件」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事