「む・しネット」〜女性を議会に 無党派・市民派ネットワークblog

市民自治と市民派女性の政治参加をすすめる「む・しネット」の情報発信ブログ。
4月の統一選には市民派議員をふやしたい!

2016年度【市民派議員塾&政策研究会】開催のご案内〜全4回:5月、8月、10月、2月

2016年04月22日 | 市民派議員塾・政策研究会/選挙講座
2016年度【市民派議員塾&政策研究会】開催のご案内〜全4回:5月、8月、10月、2月
(転送・転・シェア歓迎)

「女性を議会に 無党派・市民派ネットワーク(む・しネット)」は、
統一選後2年目となる2016年度【市民派議員塾&政策研究会】を
5月28日から開催します。

「市民派議員塾」は、議員として働くスキルが身につく「即戦力」講座。
ゝ腸颪隆靄椶箟娠帖Σ革の基本編、情報公開や監査請求などの制度を
使いこなす理論編、∀斥的な立論で政策実現する「一般質問の組み立て」など
の実践編、M住察Ψ荵擦鮨爾瓩觝眄編、という3部構成です。
昨年から新たにはじまった「アドバンス政策研究会」は、午前は「一般質問で
実現した政策を共有する事例研究」、午後からは「テーマを決めて調査した資料を元に
意見交換をするテーマ研究」という企画です。

第1回は、「保育園落ちた!に市民派議員としてどう関わるか」という旬のテーマで、
中日新聞生活部記者の稲熊美樹さんを招いて、保育園、学童の待機問題に
市民派議員としてどのように関わり問題解決できるのかを掘り下げます。
全国各地の市民派議員と情報交換して、自治体や議会の状況を
共有し、バージョンアップした政策研究会をめざします。

今年度は、参加者それぞれのニーズに合わせて、セッションごとの
参加もできるようにしました。
是非、皆さまの参加をお待ちしています!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2016年度【市民派議員塾&政策研究会】


○市民派議員塾
・第1回 5月28日(土)
・第2回 8月6日(土)〜7日(日)
・第3回10月29日(土)
・第4回17年2月4日(土)〜5日(日)
○アドバンス政策研究会
・第1回 5月29日(日)
・第2回10月30日(日)
会場:ウィルあいち(名古屋市) 
○講師:寺町みどり&寺町知正

【対象・参加の仕方】(定員15名)
○「無党派・市民派」の議員および市民(主要政党関係者を除く)
(初参加は「申込書」が必要)
○連続参加が望ましいが、セッションを選択して参加も可能
 (政策研究会は午前・午後で1セッション)
 
【年 会 費】(事前振込み)
○ 市民派議員(会員以外):1セッション7,000円           
○ 「む・しネット」会員:1セッション5,000円  
         
【申し込み・お問い合わせ】
○参加したことのある方・「む・しネット」会員:
島村きよみまで、メール(shimamoon@re.commufa.jp)で申し込んでください。
○初めて参加される方:
  島村きよみまで、まず電話(090−9902−3218)でお問い合わせください。

【主催】 「女性を議会に 無党派・市民派ネットワーク」(通称「む・しネット」)
○連絡先:事務局・島村きよみ TEL:090−9902−3218
                  Eメール:shimamoon@re.commufa.jp

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
≪市民派議員塾≫

○基本構成:
【セッションA】 13:30〜16:40  寺町知正
【セッションB】 17:00〜20:00  寺町みどり
【セッションC】翌日9:30〜12:30  寺町知正

第1回  5月28日(土)
【1−A】 仕事ができる議員になるために〜「基本のき」
【1−B】 一般質問「基本のき」〜政策実現できるよいテーマを選ぶ
■第2回 8月6日(土)〜7日(日)
【2−A】 現場で使える直接民主主義の制度・手法の理解
【2−B】 一般質問の組み立て方〜問いと獲得目標の設定が不可欠
【2−C】 決算−効果的な審査で役所の仕事を転換させる
■第3回10月29日(土)
【3−A】 「議案」への取り組み/議会の現状=議会改革
【3−B】 一般質問をスキルアップ/獲得目標に届く論理的な立論のコツ
■第4回  2017年2月4日(土)〜5日(日)
【4−A】 法やルールを使いこなす議員は仕事ができる
【4−B】 一般質問を深める〜根拠・データに基づく議論が効果を生む
【4−C】 予算議会で市民派議員の本領発揮/準備も必要

≪アドバンス政策研究会≫
【第1回】5月29日(日)9:30〜15:15
(午前の部)事例研究
・一般質問で取り上げ実現できた政策課題について、
 成功事例としてテーマやノウハウを共有する。
講師:寺町みどり&知正
(午後の部)テーマ研究
・テーマ「保育園落ちた!に市民派議員としてどう関わるか」
講師:稲熊美樹さん(中日新聞生活部記者) 
【第2回】 10月30日(日)9:30〜15:15
(午前の部)事例研究 
・一般質問で取り上げ実現できた政策課題について、
 成功事例としてテーマやノウハウを共有する。
講師:寺町みどり&知正
(午後の部)テーマ研究 
 ※福祉、教育からテーマ設定、講師を予定。
  (子どもの貧困、障がい者差別禁止法への対応など) 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
≪市民派議員塾≫全4回の内容

■第1回 5月28日(土)13:30〜20:00
【1−A】仕事ができる議員になるために〜「基本のき」
・自治体とは何か/議会とはなにか/議員とは何か
・議会の原則〜自治法、議会の条例や規則/議案とは何か
・議会運営の原則と問題/議会の内と外の区別を明確に
【1−B】 一般質問「基本のき」〜政策実現できるよいテーマを選ぶ
・一般質問「基本のき」/発言の基本/一般質問のルール
・自治体の政策・事業・サービス〜法的根拠のあるもの・ないもの
・一般質問のテーマ選び/取り組みたい政策〜方向性はテーマで決まる
・「一般質問の組み立て方」の解説

■第2回 8月 6日(土)13:30〜7日(日)12:30
【2−A】 現場で使える直接民主主義の制度・手法の理解
・議員と市民にできること/請願、直接請求、審査請求
・「情報公開」の基本/利用の仕方/公開制度運用実態
・公開請求に慣れる/議員の住民監査請求はてきめん
【2−B】 一般質問の組み立て方〜問いと獲得目標の設定が不可欠
・問いの立て方/獲得目標の設定のコツ
・一般質問の組み立て方/政策を変える
・模擬「一般質問」〜一般質問をじっさいに想定問答する
【2−C】 決算−効果的な審査で役所の仕事を転換させる
・自治体の仕事、税金の使いみち/「決算とはなにか」 
・決算審査の基本/着眼点/有用な資料の入手と使い方
・もっと深く理解したい行政のしくみ

■第3回 10月29日(土)13:30〜20:00
【3−A】 「議案」への取り組み/議会の現状=議会改革
・原則に基づく的確な発言、行動が効果を生む
・議会改革に取り組む/議会の慣例、申合わせの問題点
・市民派議員として知っておきたい議会のルール
【3−B】 一般質問をスキルアップ/獲得目標に届く論理的な立論のコツ
・一般質問で望む答えを獲得する〜〜論理的説得力を身につける
・一般質問の組み立て方/立論〜現状を変える道筋/答弁の引き出し方
・集めた情報を利用するための文書、データなどの保存・管理の工夫

■第4回 2017年2月 4日(土)13:30〜5日(日)12:30
【4−A】 法やルールを使いこなす議員は仕事ができる
・法的根拠・データを駆使して政策変更を迫る
・基本は情報公開=事業の情報は役所の文書の中にある
・さまざまな手法を使いこなす〜スキルは磨くもの
【4−B】 一般質問を深める〜根拠・データに基づく議論が効果を生む
・情報公開を使って一般質問を組み立てる
・一般質問を組み立て方〜根拠とデータを使って立論する
・模擬「一般質問」〜答弁に対する再質問・再々質問のスキル
・一般質問でつまづいていること〜一般質問なんでも相談
【4−C】 予算議会で市民派議員の本領発揮/準備も必要
・自治体における「予算」とはなにか/予算の流れ
・予算のルールと位置付け/予算は政策の事前評価
・予算書点検、着眼点や論点/予算編成過程の情報の取得
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


【参考】講師および「む・しネット」のブログおよびホームページ

★ブログ「みどりの一期一会」
★ブログ「てらまち・ねっと」
★『最新版 市民派議員になるための本』ブログ

★寺町ともまさのネットワーク
★「くらし しぜん いのち 岐阜県民ネットワーク」ホームページ  

☆「む・しネット」〜女性を議会に 無党派・市民派ネットワークblog
★寺町みどりのwebページ(「む・しネット」のホームページ)

ニッポンの女子力<4>挑戦 物言う市民派 育て〜母親目線 地方議会に送る(中日新聞)
河北新報 【変えよう地方議会 あすの自治】届く/だれが議会を変えるのか? ひとりから始める(寺町みどり)
 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


人気blogランキングに参加中。
一日一回、クリックしてもらえると、
<社会・経済(全般) ランキング>に飛んで、
順位も上がるし、他のブログも見れるよ。
応援クリックしてね。 



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2015年度の「議員と市民の勉強会&アドバンス政策研究会」終了しました。

2016年02月10日 | 市民派議員塾・政策研究会/選挙講座
1月23、24日に名古屋で開催した
第3回「議員と市民の勉強会&アドバンス政策研究会」で、
2015年度の講座の日程をすべて終了しました。

最終回は、予算議会に向けての集中レクチャーと、
事前に出していただいた課題のレジメをもとにしたセッション。

二日目の「市民派議員アドバンスコース政策研究会」は、
午前の部は、政策に取り組む議員のみなさんの課題解決のセッション、
午後の部は、「自治体事業のアウトソーシングの是非を考える」という企画。

わたしは、二日目の午前の部までの講師でしたが、
市民派議員の皆さんが、共通のテーマで、
それぞれ持ち寄ったデータをもとにしての議論は、
濃密かつ有意義な時間で、勉強になりました。

 
   
第3回「議員と市民の勉強会」《予算議会で深まりのある審議をしよう!》&アドバンス政策研究会 
 


    
   

   

      


全日程を終えて飲んだウイルコーヒー。


ホット一息です。

1年間、お世話いただいたスタッフのみなさま、受講されたみなさま、
お疲れさまでした。

またお会いしましょう。

人気blogランキングに参加中。
一日一回、クリックしてもらえると、
<社会・経済(全般) ランキング>に飛んで、
順位も上がるし、他のブログも見れるよ。
応援クリックしてね。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第3回「議員と市民の勉強会」《予算議会で深まりのある審議をしよう!》&アドバンス政策研究会

2016年01月23日 | 『む・しの音通信』
今日から明日まで、名古屋で
「む・しネット」主催の勉強会。
今日は、今年度最後3回目の「議員と市民の勉強会」、
明日は、アドバンスコース政策研究会です。

今夜からあさってにかけては、今年一番の寒波で大雪の予報。
北海道や北陸、関東、関西など遠方から参加される方もいらっしゃるので、
行き帰りの交通機関などにトラブルがないことを祈っています。

 2015年度 第3回「議員と市民の勉強会」 
《予算議会で深まりのある審議をしよう!》
 
             
日 時:2016年1月23日(土)13時〜20時   
会場:ウイルあいち 会議室3
講師:寺町みどり&ともまさ 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 《内容およびスケジュール》

○13時 開会  〜内容説明/参加者プレゼン
                 
【セッションA】「 質問・質疑をつかいこなす 」
1)「12月議会の一般質問」の反省と課題  
    【課題2】12月議会の一般質問の事後評価
  
2)「予算議会の一般質問」の組み立てをスキルアップする
 1.データや法的根拠を基に、論理的説得力のある一般質問を組立てよう               
 2.予算議会の一般質問を組み立てる
   【課題3】「予算議会の一般質問」    

【セッションB】 
1) 「市民のための政策実現をめざして市民派議員として働く」

1. 総論:自治体における「予算」とはなにか/予算書・決算書は、なぜ比較できるか
2. 予算編成の時系列の認識 /予算書点検、着眼点や論点など。「予算書」を読む                 
3. 初級編の観点。中級なら理解。もっと理解したいしくみー補助・委託・契約・指定管理等

2) 「予算議会で市民派議員の本領発揮」     
4. 予算編成過程の情報公開
  【課題1】あなたの自治体の予算編成過程の情報公開度を高める

【セッションC】
《市民派議員と政策〜あなたの問題と解決方法・アドバイス》

   【課題4】「一般質問の組み立て」でつまづいていること
     
【今年度のまとめ】
 ・勉強会で獲得したこと、次に踏み出す一歩は・・・
○インフォメーション

○20時 閉会

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
○1月24日 ( 日 )
  アドバンスコース政策研究会
 【午前の部】【午後の部】 


人気blogランキングに参加中。
一日一回、クリックしてもらえると、
<社会・経済(全般) ランキング>に飛んで、
順位も上がるし、他のブログも見れるよ。
応援クリックしてね。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

10.31/11.1開催。第2回「議員と市民の勉強会&市民派議員アドバンスコース《政策研究会》」

2015年10月31日 | 市民派議員塾・政策研究会/選挙講座
きょうから、名古屋で
第2回「議員と市民の勉強会&市民派議員アドバンスコース《政策研究会》」です。

今回は、課題のレジメが届かなかったりときりぎりまでアクシデント続きで、
昨夜は遅くまで、参加者から提出された
課題のレジメに目を通して、コメントをつけていました。

資料はカラー版なので、印刷はともちゃんがしてくれます。

出来たてのほやほやの、今日の勉強会の予定です。

 2015年 第2回 「議員と市民の勉強会」  
「政策実現に向けて議員活動・市民活動をスキルアップ〜直接民主主義の手法を使う」

日 時:10月31日(土)13時〜20時
講 師:寺町みどり&ともまさ 
     
【セッションA】              
《取り組みたい政策課題を一般質問に組みたてる》 

1)質疑と質問をつかいこなす
◆本会議での質疑・一般質問はなぜ必要なのか     
◆ 事後評価」とはなにか/「事後評価」はなぜ必要か
◆決算議会の反省と課題 
【課題1】決算議会の一般質問(申入書)の事後評価  
  
2)一般質問の組み立て方                            
「獲得目標に届く、論理的説得力のある一般質問を組立てよう」
・データや法的根拠を基に立論する                
・一般質問の解説の説明/今回のねらい

3)「一般質問と答弁のワークショップ」                      
 取り組みたい政策課題のうち、今まで手をつけていない個別政策について
「一般質問」として組み立てる〜一般質問で望む答えを獲得する
 ★模擬「一般質問」(答弁者・講師)
【課題2】12月議会の一般質問を組み立てる

      
【セッションB】                
《問題発見・課題設定から解決に至る道すじ〜論理的手法を実践的に身につける》
1)なぜ会議で質疑・質問ができないのか   
◆高松市議会の場合  
◆自治体議会の発言のルール/「会議規則」を使いこなす/解釈と運用

2)論理的説得力を身につける〜論理の組み立て「主張と反論」                ・論理的説得力(立論・反論・同意・展開・深化など)のコツ
■問題発見・問題解決の手法/課題設定から解決に至る道すじ
《「問題」を整理し、原因を分析し、解決にみちびく手法》  

3)市民に情報発信する〜ニュースなどの文書のつくりかた             
◆文章を書く基本/読む人に届く文章を書く
やってよいこと、いけないこと
◆法律(著作権法)やルールを知る〜著作者人格権侵害、盗用をしない

【セッションC】              
 《現場で使える直接民主主義の手法〜市民活動として政策実現する手法》
1)議員も市民も使える直接民主主義の制度、手法を理解しておくことが活用する前提  
 ・請願・陳情、直接請求など
 ・住民監査請求、住民訴訟、異議申立・審査請求など

2)情報公開を活用する市民や議員になれば、ステージが変わる           
 ・情報公開制度の基本
 ・制度を使いこなす、請求の仕方のコツ
 ・非公開に対しては異議申立や非公開処分取消訴訟をすることが情報公開のレベルを広げる基本
  
【セッションD】                            
《住民監査請求制度〜公金の使いみち、行政の姿勢を問う基本ツールを有効に》
 
  
1)住民監査請求の効果は抜群
・住民監査請求(〜住民訴訟)の基本
 ・住民監査請求すると、市民は職員から別格に見られ、議員は発言の影響力・効果が著しく増加
 ・住民監査請求のコツ

2)法律に基づいて提出する文書をつくることが最たる実地訓練           
【課題3】立論の練習として住民監査請求書の原案をつくる
「事実を評価する」ポイントを見つけ、主張のすじ道と法的根拠を明確にする練習

【第2回のまとめ】 
・第2回の勉強会で獲得したこと
・第3回の課題の予告と説明 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(2日目)
 市民派議員アドバンスコース《政策研究会》
日 時:11月1日(日) 
【午前の部】
《市民派議員の政策実現のために〜
取り組んでいる政策課題の問題解決(実現)に向けてのアドバイス》
講 師:寺町みどり&ともまさ
【アドバンスコース課題】あなたが取り組んでいる政策課題

【午後の部】
市民派議員の《政策研究会》
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
《予告》第3回 議員と市民の勉強会
2016年1月23日(土)13時〜20時


人気blogランキングに参加中。
一日一回、クリックしてもらえると、
<社会・経済(全般) ランキング>に飛んで、
順位も上がるし、他のブログも見れるよ。
応援クリックしてね。 



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

8/8〜9第一回議員と市民の勉強会《市民派議員として議会ではたらく》&市民派議員《政策研究会》開催      

2015年08月08日 | 市民派議員塾・政策研究会/選挙講座
8月8日(土)から8月9日(日)まで、名古屋のウイルあいちで
「議員と市民の勉強会&市民派議員アドバンスコース《政策研究会》」を開催します。

今年度は4月に統一選自治体選挙があったので、今回が第1回です。
第2回は10月31日〜11月1日(土・日)、第3回は2016年1月23日〜24日(土・日)
を予定しています。。

「議員と市民の勉強会」は、期数の少ない議員と市民向けの基本コース、
「市民派議員アドバンスコース《政策研究会》」は、
期数の多い市民派議員向がスキルアップできるよう、
個別の政策課題の問題解決(実現)に向けてのアドバイス・意見交換、共通の政策課題について研究します。
第1回の午後には、この問題に詳しい、中日新聞生活部(編集委員)の白井康彦さんをお招きして
「自治体における生活困窮者の自立支援のあり方」をテーマにお話しいただき、意見交換します。

 2015年度 第一回「議員と市民の勉強会       
テーマ《市民派議員として議会ではたらく》

日時:8月8日(土)13時〜20時 ウィルあいち 

《内容とスケジュール》
【セッションA】            
《議会とはなにか〜議会ではたらく》

1)「議会の基本を知る〜議会のルール」                      
ゝ腸颪箸呂覆砲−基本的な議会のルールと流れ
議会における議案とはなにか/本会議と委員会の関係/審議(本会議)、審査(委員会)
「議会の活動能力」があるとき、ないとき                     
さ聴とはなにか〜議員というお仕事/法律、規則、ルールを使いこなそう       

【セッションB−1】              
《原則に基づく的確な発言が効果を生む〜論理的説得力を身につける》

1)「議会は言論の府」〜議会における発言とはなにか/発言の基本とルール      
2)「質疑と一般質問」〜質疑とはなにか、一般質問とはなにか。そのちがい
3)獲得目標の設定で効果倍増
4)質疑・質問の組み立て方/答弁の引き出し方                 
【セッションB−2】             
《一般質問・申入書を組み立てる》

1)一般質問(議案質疑)の組み立て〜テーマの選び方からホンバンまで                       2)一般質問・申入書を組み立てる                

【セッションC】 
《まちをかえるのはあなた〜自治体の政策をかえる、政策をつくる》
1)政策とはなにか                              
2)自治体計画と個別政策の関係
3)自治体における政策とはなにか/自治体の事業、サービス、施策、制度
4)「政策をつくる」プロセス
5)まちをかえるのはあなた〜政策をかえる、政策をつくる                                 
【セッションD】               
《決算審査を予算へつなぐ〜決算は政策の事後評価》

1)「決算とはなにか」〜決算審査は政策の評価                    
2)決算審査の着眼点                               
・決算審査の重要性〜予算審議との相違点と共通点
・決算カードと用語解説
・決算全体の問い直し〜決算審査は「討論」で締めくくる
3)決算審査にも情報公開が有効 

【第1回のまとめ】


第一回 市民派議員アドバンスコース《政策研究会》
日時:2015年 8月9日(日)9時半〜16時 ウィルあいち 

《内容とスケジュール》
 【午前のセッション】
《市民派議員が取り組む政策課題の問題解決(実現)に向けてのアドバイス》
 

講師:寺町みどり
   寺町ともまさ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 【午後のセッション】
テーマ:自治体における生活困窮者の自立支援のあり方
講師:白井康彦(中日新聞生活部・編集委員)


・参加者を交えてテーマについてディスカッション
 コーディネーター:寺町みどり



人気blogランキングに参加中。
一日一回、クリックしてもらえると、
<社会・経済(全般) ランキング>に飛んで、
順位も上がるし、他のブログも見れるよ。
応援クリックしてね。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2015「議員と市民の勉強会&市民派議員アドバンスコース《政策研究会》」開催のご案内

2015年06月20日 | 市民派議員塾・政策研究会/選挙講座
(以下、転送・転載可)
2015「議員と市民の勉強会&市民派議員アドバンスコース《政策研究会》」開催のご案内                 
                      2015.6.20
                      「女性を議会に!無党派・市民派ネットワーク」(む・しネット)


今年度「む・しネット」は、市民派議員として働くための実践的な連続講座「議員と市民の勉強会&市民派議員アドバンスコース《政策研究会》」を開催します。
第1回は8月8日〜9日(土・日)、第2回は10月31日〜11月1日(土・日)、第3回は2016年1月23日〜24日(土・日)です。
「議員と市民の勉強会」も「政策研究会」も、3回通しでの参加が原則です。

1日目の「議員と市民の勉強会」は、期数の少ない議員と市民向けの基本コースです。
議員のみなさんは「無党派・市民派議員として働く必要な手法を身につける」、市民のみなさんは「政治に関心を持ち、政策実現のための市民でもできる手法を学ぶ」という内容・構成です。
2日目の「市民派議員アドバンスコース《政策研究会》」では、期数の多い市民派議員にスキルアップしていただくために、個別の政策課題の問題解決(実現)に向けてのアドバイス・意見交換、共通の政策課題について研究します。
第1回の午後には、この問題に詳しい、中日新聞生活部(編集委員)の白井康彦さんをお招きして
「自治体における生活困窮者の自立支援のあり方」をテーマにお話しいただき、意見交換します。

 新議員・市民の方には、議会のしくみと議員の仕事の基本を知っていただき、2期目以上の方には今までと違う視点と課題を持って、勉強会・政策研究会に参加していただければと思います。

「議員と市民の勉強会」に「議員と市民の勉強会」に参加を希望される方は、主催者またはスタッフにお問い合わせください。

以下に、基本情報をお伝えしますので、意欲のある方はぜひご参加ください。
また、ひとりでも多くの方に参加していただきたく、お知り合いの市民派議員、地方自治に関心のある方に開催をお知らせいただればければ幸いです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2015年度「議員と市民の勉強会&市民派議員アドバンスコース《政策研究会》」

【会場】 ウィルあいち 
愛知県名古屋市東区上竪杉町1番地 TEL: 052-962-2511
     http://www.will.pref.aichi.jp/frame/f-kotu.html

【講師】寺町みどり・寺町ともまさ   『最新版 市民派議員になるための本〜あなたが動けば社会が変わる』(2014/WAVE出版)共著者
プロフィール
○寺町みどり:著書に『市民派議員になるための本〜立候補から再選まで』。『市民派政治を実現するための本〜わたしのことはわたしが決める』共編著。(いずれも学陽書房)、「む・しネット」事務局
○寺町ともまさ:岐阜県山県市議会議員。「くらし・しぜん・いのち岐阜県民ネットワーク」事務局

 【開催日】
第1回  8月 8日(土)〜 8月 9日(日)
第2回 10月31日(土)〜11月 1日(日)
第3回 1月23日(土)〜 24日(日)


【日程の基本】
1日目 《議員と市民の勉強会》 13:00〜20:00
2日目  市民派議員アドバンスコース《政策研究会》 9:30〜16:00

【対象/参加条件】
○「無党派・市民派」の議員および市民(「誓約書」提出・条件審査あり)
 ※政党および政党系会派所属議員を除く
○3回通しでの参加を基本とする
 
【年 会 費】(事前振込み)
(1)議員と市民の勉強会 (定員15名/要誓約書)
    ○ 市民派議員           4万5千円
    ○ 市民および「む・しネット」会員 3万円 
(2)市民派議員アドバンスコース《政策研究会》(定員10名)
    ○勉強会に参加されたことのある市民派議員 2万5千円
    ○「む・しネット」会員          1万5千円

【お問い合わせ】
(1)の「議員と市民の勉強会」に参加を希望される方は、
   主催者またはスタッフにお問い合わせください。

【勉強会に参加されたことのある方の申し込み】
 今までに「む・しネット」勉強会に参加されたことのある方は、
 (1)(2)とも、小川まみまでメールで申し込んでください。
  Eメール:kjnnhyw6@sf.commufa.jp

【申し込み締め切り】7月18日(土)

【主催】「女性を議会に 無党派・市民派ネットワーク」(通称「む・しネット」)
    お問い合わせ・連絡先:小川まみ TEL:0594−31−6641


【内容およびスケジュール】
(1)第1回 8月 8日(土):《議員と市民の勉強会》の基本構成、第一回の内容詳細は別途掲載。
第2回以降は、参加者の構成にあわせて、議員にはじっさいの議会活動に合わせた仕事ができるように、市民も使いこなせる手法などで構成。
「決算」(第1回)「予算」(第3回)などの財政については、基本ルールを知ると同時に、実践的かつ具体的な内容を扱います。
「政策編」は、基礎自治体の基本的な政策について、自分の暮らすまちにどのように反映させていくのかの手法を実践的に学びます。そのなかの取り組みたいテーマを「一般質問」(議員)、「申入書」(市民)として組み立て、政策実現をめざします。

(2)第1回 8月 9日(日):「市民派議員アドバンスコース《政策研究会》」
【基本構成】
1)午前9時半〜 講師:寺町みどり&ともまさ
  市民派議員が個別に取り組む政策課題の問題解決(実現)に向けてのアドバイスと意見交換

2)午後〜 共通の政策課題についての研究 政策課題の共有と取り組み方の検討
      共通の政策課題についての研究。
第一回 8月9日(日)
 講師:白井康彦(中日新聞生活部・編集委員)
 テーマ:自治体における生活困窮者の自立支援のあり方


別紙・(講師作成)
2015年度「議員と市民の勉強会」
【内容と構成案】(参加者の構成により内容は変わることがあります)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
●日時:第1回 8月8日(土)13時〜20時
●テーマ「市民派議員として議会ではたらく」

【セッションA】 
1)「議会の基本を知る〜議会のルール」
・議会とはなにか−基本的な議会のルールと流れ
・議員とは何か〜議員というお仕事/法律、規則、ルールを使いこなそう
・議会における議案とは何か/議案審議とは何か
・本会議と委員会の関係/審議(本会議)、審査(委員会)の手法
 
【セッショB】 
1)「原則に基づく的確な発言が効果を生む〜論理的説得力を身につける」」
・議会における発言とはなにか/発言の基本とルール
・「質疑と一般質問」〜質疑とは何か? 一般質問とは何か? その違い。 
・獲得目標の設定で効果倍増
 ・質疑の組み立て方/答弁の引き出し方

2)「一般質問の組み立て方」/申入書の組み立て方(市民)
・政策課題を元に、具体的に問いを立て獲得目標を設定し、論点を整理して
 一般質問をシミュレーションする

【セッションC】
・自治体における「政策」とはなにか
・基礎自治体の政策には、どのようなものがあるのか
・各自治体で共通するもの/独自のもの

【セッションD】 
「決算審査を予算へつなぐ〜決算は政策の事後評価」
1)「決算とはなにか」〜決算審査は政策評価
2)決算審査の着眼点
・決算審査の重要性〜予算審議との相違点と共通点
・決算全体の問い直し〜決算審査は「討論」で締めくくる

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
第2回 10月31日(土)13時〜20時
「じょうずに使おう! 直接民主主義の制度 
〜政策実現に向けて、議員活動・市民活動のスキルアップする」

第2回の内容(案):
◆議員も市民も使える直接民主主義の制度、手法
 ・請願・陳情、直接請求など
 ・住民監査請求、住民訴訟、異議申立・審査請求など
◆基本は情報公開/情報公開制度を使う
 市民に情報発信する〜ニュースなどの文書のつくりかた
 ・文書(書きことば)によるメッセージの出し方。
◆「12月議会の一般質問で望む答えを獲得しよう」
 ・決算議会の反省と課題
 ・一般質問で望む答えを獲得する〜現状と対策
  あなたが取り組んでみたいテーマについて、「現状・データ集め・立論」を実践的にシュミレー  
ションする
◆論理的説得力を身につける〜論理の組み立て「主張と反論」
ワークショップ「議論の手法を身につける」
  ・議論とはなにか?〜論理的に話す基本
  ・論理的説得力(立論・反論・同意・展開・深化など)のコツ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
第3回 2016年1月23日(土)13時〜20時
総論《自治体における「予算」とはなにか》
 

第3回の内容(案):
◆予算の基本〜予算とはなにか/法律的な観点から/財政的な観点から/政策的な観点から
◆予算案審議−議員の力をフルに発揮しよう
◆「予算書」を読む〜決算を予算につなぐ
◆予算審議の着眼点/予算審議の質疑のコツ
◆情報公開制度を使いこなす
◆予算過程の情報公開をひろげる
・あなたの主要政策や政策課題に関する資料を取得しよう
◆一般質問の組み立て方
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


人気blogランキングに参加中。
一日一回、クリックしてもらえると、
<社会・経済(全般) ランキング>に飛んで、
順位も上がるし、他のブログも見れるよ。
応援クリックしてね。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「市民派議員大集合〜当選してからが本番です」/む・しネットの現職議員は全員当選

2015年04月27日 | 市民派議員塾・政策研究会/選挙講座

昨日までの統一自治体選挙に臨まれた皆さま。
当選された新議員のみなさま、おめでとうございます。
あと一歩届かなかった方も、お疲れさまでした。

さて、選挙が終わったばかりなのですが、
統一選挙後に開催を予定している恒例の「む・しネット」公開講座、
「市民派議員大集合〜当選してからが本番です」のご案内です。

当選証書の授与なと、当選された方は明日以降いそがしくなると思いますので、
ぜひ予定に入れておいてください。

もちろん、当選されなかった人、これから選挙に挑戦する人、
市民の皆さんの参加も大歓迎です。
ぜひご参加ください。

「要事前申し込み」なので、参加したいと
思っていらっしゃる方は、早めにみどりまで、
申し込みしていただけるとありがたいです。

お知り合いの市民派議員やお仲間にお知らせて
いただいてもよいです。
不明の点、質問などがあれば、お問い合わせください。

 (転送・転載・拡散歓迎)
★2015年度「む・しネット」公開講座
「市民派議員大集合〜当選してからが本番です」


日時:5月6日(水・祝)13:30〜16:45
会場: ウィルあいち 会議室6
http://www.will.pref.aichi.jp/frame/f-kotu.html
対 象:「無党派・市民派」の議員および市民
講 師:寺町みどり&ともまさ
参加費:議員3000円/市民1000円
要申し込み:申し込み及びお問い合わせは寺町みどり
midori@ccy.ne.jp まで。
主催:女性を議会に 無党派・市民派ネットワーク
   (「む・しネット」)
担当スタッフ:小川まみ

【内容:スケジュール】
13:00 開場・受付 (参加費は受付時)
13:30 開会(時間厳守)
      統一自治体選挙を終えて

【part1】プレゼンテーション
「わたしの市民型選挙〜それぞれ選挙を終えて」

・わたしの市民型選挙の勝因(敗因)および反省点
・市民派議員として働く決意

【part2】
「法律やルールを熟知して、市民派議員として働く」

・選挙の仕方が、その後の議員の仕事を決める
・「初議会にのぞむ」〜市民派議員としてのスタンス/
 会派との関係
・「議会の基本」を知らないと議員活動は安易に流れる
・議会は言論の府〜発言してこそ議員です〜政策実現は
 議会の場で
・「議案質疑」「一般質問」の組み立て方と、
 議会での発言の基本と手法

【part3】模擬議会〜議会をシミュレーションする
・実際の議会の進行に即して、「議長・答弁者・議員」
 などの役割分担をして、模擬議会をします

○質疑応答・まとめ
16:45 終了
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※公開講座終了後、「む・しネット」会員の交流と
 意見交換の会をします。

・議員勉強会、市民派議員塾などのニーズのある方
 と参加希望者で、15年度の事業や活動の内容、
 日程の相談もする予定。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


みなさん、5月6日に名古屋でお会いしましょう!

昨夜は午前1時ころまで、仲間が立候補している自治体の
webサイトの選挙速報をさがして、結果を見ていました。

当選を確認してほっとした人もあれば、
結果がアップされていないところもあり、やきもき。
気にかけながら寝ました。

今朝もはやくから、確定の結果を見ていました。
NHKの朝7時からの全国ニュースで、
原発を争点とした注目の選挙として、敦賀市議選が取り上げられていました。

昨夜のうちに当選を確認していた今大地さんが出ると思ったので、
すぐにデジカメをとってきて待機。
今大地さんの市民型選挙の選挙カーの演説と、インタビューが流れました。






候補者のなかでただ一人、脱原発を訴えて、みごと当選。

今大地さんのメッセージが、有権者にちゃんと届いていた結果です。
20年来の友人である今大地はるみさんの当選は、
わたしにとっても、とりわけうれしいです。

各地の親しい市民派議員さんたちもぞくぞく当選。
「む・しネット」の仲間は、現職は全員当選。
とはいえ、
新人のおふたりはあと一歩、届きませんでした。

全国の統一選の結果は、NHK選挙情報で確認できます。

統一地方選2015 NHK 選挙情報


人気blogランキングに参加中。
一日一回、クリックしてもらえると、
<社会・経済(全般) ランキング>に飛んで、
順位も上がるし、他のブログも見れるよ。
応援クリックしてね。 


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3/7《第2回》市民派議員になるための選挙直前講座〜実践編:選挙の流れを理解し勝つ選挙をイメージする

2015年03月06日 | 市民派議員塾・政策研究会/選挙講座
統一自治体選挙に向けての、2014年度の選挙講座も、
明日の選挙直前講座の第2回で終了です。

「《第2回》実践編:選挙の流れを理解し、勝つ選挙をイメージする
 〜準備から選挙本番〜当選まで」の内容とスケジュールをお知らせします。

 
★「勝てる選挙〜市民派議員になるための選挙直前講座」
《第2回》 実践編:選挙の流れを理解し、勝つ選挙をイメージする
      〜準備から選挙本番〜当選まで

 2015年3月7〜8日(ウィルあいち) 

【内容の詳細】
★セッションA.
 市民型選挙:実践編

1) 書き言葉のメッセージ                      
 1.基本は政策とスタンス、候補者の決意〜市民になにを伝えたいのか
 2.市民派議員になって何をどのように実現したいのか
     
2) インパクトのあるリーフレット・ニュース をどうつくるのか 
 1.「禁止3原則」/人を惹きつける「文書」を作る(政策、表現、配置、色)
 2.「文書・図画」と公選法との関係/上手なことばの選び方         
 3.リーフレット、ニュースのよい例、わるい例〜実例に即して       

3) リーフレットの作成 
 1.リーフレットの作成
                  
4) 公選ハガキのつくり方/上手なつかいかた                    
 1.公選ハガキのつくりかた                    
 2.選挙の準備行為として〜公選ハガキの表ワザ・裏ワザ      
  ・選挙はがきを広げる/配布状況の点検/整理と名簿化/発送準備/演説用
 3.ポスターの作成〜準備〜掲示板に貼るまで
  ・写真・デザイン・印刷・枚数は?   
 4.選挙公報の作成〜準備〜提出まで
  ・選挙公報とはなにか
  ・選挙公報をつくる時に注意すること
  ・いつ、どこに提出するのか
 5.QRコードをどうするか 
                  
★セッションB:
勝つ選挙をイメージする 〜 選挙本番へのまとめ・仕上げ/現状分析
  
1) 選挙の流れを理解する(告示日まで)                  
 1.告示日までに何を準備するのか〜告示日の届けが済むまで
 2.重複選挙の場合/この期間をいかに利用するか
     
2) 選挙本番へのまとめ・仕上げ〜スケジュールと現状認識           
 1.工程表を書き入れて候補者の現状分析と修正
 2.当選するために必要な要素〜選挙をイメージして現状と目標を書き込む
   ・工程表 ・レーダーチャート    
3) ネット選挙の使いこなし/準備万端で告示を迎える             
   
★セッションD:当選してからが本番です〜当選はゴールではなくスタート! 
1) 現状を変えてこそ「議員」です  
 1.新議員ははじめが肝心/分からないことは聞く/基本的なことは勉強が必要 
 2.議員は、当選して即、仕事を評価される/手法を学び、身に着ける ⇒ 問題解決

2) 法(ルール)制度を理解し、テクニックを駆使する              
 1.議会の活動能力のある時、ない時/条例・規則・議会の申し合わせなど
 2.基本は情報公開/取り組みたい「事務事業」は調査が必要
 3.市民とつながる、市民に伝える/ニュース(紙媒体)、Webページ(HP ブログ)

3) 予算を理解する〜政策実現への道
 1.自治体における「予算」とはなにか−予算の意味と議員の役割
 2.予算の流れ〜予算(政策)のチェックは議員本来の仕事
  ・予算書を読む

4) 議員として政策実現に使える直接民主主義の手法 
 1.市民の権利を守る/異議申し立て〜監査請求、住民訴訟
 2.直接請求(条例制定、リコールなど。事務監査)
 3.請願、陳情など(議員としての仕事)
 4. 議員が併用すると、いっそう効果的

◆ セッションC: 市民型選挙:本番編/話しことばのメッセージ
1) いよいよ告示日〜選挙本番です                         
 1.選挙運動期間(告示日から投票前日まで)の流れを理解する            
 2.候補者とチームの動き方
 3.選挙カーの仕様/選挙カー、拡声器などのメンテナンス
    
2) 選挙カーの使い方の基本                            
 1.選挙カーの役割/選挙カーのつかい方・まわし方
 2.ドライバーの注意事項、車を止める場所とタイミング
 3.マイク、拡声器の使い方の注意事項/初日から最終日まで

3) 話し言葉のメッセージ/話し言葉としての街頭演説の基本             
 1. 街頭演説のじっさい〜聴いている人に届く街頭演説をする 
 2.ゴール(当選)をイメージし、議員として4年間何をするのかを話す。

《オプション1》街頭演説・政策連呼のノウハウ、スキル                 1.マイクの使い方/ノウハウ、スキル/初日から最終日まで
  ・マイクを使って、選挙カーのスキルを実践的に伝授 
  ・政策連呼のじっさい/選挙カーのリズムが重要 
 2.ホップ・ステップ・ジャンプで当選!
  ★告示日の街頭演説と政策連呼のスキル
  ★中間日の街頭演説と政策連呼のスキル 
  ★最終日の街頭演説と政策連呼のスキル 
《オプション2》 市民型選挙なんでも相談/個別の選挙、政治活動に対応したアドバイス

★まとめ 



人気blogランキングに参加中。
一日一回、クリックしてもらえると、
<社会・経済(全般) ランキング>に飛んで、
順位も上がるし、他のブログも見れるよ。
応援クリックしてね。 




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2月14日と3月7日の勝てる選挙〜市民派議員になるための選挙直前講座」の内容の詳細

2015年01月27日 | 市民派議員塾・政策研究会/選挙講座
2月14日(土)と3月7日(土)の
「勝てる選挙〜市民派議員になるための選挙直前講座」の内容の詳細についての案内です。

統一選で一人でも多くの市民派議員を増やしたいという趣旨で開催し、
「転載・転送可」なので、自治体選挙の立候補者、
および、お知り合いで立候補される方がみえましたら、
お知らせいただければ、ありがたいです。

 ★「勝てる選挙〜市民派議員になるための選挙直前講座」

日 時:2月14日(土)と3月7日(土)の2回連続講座
会 場:ウイルあいち(名古屋市)


講 師:『最新版 市民派議員になるための本』共著者。
     寺町みどり:「む・しネット」事務局
     寺町ともまさ:岐阜県山県市議会議員、市民活動家

◇テーマ:
《第1回》 市民型選挙の手法〜選挙で伝える政策、スタンス、ハート」
2月14日(土)13〜20時 (翌日9時〜12時はオプション「選挙なんでも相談」)
《第2回》 選挙の流れを理解し、勝つ選挙をイメージする〜準備から選挙本番〜当選まで
3月7日(土)13〜20時 (翌日9時〜12時はオプション「選挙なんでも相談」)


◇ 対 象:無党派・市民派の立候補予定者=参加者は所定の誓約書を提出
       保守系および政党・組織関係者、政党系会派所属議員は除く
◆ 参加費2万円 (2回通しでの参加が基本)
(郵振で「む・しネット」に事前振込み)
◇ 主 催:女性を議会に 無党派・市民派ネットワーク(む・しネット) 

◎ 参加を希望される方は、講師の寺町みどり(tel0581−22−4989) まで、
  まず電話でお問い合わせください。
 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
《第1回》2月14日(土)13時〜20時 
市民型選挙の手法〜選挙で伝える政策、スタンス、ハート


【内容の詳細・タイムテーブル】

A:市民派議員とはなにか、市民型選挙とはなにか
  /今までの議員、選挙との違い

1)「議会」と「議員」を理解する                      
 ・自治体は何のためにあるのか/議会とは何か/議員とはなにか
 ・議員に求められている仕事/無党派・市民派議員としてはたらくとは・・・
 ・自治体の政策とお金の関係/市民の税金の流れ
 
2)市民派議員の仕事〜基本は「発言」                         
 ・議員の基本/議会・議員は法やルールに基づいて仕事をする
 ・議会の法的位置付けや構造・枠組みの理解−地方自治法、会議規則、委員会条例 
 ・議員の仕事〜発言、一般質問、質疑
 ・選挙と議員活動は地続き
 ・議会を変えるための論理とタイミング/改革の手法〜どのような方法で
 ・政策実現への道〜政策立案力、交渉力、調整力、基本は「議論」

3)市民型選挙とはなにか                               
 ・市民派議員の仕事は?〜なぜ議員になるのか?議員になって何がしたいのか?
 ・市民型選挙の基本/従来型選挙、組織型選挙との違い

4)「市民型選挙には政策が必要」                           
 ・選挙における政策・公約とは何か/政策・公約をどうつくるか
 ・政策をどうつくるか/政策課題となるためのテーマ/政策をかたちにする
 ・政策・公約をつくるのはあなた

5)市民派議員になって何がしたいのか?
  ★「わたしの市民型選挙・市民派議員として働く」小川まみさん               ★「なぜ議員になりたいのか?/市民派議員になって何がしたいのか?」
        
B:公選法を熟知して、違反をしないきれいな選挙を
1)政治活動をすすめるにあたって                            
   ◇政治活動と選挙運動の違い〜政治活動をすすめるときの留意点 
   ◇政治活動とはなにか/政治団体届け〜政治資金規正法、自治法

2)公職選挙法の基本と概念                              
 ・ルールを知ってきれいな選挙/どこまで許されるか
 ・「公選法」を使いたおす/公選上の留意点/違反になること、ならないこと
 ・政治活動、選挙運動に必要な法律・制度を熟知して使いたおす
  /自治法、政規法、道交法、運送法、選挙公営、著作権法etc
3)選挙の流れを理解する〜スケジュール表に沿って
 ・告示日までに何を準備するのか〜選挙の準備から本番までの予習と点検
 ・スケジュール/カレンダーに記入する

4)当選するための8つの要素〜レーダーチャートを使って
 ・選挙に当選するために必要な要素
 ・現状と目標をレーダーチャートに記入
 ・選挙で当選する人、しない人〜チャートの解説
                    
C:政治活動・選挙運動の手法:書き言葉のメッセージをつくって、ひろげる
1)メッセージとはなにか/書き言葉でのメッセージ〜政策・スタンス・思い・・・
 ・書きことばの手法/市民へどう届けるのか/いつどこでだれがどのような方法で
 ・政策とスタンスをことばにする/政策・スタンス・プロフィール、あなたの思い
 ・選挙はがき、リーフレット、ニュース、ポスターなどにどう表現するのか

2)政策のつくり方のじっさい/リーフレット・ニュース・選挙はがきをつくる       
 ・書き言葉のメッセージ/選挙はがき、ポスター、リーフレット、ニュース
   ◇リーフレットをつくる/写真・デザイン・印刷・枚数は?
   ◇ポスター、選挙はがきをつくる/写真・デザイン・印刷・枚数は?
 ・選挙の3要素/「文書・図画」に書いてよいこと、いけないこと/
   ◇リーフ、はがきのよい例、わるい例〜実例に即して

3)リーフレット,ニュースを配る手法〜市民にメッセージを届ける        
 ・リーフレット、ニュースの違反にならない配布の仕方
 ・選挙はがきの上手なつかいかた

4)インターネットの利用の範囲と限度/ブログ・ホームページ・ツイッター

5)思いの強さがひとを動かす/仲間づくり/ネットワークをひろげる
  ・中心メンバー、仲間づくり

D:話し言葉でメッセージを届ける手法  
◎選挙運動は話し言葉が基本/街頭演説の必要性                 
  ◇話し言葉としての街頭演説のノウハウ、スキル 
  ★「わたしの政策とスタンス」を聞く人に届く街頭演説をする

2月15日(日) 9時〜12時 (オプション講座:希望者のみ)
 市民型選挙なんでも相談〜個別の政治活動、選挙運動の問題に対応したアドバイス

=======================================
《第2回》 選挙の流れを理解し、勝つ選挙をイメージする
〜準備から選挙本番〜当選まで』
日時:3月 7日(土)13時〜20時 8日(日)9時〜12時 


【内容の詳細・タイムテーブル】

A:市民型選挙の手法:実践編
1)選挙の流れを理解する/前回の復習〜告示日まで 
 ・告示日までに何を準備するのか〜選挙の準備から本番までの予習と点検
 ・重複選挙で注意すること

2)書き言葉のメッセージ/リーフレット、ニュース、はがき、ポスター          
 ・市民型選挙とはなにか/従来型選挙との違い
 ・基本は政策とスタンス〜市民派議員になって何をどのように実現したいのか?
    ◇リーフ、はがきのよい例、わるい例〜実例に即して
    ◇選挙はがき、ポスターをつくる/写真・デザイン・印刷・枚数は?
 ・選挙の3要素/「文書・図画」に書いてよいこと、いけないこと

3)重要パーツ:選挙はがきの上手なつかいかた                     
 ・選挙はがきの配布の表ワザ・裏ワザ
 ・選挙はがきの配布状況の点検
 ・「文書・図画」と公選法との関係/リーフ、ニュース配れていますか

4)インターネットを活用しての政治活動、選挙運動

  
B:市民型選挙の手法とスキル:本番編
1)当選するために必要な要素〜選挙をイメージして現状と目標をチャートに書き込む

2)勝つ選挙をイメージする」〜選挙本番へのまとめ・仕上げ               
 ・選挙本番へのまとめ・仕上げ〜スケジュールと現状認識 
 ・本番までの工程表をつくる
3)いよいよ告示日〜選挙運動終了
 ・選挙運動(告示日から投票前日まで)の流れを理解する
 ・投票日に注意すべきこと
  
                                      
C:話し言葉によるメッセージ/街頭演説・選挙カーの手法
1)「話し言葉」の基本/街頭演説・政策連呼のノウハウ、スキル             
 ・選挙本番は「話し言葉」の世界〜その基本とコツ
 ・選挙カーの役割/選挙カーのつかい方・まわし方・
 ・選挙カーの回し方/ドライバーの注意事項、車を止める場所とタイミング
 ・マイク、拡声器の使い方の注意事項/初日から最終日まで

2)選挙本番〜話し言葉でメッセージを届ける                      
 ・街頭演説は何のためにするのか/ノウハウ、スキル
 ・話し言葉としての街頭演説の基本/マイクの使い方/ノウハウ、スキル
 ・候補者の演説・選挙カーでの政策連呼のじっさい

3)候補者の街頭演説−政策連呼                            
 ●街頭演説のじっさい
   ◇初日の演説/最終日の演説
   ◇あなたのスタンスと政策を聞く人に届くように街頭演説する
  ●政策連呼のじっさい
   ◇選挙カーからのメッセージ/有権者に届く効果的な政策連呼の手法


D:当選してからが本番です〜当選はゴールではなくスタート!
1)当選はゴールではなくスタート!                          
 ・選挙の仕方が議員の働き方を決める/選挙運動と議員活動ひとつながり
 ・改選後の議会〜初議会、人事
 ・新議員ははじめが肝心 議員は当選して即仕事を評価される
   →分からないことは聞く、調べる
 ・会派とはなにか/会派を組むか、組まないか

2)現状を変えてこそ市民派議員です                          
 ・問題解決の手法を学ぶ/スキルを身につける
 ・基本は情報公開(制度とテクニック)
 ・市民とつながる、市民に伝える ニュース  紙媒体 Webページ HP ブログ

3)市民自治の制度/市民とつながる〜直接民主主義の手法アラカルト           
 ・市民の権利を守る/異議申し立て〜監査請求、住民訴訟
 ・請願、陳情など ・直接請求(条例制定、リコールなど。事務監査)

4)予算を理解する〜政策実現への道                         
 ・自治体における「予算」とはなにか−予算の意味と議員の役割
 ・予算議会は政策実現への道

●まとめ
 ・選挙直前講座まとめ〜講師から
   ★参加者プレゼン「選挙に向けての、「候補者としての私の決意」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
3月8日(日)9時〜12時 (オプション講座:希望者のみ)
1)選挙カーのメッセージのスキル
 〜街頭演説−聞く人に届く政策連呼をマイクを使って実践的にアドバイス

2)市民型選挙なんでも相談〜個別の政治活動、選挙運動の問題に対応したアドバイス
 


【参考】講師および「む・しネット」のブログおよびホームページ

★ブログ「みどりの一期一会」
★寺町みどりのブログ(『市民派議員になるための本』ブログ)
★市民と政治をつなぐ「P−WAN」

★ブログ「てらまち・ねっと」
★寺町ともまさのネットワーク
★「くらし しぜん いのち 岐阜県民ネットワーク」ホームページ  

☆「む・しネット」〜女性を議会に 無党派・市民派ネットワークblog
★寺町みどりのwebページ(「む・しネット」のホームページ)

ニッポンの女子力<4>挑戦 物言う市民派 育て〜母親目線 地方議会に送る(中日新聞)
河北新報 【変えよう地方議会 あすの自治】届く/だれが議会を変えるのか? ひとりから始める(寺町みどり)
 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


人気blogランキングに参加中。
一日一回、クリックしてもらえると、
<社会・経済(全般) ランキング>に飛んで、
順位も上がるし、他のブログも見れるよ。
応援クリックしてね。 


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2/14と3/7「勝てる選挙〜市民派議員になるための選挙直前講座」開催の案内

2015年01月03日 | 『む・しの音通信』
2015年の「む・しネット」の初仕事は、
遅れてきた人のための「勝てる選挙〜市民派議員になるための選挙直前講座」のお知らせ。

2014年度のM&T選挙講座は、1月10,11日の第5回で終了ですが、
それに間に合わなかった人、年明けに選挙の立候補を決めたという人のためのに、
2日間で、市民型選挙の基本的なノウハウをお伝えする集中講座です。

連続講座の内容の詳細については、あらためてお知らせします。

 ★「勝てる選挙〜市民派議員になるための選挙直前講座」

日 時:2月14日(土)と3月7日(土)の2回連続講座
会 場:ウイルあいち(名古屋市)
講 師:『最新版 市民派議員になるための本』共著者。
     寺町みどり:「む・しネット」事務局
     寺町ともまさ:岐阜県山県市議会議員、市民活動家

◇テーマ:
《第1回》 市民型選挙の手法〜選挙で伝える政策、スタンス、ハート」
2月14日(土)13〜20時 (翌日9時〜12時はオプション「選挙なんでも相談」)
《第2回》 選挙の流れを理解し、勝つ選挙をイメージする〜準備から選挙本番〜当選まで
3月7日(土)13〜20時 (翌日9時〜12時はオプション「選挙なんでも相談」)


◇ 対 象:無党派・市民派の立候補予定者=参加者は所定の誓約書を提出
       保守系および政党・組織関係者、政党系会派所属議員は除く
◆ 参加費2万円 (2回通しでの参加が基本)
(郵振で「む・しネット」に事前振込み)
◇ 主 催:女性を議会に 無党派・市民派ネットワーク(む・しネット) 

◎ 参加を希望される方は、講師の寺町みどり(tel0581−22−4989) まで、
  まず電話でお問い合わせください。
 


ところで、
きょうの毎日新聞「くらしナビ」の連載「ガラスの天井:女性と政治」の
2回目は「産後、議会欠席に匿名非難」。

わたしもいちおう会員に名を連ねている「全国フェミニスト議員連盟」の
議員の方たちが登場していました。

記事の左下を見ると、
『最新版 市民派議員になるための本』の紹介が載っていました。


2015年1月3日 毎日新聞(くらしナビ)

この連載のチーフの田村さんから、本を紹介します、
と聞いていたのですが、年明け早々の1月3日に、
「女性と政治」と関連づけて載せていただけるとはうれしいです。

【参考】講師および「む・しネット」のブログおよびホームページ

★ブログ「みどりの一期一会」
★寺町みどりのブログ(『市民派議員になるための本』ブログ)
★市民と政治をつなぐ「P−WAN」

★ブログ「てらまち・ねっと」
★寺町ともまさのネットワーク
★「くらし しぜん いのち 岐阜県民ネットワーク」ホームページ  

☆「む・しネット」〜女性を議会に 無党派・市民派ネットワークblog
★寺町みどりのwebページ(「む・しネット」のホームページ)

ニッポンの女子力<4>挑戦 物言う市民派 育て〜母親目線 地方議会に送る(中日新聞)
河北新報 【変えよう地方議会 あすの自治】届く/だれが議会を変えるのか? ひとりから始める(寺町みどり)
 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


人気blogランキングに参加中。
一日一回、クリックしてもらえると、
<社会・経済(全般) ランキング>に飛んで、
順位も上がるし、他のブログも見れるよ。
応援クリックしてね。 


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

11/14『最新版 市民派議員になるための本』刊行記念シンポ「あなたが動けば社会が変わる〜地方から変える」

2014年10月10日 | 『む・しの音通信』
今年度の選挙講座や市民派議員塾の講師をしている
寺町みどり・寺町知正共著の
『最新版 市民派議員になるための本』の刊行記念シンポジウムの
チラシができあがりました。

右側にシンポのこと、左側に本の表紙がはいって、
一粒で二度おいしいチラシになりました。
デザインは版元ですが、さすがプロ、すてきなチラシです。
本の刊行前ですが、先にシンポジウムのことを紹介させていただきます。


■11.14『最新版 市民派議員になるための本』刊行記念シンポジウム チラシ
 
   
●印刷用PDF A4版カラー1ページ 276KB
※チラシの会場が、当初YMCAとなっていましたが、
YWCAに修正してアップしなおしました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
            
『最新版 市民派議員になるための本』刊行記念シンポジウム
   あなたが動けば社会が変わる
       〜地方から、変える!〜


コーディネーター:上野千鶴子
パネリスト:宇野重規・高橋茂・山崎望
      寺町みどり・寺町知正

(日時) 2014年11月14日(金)
     18時半から20時半
    18時開場。シンポ終了サイン会。
(会場) 東京YWCAカフマンホール
     千代田区神田駿河台1−8−11
     JR「御茶ノ水駅」、東京メトロ千代田線
    「新御茶ノ水駅」より徒歩4分
(入場料) 1000円 (定員200名)
     ※前売り券は販売しておりません。
      当日会場までお越しください。

●出演者プロフィール●
○上野千鶴子(うえの・ちづこ) 
社会学者。東京大学名誉教授、認定NPO法人ウィメンズアクションネットワーク(WAN)
理事長。『生き延びるための思想』(岩波書店)、『おひとりさまの老後』(法研)、『ケアの社会学』
(太田出版)など著書多数。
○宇野重規(うの・しげき) 
東京大学社会科学研究所教授。『民主主義のつくり方』(筑摩選書)、『〈私〉時代のデモクラシー』
(岩波新書)、『西洋政治思想史』 (有斐閣)など著書多数。
○高橋茂(たかはし・しげる) 
「ザ選挙」編集長。武蔵大学社会学部非常勤講師。著書に『マスコミが伝えないネット選挙の真相 』
(双葉新書) 、『電網参謀 『デジタル軍師』が語る自伝的ネット戦略論』(第一書林)。
○山崎望(やまざき・のぞむ) 
駒澤大学法学部政治学科准教授(現代政治理論)。
著書に『来たるべきデモクラシー――暴力と排除に抗して』(有信堂高文社)。
○寺町知正(てらまち・ともまさ) 
岐阜県生まれ。大学卒業後、有機農業開始。多方面の市民運動にかかわる。
「くらし・しぜん・いのち 岐阜県民ネットワーク」代表。山県市議会議員(旧高富町を含め約15年)。
住民訴訟ほか行政訴訟は多数。
○寺町みどり(てらまち・みどり) 
ジェンダー、環境などの市民運動にかかわる。「女性を議会に 無党派・市民派ネットワーク」事務局。
著書に『市民派議員になるため本』(学陽書房)、『市民派政治を実現するための本』
(コモンズ)共編著。

●シンポジウムの趣旨
国政に対する様々な懸念があるなか、地方自治のあり方がますます重要になっています。
にもかかわらず、自治体の議会は十分に機能しておらず、セクハラや政務活動費問題など
議員の不祥事が続出しています。いまこそ、市民自治を基本に、有権者・市民の目線で発言し
活動する「市民派議員」が不可欠です。現状の地方政治の認識や、市民の政治へのかかわり方、
のぞむべき方向などを話し合うことで、本書の刊行の意義・目的を参加者と共有したいと
考えています。

<本書の内容> 
2015年の統一自治体選挙はもちろん、全国の自治体選挙のために、ネット選挙解禁も
ふまえての情報満載。市民型選挙、議会活動の手法やノウハウ、いままで非公開のスキルも
一挙公開!新規候補者だけでなく、再選をめざす現職議員にも役立つ内容。

主催:市民の政治を実現する会
後援:市民と政治をつなぐP-WAN
協力:WAN上野ゼミ
協賛:株式会社WAVE出版
お問い合わせ:株式会社WAVE出版 編集部 設楽
       (TEL: 03−3261−3722)  


本のカバー(表紙の装丁)もできあがっています。

帯は上野千鶴子さんからのメッセージで、
サクラ咲く風景の、素敵な写真も入っています。

『最新版 市民派議員になるための本−あなたが動けば社会が変わる』書影
     


いよいよ9月末刊行『最新版 市民派議員になるため本〜あなたが動けば社会が変わる』コンセプトと内容

目次『最新版 市民派議員になるための本〜あなたが動けば社会が変わる』寺町みどり・寺町知正著

上野千鶴子 プロデュース
「この本を読んで議員になりました」全国各地からお礼の言葉が届いた初版に、ネット選挙など、最新情報を加えて大幅改訂! これ以上ないほど、手の内をさらした決定版!
2015年4月の全国統一地方選挙に向け、全立候補者必読! 立候補から選挙運動、当選まで……。議員活動の完璧なノウハウが満載。

「地方から日本を変える! 本書はそのための最良の闘うツールである」

(上野千鶴子・序文より)

人気blogランキングに参加中。
一日一回、クリックしてもらえると、
<社会・経済(全般) ランキング>に飛んで、
順位も上がるし、他のブログも見れるよ。
応援クリックしてね。 


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第3回「勝てる選挙〜告示まで6か月!いよいよ活動スタート!」市民派議員になるための選挙講座2014」

2014年10月04日 | 『む・しの音通信』

きょうから明日まで、第3回「勝てる選挙〜市民派議員になるための選挙講座2014」を開催します。

今回のテーマは「勝てる選挙〜告示まで6か月! いよいよ活動スタート!」。
今回までにリーフレットをつくって、それぞれのまちで配布を開始する、
という実践的な内容です。

さくじつまでに資料などの印刷もおわって、
分刻みのハードなスケジュールの流れを確認しているところ。

以下に、内容とスケジュールを紹介します。

  第3回「勝てる選挙〜市民派議員になるための選挙講座2014」 
 テーマ「勝てる選挙〜告示まで6か月! いよいよ活動スタート!」

〇第3回     10月 4日(土)13:00〜 5日(日)(ウィルあいち)

★内容およびスケジュール★ 
  
10月4日(土) 13:00〜
《セッションB》
「政治活動、選挙運動に必要な法律・制度を使いたおす」
 

      
1)総論:選挙関連の法律の基本とルール                     
自治法、公選法、政規法、道交法、運送法、選挙公営etc
〇違反になること、ならないこと
2)告示日までに何を準備するのか〜選挙の準備から本番までの予習と点検
     ・政治活動、選挙の流れを理解する                 
・2014選挙の傾向と対策                    
・任期の1期から2期へつなぐ/情報の質と量を増やす
   
《セッションC−1》
「政治活動のスケジュール表をつくる/レーダーチャートを活用して当選」

1)政治活動のスケジュール表をつくる/カレンダーに記入する 
【課題−3】選挙本番までの工程表                          
       ・カレンダーの説明と必要性                 
                     
2)レーダーチャートを活用して当選〜タイプ別・傾向と対策
  ◇レーダーチャートの分類のレクチャー                          
  【課題−4】 8軸レーダーチャートの記入            
3)インターネットを活用する/ネットワークづくり             
・インターネットをじっさいに使って、政策を伝える
4)仲間づくり、チームづくり                     
・中心メンバー、仲間づくり、事務局体制

《セッションC−2》
「有権者に伝える基本は政策・リーフレット〜リーフレットのくばり方」

       
1)リーフレットの最終検討   
・レクチャー:デザイン/写真、イラスト/イメージカラー      
  【課題−1】 「リーフレットをつくる」                   
2)リーフレットのくばり方                                         

  → 印刷は、どこで刷るのか? 何枚つくるのか?
  → いつ、どこで、だれに、どのように配るのか 
  → 使い方の制限は → 印刷する枚数は?
3)選挙はがきのつくりかた                 
・選挙はがきのつくりかた/ポイントと留意点                    
   【課題−2】「選挙はがきの原案をつくる」                     
4)選挙はがきの上手な使い方〜支持者へのひろげ方                     

《セッションC−3》
「話し言葉、街頭演説の基本とコツ」

1)話し言葉としての街頭演説のノウハウ、スキル 
   選挙カーの回し方/マイクの使い方/候補者の演説・政策連呼
2)【課題-5】告示日(立候補初日)の街頭演説(3分)

10月5日(日)                  
《セッションD》
「現状を変えてこそ議員です」

1)「議会」を理解してこそ改革ができる               
    ・議会の法的位置付けや構造・枠組みの理解 ・改革         
・議会改革実現の手法(「変えろ」では変わらない=論理とタイミング) 
・イヤガラセ・セクハラに対抗する                 
・議会と議員をかえる                       
2)政策立案力、交渉力、調整力、
    基本は「議論」/質疑・ディスカッション
・議員は、当選して即、仕事を評価される
    ・現職 = 問題解決 ← 手法を学ぶ スキルを身につける
3)問題解決・政策実現〜問題を分類して整理する            
    
《まとめのセッション》
1)候補者の現状認識および講師の評価          
2)次へのステップ。わたしの決意   
3)第4回の内容予告と課題の説明  
         
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【オプション】あなたが選挙でかかえる問題・課題
 10月5日午後〜適宜 (希望者のみ)
・個別の選挙の状況に対応したアドバイス
・参加者が提出したレジメに即しての質問とコメント
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

選挙講座の準備と並行して、寺町みとり・寺町知正共著の

『最新版 市民派議員になるための本』の刊行記念の
シンポジウム開催の調整をすすめてきました。

案が固まってきたので、出来たてのほやほや、
基本的な形だけご紹介。

チラシも作成する予定なので、詳細はまたあらためてお知らせします。

まだ、ひと月ほど先ですが、
参加していただける方は、日程をあけておいてください。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
『最新版 市民派議員になるための本』刊行記念シンポジウム
テーマ:あなたが動けば社会が変わる
     〜地方から、変える!〜
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コーディネーター:上野千鶴子
パネリスト:宇野重規・高橋茂・山崎望
寺町みどり・寺町知正

(日時) 2014年11月14日(金)
     18時半から20時

         18時開場。シンポ終了後にサイン会
(会場) 東京YWCAカフマンホール
        千代田区神田駿河台1-8-11 ☎03-3293-5421
     JR「御茶ノ水駅」、東京メトロ千代田線「新御茶ノ水駅」より徒歩4分
(入場料) 1000円 (定員200名)

人気blogランキングに参加中。

一日一回、クリックしてもらえると、 <社会・経済(全般) ランキング>に飛んで、 順位も上がるし、他のブログも見れるよ。

 応援クリックしてね。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

9/30刊行『最新版 市民派議員になるための本〜あなたが動けば社会が変わる』目次

2014年09月01日 | 『最新版 市民派議員になるための本』

  2014年9月30日 刊行予定!
   議員になりたい人、送り出したい人、市民に、現場で役立つ決定版

『最新版 市民派議員になるため本〜あなたが動けば社会が変わる』 
寺町みどり・寺町知正 共著
上野千鶴子 プロデュース

376ページ(6部 50章 233節)
⇒ 本のコンセプト・内容はこちらから
WAVE出版(これから出る本)
最新版 市民派議員になるため本〜あなたが動けば社会が変わる
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎市民派議員になるための序文――3.11以後の地方自治のために
     上野千鶴子

目次
第1部 市民の政治             3章12節

第1章 自治とはなにか
 1-1 自治とはなにか
 1-2住民自治とはなにか           
 1- 3「市民」とはだれか
 1- 4「市民自治」とはなにか           
 1-5「市民の政治」を実現するために           

2章 直接民主主義の可能性        
 2-1直接民主主義が基本            
 2-2じょうずに使おう! 直接民主主義の制度と手法 
 2-3議員と市民が組むと百人力         

3章 無党派・市民派議員        
 3-1無党派・市民派議員とはなにか
 3-2無党派・市民派議員とはだれか
 3-3女ならだれでもよいのか             
 3-4無党派・市民派議員になにができるか

第2部 勝てる選挙                17章76節
4章 市民型選挙とは
 4-1市民型選挙とはなにか
 4- 2従来型選挙とどうちがうか
 4- 3だれでもできる市民型選挙
 4- 4市民型選挙のおちいりやすいワナ    
 4- 5市民型選挙の注意事項

5章 市民型選挙をたのしもう
 5-1市民型選挙はお祭りだ
 5-2市民型選挙の行動3原則
 5-3市民型選挙は、人を変え、まちを変える

6章 立候補をどう決めるか
 6-1出したい人より出たい人を
 6-2決心するのはあなた
 6-3なぜ議員になりたいのか/議員になってなにがしたいのか
 6- 4どんな議員になりたいのか
 6-5どんな選挙がしたいのか
 6-6立候補をいつ表明するか
 6-7選挙は当選をめざす

7章 家族との関係
 7-1パートナーをどう説得するか
 7- 2子どもをどう説得するか
 7- 3親や親族との関係をどうするか

8章 これまでの仲間や地域とどうかかわるか
 8-1候補者になったら周囲はどう変わるか
 8- 2仲間とどうつきあうか
 8-3 地域とはキョリをおく
 8-4おなじまちに複数の市民派候補者がいる場合

9章 選挙をささえる仲間をどうつくるか
 9-1信頼できる核はあるか
 9-2人から人へ、どうひろげるか
 9-3事務局体制をどうつくるか

10章 カネがなくても選挙はできるか
 10-1選挙費用はだれが出すのか
 10-2カンパをどうあつめるか
 10-3公費負担はあるか/公費を使うなら・・・       
 10-4ムダなカネはかけない

11章 公選法をどう使いたおすか
 11-1公職選挙法とはなにか
 11-2政治活動とはなにか/政治活動と選挙運動のちがい   
●資料11-2-1  政治活動と選挙運動のちがいとネット選挙
●資料11-2-2 政治活動用文書の配布範囲は表現内容で変わる
 11-3法でどこまで許容されているか 
 11-4選挙違反はしない
  

 

12章 政策・公約をどうつくるか 
 12-1どんな政策・公約にしたいのか
 12-2政策・公約をつくるのはあなた    
  ●資料12-2 年代別ステージの政策表
 12-3 政策の基礎となる情報やデータをあつめる
  12-4市民との関係のルールづくり
 

13章 リーフレット・ニュースのつくり方のじっさい 
 13-1政治活動をすすめるにあたって
 13-2リーフレット・ニュースはなにをどれだけつくるのか        
 13-3ニュースのつくり方                
 13-4 読みやすいリーフレットはどうつくるのか        
 ●資料13-4 リーフレットに入れるメッセージ例

14章 メッセージをどう届けるか
 14-1書きことばでメッセージを伝えるには
 14-2メッセージをいつ、どこで、だれに、どう届けるのか
 14-3話しことばでメッセージを伝える
 14-4 市民に注目されることをしよう
 14-5ネガティブキャンペーンにどう対応するか    

15章 告示日までになにを準備するのか
 15-1立候補予定者説明会・届出書類の事前審査
 15-2選挙事務所をどうするか
   ●資料15-2 告示日までに準備すること・チェックリスト
 15-3選挙カーの準備をどうするか
 15-4ポスターの準備をどうするか
 15-5公選ハガキのつくり方・ひろげ方
  ●資料15-5 「公選ハガキ」あて名書きの注意
 15-6選挙公報の原稿を準備する          
 15-7ヒトの手配はどうするか

16章インターネットは市民派のためにある     
 16-1インターネット上のメディアの使いわけ
 16-2 ネット選挙解禁でできるようになったこと、できないこと
  ●資料16-2 選挙運動・政治活動の可否
 16-3ネット上の政治活動と選挙運動
 16-4 政治活動でのウェブサイト活用法
 16-5 選挙運動でのウェブサイト活用法
 16-6ネットを使いこなして当選しよう!

17章 いよいよ選挙ホンバン!
 17-1告示日をどうむかえるか
  ●資料17-1 いよいよ告示日、選挙カーと事務所の動き
 17-2選挙事務所の運営をどうするか
 17-3公選ハガキの出し方、使い方
 17-4電話で支持をひろげよう
 17-5支援者とどうつきあうか

18章 候補者としてメッセージを伝える
 18-1選挙カーの運行のノウハウ
  ●資料18-1 選挙カー・ドライバーの方への注意事項
 18-2選挙カーからの連呼のノウハウ
  ●資料18-2-1 連呼マニュアル〈マイクの使い方〉
  ●資料18-2-2 連呼マニュアル〈話し方〉
  ●資料18-2-3 連呼マイクのパターン例〈政策、スタンス、終盤の参考例〉

 18-3候補者の演説のコツ
 18-4候補者の演説の組み立て方                       
 18-5投票日はどうすごすか
 18-6当選はゴールではなくスタートです

                                                                               

19章 もしも落選したら・・・
 19-1選挙の結果は厳粛に受けとめる
 19-2タダの市民にはもどれない
 19-3「やってよかった」市民型選挙
                              

20章 当選するための8つの要素
 20-1 ひと目でわかる「わたしの選挙の分析」
 20-2 当選するための8つの要素
 20-3 8軸レーダーチャートを大公開 
 ●資料20-3 8軸レーダーチャート
 20-4選挙で当選する人・落選する人 
 20-5チャートを活用して選挙で勝つ!
  ●資料20-5 タイプ別・傾向と対策 


第3部 議会ではたらく                 10章51節
21章議員とはなにか
 21-1「当選してからがホンバン」です
 21-2議員はまちの権力者
 21-3議員はだれのために、なんのためにはたらくのか
 21-4議員の身分と報酬は

22章 議会とはなにか/議会の基本ルール
 22-1地方自治法を使いたおそう
 22-2議会は条例と予算のすべてを決める 
 22-3「議員平等の原則」は市民派議員の味方
 22-4議会には定例会と臨時会がある
 22-5本会議と委員会はどうちがうのか
 22-6議会の基本を知らないと議員活動は安易にながれる
 22-7議会の維持にどのくらい税金が使われるか

23章 議会運営の基本
 23-1初議会にどうのぞむか
 23-2議会の慣例にはしたがわない
 23-3政党と会派の関係は
 23-4「議会の活動能力」があるとき、ないとき 
  ●23-4資料 議会に活動能力があるとき、ないとき
 23-5適法な会議とウラ会議

24章 議会のウチとソト        
 24-1イヤガラセや出あいがしらのジャブにどう対抗するか
 24-2セクハラや差別に対抗する
 24-3他の議員とどうつきあうか
 24-4議会のウラオモテ/多数派と交渉するコツ

25章 発言してこそ議員
  25-1議会は「言論の府」
 25-2発言にはどんなルールがあるのか
  25-3議会では知らないことをきかない
 25-4発言はなかったことにできない 
 25-5ヤジや侮辱にどう対応するか
 25-6懲罰動議・発言取消要求の出し方、出されたときは・・・ 
    ●資料25-6 処分要求書、発言取消要求書

26章 議案とはなにか        
 26-1議案審議のながれを知ろう
 26-2予算審議は政策の事前評価 
    ●資料26-2 予算編成スケジュールの例と関連事務
 26-3決算審査は政策の事後評価
 26-4条例とはなにか/条例案審議のなにが問題か
 26-5請願・陳情の出し方・受け方         

27章 議案審議のじっさい/議案審議をスキルアップする
 27-1予算審議・決算審査の事前調査のコツ
 27-2質疑とはなにか/質疑と一般質問のちがい
 27-3効果的な質疑の手法
 27-4議案審議は討論でしめくくる        
 27-5表決のとき                               
 27-6違法・不当な議決は「再議請求」             
  ●資料27-6 再議請求書のひな型 

28章 一般質問の組み立て方/一般質問をスキルアップする
 28-1一般質問とはなにか
 28-2一般質問にはどんなルールがあるのか
 28-3一般質問には獲得目標が不可欠
 28- 4論理的説得力を身につけよう
 28- 5「一般質問の組み立て方」のフォーマットを大公開
    ●資料28-4 一般質問〜テーマえらびからホンバンまで
    ●資料28-5「一般質問の組み立て方」フォーマット


29章 議会制度を変えよう        
 29-1慣例と前例を変えよう
 29-2自治法、会議規則、委員会条例の遵守を
 29-3議会をほんものの「言論の府」に 
 29-4議会事務局をどう変えるか
 29-5議会を根本的に改革する       
 29-6だれが議会を変えるのか

30章 法やルールを使えばひとりでもたたかえる   
 30-1法的根拠を駆使して実力アップ
 30-2行政処分に関する法制度を使いたおす
 30-3市民派議員の危機管理/「こまった」ときにどう対処するのか
  ●資料30-3「あなたが議会で抱えている問題」対処法フォーマット

第4部 政策実現への道                 11章56節
31章 政策とはなにか
 31- 1政策不在の自治体行政
 31-2政策と予算の関係
 31-3政策と条例の関係/上位法との関係

 
32章 政策をつくる
 32-1問いを立てる
 32-2当事者のニーズを知る                 
 32-3行政の内外からデータ・情報をあつめる         
 32-4先行事例・先進事例を調べる
 32-5利用可能な法や制度をみつける
 32-6政策を設計する
 32-7事前評価する/効果と限界を測定する
 32-8根拠と説得力のある議論をする

33章 政策を変える                   
 33-1現行事業を知る/「基本は情報公開」
 33-2なぜ問題がおきているのか/どこをどう変えたいのか
 33-3政策に待ったをかける
 33-4政策を廃止する

34章 政策を実現するあの手この手
 34-1政策ビジョンと得意分野をつくる
 34-2議会でとりあげる
 34-3請願・陳情、意見書・決議を活用する
 34-4条例の制定を議員や市民から求める          
        

35章 政策評価の手法
 35-1政策評価はなぜ必要なのか
 35-2事前評価とはなにか
 35-3事後評価とはなにか
 35-4評価手法と評価基準
 35-5だれが責任をとるのか

36章予算書・決算書の見方、使い方
 36-1予算書・決算書の読み方、問題点のみつけ方        
 36-2一般会計と普通会計、公開責任
 36-3予算編成過程は情報公開制度を活用する
 36-4決算審査は公文書や資料を精査する
 36-5「直営」「委託」「補助」のちがい              
 36-6公の施設の管理/指定管理者制度              

37章 行政とどうつきあうか
 37-1首長とどうつきあうか
 37-2行政の管理職とどうつきあうか
 37-3職員とどうつきあうか

38章 情報公開制度を使いたおす
 38-1 すべての情報は市民のもの
 38-2公文書の保存のルールとじっさい      
 38-3 公文書は語る           
 38-4情報公開のじっさい
 38-5情報公開条例を理解しよう
 38-6 行政を変えよう
 38-7情報公開制度をきたえる
   ●資料38-7 あなたのまちの情報公開度をチェックするポイント
 38-8情報非公開処分取消訴訟のススメ       
 38-9情報非公開処分取消訴訟で勝った実例

39章 納得できない行政処分は異議申立て、不服申立て、取消訴訟へ
 39-1「処分」の取消しをすると政策・行政運営が変わる
 39-2 「処分」に対する不服申立ての制度
 39-3 行政訴訟の基本

40章 違法・不正は監査請求、住民訴訟へ
 40-1違法はやめさせる
 40-2住民監査請求の基本
 40-3「住民監査請求書」のフォーマットを大公開
  ●資料40-3 住民監査請求の原案づくり用のフォーマット
  40-4住民監査請求のじょうずな使い方
 40-5住民訴訟の基本
 40-6「怠る事実」は勝てる論点
 40-7議員が出す住民監査請求は効果バツグン

41章 裁判の使い方
 41-1 裁判所のシキイは高くない
 41-2訴訟をおこせば行政は変わる
 41-3行政訴訟をするのに必要なお金はいくら
 41-4本人訴訟ならわずかな費用ですむのが行政訴訟 

第5部 市民派議員のはたらき方     6章21節
 42章 しがらみのない自由な立場で仕事をする
 42-1市民派議員は、それでも権力者
 42-2仲間とどうつきあうか/代理・代弁はしない
 42-3市民とどうつきあうか/口利き、利益誘導はしない   

43章 おカネとどうつきあうか
 43-1議員はおいしい仕事               
 43-2儀礼・行事とどうつきあうか
 43-3冠婚葬祭にはカネを出すか/一切の寄付行為は禁止
 43-4市民になにをどう還元するか

44章 公金は適法・適正に使うべき
 44-1議員報酬はどう使うか
 44-2政務活動費は適正に使う/不正をなくすために 
 44-3費用弁償、旅費、日当をどう考えるか
 44-4選挙公営で不正をしない          

45章 市民に、なにを、どう伝えるか
 45-1市民になにを伝えるのか
 45-2市民にどう伝えるか
 45-3情報収集にメディアをどう使いこなすか

46章 市民派議員は、だれとどう手をつなぐか    
 46-1市民派議員はどこでなにを学ぶか
 46-2市民派議員のネットワークはなぜ必要なのか
 46-3市民派議員がヨコにつながる

47章 選挙は進化する                  
 47-1議員をつづけるか、やめるか
 47-2バトンタッチするランナーを育てる
 47-3任期4年の自己評価をする
 47-4選挙は進化する

第6部 市民のたたかい方                3章17節
48章 首長や行政に不満があるとき   
 48-1ふりかかった火の粉は払おう
 48-2「申入書」を提出し、行政と交渉する
 48-3運動をひろげる
 48-4市民が使える直接民主主義の手法〜アラカルト
  ●資料48-4 市民にできること・議員にできること
 48-5大規模事業は公的手法を駆使して、市民のネットワークで対抗する
 48-6市民監視員(オンブズパーソン)はなぜ必要なのか  
 48-7首長をかえる/候補者アンケートをする 
 48-8 市民の意思を示す住民投票

49章 議会や議員をかえる
 49-1議会や議員をチェック/通信簿をつけて公表する
 49-2市民が動けば影響力は大きい
 49-3 納得できない活動費、旅費、食糧費などをやめさせる
 49-4選挙の前年に直接請求する
 49-5あなたが選挙に出る

50章 市民と議員が共にたたかうために
 50-1たかが議員、されど議員
 50-2市民派議員も市民のひとり
 50-3 市民と市民派議員がつながって自治体をかえる
 50-4市民と市民派議員が、地域や国境をこえてつながる

あとがき  寺町知正  
         寺町
みどり
                     計 6部 50章 233節

※巻末にウェブサイト情報を掲載 (2頁) 
※巻末資料/本文中の資料の詳細版をウェブサイトに掲載した一覧表 。
◆ いろいろな手法を使うためのお役立ち情報や事例
など 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

人気blogランキングに参加中。
一日一回、クリックしてもらえると、
<社会・経済(全般) ランキング>に飛んで、
順位も上がるし、他のブログも見れるよ。
応援クリックしてね。 
 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『最新版 市民派議員になるため本〜あなたが動けば社会が変わる』のコンセプトおよび内容

2014年09月01日 | 『最新版 市民派議員になるための本』

『最新版 市民派議員になるため本〜あなたが動けば社会が変わる』

著者:寺町みどり・寺町知正

プロデュース:上野千鶴子

刊行:2014年9月予定

【プロフィール】

寺町みどり(てらまち・みどり)

1952年岐阜県生まれ。「女性を政策決定の場に」の活動などジェンダー、環境、差別、反原発などさまざまな市民運動をしながら情報発信。著書に『市民派議員になるため本−立候補から再選まで』(学陽書房)。共編著『市民派政治を実現するための本−わたしのことはわたしが決める』(コモンズ)。ブログ「みどりの一期一会」

 

○寺町知正(てらまち・ともまさ)

1953年岐阜県生まれ。大学卒業後、有機農業開始。多方面の市民運動にかかわる。「くらし・しぜん・いのち岐阜県民ネットワーク」代表。現在、山県市議会議員(旧高富町議を含め通算15年)。住民訴訟、情報非公開取消訴訟など行政訴訟を多数てがける。ブログ「てらまち・ねっと」 。

 

 ○上野千鶴子(うえの・ちづこ)
1948年富山県生まれ。社会学者。
東京大学名誉教授。認定NPO法人ウィメンズアクションネットワーク(WAN)理事長。『ナショナリズムとジェンダー』(青土社)、『差異の政治学』『生き延びるための思想−ジェンダー平等の罠』(岩波書店)、『おひとりさまの老後』(法研)、『ケアの社会学−当事者主権の福祉社会へ』(太田出版)など著書多数。

【最新版のコンセプト】
〇2015年の統一自治体選挙にむけて、ネット選挙解禁もふまえて、旧版をさらにスキルアップ

〇請願、直接請求、情報公開、住民監査請求、住民訴訟など、地方から変えるために、市民でもだれでも使える直接民主主義の手法を充実

〇市民派議員をふやすために、新規候補者だけでなく、再選をめざす現職議員にも役立つ内容。

〇旧版執筆から現在までに蓄積した市民型選挙、議会活動の手法やノウハウ、いままで非公開のスキルも一挙公開現場で使える実践的な資料や書き込み式のフォーマットも多用し充実させた。

【最新版の内容・構成】
1.はじめに、プロデューサー・
上野千鶴子さんから読者にあてた「市民派議員になるための序文」というインパクトのある長文のメッセージ。

2.全376ページ、6部、50章、233節

・旧版を全章全節にわたってみなおし、大幅に修正加筆。
・旧版から新版までに、自治法や公選法改正がある場合は、法改正にあわせて加筆修正

市民型選挙の手法、当選して市民派議員として働くときに必要な情報やノウハウのすべてを公開。市民派議員が数の力に対抗するために、法やルールを身につけて論理的に相手を説得し、政策実現していく手法を満載。

3.寺町知正を共著者として、のべ15年にわたって市民派議員として働き、住民訴訟、行政訴訟(情報公開訴訟)を本人訴訟で多く手がけた、現場の当事者としてのノウハウを加筆、最新版全体に反映させた。


 

4.改正公選法によってネット選挙が解禁されたことをふまえて、改正後はじめての自治体選挙にのぞむ候補者が「できること、できないこと」、インターネットを利用しての具体的なwebサイト、SNSの使いわけ、メッセージの出し方を加筆した。

5.選挙に当選するための8つの要素とレーダーチャートを初公開。チャートに個々の選挙を書きいれてタイプ別・傾向と対策も一挙に公開。

 

6.2000年から毎年、1泊2日で4〜5回開催している非公開の「市民派議員塾」「議員と市民の勉強会」、統一選前年毎の「MT選挙講座」で作成した部外秘のオリジナル資料をすべて公開。期数を重ねた候補者や現職議員にもより役立つ内容を充実させた。


 

.「市民のたたかい方」として第6部を新設。市民が、市民活動の現場で実践的に、法やルールを駆使してたたかう手法を加筆した。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
目次はこちらです 

刊行日、予約方法などの詳細が決まったら、またお知らせします。

【参考】著者のブログおよびホームページ
 ★ブログ「みどりの一期一会」 
☆「む・しネット」〜女性を議会に 無党派・市民派ネットワークblog
★寺町みどりのwebページ(「む・しネット」のホームページ)

★ブログ「てらまち・ねっと」
★寺町ともまさのネットワーク
★「くらし しぜん いのち 岐阜県民ネットワーク」ホームページ

☆女性と女性の活動をつなぐポータルサイト「ウィメンズアクションネットワーク(WAN)」
☆「市民と政治をつなぐP-WAN−個人的なことは政治的なこと」


人気blogランキングに参加中。
一日一回、クリックしてもらえると、
<社会・経済(全般) ランキング>に飛んで、
順位も上がるし、他のブログも見れるよ。
応援クリックしてね。 
 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第2回・市民派議員になるための選挙講座『政治活動を準備する〜思いの強さがひとをうごかす 』

2014年08月01日 | 『む・しの音通信』
第2回「M&T選挙講座2014」の紹介です。

第2回は、8月 2日(土)から3日(日)です。

「M&T選挙講座2014」参加対象者は、
「無党派・市民派」の自治体選挙の立候補予定者に限定です。

以下、第2回の日程と内容です。

============================================================================================
「勝てる選挙〜市民派議員になるための選挙講座2014」(略称:M&T選挙講座2014)                    
講師:寺町みどり&ともまさ
第2回 8月2日(土)〜3日(日) (ウィルあいち)
テーマ『政治活動を準備する〜思いの強さがひとをうごかす 』

★内容およびスケジュール★   
8月2日(土)13:00〜 開会 
 ◎日程の説明                       
◎参加者プレゼンテーション           
テーマ:経験者「選挙に向けて現時点までにやってきたこと」 
新人「なぜ議員になりたいのか+議員になって何がしたいのか」
                          
《セッションA》        
《A1》「政治活動を準備する〜政治活動をすすめるにあたって」

1)政治活動と選挙運動のちがい                  
   ◇政治団体届け〜政治資金規正法、公職選挙法
2)8軸レーダーチャートを活用して当選する〜タイプ別・傾向と対策       
 ■「選挙で当選するための8つの要素」
  《当選するための8つの要素から見えること》
  《「8軸レーダーチャート」の書き方の注意》 
 ■レーダーチャートの評価/見方
   【課題-2】 8軸レーダーチャートの記入   
3)「公選法」の基本とルール                     
 〇選挙関連の法律〜地方自治法、政治資金規正法。公職選挙法等
 ◇公選上の留意点/違反になること、ならないこと

《セッションB》「メッセージをつくる〜リーフレットのつくりかた」 
1)リーフレットの具体的なつくり方   
 ■ 読みやすいリーフレットはどうつくるのか        
 《リーフレットの基本》
 《法律やルールは厳守〜具体的に注意が必要なこと》
 【リーフレットの内容/リーフレットのつくり方】
 【リーフレットのことばの配置〜キャッチコピー、見出しなど】
 【リーフレットのデザイン/写真、イラスト/イメージカラー】
 《読んでもらえるリーフレットのポイント》
 ◇リーフレット・ニュースは何をどれだけつくるのか 
2)文書・図画に関する法律                                
 ■「著作権」とはなにか/引用とはなにか/リンクと著作権      
 ◇文書・図画の表現〜よい例・わるい例/情報発信の基本       
  【課題−1】 「リーフレットの原案(ラフ)をつくる」 
  3)選挙用ハガキ(公選ハガキ)のつくりかた/使い方           
 【選挙用ハガキ(公選ハガキ)のつくりかた/ポイントと留意点】
 ■公選ハガキのあて名書きをひろげよう
 ■公選はがき → 印刷する枚数は?→ 使い方の制限は 
4)選挙用ポスターのつくり方                     
 【選挙用ポスターの文字・写真・デザイン】
 【選挙用ポスターのつくり方/ポイントと留意点】

《セッションC》
《C1》「メッセージを届ける/ネットワークを広げる
     
1)メッセージをどう届けるか/書きことばでメッセージを伝えるには
2)リーフ,ニュースを配る手法〜メッセージをいつどこで誰にどう届けるのか
3)公選法上の許容範囲および制限
4)ネットワークをひろげる〜だれとつながるか

 ■選挙を支える仲間をどうつくるか〜信頼できる核はあるか
 ■活動の仲間〜人から人へ、どうひろげるか
5)インターネットを使いこなす〜ホームページ、ブログ、ツイッターなど
6) 公務員・利害関係者にかかる制限、NPO法人、各種団体等とのキョリのとり方 
 
■市民との関係のルールづくり/口利き、利益誘導はしない

《A2》政治活動のスケジュール表をつくる/カレンダーに記入する
  【課題-3】 選挙本番までの工程表
      
・カレンダーの説明と必要性                          
                 
《C2》「話しことばでメッセージを伝える」
1)話しことばでメッセージを伝える」                  
2)候補者の演説の基本とコツ                      
3)話し言葉としての街頭演説のノウハウ、スキル             
4)わたしの政策とスタンス〜きく人に届く演説をする
           
  【課題−4】 わたしの政策とスタンスを入れた演説

8月3日(日) 9:00〜                  
《セッションD》議会の内と外のルールを理解する
1)議会で発言することが議員の仕事(公務)
2)「質疑」と「一般質問」、その違い

  ◇質疑・質問の基本/議案審議の方法/議案審議での発言
  ◇発言の基本〜発言とは何か〜質疑とは、一般質問とは
3)あなたの公約は一般質問にできるか?〜一般質問の組み立て方
4)市民派議員への議会内外のイヤガラセの対処の仕方
  
  ◇差別やセクハラに対抗する                    
  ◇侮辱に対する措置→ 発言取り消し、処分要求、懲罰        
5)直接民主主義の手法〜アラカルト 
  ◇市民自治/市民とつながる方法
  ◇請願、陳情など
  ◇直接請求(条例制定、事務監査、リコールなど)
  ◇選挙を念頭においての市民的手法

《A3》候補者の現状認識および講師の評価
          
《第2回のまとめ》
                            
 ・次へのステップ。わたしの決意   
 ・第3回の内容予告と課題の説明           

【オプション】 8月3日午後1時〜適宜 (希望者のみ)
 【課題−オプション】 わたしが選挙で抱える問題・課題
・個別の選挙の状況に対応したアドバイス
 ・参加者が提出したレジメに即しての質問とコメント
=====================================================================================


【参考】講師および「む・しネット」のブログおよびホームページ

 ★ブログ「みどりの一期一会」 
☆「む・しネット」〜女性を議会に 無党派・市民派ネットワークblog
★寺町みどりのwebページ(「む・しネット」のホームページ)

★ブログ「てらまち・ねっと」
★寺町ともまさのネットワーク
★「くらし しぜん いのち 岐阜県民ネットワーク」ホームページ

★寺町みどりのブログ(『市民派議員になるための本』ブログ)  

ニッポンの女子力<4>挑戦 物言う市民派 育て〜母親目線 地方議会に送る(中日新聞)
河北新報 【変えよう地方議会 あすの自治】届く/だれが議会を変えるのか? ひとりから始める(寺町みどり)
 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


人気blogランキングに参加中。
一日一回、クリックしてもらえると、
<社会・経済(全般) ランキング>に飛んで、
順位も上がるし、他のブログも見れるよ。
応援クリックしてね。 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加