みどりの一期一会

当事者の経験と情報を伝えあい、あらたなコミュニケーションツールとしての可能性を模索したい。

4月18日(木)のつぶやき

2019-04-19 02:02:02 | 花/美しいもの
コメント

地方議員 なり手を増やす工夫を/<'19統一地方選>女性の政治参画 環境整備を加速したい

2019-04-18 20:35:59 | ほん/新聞/ニュース
他の桜から少し遅れて咲くヤエベニシダレ(八重紅枝垂れ桜)。

今年は花が少ないのですが、一つずつの花は
ボリュームがあって美しいですね。

十月桜も満開です。

匍匐性のジャコウソウの花が咲きました。

ハーブの仲間で別名「クリーピングタイム」。

「エリザベス」は全部開花。

ハナズオウと雲南黄梅




人気ブログランキングへ
応援クリック してね 

後期の市町議選、市長選の選挙運動期間もあと二日。、
後半は、女性議員について言及している
朝日新聞と北海道新聞の社説を紹介します。

  (社説)地方議員 なり手を増やす工夫を
2019年4月17日 朝日新聞

 地方議員のなり手不足が、統一地方選であらわになった。
 前半戦の41道府県議選で定数の3割近くが無投票当選だったのに続き、後半戦の市議選でも候補者数が大幅に減った。
 きのう告示された町村議選も深刻な事態だ。全国の375議会のうち93、総定数の約23%が無投票で当選した。
 そのうえ、候補者が定数割れした議会が8にのぼった。
 こんな現状が放置されていいわけがない。地方議員の人材確保に手を尽くすべきだ。
 道府県議選の無投票は、選挙区事情が大きい。大政党に有利な1人区を減らすなどすれば改善が期待できるだろう。
 だが、人口減の著しい市や町村の議会は事情が違う。
 2年前に高知県大川村が議会を廃止して、有権者全員で話し合う「町村総会」の検討を始めるなど、議論はされてきた。
 総務省の有識者会議は昨年、議会改革案として、少数の専業議員による「集中専門型」と、兼業議員中心の「多数参画型」の2類型を提案している。
 参考にはなるが、現場には地域の実情に応じた手立てがあるはずだ。それらを実行すれば、事態は打開できるに違いない。
 たとえば、低い議員報酬をどうするのか。町村議員の平均月額は21万円余で、家族を持つ人は二の足を踏みがちだ。ならば生活できるだけの報酬と、それに見合う定数にすればいい。
 それには住民の理解が要る。首長の追認機関ではなく、報酬に値する役割を果たさなければならない。
 第一歩として、議員の仕事を徹底的に公開し、住民と連携することが求められる。
 先進例はある。北海道福島町は毎年、「議会白書」で議員活動を詳細に報告している。
 長野県飯綱(いいづな)町は「政策サポーター」として住民に政策づくりへの参加を求め、延長保育料の一部無料化などを実現させた。
 こうした努力ができるかどうかが問われる。
 全国町村議会議長会の有識者委員会は所得損失手当、育児手当などの創設を唱えている。地方自治法の改正が必要だが、検討に値する案だと考える。
 議会運営も見直そう。かつての名残で、定例会はいまも農閑期に開かれている。通年議会にして、休日や夜間の協議を増やすなど、いまの働き方に合わせるのは当然だろう。
 このほか、女性議員を増やす努力、兼業禁止の緩和、議員活動のための休職制度の充実なども現状打破の原動力になる。
 自分の勤務先以外の自治体なら、地方公務員が議員になれる制度づくりなど、工夫の余地はいくらもある。 


  社説:<'19統一地方選>女性の政治参画 環境整備を加速したい
2019.4.18 北海道新聞

 今回の統一地方選は、政党に男女の候補者数をできる限り均等にするよう促す「政治分野の男女共同参画推進法」の施行後初の大型選挙である。
 女性候補の比率は伸びてはいるものの、推進法の求める「均等」にはほど遠い。
 推進法は超党派の議員連盟が主導し、全会一致で成立した。夏には参院選も控えている。
 各政党は女性候補の擁立に一層努めるべきだ。自治体とその議会も女性が活動しやすい環境整備を進めてもらいたい。
 女性候補の割合は、政令市議選で初めて2割台に乗り、30%に迫った札幌市議選では、改選後の女性議員の比率が全国の政令市で唯一3割を超えた。
 無所属を含めて女性候補が増え、推進法の施行には一定の効果があったと言えよう。
 課題も明らかになった。
 道府県議選で世代交代が進まず、現職男性の多い党の女性比率が1桁台に低迷した。
 推進法には罰則がないが、政党が自主的に目標設定に取り組むよう努めると明記した。
 政府は「2020年までに指導的地位に占める女性の割合を30%にする」との目標を掲げる。
 自民党は女性候補擁立の数値目標を定めていない。現職が多いという事情があるとはいえ、さらなる工夫と努力が求められる。
 海外では候補者の一定比率を女性に割り当てる「クオータ制」を導入する国が100を超える。
 政党は割り当てを守るため、人材発掘に努め、議員の世代交代を促し、女性候補を増やすための自主的なルールを設けている。
 こうした事例も参考にしながら、各党は法の趣旨を尊重し、「均等」実現に向けた具体的な工程表を示すなど、責任を持って取り組んでもらいたい。
 気になるのは、町村議会の女性候補の伸び悩みだ。
 道内も「女性ゼロ」が3割に上り、今回の選挙でも、この状態は改善されそうにない。
 なり手不足が深刻な地方議会こそ、女性の活躍が期待されるのではないか。
 託児所の設置、産休や育休の導入、柔軟な審議時間の設定、家庭との両立が難しい議員活動の見直しなど、受け入れのために知恵を絞る必要がある。
 こうした取り組みは、女性に限らず、多様な人材を迎えることにもつながるはずだ。 


最後まで読んでくださってありがとう
 
 記事は毎日アップしています。
明日もまた見に来てね
  

コメント

4月17日(水)のつぶやき

2019-04-18 02:05:00 | 花/美しいもの
コメント

<福島第1原発3号機>使用済みプールから核燃料搬出開始 炉心溶融炉で初/廃炉への道のりはるか/核燃料取り出し 廃炉の端緒にすぎない

2019-04-17 22:03:20 | ほん/新聞/ニュース
日本ミツバチの待ち箱に探索がやってくるようになったので、
時々見に行っています。
きょうはあいにくの曇りなので、ミツバチは少ないです。
庭をぐるっと散歩したら、
西の畑の西に植えてあるキブシ(木五倍子)に花が咲き始めました。
藤の花のように咲くので、別名キフジ(黄藤)とも言います。

ズラッと垂れて咲くさまが壮観ですね。

乙女椿もびっしりと開花。

黄木蓮「エリザベス」。
数日前にはまだつぼみでした。
    
⇒暖かさに誘われて開花しました。
    
ブライダルリースも咲きはじめです。

かわいらしい白い花は、
シジミバナ、えくぼ花、小米花といろんな別名て呼ばれています。
  

人気ブログランキングへ
応援クリック してね 

「東京電力福島第一原発3号機から使用済み核燃料を取り出す作業が始まった。」
とはいえ、
取り出せるのは、残っているうちのほんの少し。
膨大な核燃料、溶け落ちたデブリは手付かずのまま。
原発事故に終わりは見えないし、
原発事故をなかったこと、にはできない。
オリンピック、改元、と浮かれている状況ではない。

  社説:核燃料搬出開始 廃炉への道のりはるか  

 東京電力福島第一原発3号機から使用済み核燃料を取り出す作業が始まった。廃炉への道のりは険しく遠い。あらためてつくづく思う。この国で大変なことが起きてしまった。起こしてしまったと。
 「一歩前進」、それは確かだ。しかし、あと何歩進めば、ゴールにたどり着けるのだろう。
 炉心溶融(メルトダウン)を起こした福島第一原発1~3号機の原子炉建屋上部にある燃料プールには、それぞれ未使用と使用済みの核燃料が残されたままになっていて、強い放射線を出し続け、廃炉作業の大きな妨げになっている。
 3号機の燃料プールの中でも比較的安全な未使用の燃料を取り出すことから踏み出した“第一歩”。事故から八年、機器の不具合などがあり、予定より四年遅れで始まった。
 その取り出しが始まったということは、廃炉作業環境の地ならしが、ようやく端緒についたということにすぎない。
 作業はすべて遠隔操作。特殊な装置を使って核燃料を水中で輸送容器に納め、クレーンでつり上げて、近くの共用プールへ移す-。
 3号機のプールの中だけで五百六十六体の燃料が眠っている。一日数体ずつ移し、二〇二〇年度中に作業を終える工程だ。これだけでも大変な作業である。
 使用済み燃料の取り出し作業がたとえ順調に進んでも、燃料の最終処分先は決まっていない。その後には、核燃料が溶け落ちて固まった「燃料デブリ」が待ち受ける。それこそが“本命”だ。
 ことし二月、2号機の格納容器側面から投入されたロボットが、デブリとみられる堆積物に初めて触れて、一部持ち上げることに成功したことが、大ニュースとして喧伝(けんでん)された。
 上部からつり上げやすい位置にある使用済み核燃料すら、一基二年がかりの難作業。所在も形状も性質も不明に近い燃料デブリを果たして安全に取り出すことができるのか-。
 「一歩前進」を喜ぶよりも、ことの重大さを、あらためて思い知らされるのみである。
 安倍晋三首相は十四日、スーツ姿、マスクなしで事故現場を視察。東京五輪開催に向けて、作業の進展と安全性をアピールした。しかし、原発はいまだ本当の意味での「アンダーコントロール(管理下)」には遠く、この国が大変な困難を抱えたままだということを私たちは忘れるべきではない。


 <福島第1原発3号機>使用済みプールから核燃料搬出開始 炉心溶融炉で初
2019年04月16日 河北新報

 東京電力は15日、福島第1原発3号機の使用済み核燃料プールから核燃料の取り出し作業を始めた。炉心溶融(メルトダウン)した1~3号機で、取り出しが始まったのは初めて。がれき撤去や機器の不具合が重なり、当初計画に比べ4年4カ月遅れのスタートとなった。
 プールは原子炉建屋の上部にあり、廃炉を進める上で大きなリスク要因になっていた。搬出作業は午前8時50分ごろに開始。水深が12メートルあるプールに遠隔操作で燃料取扱機を下ろし、未使用の核燃料1体(約250キロ)をつかんだ。
 持ち上げた後、プール内を10メートル弱移動させて専用の輸送容器に収めた。一連の作業時間は約1時間。同様の作業を繰り返し、15日は4体を容器に移した。
 3号機のプールには使用済みと未使用の燃料が計566体ある。このうち今回は取り出しやすい未使用の7体を先行して搬出する。16日以降に残る3体を容器に入れ、計7体を敷地内の共用プールに移動させる。本格的な搬出作業の着手は7月以降になる見通しで、2020年度までに完了させる。
 メルトダウンがなかった4号機は14年に燃料搬出が完了したが、水素爆発した3号機は建屋が大きく損傷。放射線量が高くがれきの撤去が難航したほか搬出に使う装置などに不具合が相次ぎ、14年末を目標としていた搬出計画は幾度となく延期された。
 福島第1原発の磯貝智彦所長は取材に「初めての遠隔操作であり、準備に時間がかかった上に皆さまに心配をおかけしたことは申し訳ない。安全第一が重要と考えており、焦ることなく廃炉作業を進めたい」と話した。
 福島県の内堀雅雄知事は15日の定例記者会見で「廃炉の重要な工程であり、東電には安全、着実に作業を進めてほしい」と語った。
 東電は、同様にプールに燃料が残っている1、2号機からの搬出開始は「23年度めど」とみている。 


 社説:核燃料取り出し 廃炉の端緒にすぎない 
2019.4.17 京都新聞社

 東京電力が福島第1原発3号機の使用済み核燃料プールから核燃料の取り出し作業を始めた。
 炉心溶融が起きた1~3号機のプールには未使用も含めると1573体もの核燃料が保管されている。
 東電は3号機プールの使用済みと未使用の燃料566体を2020年度中に搬出する計画だ。
 放射線量が高い環境下で、クレーンなど特殊な機器を使っての遠隔作業になる。スケジュールありきでなく、作業員の安全を最優先にしてもらいたい。
 東電は当初、14年末からの作業開始を目指していたが、装置の不具合などで延期が繰り返されてきた。
 燃料取り出し用の機器やクレーンなどが訓練段階で雨水や異物混入で度々故障したためだ。
 水素爆発で大きな被害が出た場所での作業だけに、予想外のトラブルが起きるのはやむを得ない。
 機器に不具合が起きれば作業員が立ち入る可能性があるという。入念な被ばく対策が必要だ。
 取り出した核燃料は容器に収めて別のプールで保存するが、最終的な搬出先は決まっていない。566体もの燃料を安全に保管し続ける場所や態勢をどう確保するのか。国や東電は説明してほしい。
 1、2号機からの燃料取り出しにも先行き不透明感がある。東電は開始時期を「23年度めど」としているが、すでに当初計画から3年も遅れている。
 1号機では水素爆発で崩落した屋根の鉄骨の撤去作業が今年1月から始まったばかりだ。高い放射線の中で遠隔操作しているだけに、トラブルは少なくないのではないか。
 福島第1原発の廃炉には30~40年かかるとされている。使用済み核燃料の搬出が始まったとはいえ、廃炉作業としては緒に就いたにすぎない。その先には溶け落ちた核燃料(デブリ)の回収という困難な作業が待ち受ける。
 東電はどの号機からデブリ取り出しを始めるかを本年度中に決める方針だが、デブリの状態によっては計画の見直しを迫られる可能性もある。
 作業にあたる人員の確保も、これまで以上に難しくなろう。
 いずれも、原発事故のリスクの大きさを物語っている。
 安倍晋三政権は原発再稼働を推進している。しかし、一度、事故を起こせば、事態収拾に膨大な労力と時間がかかることを改めて直視する必要があるのではないか。 


最後まで読んでくださってありがとう
 
 記事は毎日アップしています。
明日もまた見に来てね
  

コメント

4月16日(火)のつぶやき

2019-04-17 02:01:28 | 花/美しいもの
コメント

アスパラガスの驚くべき効果効能/アスパラガスはこんな方にオススメです!/ウォーキングはナイキのシューズで。

2019-04-16 21:25:18 | 有機農業/野菜&ハーブ
東の倉庫の前で育てているアスパラガス。
パートナーがアスパラ好きのわたしのために、
丹精込めてつくってくれています。

いつもは連休くらいからの収穫ですが、
今年は少し前から採れはじめています。

西の畑のキャベツも、春になって、
シャキシャキとおいしくなっています。

とはいえ、
カリウムが多い生野菜は避けているので茹でキャベツにして、
茹で干し野菜と春雨のあえ物など。

宮内菜とクレソンもとれたて、
夕ご飯は野菜尽くしです。

ナガシマに行ったついでに、ジャズドリームのアウトレットで
底が減ってきたウォーキンクシューズの買い替え。

2年前に買ったナイキのシューズがとても履きやすかったので、
その新型のランニングシューズにしました。
前のよりちょっと高めでした。

人気ブログランキングへ
応援クリック してね 

  アスパラガスの驚くべき効果効能  
2019/04/16 06:00CoCoKARAnext

今回はアスパラガスについて書いていきます。
アスパラガスの種類
・グリーンアスパラガス
アスパラガスの定番。発芽したらよく日光に当てて育てることで鮮やかなグリーン色に。やや苦味のある風味で、栄養価も高い。
・ホワイトアスパラガス
グリーンアスパラガスと同じ品種ですが、日光に当てずに地中で育てられるので白い。アクが少なく柔らかいが、栄養価も低い。傷みやすいので、生で売られていることは少ない。
・紫アスパラガス
アントシアニンという成分により紫色をしているが、紫色の皮は加熱するとグリーンになる。栄養価はグリーンアスパラガスよりも上だが、見かけることは少ない。
・ミニアスパラガス
長さが10cm程度の小さなアスパラガス。輸入ものが多く、普通のアスパラガスよりもさらに細い。グリーンアスパラガスと同じ品種の小さいもので、栄養価も変わらない。

アスパラガスはこんな方にオススメです! 
・運動をする
・疲れやすい、疲れが抜けない
・スタミナアップ
・風邪予防
・ストレスが多いと感じる
・むくみ・便秘の予防
・貧血気味・血行が悪い
・冷え性・末端冷え性
・妊娠中・授乳中
・ダイエット中
・老化が気になる
・生活習慣病・認知症の予防
・美しい肌を保ちたい
・シミが気になる

アスパラガスの主な栄養・期待される効果
・疲労回復
アスパラガスの代表成分とも言えるのがアスパラギン酸で、アスパラギン酸という名前もアスパラガスから発見・抽出されたことに由来しています。アスパラギン酸はグルタミン酸と並び旨味成分としても知られていますが、実はエネルギー源として最も利用されやすいアミノ酸の一つとも言われており栄養ドリンクなどにも配合されている成分です。
アスパラギン酸はエネルギーを作り出すクエン酸回路と呼ばれる体内反応に関わりエネルギー転換・乳酸分解を促進する働きや、ミネラルを全身へスムーズに供給する働きなどによって疲労回復を促すと考えられています。アスパラガス100gあたり360mgのアスパラギン酸が含まれているため、補給することで疲労回復に効果が期待できます。
・スタミナ増強・免疫力向上
アスパラギン酸はグリコーゲンの生成を促す働きもあります。グリコーゲンはエネルギーを一時的に貯蔵するために作られる多糖類で、運動時や食事が取れない時などにエネルギーとして変換されます。つまりグリコーゲンの不足=スタミナ不足となるため、グリコーゲン生成促進作用のあるアスパラギン酸を含むアスパラガスはスタミナ向上効果も期待されます。
また近年はアスパラガスに含まれるサルササポゲニングリコシドが免疫細胞の一つであるT細胞を活性化すること、抗菌作用・抗ウイルス作用・抗腫瘍作用があることなどが報告され、免疫力強化食材としても注目を集めています。サルササポゲニングリコシド以外にも、代謝向上・疲労回復に役立つアスパラギン酸・粘膜の維持に関わるビタミンB2やβカロテン・ビタミンCなどもアスパラガスには含まれていますから風邪・インフルエンザ予防にも役立ちます。
・ストレス対策
アスパラにはGABAも含まれています。GABAには神経の興奮を抑え副交感神経を活発化することでリラックス効果をもたらす働きがあります。神経系の興奮を鎮めたり、リラックス状態に導くなどの働きから不眠や自律神経失調の改善などにも効果が期待されます。
アスパラギン酸も興奮性神経伝達を担う興奮性アミノ酸として作用しストレス耐性を高める働きがあると考えられています。鎮静と興奮両方の作用を持つアミノ酸の働きによって、精神のバランスを整えたり、神経疲労や気持ちの落ち込みなどを緩和する働きも期待できます。
・むくみ対策・デトックス
疲労回復に役立つ以外に、アスパラガスに含まれているアスパラギン酸には不足しているミネラルを細胞内へ送り届ける働きがあります。体液は水分とミネラルを原料とした電解質で構成されているため、不足分を補給することで体液のバランスを整えると考えられています。また尿の合成を促進する働きもあり、タンパク質の分解によって生じるアンモニアが体内に蓄積されないように体外への排出を促す働きもあります。
アスパラガスにはアスパラギン酸だけではなく、ナトリウム濃度を調節するカリウムも100gあたり270mgと比較的多く含まれています。GABAもまた腎機能や肝機能の改善効果が期待されている成分のため、むくみ改善や体が本来持っている解毒機能を高める働きが期待出来ます。様々な成分の複合効果から、アスパラガスはむくみ予防・緩和やデトックスに有効とされています。
・貧血・冷え性・妊娠中の方に
アスパラガスはほうれんそうや枝豆などには劣るものの、100gあたり190μgと野菜類トップクラスに入るほどの葉酸を含んでいます。また際立って多くはないですが鉄分0.7mgを始め、造血作用のある亜鉛やコバルトも含んでいますので、総合的に貧血予防・改善に役立つ食材と言えるでしょう。
またアスパラガスに含まれているルチンには、毛細血管をしなやかに保つ働き、血流をスムーズにしてくれる働きがあります。貧血改善・欠集改善のほかにも、アスパラギン酸による代謝促進作用、むくみ改善効果などと複合することで、冷え性の改善にも効果が期待できます。
葉酸は赤ちゃんの成長にも必要とされている成分で、特に妊娠初期や授乳中の場合は平常時よりも多めの摂取が必要とされています。
・ダイエットサポート
アスパラギン酸などの働きによって代謝向上に役立つアスパラガスは、ダイエットサポート食材としても心強い存在です。
ビタミンやミネラルなどダイエット中に不足しやすい栄養成分の補充にもなりますし、100gあたり22kcalと低カロリーでありながら、歯ごたえのある食感でよく噛む=満腹感を得られやすいというメリットもあります。
またアスパラガスには食物繊維やオリゴ糖も含まれているため便秘の予防・解消効果も期待出来ます。食物繊維含有量自体は100gあたり1.8gと際立って多い訳でないので便秘の解消にアスパラガスを大量に食べるというようなことはお勧めできませんが、普段の食事やダイエット中のメニューに少し加えると良いと思います。
・老化、生活習慣病予防
アスパラガスに含まれるビタミンPの一種、ルチンはポリフェノールに属し、抗酸化作用が認められている成分です。またアスパラガスには強力な抗酸化物質とされるグルタチオンが多く含まれていることも近年報告されています。そのほかにも抗酸化作用があるビタミンEやビタミンC、緑黄色野菜ほどは多くはありませんが抗酸化力のβカロテンなども含まれており、様々な高酸化物質が相乗することで活性酸素の抑制に高い効果を発揮すると考えられています。
脳細胞の酸化を防ぐことにもつながりますので、認知症予防効果も期待出来ます。
ルチンは血管の弾力性を回復させ血液循環を整えることから、動脈硬化や脳血管障害予防に効果的との見方もあります。また膵臓の働きをサポートすることでインスリン分泌を促し、糖尿病の予防にも有効と考えられています。
腎機能を助けることで高血圧予防効果が期待できるGABAや、免疫細胞活性化が期待できるサルササポゲニングリコシドなども含まれているため、アスパラガスは抗酸化作用+αの働きで生活習慣病予防食材としても優れている野菜です。
・美肌保持・肌老化予防
ビタミンA、C、Eやルチン・グルタチオンなど抗酸化物質を豊富に含むアスパラガスは、肌の老化予防やシミ予防・美白などに効果が期待出来ます。
アスパラギン酸にも肌の新陳代謝促進・保湿効果があり、ルチンの働きで血行が良くなることから、新陳代謝向上が期待出来ます。これらの働きから、アスパラガスは美肌作りにも役立つ野菜です。
アスパラガスは妊婦さんから身体に疲労を感じている人まで有効な栄養素を持っていますので積極的に摂りたいところですが、プリン体が多めなので、尿酸値が高い人は注意して食べましょう。
[文:meilong スタッフ]


最後まで読んでくださってありがとう
 
 記事は毎日アップしています。
明日もまた見に来てね
  




コメント

4月15日(月)のつぶやき

2019-04-16 02:00:53 | 花/美しいもの
コメント

なばなの里は春らんまん/ハナカイドウ、紅花トキワマンサク。いろとりどりの花たち。満開の桜とチューリップの饗宴

2019-04-15 21:07:32 | 花/美しいもの
先週、三重県桑名市の「なばなの里」に行ってきました。
4月はいろんな花が咲きそろってきれいなので、
毎年、この時期に訪れます。

今年は桜の開花が長かったので、
ジャスト満開の桜とチューリップの饗宴。

鮮やかなチューリップの花は、第二弾で紹介します。

園内には、様々な花が咲いています。
ひときわ目立つ「紅花トキワマンサク」。

上向きに咲く照手桃。別名、ほうき桃とも言います。
なばなの照手桃がきれいなので、うちにも3本植えてあります。

大好きな花海棠(ハナカイドウ)。

ベゴニアガーデンも駆け足で見てきました。



2種類のしだれ桜も満開。



ソメイヨシノは満開で、光る花が見られました。








人気ブログランキングへ
応援クリック してね 

花が終わった後のしだれ梅園の梅の枝は、
きれいさっぱり剪定されていて、
足元に水仙が咲いていました。

花が終わってから来たのは、たぶん初めて。

しだれ梅園を見習って、帰ってから、
庭の枝垂れ梅もさっそく剪定しました。
  

最後まで読んでくださってありがとう
 
 記事は毎日アップしています。
明日もまた見に来てね
  




コメント

4月14日(日)のつぶやき

2019-04-15 02:02:29 | 花/美しいもの
コメント

自由な言論 守り続ける覚悟を/カロライナジャスミンと雲南黄梅の黄色い花

2019-04-14 21:03:28 | ほん/新聞/ニュース
玄関を一歩出ると、甘ーいよい香りがします。
10年ほど゛前に玄関の左に鉢植えを置いた
カロライナジャスミンの花が咲いています。

毎年4月に咲くのですが、ツルが年々大きく育って、
今年は玄関扉の上まで、花が茂っています。

雲南黄梅の黄色い花も、庭から下の市道まで滝のように垂れています。

ちょっとお天気が良くないのですが、
黄色の花はよく目立ちますね。


人気ブログランキングへ
応援クリック してね 

4月11日の朝日新聞の社説は「自由な言論 守り続ける覚悟を」。
各地で「もの言う」女性たちに嫌がらせが続いていて、
悪質な言論封殺に、強いいきどおりを感じます。

  (社説)自由な言論 守り続ける覚悟を
2019年4月11日 朝日新聞

 自由に考え、自由にものを言う。そんな当たり前の行為が、不当に制限されることがあってはならない――。社説でも折にふれ主張してきたことだが、民主主義の基盤を傷つける出来事が、最近も相次いでいる。
 京都府南丹市は昨年11月、精神科医・香山リカさんの講演会を中止した。講演を妨害するような電話や、政治団体による街頭宣伝の予告が届いたためだ。予定されていた演題は「子どもの心を豊かにはぐくむために」。市は、母親や子の安全確保を理由に講師を変更した。
 露骨な嫌がらせに市は毅然(きぜん)とした態度で臨んでほしかった。警察に警備を依頼するなど対策は十分とり得ただろうし、似たようなケースで行政側の対応を違法とした最高裁判例もある。結果として圧力に屈した形になったのは残念でならない。
 一昨年も同様の経緯をへて、香山さんの東京都内での講演会が取りやめになっている。当時、差別的な言動に反対するなど活発に発言していた香山さんは、ネット上で激しく攻撃されていた。今回の妨害行為の背景にも、香山さんの活動に対する敵意がうかがえる。
 この例に限らない。憲法や基地問題などを取りあげた集会で、自治体が後援や共催を取り消す事例が絶えない。多様な言論を保障する責務の重さを、行政は認識してほしい。
 もちろん、憎悪むき出しのヘイト行為などは健全な言論活動とは言えない。憲法が保障する表現の自由は、個人の尊厳を傷つけないことが前提であることを、確認しておきたい。
 許しがたい別の嫌がらせ行為もある。女性差別などについて積極的に発言する議員や弁護士に、頼んだ覚えのない商品が送りつけられてきた事件だ。
 北九州市の村上聡子市議には昨夏以降、下着などが代金引換で配達された。加計問題で政権を批判した前川喜平元文部科学事務次官を招いて、講演会の司会をした後から始まった。
 「言論封殺の意図を感じる。こんなことをしても発言をやめはしない」と市議は話す。
 残念なのは、こうした訴えを冷笑するような反応が一部にあることだ。ネットには「被害者アピールして何の意味がある」といった言葉が飛び交った。
 差別に反対する。政権に厳しいことを言う。憲法の大切さを論じる。これらの行為が攻撃対象にされるとは恐ろしい話だ。
 恐怖が萎縮を生む悪い連鎖の中で、言論の場が狭まることを危惧する。おかしな風潮を広げないためには、いつ自分も標的になるかも知れないと想像力を働かせ、批判の声を静かに、しかし確実に上げ続けることだ。 


最後まで読んでくださってありがとう
 
 記事は毎日アップしています。
明日もまた見に来てね
  




コメント

4月13日(土)のつぶやき

2019-04-14 02:02:39 | 花/美しいもの
コメント

桜田五輪相更迭 政権の体質こそ問題だ/桜田五輪相が辞任、「復興以上に議員が大事」と発言

2019-04-13 22:31:32 | ほん/新聞/ニュース
明日から、統一自治体選挙の後半戦。
各地で市議会議員選挙・市長選挙が告示され、
来週の日曜日が投開票日です。
「む・しネット」の仲間や、
たくさんの知り合いの市民派候補が立候補する予定です。
選挙運動で思いのたけを有権者に伝えて、
一人でも多くの人が当選してほしいと願っています。

日本ミツバチを誘引するキンリョウヘン「日月」が咲きました。

先日買ってきた大株で、夕方5輪開花。
明日の朝までには、もっと花が増えているでしょう。

先に開花したキンリョウヘンを置いた、
蜜蜂の待ち箱には、探索の蜜蜂が来ていました。
明日は雨模様なので、晴れたら開花した鉢を置いて、
分蜂群が来てくれることを期待しましょう。

薄黄色の椿も咲いています。

開くにしたがって、花の色は薄くなっていまはクリーム色くらい。
今年は大きめの鉢に植え替えて、
株を充実させて、2,3年後には地植えしたいと思っています。

おひるご飯は、北海道小麦粉「春よ恋」でブドウパンを焼きました。

子どもたちを預かっていたので、あっという間に
一斤なくなりました(笑)。

人気ブログランキングへ
応援クリック してね 

後半は、
桜田五輪相辞任の社説。
暴言続きなので辞任は当然で、遅すぎたと思います。
かばっていた安倍首相の責任は重いです。

  社説:桜田五輪相更迭 政権の体質こそ問題だ  
2019年4月12日 中日新聞

 遅きに失した感がある。桜田義孝五輪相(69)が辞任した。事実上の更迭だが、これまでも不適切な言動を繰り返してきた。桜田氏を擁護し、続投を許してきた安倍政権の体質こそ問題ではないのか。
 閣僚辞任の直接のきっかけは、十日夜、東京都内で開かれた自民党の高橋比奈子衆院議員(比例東北ブロック)の政治資金パーティーでの発言。あいさつに立った桜田氏は「復興以上に大事なのは高橋さんだ」と、支持を呼び掛けた。
 発言の中で、東日本大震災の被災地復興への協力も呼び掛けてはいるが、復興よりも自民党議員の当選の方が大事だという発言は、内閣の一員として、今も苦しむ被災者と真剣に向き合っているとは言い難い。
 桜田氏は発言からほどなく、安倍晋三首相を首相官邸に訪ね、辞表を提出。首相は辞表の受理後、記者団に「被災地の皆さんに深くおわびしたい」「今後も東北の復興に全力を傾ける」と述べた。
 桜田氏の発言内容は許し難く、近く投開票される衆院補選や統一地方選後半戦、夏の参院選を考えれば、閣僚辞任は避けられないと首相官邸は判断したのだろう。
 とはいえ、そもそもなぜ桜田氏を閣僚に起用し、これまで続投を認めてきたのか、理解に苦しむ。
 桜田氏は昨年十月の就任当初から不適切発言を繰り返してきた。
 昨年の臨時国会では二〇二〇年東京五輪・パラリンピックの基本コンセプトや大会ビジョン、政府の最終負担額を即答できず、要領を得ない答弁を繰り返した。
 今年に入ってからも、競泳の池江璃花子選手による白血病公表を「がっかりした」と述べたり、震災被災地の道路被害について「健全に動いていたから良かった」と事実誤認の発言をするなど、不適切発言と謝罪を繰り返してきた。
 閣僚としてのみならず、国民を代表する国会議員として、そもそも適任だったのだろうか。
 安倍内閣では、桜田氏に限らず閣僚らの失言があっても、首相は「しっかりと職務を果たしてもらいたい」などと擁護し、問題が拡大して初めて辞表を提出させ、任命責任を認めてきた。「批判は真摯(しんし)に受け止める」とも述べてきた。しかし、責任を自ら取ることはない。この繰り返しだ。
 問題があっても自らの非を認めず、数の力を背景に強引に突破する。長期政権のおごりとも言えるそうした政権の体質そのものが、桜田氏の責任と合わせて、厳しく問われなければならない。


 桜田五輪相が辞任、「復興以上に議員が大事」と発言
2019年4月10日 BBCニュース

桜田義孝五輪相(69)が10日夜、2011年の東日本大震災で甚大な被害を受けた被災者の気持ちを傷つける発言をしたとして、辞任した。
桜田氏はこの日午後6時半から、自民党の高橋比奈子衆院議員の政治資金パーティーに出席。「復興以上に大事なのは高橋さん」などと発言した。
これまでも桜田氏は、たびたび不適切な発言などをめぐって謝罪に追い込まれてきた。
今年2月に競泳の池江璃花子選手(18)が白血病を公表した際には、「金メダル候補ですから。日本が本当に期待している選手ですから、本当にがっかり」と記者団に述べた。
東京オリンピック・パラリンピックが来年に迫る中、金メダル候補として水泳界をリードする池江選手の病によって、盛り上がりが下火にならないか心配だと表明した。
2月21日の衆議院予算委員会では、出席予定時間に3分遅刻した。野党側は時間を守れないのは無礼だとして、抗議のため退席。審議が5時間にわたり中断する事態となった。
また昨年11月には、サイバーセキュリティ担当だったにも関わらずパソコンを使ったことが1度もないと発言し、国中をあぜんとさせた。
2016年には、いわゆる「従軍慰安婦」について、「職業としての売春婦だった」と発言し物議を醸した。
桜田氏が提出した辞表を受理した安倍晋三首相は10日夜、桜田氏を任命したことを謝罪した。
「被災地の皆様に内閣総理大臣として、この発言について深くおわび申し上げたいと思います。任命責任はもとより内閣総理大臣たる私にあります。こうした事態に至ったことにつきまして、国民の皆様におわびを申し上げる次第でございます」
2011年の東日本大震災では2万人以上が犠牲になり、福島第一原子力発電所で炉心溶融(メルトダウン)が起きた。
桜田氏の後任には、同氏の前任の五輪相だった鈴木俊一衆院議員(65)が再び起用される。
(英語記事 Japan's Olympics minister resigns over gaffe) 


最後まで読んでくださってありがとう
 
 記事は毎日アップしています。
明日もまた見に来てね
  
コメント

4月12日(金)のつぶやき

2019-04-13 02:01:54 | 花/美しいもの
コメント

東大入学式 上野千鶴子さん「隠れた性差別 東大も例外でない」/上野千鶴子さんの祝辞の全文

2019-04-12 21:26:56 | ジェンダー/上野千鶴子
春の庭は花盛り。
一年でいちばん美しい時期です。
枝垂れ源平花桃は、満開を過ぎて葉が出始めています。



足元の芝桜は満開。



紫のアイリスも咲き始めました。


きょうのビッグニュースは、東大の入学式の祝辞。
ニュースを見ていたら、
な、なんと、上野千鶴子さんが祝辞を述べていました。
東大も粋な計らいをするものでうれしいです。

話しの内容もとってもいいので、
ニュースとともに、
全文を紹介させていただきます。

  東大入学式 上野千鶴子さん「隠れた性差別 東大も例外でない」 
2019年4月12日 NHK

東京大学の入学式が行われ、社会学者の上野千鶴子さんが祝辞の中で、新入生の女子が少ないことを指摘して、「隠れた性差別は、東京大学も例外ではない」と述べました。

東京大学の入学式は東京千代田区の日本武道館で行われました。今年度の新入生は、男子が2558人、女子が567人の合わせて3125人です。

式の祝辞で、東京大学名誉教授で社会学者の上野千鶴子さんが、去年相次いで発覚した医学部入試の女性差別に触れました。

そして、東京大学でも、女子の新入生の割合が2割に満たないことを指摘し「大学に入る時点で隠れた性差別が始まっている。東京大学も例外ではない」と述べました。

また、「大学で学ぶ価値とは、これまで誰も見たことのない知を生み出すための知を身につけることだ」と新入生を激励しました。

文科三類に入学した女子学生は「平成の時代に覆い隠せなくなった課題に向き合っていけるよう、哲学などを学んで教養を身につけ、多角的な視野を持てるようになりたい」と話していました。

理科一類に入学した男子学生は、「好きな化学を学び、将来はエネルギー問題の解決に貢献してノーベル賞をとり、令和の時代の教科書に載りたい」と話していました。


  「性差別、東大も例外ではない」上野千鶴子氏、入学式で
2019.4.12 朝日新聞

 「社会にはあからさまな性差別が横行している。東京大も残念ながら、例外ではない」――。12日にあった東京大の入学式で祝辞を述べた社会学者の上野千鶴子・同大名誉教授はこう語り、「世の中には、頑張っても報われない人や頑張ろうにも頑張れない人、頑張りすぎて心と体を壊した人たちがいる。恵まれた環境と能力を、自分が勝ち抜くためだけに使わず、恵まれない人々を助けるために使ってほしい」と新入生に訴えた。


 上野氏は祝辞の冒頭、昨年に東京医科大の医学部入試で女子差別などが明らかになったことや、他の私大医学部でも男子の合格率が高いことを紹介。東京大でも長年にわたって入学者における女子の割合がなかなか「2割の壁」を超えないことや、4年制大学への進学率の男女差などを列挙した。

 さらに、「社会に出れば、もっとあからさまな性差別が横行している」と指摘。東京大の場合は教授に占める女性の割合は7・8%、女性の学部長や大学院の研究科長は15人のうち1人にとどまり、歴代総長に女性がいないことを挙げ、「東京大も、残念ながら、例外ではない」と述べた。

 上野氏はそのうえで、新入生に向かって、「頑張っても公正に報われない社会が待っている。頑張ったら報われると思えることが、恵まれた環境のおかげだったことを忘れないでほしい」と呼びかけた。自身に入学式の祝辞を担当させたことを例に、「東京大は変化と多様性にひらかれた大学」とも紹介し、「これからあなた方を待っているのは、正解のない問いに満ちた世界。未知を求めて、よその世界にも飛び出してください」と、学外を含めて幅広く体験を積むことを求めた。
朝日新聞社 


人気ブログランキングへ
応援クリック してね 

上野千鶴子さんの祝辞の全文は、
東大のHPにアップされています。

  平成31年度東京大学学部入学式 祝辞 

ご入学おめでとうございます。あなたたちは激烈な競争を勝ち抜いてこの場に来ることができました。

女子学生の置かれている現実
その選抜試験が公正なものであることをあなたたちは疑っておられないと思います。もし不公正であれば、怒りが湧くでしょう。が、しかし、昨年、東京医科大不正入試問題が発覚し、女子学生と浪人生に差別があることが判明しました。文科省が全国81の医科大・医学部の全数調査を実施したところ、女子学生の入りにくさ、すなわち女子学生の合格率に対する男子学生の合格率は平均1.2倍と出ました。問題の東医大は1.29、最高が順天堂大の1.67、上位には昭和大、日本大、慶応大などの私学が並んでいます。1.0よりも低い、すなわち女子学生の方が入りやすい大学には鳥取大、島根大、徳島大、弘前大などの地方国立大医学部が並んでいます。ちなみに東京大学理科3類は1.03、平均よりは低いですが1.0よりは高い、この数字をどう読み解けばよいでしょうか。統計は大事です、それをもとに考察が成り立つのですから。

女子学生が男子学生より合格しにくいのは、男子受験生の成績の方がよいからでしょうか?全国医学部調査結果を公表した文科省の担当者が、こんなコメントを述べています。「男子優位の学部、学科は他に見当たらず、理工系も文系も女子が優位な場合が多い」。ということは、医学部を除く他学部では、女子の入りにくさは1以下であること、医学部が1を越えていることには、なんらかの説明が要ることを意味します。

事実、各種のデータが、女子受験生の偏差値の方が男子受験生より高いことを証明しています。まず第1に女子学生は浪人を避けるために余裕を持って受験先を決める傾向があります。第2に東京大学入学者の女性比率は長期にわたって「2割の壁」を越えません。今年度に至っては18.1%と前年度を下回りました。統計的には偏差値の正規分布に男女差はありませんから、男子学生以上に優秀な女子学生が東大を受験していることになります。第3に、4年制大学進学率そのものに性別によるギャップがあります。2016年度の学校基本調査によれば4年制大学進学率は男子55.6%、女子48.2%と7ポイントもの差があります。この差は成績の差ではありません。「息子は大学まで、娘は短大まで」でよいと考える親の性差別の結果です。

最近ノーベル平和賞受賞者のマララ・ユスフザイさんが日本を訪れて「女子教育」の必要性を訴えました。それはパキスタンにとっては重要だが、日本には無関係でしょうか。「どうせ女の子だし」「しょせん女の子だから」と水をかけ、足を引っ張ることを、aspirationのcooling downすなわち意欲の冷却効果と言います。マララさんのお父さんは、「どうやって娘を育てたか」と訊かれて、「娘の翼を折らないようにしてきた」と答えました。そのとおり、多くの娘たちは、子どもなら誰でも持っている翼を折られてきたのです。

そうやって東大に頑張って進学した男女学生を待っているのは、どんな環境でしょうか。他大学との合コン(合同コンパ)で東大の男子学生はもてます。東大の女子学生からはこんな話を聞きました。「キミ、どこの大学?」と訊かれたら、「東京、の、大学...」と答えるのだそうです。なぜかといえば「東大」といえば、退かれるから、だそうです。なぜ男子学生は東大生であることに誇りが持てるのに、女子学生は答えに躊躇するのでしょうか。なぜなら、男性の価値と成績のよさは一致しているのに、女性の価値と成績のよさとのあいだには、ねじれがあるからです。女子は子どものときから「かわいい」ことを期待されます。ところで「かわいい」とはどんな価値でしょうか?愛される、選ばれる、守ってもらえる価値には、相手を絶対におびやかさないという保証が含まれています。だから女子は、自分が成績がいいことや、東大生であることを隠そうとするのです。

東大工学部と大学院の男子学生5人が、私大の女子学生を集団で性的に凌辱した事件がありました。加害者の男子学生は3人が退学、2人が停学処分を受けました。この事件をモデルにして姫野カオルコさんという作家が『彼女は頭が悪いから』という小説を書き、昨年それをテーマに学内でシンポジウムが開かれました。「彼女は頭が悪いから」というのは、取り調べの過程で、実際に加害者の男子学生が口にしたコトバだそうです。この作品を読めば、東大の男子学生が社会からどんな目で見られているかがわかります。

東大には今でも東大女子が実質的に入れず、他大学の女子のみに参加を認める男子サークルがあると聞きました。わたしが学生だった半世紀前にも同じようなサークルがありました。それが半世紀後の今日も続いているとは驚きです。この3月に東京大学男女共同参画担当理事・副学長名で、女子学生排除は「東大憲章」が唱える平等の理念に反すると警告を発しました。

これまであなたたちが過ごしてきた学校は、タテマエ平等の社会でした。偏差値競争に男女別はありません。ですが、大学に入る時点ですでに隠れた性差別が始まっています。社会に出れば、もっとあからさまな性差別が横行しています。東京大学もまた、残念ながらその例のひとつです。

学部においておよそ20%の女子学生比率は、大学院になると修士課程で25%、博士課程で30.7%になります。その先、研究職となると、助教の女性比率は18.2、准教授で11.6、教授職で7.8%と低下します。これは国会議員の女性比率より低い数字です。女性学部長・研究科長は15人のうち1人、歴代総長には女性はいません。

女性学のパイオニアとして
こういうことを研究する学問が40年前に生まれました。女性学という学問です。のちにジェンダー研究と呼ばれるようになりました。私が学生だったころ、女性学という学問はこの世にありませんでした。なかったから、作りました。女性学は大学の外で生まれて、大学の中に参入しました。4半世紀前、私が東京大学に赴任したとき、私は文学部で3人目の女性教員でした。そして女性学を教壇で教える立場に立ちました。女性学を始めてみたら、世の中は解かれていない謎だらけでした。どうして男は仕事で女は家事、って決まっているの?主婦ってなあに、何する人?ナプキンやタンポンがなかった時代には、月経用品は何を使っていたの?日本の歴史に同性愛者はいたの?...誰も調べたことがなかったから、先行研究というものがありません。ですから何をやってもその分野のパイオニア、第1人者になれたのです。今日東京大学では、主婦の研究でも、少女マンガの研究でもセクシュアリティの研究でも学位がとれますが、それは私たちが新しい分野に取り組んで、闘ってきたからです。そして私を突き動かしてきたのは、あくことなき好奇心と、社会の不公正に対する怒りでした。

学問にもベンチャーがあります。衰退していく学問に対して、あたらしく勃興していく学問があります。女性学はベンチャーでした。女性学にかぎらず、環境学、情報学、障害学などさまざまな新しい分野が生まれました。時代の変化がそれを求めたからです。

変化と多様性に拓かれた大学
言っておきますが、東京大学は変化と多様性に拓かれた大学です。わたしのような者を採用し、この場に立たせたことがその証です。東大には、国立大学初の在日韓国人教授、姜尚中さんもいましたし、国立大学初の高卒の教授、安藤忠雄さんもいました。また盲ろうあ三重の障害者である教授、福島智さんもいらっしゃいます。

あなたたちは選抜されてここに来ました。東大生ひとりあたりにかかる国費負担は年間500万円と言われています。これから4年間すばらしい教育学習環境があなたたちを待っています。そのすばらしさは、ここで教えた経験のある私が請け合います。

あなたたちはがんばれば報われる、と思ってここまで来たはずです。ですが、冒頭で不正入試に触れたとおり、がんばってもそれが公正に報われない社会があなたたちを待っています。そしてがんばったら報われるとあなたがたが思えることそのものが、あなたがたの努力の成果ではなく、環境のおかげだったこと忘れないようにしてください。あなたたちが今日「がんばったら報われる」と思えるのは、これまであなたたちの周囲の環境が、あなたたちを励まし、背を押し、手を持ってひきあげ、やりとげたことを評価してほめてくれたからこそです。世の中には、がんばっても報われないひと、がんばろうにもがんばれないひと、がんばりすぎて心と体をこわしたひと...たちがいます。がんばる前から、「しょせんおまえなんか」「どうせわたしなんて」とがんばる意欲をくじかれるひとたちもいます。

あなたたちのがんばりを、どうぞ自分が勝ち抜くためだけに使わないでください。恵まれた環境と恵まれた能力とを、恵まれないひとびとを貶めるためにではなく、そういうひとびとを助けるために使ってください。そして強がらず、自分の弱さを認め、支え合って生きてください。女性学を生んだのはフェミニズムという女性運動ですが、フェミニズムはけっして女も男のようにふるまいたいとか、弱者が強者になりたいという思想ではありません。フェミニズムは弱者が弱者のままで尊重されることを求める思想です。

東京大学で学ぶ価値
あなた方を待ち受けているのは、これまでのセオリーが当てはまらない、予測不可能な未知の世界です。これまであなた方は正解のある知を求めてきました。これからあなた方を待っているのは、正解のない問いに満ちた世界です。学内に多様性がなぜ必要かと言えば、新しい価値とはシステムとシステムのあいだ、異文化が摩擦するところに生まれるからです。学内にとどまる必要はありません。東大には海外留学や国際交流、国内の地域課題の解決に関わる活動をサポートする仕組みもあります。未知を求めて、よその世界にも飛び出してください。異文化を怖れる必要はありません。人間が生きているところでなら、どこでも生きていけます。あなた方には、東大ブランドがまったく通用しない世界でも、どんな環境でも、どんな世界でも、たとえ難民になってでも、生きていける知を身につけてもらいたい。大学で学ぶ価値とは、すでにある知を身につけることではなく、これまで誰も見たことのない知を生み出すための知を身に付けることだと、わたしは確信しています。知を生み出す知を、メタ知識といいます。そのメタ知識を学生に身につけてもらうことこそが、大学の使命です。ようこそ、東京大学へ。

平成31年4月12日
認定NPO法人 ウィメンズ アクション ネットワーク理事長
上野 千鶴子


最後まで読んでくださってありがとう
 
 記事は毎日アップしています。
明日もまた見に来てね
  




コメント

4月11日(木)のつぶやき

2019-04-12 02:03:12 | 花/美しいもの
コメント