マロッシの趣味の家

趣味のカメラや戦車のブログ

出石

2018年10月23日 00時23分01秒 | BMW

日曜日にマイクヘイウッドと2台で出石そばを食べにツーリングに行って来た。

初めて出石に行ったのはバイクショップのツーリングで二十歳の頃だったのでもう40年以上通っているが
途中の峠など昔の風景そのままだったりして走っていると結構タイムスリップ感があって懐かしい気持ちと
果たして次も来れるか正直分からない。

行きと帰りをコースを変更して、360km以上走ったが、給油無しでGSは走れた。
実はHP4は手放すのだが理由は近くのディーラーが閉店してしまったのでGSも手放してドカのスーパースポーツを考えたが
GSの電子地図的なガーミンやテレレバーの使い勝手を考えるとドカだとN-VANに積んで遠方に持っていけるメリットがあるが
ツアラーとして考えればGSはやはり手放せない気がしてきた。





来年もオール下道で蒜山に行きましょう。

コメント

車載用ポータブル冷蔵庫を買った。

2018年10月11日 14時04分36秒 | 家電、その他

N-VANでは車中泊も可能なので、以前から欲しかった車載用ポータブル冷蔵庫を買った。
当初は定番のエンゲル製を考えたが、欲しいタイプが巨大で重く、バイクを積んだ状態でのスペースが厳しく
最小の14リットルタイプも形が独特で、出来れば箱型の物が欲しくて色々検討したが
高さと横幅が理想的なタイプがアマゾンで販売され、価格も安く万が一失敗してもこの価格ならと購入!(笑)
購入後冷凍性能を見る為マイナス21°まで冷やし朝まで置くが、マイナス16°で凍る保冷材は中途半端に半分固まる程度だった。
まぁ、水なら凍ると思うが結構時間は掛かる感じで実用的かどうかは微妙。



私の使用目的は、粗冷蔵なので、冷蔵庫としてみれば充分すぎる性能で、フロン134を使うコンプレッサー式だがエコモードで使えば騒音も気にならない。
容量は18リットルで一人で使うには充分すぎるし、500mmℓのペットボトルまでなら種類により立てて入る。(コーラは飲まないので試していない)






設定温度の目安はあるが、実際のデジタル表示と庫内には差があるので飲料は1°あたりで冷やしている。
車のシガーはまだ試していないが、一応バッテリー残量に対して3段階切り替え出来る安全装置もあるし
私の車にはオートキャンプ場などで使える外部から接続出来るACコンセントもオプションで付けたので安心だし
電源が無くてもポータブル電源で使う積りだが、G500ではDCソケットではエラーが出るので
ACアダプターでの接続となった!

コメント

次の車

2018年09月08日 10時51分22秒 | Weblog

前にも書いたが新しい車を予約した、HONDAのN-VANは今ちょっとしたブームだが、
購入したのは上のカラーでターボの4WD、私の住む地域では4WDは必要無いとの意見も聞くが
長い車生活で何度かはピンチを助けてくれたので保険の積り。

私が購入した理由で一番大きな理由が戦車2台を乗せることが出来、更にバイクなら一台運搬できる事。
フロントエンジンなので積載スペースは本来少ないのだが、助手席をフルフラットに出来るので
リッターバイクも余裕で積める!(HP4で実際に試した)
フロントエンジンのお陰で運転も快適そうだし、ホンダセンシングで高速移動も楽そうだ。

当初はジムニーシエラを狙っていたのだが、軽だと節税にもなるし更にN-VANだと車中泊も楽しそう。
でも車中泊で検索すると軽のキャンピングカーが出てきて、実際に使っている人の動画を見ると羨ましくなった!

バイクが無ければキャンピングカーも考えたんだけど!

少し不満を書けば、近くのHONDAで購入したが結構強引な営業であまり人の話を聞いてくれない。
オプションもこっちが良いと、自分でイメージしたものと違う物を進めてくる、押されて契約するが
後でやはり修正して貰うを二回繰り返す。
大阪の商売人風で値引きも無くドライブレコーダーはサービスだった。
同時期に契約した人の値引きを聞くとちょっとブルーに
なった!(笑)

コメント

BB3

2018年08月31日 20時41分49秒 | BIMOTA

モトコルセさんから送られてきた画像

徐々に形になって来たBB3

今年中には納車になるのかな~?




モトコルセさんのFacebookで見るともう少し形になっていた!(笑)

コメント (4)

来年への準備

2018年08月22日 20時56分09秒 | Weblog

実は新しい車を注文した、注文したのはHONDAのNバンで軽の貨物自動車だ。

目的はバイクを載せる為でHP4を既にHONDAの店で積載して充分載せれる事を確認後その場で発注した!
納期は12月頃らしいオーダーしたのはターボの4WDでバイクを積んで旅行がしたいのです。

R1200GSは近くのディーラーが無くなってしまって須磨までメンテに行く気がせず、手放す予定。
代りにDUCATI スーパースポーツを購入予定、勇ましい名前と裏腹にツアラーモデルなのでポジションも楽そうだし
スリムなLツインなら楽々詰めるだろうし出来れば積んで北海道で走らせたい!

更にもう一つの目的で大事な戦車を二台とも同時に運ぶ事、しかし今乗るアウトランダーと違ってAC電源が使えない。
そこで気は早いがAC,
DCの使えるポータブル電源を購入した。

購入にあたり色々調べると私の使い方ではベストと思われるSuaokiのG500を購入、実は特価でかなり安く買えた!
ただ車のシガーソケットでの充電は実用的では無いとの先駆者のレビューを参考にさせて頂き、同時に150W対応の
ステップアップDC/DCコンバーターも同時購入した、早速アウトランダーのシガーソケットでテスト
付属のDCコードで接続すると20Wいかないあたりでウロウロ!
早速ステップアップDC/DCコンバーターで電圧を上げると!






なんと147W出た、しかし問題発生!
配線やコンバーター本体が高熱を持ち危険なので即充電中止。

コンバーターを一番低い15Vに設定し再テスト。









充電は100Wとなるが、それでも家庭用のACアダプターよりは高い数値が出たので満足だ
車中で暫く充電したが熱も問題無くなり一安心。

これで走行中の充電は安心、そして更に





追加で折り畳み式の100Wのソーラーパネルも購入

これで屋外で車中泊しながら戦車遊びも安心だ!(笑)

そして更に






バイクや戦車を積んだまま寝れる簡易ベッドも買ったのだった。(笑)

コメント

SRC MP5A3 初期型 CO2 GBB

2018年07月19日 23時06分18秒 | ガスガン

予約しても欲しかったMP5はSRC製のCO2モデルが今日届いた。
以前WEのMP5は買っていたのだが、CO2モデルの初期型なのでMP5の追加購入。

今は滅茶苦茶熱いのでフロンガスのWE製も良く動くが、寒くなると途端に動きが落ちるフロン仕様は、
使えるシーズンが限られるのとWE製はアッパーフレーム重量やマガジンが重く持ったバランスが少し悪くて
愛着が湧かずあまり触っていなかった。
今日オイルメンテして久しぶりに撃ったら結構な撃ち味で快調だったがオープンサイトでは弾着が上になるし
弾着が上下にバラツクのはホップの構造に多少問題があるのかも知れず触れば改良出来るかも知れない。



左がSRC右がWE

材質又は肉厚の差なのかSRCの方が軽く、持った感じバランスも良く塗装もリアルだ
又フォアグリップもSRCの方が剛性感が高く、多少ギシギシするWE制よりも好印象
意外にも初期型の方がグリップの握り心地も良く、アンビでは無いがスイッチの節度も良く
実物がどうかは知らないがWEがハンマーダウン時でもセーフティが掛かるのに対し、
SRCはハンマーコッキング時にしかセーフティが掛からずコッキング状態が掴みやすい。

後発モデルだからって事もあるだろうが大半の部分でWE製を上回っていてSRCに無いのは3点バースト
やアンビのレバーくらいだ!

マガジンの残弾が無くなるとどちらも止まるが、WE製は空撃ちモードがあるがマガジン装填時に
レバーを下げるのを忘れると初弾が出ず、シンプルなSRCの方がサバゲでは安全だろう!
CO2で空撃ちなど勿体なくて出来ないし!(笑)






発射時の反動は意外にもWE製が上で意外と撃ち味が良い!

ただし、回転速度が遅く、回転の速いSRCはあっと言う間に35発のBB弾が無くなるが、ボンベの中も同時に無くなるのが欠点だ!(笑)
ボンベ一本でセミオートなら60~65発ぐらい、フルオートだと50発前後かな?
CO2が明らかに減ってパワーが落ちるとBB弾が勿体ないのでバルブで残りのガスを放出させると気化熱を奪われマガジンが極端に冷えるので
次のボンベを入れる前にマガジン内部のタンクなど温めてやったほうが燃費は良さそうだ。

SRCで特筆すべきはオープンサイトの精度の高さ及び実際の命中精度だろう!
バーストでも結構まとまるし、若干左右の調整はしたが室内とは言えサイト道理にちゃんと当たるエアガンは愛着が湧く
SRCは電動ガンのイメージで今まで無関心だったが、今回の工作精度の高さに驚いた。

欠点はボンベの消耗が早いのと、一気に、35連写すると最終弾近くで若干タレる気がする!
リアルカウントで使った方が良いかも知れない!
WEではオープンサイトでは使えなかったが、SRCではダットサイトを乗せなくても、ちゃんと当たる銃!
これは国産でも中々無いので非常に高得点
勿論ダットサイトマウントも買ったのでどちらも楽しむ積りだ!

コメント

新しいインカムを買った

2018年07月19日 08時18分16秒 | BMW

ビモータの完成が遅れバイクに乗れないのでHP4を返して貰って、先週久しぶりにスポーツバイクで走った。
S1000RRの友人と走る時、昔からインカムを使って会話しながら走るのだが古いビーコムのマイクや
ヘルメットのスピーカーがかなり傷んで来て本体はまだ使えるのだが、試しに新しいインカムを買った。

今までは古いB+COMのSB213って機種で10年は使っているが未だに健在だしバッテリーのもちも良い!
ただし少し不満なのがデイトナのモトGPSレーダーLCDやBMWのモトラッドナビゲーターⅤをペアリングして使っているが
インカムのトーク機能使用中はこれらの音声は自動では割り込まず、トークしていない時もナビとレーダーが同時に音声を発すると
片方の音声が聞こえなかった。
GSで一人でツーリングする時もこれには不満があった。



もちろん新しいB+COMも検討したが最新のSB6Xでは販売当初SB213とは繋がらなくなり最近アップデートされ繋がる様になったらしいがパソコンでの設定が必要で、
機種によっては屋外で設定出来ない。
カルドは古いB+COMが繋がるかは知らなかったが、他機種でも繋がるが売りだったのとスマホのアプリでペアリング操作も出来るのが便利
細かい設定もHPで登録すればカスタマイズ可能だ。

ただ少し問題もあって、音声認識が売りなのだが付属のフルフェイス用のマイクでは中々上手く音声を拾ってくれない、パソコンで設定を変えたり
マイクの位置を色々工夫をしたのだが、私の活舌のせいなのか拾えない音声コマンドが多い。
試しにジェットヘルメット用のマイクを使うとかなり認識率が上がったが、やはり活舌が悪いのかヘイカルドミュージックオフが中々認識しない
私のフルフェイスではジェットヘルメット用のマイクは使えるのでこちらを装着、ボタン操作もSB213よりは操作しやすいので使用に問題は無いがチョット気になる!





見た目結構大きく見えるが結構薄く、脱着は専用のマウントベースがあるので楽だ。

次の土曜日初めての実戦投入なので楽しみだ。


ペアリングのコツは通常は1チャンネルにスマホだが、BMWのモトラッドナビゲーターⅤ使用時は1チャンネルにナビモードでペアリング
スマホはナビゲーターⅤとペアリングして、2チャンネルにモトGPSレーダーLCDをペアリングすると全ての機能が上手く使えた
ただミュージックはBMWのモトラッドナビゲーターⅤ経由なのであらかじめ音声データーの入ったSDカードをナビに入れる必要がある。

コメント

久々の更新

2018年07月18日 20時06分19秒 | 山、ハイキング

ちょっと色々あって、更新が滞っていました。

まあたいしたネタでは無いのですが、先日猛暑の中、物好きな私は甲山森林公園にお出かけ!
少し写真を写したので一気にアップします。


明日久々にエアガンも買ったので頑張って画像を写して撮影してアップします!(笑)





あきらかに手抜きですがボチボチ再開しますね!(笑)

コメント

モデルガンで遊ぶ

2018年04月11日 14時41分30秒 | モデルガン

タナカのM1カービンは昔のCMCと比較すれば良く動くが、実際は15発全弾発射出来たのは数回のみ。
購入当初は天井まで飛んだカートもボルトの消耗なのか、排莢不良が増えてワンマガジンで3~4回の排莢不良が起きる様になってしまった。
これはマルシンのMP40同様で高価なボルトを直ぐ交換する訳にもいかず、プレス製のエキストラクターの爪を広げてカートの押さえを良くしようとするが失敗
エキストラクターを破損してしまう。
直ぐに電話で発注すると半年程は部品販売はしないとの返事、それでは困るので修理なら可能との返事だったので、排莢不良も直して欲しいと説明。
発送の為にもう一度連絡すると、別の人が出て今回のみ部品を送ってくれる事となり無事エキストラクターが届く。

早速そのまま組むがやはり排莢不良の連続となり、エキストラクターが当たるボルト内部の部品を、少しやすりで削り更にエキストラクターも少し曲げ
手動では排莢が良くなったので、テスト発火すると一応全弾回転したがまだ改善の余地ありかもしれない。
まあそれでも過去のCMCから比べれば全弾ジャム無しは、動きすぎるタニコバのM4では味わえない感動があった!(笑)




GM-7と7.5は元々グレーっぽい色だがヘビーウェイト素材なのでそのままでは自然に変色してしまうので、スーパーブルーで染めて見た。
若干素材が違うのか、なんとなく7.5の方が雰囲気が良い!

BWCカート仕様のキャスピアンと違いオープンカート仕様の7.5にはステンレス製のリコイルスプリングとリコイルアシストスプリングも入れてやった。









更にGM-7もトリガー、ハンマー、リアサイトを交換

グリップはBWCのキンバーから流用、本体も紙やすりで若干あった継ぎ目跡を消して染め直した。
元々GM-7の中では一番スタンダード的で購入したのだがGM7.5があると中途半端な存在になり
アップグレードしてやった。




BWCのキンバーには追加でマガジンを作って貰い84発連続で発火、残念ながら3回ほど装填不良が発生。
BWCのカートは弾頭的な部分の形状から、幾ら装填時に注意しても残弾2発あたりでカートが前部に移動
スライドストップと干渉してジャムる。
私は8連ではマガジンリップの左前部を曲げて対策したが綺麗なマガジンを加工するのはあまり気が進まない。

ところが良く部品を購入するショップのブログにスライドストップの加工法があり参考にして、全てのガバのスライドストップを加工した。
ただ7連と8連では多少マガジンフロアーの形状が違い注意が必要。
更に加工中の金属粉がBWCのスライドの塗装を傷め、BWCでブルーイングして貰おうかと思ったが将来もう一丁欲しいのでアドバイスを貰って自分で塗装した。
塗料はガイアカラーのフラットブラックを使用、マスキングして塗装を傷めた側面のみペーパー後再塗装したが、思った以上に綺麗に塗装出来た。

加工後6マガジン42発発火したが作動は完璧となり嬉しい。

コメント

サンダースの方が好きだったんだけど。

2018年03月17日 20時03分59秒 | モデルガン

タナカから再販されたM1カービン バージョン2を買った。

M1カービンのモデルガンを買うのはこれが三回目で、初代はCMCの初期のM1カービンで恐らく40年近く前の事だったと思う。
当時はリアルな外観に負けて購入したが、紙火薬仕様のM1はステンと同じくジャム頻発で全く回転しなかった。

その後MGCのプラ製を買い比較的動きはしたが、直ぐにCP化され悔しい思いをした。
CP化されてもCMCと比較すると残念な仕様だったので以後購入はしなかった。
CMC製は飾りとして棚に掛けていたが、当時の友人に是非欲しいと頼まれ売ってしまった。

以前にタナカから再販されたのは知っていたが、元CMC製でちゃんと動くのかと信用していなかったのだが
YouTubeの動画で快調に動く動画を見て病院の帰りにモデルガンショップで見つけるが、別売のカートリッジが無く
付属の5発だけだったので、思いとどまっていたが、更に改良されたとの事で購入した。




大好きなコンバットではヘンリー少尉のイメージだったが、画像のマガジンポーチは付けていなかった。
サンダースにしても1928型を電動ガンのように連射するときもあるが、30連弾倉を何本持っていたのだろう(笑)
ポーチは中田商店の通販で購入、同じ物を何倍もの値段で売る悪徳業者もアマゾンで見た。

実は中国で戦っていた父親もM1カービンを使っていたそうで、弾薬の無い日本の小銃は菊の紋を削って海に捨てたらしい。
ハンドガンは中国モーゼルで終戦後帰国する時、親切に手助けしてくれた中国人に譲ったと言ってた。
中国にもアメリカの物資が豊富に届き倉庫を襲って手に入れたと言っていた。
当然日本の物資は無く弾が無い銃では生き延びれず仕方なかったと、一緒にコンバットを見ていた父が懐かしそうに言っていた。







画像のM1トンプソンはCMC製だが、1921型にミリタリーグリップを付けたMGCよりリアル、タナカのM1も今の技術で改良再販して欲しい。

肝心の発火は箱出しの状態で15発中一発だけ閉鎖不良が起きたが粗快調!チャンバーは閉塞され下部にバイパスはあるが音はそれなりだが
金属の作動音や反動、偶に左に飛ぶカートも御愛嬌だが結構高く飛び、
天井に当たるが勢いはそれほど強くなくて、マンション暮らしには嬉しい!

正直CMCが原型でも、改良でここまで動くのがと感動してしまった。
その後クリーニングの為バラしたがチャンバーを外すのに機関部まで外すのが少し大変!
特にロータリーボルトを外すのがタイトで怖かった!ブローバックの為ロックこそしないが抵抗のあるボルトでもちゃんと動くのは立派だ。
発射後のカートにはエジェクターの跡がくっきり、分解して気付いたのだけど、デトネーターを止めるネジが緩んでいてデトネーターがぐらついていたのが
閉鎖不良の原因かも!
逆に装填時に暴発しないのはデトネーターに付くスプリングのお陰なのか?
各スプリング、ガスバイパスのスペーサーなどステンレスで防錆対策も考えられている。

コメント