九州の風来坊

今は自由人で風来坊、何処までも突っ走る男は何処に行くのやら

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

決意の高校生

2007年11月30日 19時15分53秒 | Weblog
決意が決まった心を動かすのは容易では無い。
強く成る為には、すべてを犠牲にしてまでもヤルという気持ちはアスリートの中でも特殊だ。
そんなに多くは存在しない、長く自転車社会の中を見てきたが過去には数人、現在でも数人いるかだろう。
選手は有名に成る為に競技をやるのではなく、勝つ為には他はいらないと考える者もいる。
これは頂点を極めないとその気持ちは判らないだろう。
どうしても契約や学校で拘束されるのを嫌い真っ直ぐ競技に没頭したい、選手なら誰もが考えることだろう。
そんなわけで大学には行かないと言い出した。
大学側はそんな選手をほっておく訳が無い、遠く家にまで行き口説くが動かない。
試行錯誤しながらの交渉だったようだ。
そこ件でどうしたと聞くと、強い口調で大学には行きませんとの返答が帰ってきた。
高校のクラブも引退しているから自由がききます、今すぐに強くなる為に練習をしたい、解き放たれた選手は後ろを振り向くどころか、自分が置かれている立場まで把握している。
伸び盛りの選手は何処まで成長できるのだろうか?
大学に行かない代わりにトラの穴に入ります。

サイクルコンピューター

2007年11月30日 17時51分42秒 | Weblog
このところサイクルコンピューターに縁が無い。
キャットアイの高性能サイクルコンピューターを現役時代に使いまくった。
いったいどれぐらい走ったのだろう?
そのコンピューター、選手が落車で割れたのを俺のと交換したが次々に割る、いい加減にしろと言いたい所だがしょうが無い。
そんなわけで心拍計のついたものは俺の自転車についていない、〔すべで選手の所〕次に取り付けた小さいタイプは断線、これは輪行で切れたのだろう。
そんなわけで今はただの時計になっている。
現在速度も距離もすべて体内メーターで計測しているのでかなりあいまい。


横浜が呼んでいる

2007年11月30日 17時42分46秒 | Weblog
NHK情報ネットワークの人と90年の世界選手権の話を新橋でした。そこで飲んだ酒で体が熱くなり、半袖で飛行機に乗り込む。
このまま東京にいればいいのに明日は和歌山の山中に出撃。
週明けて4日東京に舞い戻るが3日の夜は横浜に行きたい、師匠もいるし、自転車仲間もいるし、夜の横浜が呼んでいるような気がする。
コメント (2)

俺のシューズ

2007年11月29日 20時31分03秒 | Weblog
愛用のシューズの底がはがれかけている、なんでだ悲しすぎる。
それでもまだまだ走れる、この冬に何とか修理してはこうと考えているの。
そのシューズ隣の国では訴訟問題になっている。
コメント (1)

朝青龍ウイスキー

2007年11月29日 17時34分58秒 | Weblog
モンゴルの仲間から送られたウイスキー。
その名は横綱、今世間を騒がせている横綱朝青龍ウイスキーだ。
モンゴルウランバートルにある朝青龍の会社だが中身はスコットランド製。
この朝青龍、小さい頃鼻水を垂らして俺の兄弟分の後ろを付きまとっていたらしい、そこで今回はこのウイスキーを持ってきた。
味は未だ確認していない。

ミヤタチーム

2007年11月29日 00時35分54秒 | Weblog
ミヤタチームが今年を持って解散する。
今から23年ほど前に一度解散した、理由は選手が世界に飛び出していったのだ。
今とは大きく違う、当時の最強のロード王国を作り出したミヤタは貧乏クラブだった、監督が自転車が好きで色々とご苦労をされていたのを思い出す、又選手は皆会社員で、仕事をして走っていたのだ、当然応援者は会社の同僚だった。
一緒にやってきた仲間がばらばらになる時の寂しさ、選手は大粒の涙を流した記憶がある。
ハチャメチャなチームを支えたマネージャーも苦労は多かった事だろな。
そのミヤタチームが後復活して現在に至る、当時と選手は今も昔も気持ちは一緒だろうな、それにしてもチームが一つ無くなるのは残念、若い選手は何処で走る?
後輩達よ何処のチームに行こうが高い意思を持って走れ。
でも誰も世界に飛び出す選手はいないのが残念だ。

ライセンス

2007年11月29日 00時15分10秒 | Weblog
日本プロフェッショナルサイクリスト協会より来期の登録用紙が送られてきた。
来期も登録?でも俺のUCIカテゴリーはコーチ、でもレースは走れる。
1989年に取得したライセンスは今と違って発行が難しかった、全プロ選手権3位入賞でないと発行されなかったのだ、でも今では簡単。

元jppやEZAK出身の選手は登録をしているのだろうか?
俺はプロ連盟に所属しているし、国際ライセンスは必要だから一応登録しとくか、職業はプロ?
先日競輪関係者に競輪選手に成れといわれれるし〔冗談じゃねいよ〕でも魅力は有る、勝負の世界にどっぷり漬かれるからな。
それにワールドカップ6入賞経験があるから無試験、競輪学校には俺の同級生が先生しているから楽しそう。

それともオリンピックが終わればレース界に復活。
コメント (5)

昔昔のドンパチ

2007年11月28日 22時31分41秒 | Weblog
日本全国のどの組織より過激で先鋭的、やくざ社会のトップブランド道仁界。
俺が小学生の頃久留米の町で拳銃を片手に打ち合いをしているのを柱の影から見たことがある、パンパンとはじく拳銃の音。
どきどきしながらやくざの抗争を見た、そんな中にホッドドックを普段売る人を見かけた。
道沿いに小さな移動車で現れホッドドックを売る、その近くで遊ぶ俺達を面倒見てくれた、普段はやさしい兄ちゃんが、まさかと思った、でも俺はホットドックを買いに行った、ドンパチの事には触れずに。
その腕には鯉の刺青がまばゆく綺麗だった。
そう刺青、昔は墨師も多く良く見に行ったものだ、全身に入る刺青は芸術そのものだが、体は長年刺青とは過ごせない、皮膚呼吸ができなくなり余生は苦が待っている。
日本も拳銃社会、少し前だが練習中に車から降りてきた奴に拳銃を突きつけられた先輩、〔撃ち殺される前に警察が来た〕
海外で俺も1回拳銃を突きつけられた経験がある、2回目は警察〔ロスのスラム街で〕今では普通の人が抗争に巻きもまれたりして撃ち殺されるがやばいね。





元ランナー

2007年11月28日 00時01分10秒 | Weblog
元1500mのランナー。
今年の女子実業団で勝ちまくり、沖縄3位、ジャパンカップ4位と急成長してきている選手。
その潜在能力はすばらしい、普段練習時間が1時間30分、未だ自転車の練習などほとんどこなした事が無いのに強い、強すぎる、この短時間でここまで走ると成ると成長が楽しみになる、ほとんど素人なのに、眠る素質は機材を使う複雑な競技で成功するか?
今年時々練習に出かけけるが少しの欠点が見え隠れする、でもすぐに解決するだろう。そして今日は久しぶりに走りに行った、シーズンがオフなので軽く50kmほど走るが呼吸が苦しい、選手と走るとなると準備が必要だ。
体重が重いので坂を低速で走られると更にきつい、話しながらだと心臓が止まりそうだ。

パイロット

2007年11月27日 23時45分58秒 | Weblog

約束通り、お前の飛ぶ空の下に行く機会ができそうだからな連絡入れる。
お前が俺の家でパイロットになると言った時の事は今でも忘れないぞ、そして1回テストに失敗した時の事も忘れていない。
その時に諦めるなパイロットに成りたいのならチャレンジしろと言った事も、
その会あつて手に入れた夢、もうすぐ厳しい訓練も終わることだろう。
テスト用の飛行機もヘリコモ気持ちいいだろうな、でも戦闘機だな。
乗せてもらいたい所だがそういう訳にはいかんだろ。
俺もフルスロットルで飛んでみたい。