九州の風来坊

今は自由人で風来坊、何処までも突っ走る男は何処に行くのやら

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

だいぶ前の出来事

2011年10月25日 07時51分36秒 | Weblog
突然の会議で訪れた宇都宮でジャパンカップ。
日曜日は雨だったが余り寒くは無かった、薄着で防寒具を持っていない自分は助かった。
この日OGKバスに居ると、福島と新城が来た。
久しぶりの再開、二人とも1年ぶりだよな。
そして近況報告の後、懐かしい話をする福島、駆けだしの福島と全力で挑んだ台湾での話、そして血統は受け継いでますと言い出した。
その走りの血統は新城が受け継いでいますからと何とも嬉しい言葉。
昼からは街でのクリテリューム、でもついついチームカーのそばで寝てしまった。でもゴールはきちんと見た。
今回は会議の他にイランチームの手伝いもした。イランチームは水曜日にビザがおりて木曜日に来日、シーズンが終わっているから走りは全然だった。


アストンマーチンシャツ

2011年10月18日 16時07分57秒 | Weblog
チームDB9のレーサージャージ。
コメント (1)

国体での出来事

2011年10月18日 15時12分29秒 | Weblog
国体に行く前にノコに行ってきた。同じ九州出身で以前はキナンチームのメカも担当していたから一度は行ってみようと突然中西に電話した。
突然行った広島の店は小さかったがこだわりの店だった。
それにしても元気でなりより。

国体では何十年も前に切磋琢磨した元少年達に出会った。
俺らより更に年のグループの場所に行くと、俺らはまだまだひよっ子と認識させられた。
そのおっさん達に騙され今の自分達の姿がある、特に長沢さんのトラックは1989年自分がプロになった時に誕生したメカニックカー、俺はこの車の中で寝て、走って優勝した。群馬までの長旅を真っ暗の荷台で過ごしたものだ。
そして東北の星加藤さん、何と面白い人でイタリアのバレンチノでの話は笑いが止まらない。
そして時間が止まって居る自分達の姿。

数年前まで一緒に遠征やレースを走って居た選手の姿がちらほら見える。
岡山県の清水はニッポで走っていた印象が強く、その後ブリッエンだとばかり思っていたら、ブリジストンだった。
トラックで自分の姿を見つけ挨拶に来たが、顔つきが以前より頼もしくなっていた。

福井の井上はイタリアで走っていると今でも思っていたら何とブリジストン所属。
この所、実業団レースを見ていなかったから完全に誰がどこのチームか把握していない。
しかしレース後の井上は何処のチームに行っても以前のように礼儀正しく、ちっとも変わっていなかった。

国体から帰宅して昔と様変わりした国体の事を考えた。以前のような白熱した戦いが少ない?ガスが競技場で禁止になって豚汁がない。
俺自身、最後に走った国体は25年ほど前、沖縄が最後だったような記憶があるが定かでは無いが記憶はある。
あの時ヨーロッパで疲れはて最悪の国体だった。特に団体追い抜きで優勝を狙っていたが、余りの調子の悪さに選手交代をしてもらった。
おかげで皆に迷惑をかけ優勝を逃した。ロードも同じく確か9位か10位、あの時の調子の悪さは今でも記憶に残るほどだ。

バンク行って来た

2011年10月12日 19時14分54秒 | Weblog
バンクに行ってきた。
少し前バンクで走って筋肉痛になった俺、腹がつかえてペダルがま回せなかった。
今日はほんの少し走れて、バンクを30周、その後マリウスの後方に喰らいつき30周、次第にペースが上がるが呼吸はさほど苦しくはない、だが足は筋力が足りていないのを感じながらでも一応は回っている。
ラスト5週、呼吸が苦しいと言うか腹が苦しい、俺の心臓はどうも腹にありそうだ。
だいたいどこまで自分が大きくなれるのか試したのがまずかった。
85kgが限界でいくら暴飲暴食してもこれ以上は大きくなれない、100kgになれない事に気がついたから今度は普通に戻るしかない。
今は75kgほど、坂は重いが平地は何とかなる程度。
これから少しトラックにでも乗って練習でもするか?トラックは平坦で坂がないから今の俺には丁度いい。心の何処かに気が乗らない自分の姿がある。
燃え尽き症候群と判断されたからか?(素人の判断、でも俺はこれからどうするのか?
セルジョは今頃タイのどの辺を走っているし、俺もそろそろ風来坊の血が騒いできた。
又明日は長時間運転、腰が折れる。

和歌山選手団

2011年10月12日 10時17分21秒 | Weblog

闘い終えた和歌山県選手団、今回はチームパーシュートが崩壊してしまい、流れが悪くなったが、高校生の活躍で何とか盛り返した。
1年生ながら速度競争とロードレースで岡本が5位6位と入賞、ポイントでは宇根が8位入賞を成し遂げた。
宇根に関してはタイミングを外し逃げられ、その後パンクで本来の実力は出し切れていない、スプリント勝負で流れをつかみたかったがこれも勝負だ。自転車競技人生最後のレースと北高キャプテンとしての勤めを終えた。ご苦労さん、卒業してもバンクにはたまに顔だせよ。

中田も自転車競技最後のレースでの入賞はなかったが、全日本選手権での追い込みは俺の記憶に残るだろう。街のふだつきは北高で礼儀を覚えたはずだしな、これからの人生に必ず役に立つぞ、今はまだ気がついてないかもしれないが人との出会いは大切、競技を終えて人生の競技がこれから始まるかなら。

大怪我から努力の結果復帰を果たした森は国体初参加、今後更に上を目指して走れ、山本、九度山、みかん屋はまだまだ甘いな、今年の冬が勝負になるな、何をやるべきか今回で悟っただろうし、気合を入れ直せ。素人の学は1kmの前日に120kmの練習をこなしてもあのタイムで走るとは少し驚いた。学、自転車が素人だからこれから多くの事を学び吸収していけ、小さくても大きな勝負に出れる選手になれるようにな。

但し今年国体に出れたから、入賞したから来年も出れると思うな、強くなければ生き残れないぞ。

来季の計画立てにできるだけ早く和歌山にいきます。先生スタップご苦労さんでした。


国体青年優勝

2011年10月11日 11時00分38秒 | Weblog

この動きを助けたトーマスは良くやった。弟も少年でこれぞロードレースと言う最高の走りを見せてくれたしな。
この走りイランで初の優勝をした時と全く同じパターン。
今回予測が当たったのはは昨年見たレース展開と自分自身が何処で風がどのように吹くのか見ていた。それにゴール前500mで先が見えないからかかる心理、
そして残り50mから数パーセントの坂を見ての判断だった。
もう一つは坂に自身があるプロが入たが、小型エンジンでは振り切れないと思ったからだ。
隼人優勝おめでとう、元気良くやった。

コメント (1)

奈良県の勇者

2011年10月11日 10時15分28秒 | Weblog

山口で優勝を飾った奈良県団体追い抜きメンバー。
元々俺自身が高校を卒業して奈良県登録、一時ミヤタに居る時のみの数年間が神奈川登録、その後競技を辞めるまで奈良県登録で走ってきた。
その後輩達が優勝、何十年も前、奈良の地にスギノテクノがあり、多くの世界選手権代表を生み出している、当時少年達は余り強くは無かった。しかし指導者は当時の練習を参考にして強力な選手を生み出すことに成功した。
このメンバーは小学生の時から一緒走り、時代が流れ、高校時代はアジアやヨーロッパで一緒に闘った。
隼人と正則はアジアロード2連覇を俺にプレゼントしてくれたし、元気は何時も力強い走りを見せてくれる、入部はジュニア最初の海外優勝の立役者として隼人をアシストした。
今俺は和歌山県だがやはり後輩達の走りは嬉しいものがある。

マッサーのセルジョ

2011年10月02日 21時35分52秒 | Weblog

今回マッサージや補給の手伝いをしてくれたセルジョ、もう年だから仕事を選んで働いている。
今回色々な人にあたってみたが人手が無い、そこで困った俺の為にイタリアからフランスまで来てくれた。
本当に有難うセルジョ。

所で10月になったらアジアを自転車で旅すると言ってたが、もう出発したんだろうか?
来年は日本にこいよ、メタボな俺なら一緒に自転車乗れるだろうし、近くの国で良いところあるから行こうぜ。