九州の風来坊

今は自由人で風来坊、何処までも突っ走る男は何処に行くのやら

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

タイから

2013年03月30日 21時48分13秒 | Weblog
ツールドタイランドを走る窪木からどう戦ったら良いですかと電話があった。
窪木U23の時を思い出せ。
俺はインターネットは見ないから誰が、どんな選手が走るのかは知らない。
だが色々な事を教えたはずたぞ、短いステージレースの闘い方も暑さの中も。
電話で思い出したろ。
検討を祈る。

大分と言えば

2013年03月26日 22時40分09秒 | Weblog
高崎山に和歌山勢と合宿に行くはずだったが、花粉症に倒れた俺は自宅で放心状態が続いている。
大分では良い練習が出来ているんだろうか?昨年は三浦カップで賞金レースを開催したが、今年は賞金アップで熱い戦いを見たかった。
こんど和歌山に来たときは又やろうぜ、選手達よ足磨いとけ。

大分にはジュニア、アンダー時代の強烈なキャラの選手が多く居た。
(俺も九州男児だが本州と少し違うと思うけど、そう思うのは俺だけかな)
一番印象が深いのは、でこぼこコンビの魚屋だが魚屋ではない男、スピード豊かでまっしぐらゴールを間違えチームカーについて来て先生に怒られた。
多分高崎山出身のチンネンはスイスの大会で山岳賞を狙っていきますと豪語した。そうだ自分の足なんか気にせず突撃だ。
こいつら面白が礼儀正しく苦しい状態でも返事が鋭い、しかし片割れのチンネンは事故で本来の力をここ数年出せなかった。
あれは真夏の暑い日、666悪魔の申し子と空港で別れた数時間後、チンネンが大変ですと電話をかけてきた。
意識が無いはずなのに俺に電話してきたのに俺は驚いた、そして俺は川を渡らせなかった。
そのチンネンももすぐ卒業する。(よく頑張った、記憶がとぶのも治ったろ?)
そして666消防士。まじめに火消しとるかな?この前電話したら救急車の搬送でインフルエンザうつされ倒れそうですと言ってた。
だいたい風邪をひく事態考えられん。
U23のアジアツーで、どんなに劣悪な環境でもびくともしないと思っていたのにな。

そんな事を思い出しながらチンネンの親父さんから頂いた酒を一気飲みしてしまった。
大分行きたかった。

記事のタイトルを入力してください(必須)

2013年03月26日 06時30分41秒 | Weblog

今回は自分が一から設計、試作加工、すべてべてをこなしたカーボン製品を少した、これはアナハイムショー以来。
その昔展示会用の製品を作るモデリングで多くの製品を世の中に出してきた。(皆俺が自転車選手だけでやってきたと思っている)
大がかりな会場で会議を幾つかのなした後はフリーなので、意外と時間を持て余し後輩がいるIRCタイヤで油を売り気が向けば歩き回る。
すると挨拶をされるが記憶に無い、必死に思い出そうとするが見当がつかない人がいる(失礼)
それでも話始めると思い出し、一気に話が弾む事もしばしば。
もう20年ですか?台湾の競技連盟がまだ台北にあった頃の秘書、流暢な日本語を使うが当時から年輩だと思っていたが全然変わっていない?今は南部で大学の先生をしおられるとの事(懐かしい)
今度は一応中国のカーボンメーカーにも見て回る、すると俺をキングとなずけた知り合いが外人相手に熱弁をふるっている。
何してる?このメーカーで仕事してます、少し話をしていると社長が戻ってきたが、なんと社長も知り合いだ、世間は狭いねと年月が流れた事を実感。
一緒に走ってた子供達が今では自転車界でも多く働いている、だからショー会場にいけば懐かしい、そこで今回はその時のメンバーで食事にも行った。
こうして一気に駆け巡り、皆より一足先に帰国した。

選抜総合V

2013年03月24日 17時41分09秒 | Weblog
岡本隼人がMUURのバイクで優勝を飾った。
平地で森口が引きまくり、中野尻が最後に仕事をしての優勝。(中野尻も自ら5位入賞)
先生は30年前に己自身で勝ち取った事がある選抜大会、その後30年と言う長き指導人生で2回目の優勝を教え子で取った。
先生は毎日8時に寝て4時から行動を開始する、これを30年間休みなく続けたきた成果で、見ていて感心するばかりだ。
これも上野先生の情熱があったからできた事だろう。それにほんの少し力を貸せてうれしい限りだ。
上野先生は高校生の時からエリートだった。雑草のような俺は23歳の時先生と肩を並べヨーロッパのレースを二人で見た事がある。
その後俺たちの人生は大きく違った道を歩み始めた。
高校生を指導する先生の道、全財産をつぎ込んだ貧乏生活な俺とは両極端だったが、俺もその昔は先生になればよかったと思うことがあったが俺には似合わない。
しかし3年前、ふと都道府県大会で出会い、和歌山県の強化を頼まれた、この時からなんとなく教師まがいを体験させてもらった。
これは非常に良い経験につながっている、自転車に乗った事がない生徒を少しずつ強くしていくプロセスを見ることはエリートまっしぐらの俺たちは見た事がなかったからこの領域の勉強としては非常に重要な事を学べる。
そして一番は子供達との出会いだ。もともとチームZOO出身の俺は調教師だから、同じ血統を持つチームZOOは身近な感じで、それが少しずつ階段を上り始め成長していく過程は見ごたえがある。

今回のロードレース前夜どう戦うか先生から電話があった。6点差で逃げ切れるか?総合Vがかかっているが俺は勝負に出す事にする、この戦い方が俺の戦い方だ。
この作戦を隼人に直接話したが理解できたか少し不安だったが、作戦を絵に描いたように走りぬいた3人は素晴らしい、これも何度も何度もゴール前の練習をこなしてきた結果だ。
○○○○ホルンが解らなくても理解できていたし、先生が出した提出物も勝因にを関係している、大部屋でその紙切れを見た時に俺がマインドマップとして使った。このとき時にはもうレースは始まっていたのだ。
それがマインドマップの本当の使い方でもある。
こうして今回成功したが一つのレースが過ぎたにしかない事を忘れるなよ、あすから又厳しい練習が待っているぞ。



コメント (1)

だから言ったろ

2013年03月23日 22時20分54秒 | Weblog
だから言ったろ?
森口がピカピカの1年生の時、こいつ個人追い抜きに良いぞと言ったのは2年前だった。
そしてついに個人追い抜きを制した。
昨日優勝したと聞かされた時、余り驚きは無く俺の目に狂いは無かったと思った。
そんなに器用な選手じゃないが、筋肉の質が良く俺の心をくすぐる所を持ち合わせていた。
ほかにもいるぞ、中野尻も小さいが強いエンジンを積んでいるから自分を信じて勝負ししろ、必ず先が見えてくるはずだから。
隼人よ勝にこだわるから負けるのだ。お前の力がれば勝てるチャンスはあるはず、先生の言うことをよく聞いて走れ。
正平も強くなったじゃないか、沖縄の幽霊屋敷で色々話したのが良かったか、あの時の事忘れるんじゃないぞ、そして皆で力を合わせて頑張れよ、
総合Vしたら又話聞かせてくれ。
さっきまで応援に行こうかと思い一度は車のシートに座りイグニンションキーをオン、スタートボタンを押す所まで行ったが押せなかった。
花粉症がひどく涙が止まらず、長時間の運転は危険だと判断したからだ。
だから大阪で応援しておく。



Fデスクを探して

2013年03月18日 22時53分21秒 | Weblog
フロントデスクホイルを貸してくださいとメールが入っていた。
高校選抜2kmIPで大会記録を狙う七夕美ちゃん、そこで必要なのがフロントデスクホールだ。
ホイルを眺め、準備しようと思ったら何と見当たらない?
24インチ26インチと各種Fデスクがあるものの無い、そういえばこの前かたずけた時、すぐに必要でないからなおしたのだが、何処か見当がつかない、探す事1時間やっと見つけたFデスクは、室内用の低反発タイヤを張ってあるから即使用可能。

小倉ドームで開催の高校選抜、見に行きたいけど花粉で動きたくないし、その時の気分で決めることにする。

2kmは突っ込みが肝心だし、自分を信じて最初から飛ばさないと記録は作れないぞ、しかしスタート直後どれだけ力抜いて回転を上げるかが肝心で目標速度に上がったらひたすら踏み倒す事。力みは禁物。

ヒノキ花粉

2013年03月14日 23時06分00秒 | Weblog
遂に始まったヒノキ花粉。
これが来ると鼻水、鼻血、目の痒み、目の痛みに涙で目の周りが痛い。
集中力にかけ気が荒くなる。
毎年の事だが、花粉症に劇的に効く薬は無いものか?
自分で作るしか無ないか?
その昔、風邪薬は実験課題で作らされた事があるが、効き目は未確認だった。
だいたい当時自分で作った風邪薬なんか聞きそうにも無いと思った。
花粉から完全に逃れるには住まいを変えるのが一番か。




メタンハイドレードという単語を聞いてから数十年

2013年03月13日 07時32分15秒 | Weblog
メタンハイドレードと言う単語を初めて聞いたのは遠い昔の34年ほど前だった。
密室の研究室で氷が燃えるのを見たと時、俺は無知だと驚いた。(見た目が氷)
国立科学研究所は不可能を可能にする所と真剣に思いながらアルバイトにせいをだした。これが日本の将来をかえると言った所長の言葉が今現実のものになろうとしている。
そのわずか数年後、ミヤタの消火器研究所(同じく密室)で、他の研究員がよくメタンハイドレードを使って実験をしていたから、燃える氷をよくながめながら、先輩研究者や所長が環境の事やエネルギーの事を熱く語っていた事を思い出す。
日本の深海にはエネルギーがある、でも採掘が難しいというのも当時から聞かされていた。
メラメラと穏やかな燃え方をするメタンハイドレードを見ながら、研究しなくてはいけない課題を俺は忘れ、自分の強化の為の研究に没頭した。
将来は科学の道が大きくそれていくが、元々勉強は嫌いなはず、それが自分の身体の事となると意外と面白い。
アミノ酸分析器を自在に使いこなすことが出来たのも国立科学研究所で指導されていたからで、まさか自分の身体のあれやこれを測定するなど思ってもいなかった。
一時九州に帰ってきていた時も先生が研究所ができるからと、強制的に連れて行かれた事があるが、その道も面白かったに違いない。
先生の勧めもあり実際あの時はかなり迷ったが、結局自転車に乗る事にしたのだが、先を心配してくれた先生には感謝。
だが当時の先生達が言うことは俺自身夢物語だと思っていたし、自転車は今しか乗れないと考えていた。
それにしてもメタンハイドレードが採掘されるまで何十年もかかった事が驚きだ。
もう少し早いと思っていた。


記事のタイトルを入力してください(必須)

2013年03月10日 15時37分20秒 | Weblog

おっさんになると内臓脂肪が急激に成長して気が付けば醜い腹と化していた。
そんな重い腹を引きずりながら走っているが、心臓は選手時代に肥満しているから意外と動いている。
でも運動神経まで鈍っているから無理はしない。
このところ突き出した腹のせいか腰が痛く辛い、ダンシングをすると五十肩のような気がする。
だから負荷を一気にかけず、不真面目走行で筋力アップを図ってます。
しかしこれが意外ときいて、突き出した腹がみるみる無くなってきた。
意外と早く脂肪燃焼して見た目はメタボを解消、しかし月末になると忙しくなるから今の内に運動しまくる。
思い起こせば、、、、、、、、、、、、、。
おっさんになると楽なポジションが良いと悪魔の言葉にだまされて、ハンドルポジションを上げ、サドルをほんの少し前に出したのが運のつきだった。
なるほど軽く走る分にはよかったが、出力が出ない出せない疲れるのが早い。
結局これが股関節を固めていた。五十肩、腰痛のおおもとの原因だったのか?
サドルを後方に下げたら速度の維持がもとに戻り、ハンドルを下げたら、腰痛がましになってきた。
それでも昔のポジションにまでハンドルを下げるにはまだ無理がある。
せめてあと数キロ軽くなればもう少し楽に走れそうだが時間が許してくれるのか?
そこでリストラ、早期退職、どちらも数年前に勧告された事を思い出した。
新たなプロジェクト推進委員長としては自由の身を取り戻せるのか?
その前に尻が痛い、これも重いからか?ハンドル下げよう。




シュープレート

2013年03月07日 22時14分17秒 | Weblog
削れて入らなくなったシュープレート。
何でこんな時に。
とりあえず違うシューズのプレートをはめ、その場をしのいだ。

夕方ホームセンターで直せそうな工具を買ってチャレンジ。
でも中々入らない、安達先生に地面に這いつくばってもらい何処があたっているのか確認。
ここが原因ですと安達先生が言った所を直したら、治った。