九州の風来坊

今は自由人で風来坊、何処までも突っ走る男は何処に行くのやら

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

大阪パラダイス

2009年11月30日 23時42分37秒 | Weblog
最終ステージを締めくくったのは、エッフェル塔があるじゃんじゃんストリートでした。
大阪に長年住んでいて初めて行った大阪パラダイス(通天閣と言うらしい)
妙にそそる路地はアジアのブラックマーケット、妙に心地よい気がした。
俺が小さい頃、久留米の町でドンパチ、電柱に隠れ見た光景となんか雰囲気が似てる。
又時間があれば行って見たいと思うけど中々時間が無いのが現実。
そして表と裏、やっぱ裏がいいねと実感。
コメント (1)

最終ステージ終了

2009年11月30日 00時06分42秒 | Weblog
日付けが変り、新しい道が開ける。
この所の酒のせいか不整脈、息苦しい日々がつづいている。
明日から自転車にも乗り、規則正しい生活に10日間ほど戻るんだが。
明日目が覚めるのだろか?
次のステージは東京ステージ、その後は海外ステージ、そして最後は沖縄ステージで今年を締めくくる。
コメント (1)

最終シテージ

2009年11月29日 11時03分49秒 | Weblog
酒も今日が最終ステージ、思えば約2週間毎日飲むとはね、でも今回は久しぶりに自転車業界との人達とも飲んだ、他業界の人と飲む機会が多い自分にとつては自転車業界も切っても切れないから。
最終ステージは太陽ギンギンの昼間から飲む、ここ2週間毎日酒が残ってるような気がする、それにしても何週間も毎日なんて過去には無い、これからもこれが最後だろ、じゃないとメタボで死んでしまう。
今日は新世界に出撃、今から行ってきます。

鍛造

2009年11月29日 09時31分31秒 | Weblog
サイクルモードに用事があり、ほんの30分ほど足早に歩いた。
ここで鍛造が現れた。刀鍛冶の末裔、面構えも江戸末期、礼儀も正しく平成生まれの昭和の男だ。(刀鍛冶は俺の想像)
今年、2年生ながらインターハイ、ポイントチャンピオン、ジュニアTTチャンピオンに輝いた。
こいつが通う学校は京都の北桑田高校、学校の先生も情熱的で優秀、何人もの良い選手を多く排出している。鍛造の先輩大中も一緒にスイス遠征にも行った仲で良い選手だ、将来が楽しみ。
そして鍛造はなぜか俺の前に現れる。秋田TTの時に俺の車の横に北桑田の車が停車、この時何気なく声を賭けた坊主頭、調子はどうだ、いけるか?と声を賭けたとき、はいいけますと返事を交わしたのが初めて。
そしてTT優勝、あの嬉しそうな顔は忘れられない。その後小娘がドーピングルームで何度も名前を間違えらていましたと俺に報告してきた時に名前を確認。
鍛造、今風で無い名前、鍛えれば鋼になるじゃねーか?良い名前付けてもらって感謝しろよと盛り上がった。
そんな鍛造、11月のツールド沖縄で写真を取ろうと思ったら何故か前から歩いてくる、オー、鍛造写真取ってくれ、ハイと元気良くカメラを構えた。
ここで俺は、田舎もんだからカメラの使い方なんぞ知らんだろうと思ったらら上手に写した。そんな鍛造は沖縄足が攣って30位ぐらいだった。
サイクルモードでも入場とほぼ同時に俺の前に現れ、帰ろうかと思う頃マタマタ現れた。そんな鍛造の来期に期待したい。いいか、鍛造本能のままに走れ、お前の名前の由来のごとく精神も肉体も鍛え上げろ。今やらねば強くはなれんぞ。

今日も又

2009年11月28日 01時24分33秒 | Weblog
今日も終電やばかった。
ここ毎日終電との戦い続く。
明日は運転手付きだから終電の心配無し。
それにしても2週間ほぼ毎日、俺はいったいどれでけの酒を飲んだのだろう。
でも明後日で酒三昧も終了。
俺は選手モドキとして生活を送る、このまま毎日酒飲んでたら肝臓が爆発してしまう。
おれ自身、良く痛風にならない物だと感心する、頑強な肝臓を一応は持ち合わせているみたいだけど、12月になったら酒はほどほどにする予定。
でも熱い男達と飲むと特質した世界観が見られるから面白い。
それほどまでに俺の周りは熱いんだ。

メーター壊れてるだろ?

2009年11月27日 16時39分42秒 | Weblog
小娘が東アジアの合宿に行っている、そこで43km~45kmで男子が走る後ろを走り切れるらしい。(チームロードの練習には、一流の男子選手でもノーマル自転車ではもつけないぞ)
だいたい男子の練習が45km、ありえない。多分小娘のスピードメーターがおかしいんだろう。
男子が個人TTより遅い速度で練習するはずが無い、オーミングアップの速度でもそんなに遅いはずは無いぞ。
練習は51~58kmで通常行うし、ペースメーカーがあればその速度は更に増す、この状態で空気の壁をいかに突き破るかが勝敗を決める。
現在の100kmTTだとコースにもよるが平均50kmオーバーでないとアジアでも勝てないだろう。目標タイムと、平均時速を何処に設定しているのかはわからないが高い負荷がかかるのは間違いが無い。
2年前のアジア大会は3位だったが、50km地点まで中国やキルギスの選手1人のほうが平均速度が高かった。東アジア、何処までの国が来るのかでメダルの色が決まるだろ。
それに何で女子選手がチームロードの後ろを走ってる?東アジアは個人ロードじゃ無かったっけ?
女子は男子とレースの形態が余りにも違う、一番知っているのは選手自信、良く考えて練習をこなしなさい。

ユニホーム

2009年11月27日 08時21分38秒 | Weblog
ユニホーム長袖がやっと出来上がって来た。
長袖は極少量、その他、長袖と同じデザインのアームカバー、エアロシューズカバー 

フルオープンに変更の半袖、白い部分に青色を入れた新型のパンツ。
来期は新型のパンツで登録をします。

もう少し

2009年11月26日 14時58分13秒 | Weblog
激務からもう少しで開放される、その為には最後の追い込みだ。
少し休んで1時間、その後は今日の夜中でOKの予定。
こんなに忙しいのに早朝に自転車に乗った、時間が無いから家を出たとたんにハイスピード。時間が無いオッサンには寒さは無縁というか、寒いから強制的に付加をかける、でも心臓が苦しく気分が悪くなり失速、身体には超悪そう。
動かない身体を強制的に動かすと、懐かしい感覚が、フランドルの坂で身体が動かなくなるのと感覚が似ている、そして息切れをしている自分が変に思えてくる。

オッサンは沖縄が終わり不規則な生活にどっぷり首まで浸かっていた。
ほぼ毎日都会にでて仕事と言う名の食い倒れ競争、良くここまで酒飲めるとなと言う感じで肝臓は肥大しているが、酒を飲むと最高のアイデアが出てくる、実行するかは貴方次第。
でもそれも今週で終わりだ、堕落した生活とそろそろお別れしようと思う。
何十年も同じ事を繰り返していたせいか、この時期シーズンオフと言う悪魔に取りつかれるのが普通だった。シーズンオフなどと言う物は弱い選手と、オッサンには許されない。
つい最近まで腹が出たオッサンは練習すれば強くなるが、休んだらすぐ弱くなるのだ。きっかけを作り少しでも自転車に乗る。
それに俺には未だ今年中にやらねばならない事がある、それは子供達をだまして強くする事だ。その舞台となるのが沖縄。
沖縄最終決戦のルールは俺が作るかなら、ハンデキャップは体重差で行くか?
それともハンデー無しの平坦勝負?アップダウンの東海岸でも良いな?
その前に仕事だ。



行くぞチンネン

2009年11月23日 15時43分45秒 | Weblog
チンネン、いいかお前は閻魔に見放されたんだ。
三途の川を渡れなかったんだから、今の世界で人生をまっとうするしか残された道は無い。
俺の先輩で事故で一度死んで数日後に生き返った人が居るが今でも健在だ。
脳挫傷での後遺症の麻痺も必ず治る、治るじゃなくて治せ、これは監督命令だ。
お前らは俺が指示したとおり攻撃を仕掛けてきたろ、そして結果を出してきただろ。良いか、意識しろ、動かない所を動かす意識だ。
そして早く治さないと俺が死んじまうじゃねーか。
早く治せ、その為には今まで培った競技での努力、何度も繰り返す努力が必要だ。
チンネンよ何事にも動じるな、全ては治る。
MUURのフレームは数日で送る、乗れるようになったら一度一緒に走ろうぜ。



小娘は不器用

2009年11月22日 18時30分57秒 | Weblog
小娘の自転車にスピードメーターを取り付けてやった。
小娘は非常に不器用、任せたら多分作動しない、壊れる、想像を絶する神経回路で何が起こりうるか心配極まりない。
装着後、メータの動作確認をしようと思ったら。
肝心のメーターは家に忘れてきたらしい、動作確認断念。
それから1時間後、忘れたと言っていたメーターは説明書と共に倉庫にあるじゃいか、、、、、、、、、、でも俺は動じない。
若年性痴呆症?
そんあ小娘が時計を買った。
そして即バンドが壊れたらしい、それを直せますかと聞いてきた。
状況だけではわかないから見せてもらう、見ると、それは壊れたでは無く、無理な付加をかけて壊しただった。
可愛そうだから直してやる事に。
ついでに大きいのでバンドに穴も開けて欲しいときた、(だいぶ大きい)

まずどうやって直せるか30分凝視、数ある中から接着剤の準備、補強材を探す事30分、圧着させるワインのボトルと梱包の紐、準備をして即直す。
仕上がりはオリジナルのままで見た目手は修理したとは思えない出来で自分で満足。
しかしバンドは穴が長四角、皮と合皮の部分がサンドイッチされているから刃物がしっかりしていないと綺麗に開けることは難しい。
そこで特殊鋼で作った刃物で工作をした。
この刃物、モデリングの仕事をしている時に自分で作った物だ、1本何時間もかけて作ったオリジナル、どんな物でも削れるように何種類も作ってある、20年物。
こうして時計の改造は終了。