九州の風来坊

今は自由人で風来坊、何処までも突っ走る男は何処に行くのやら

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

弟子と後輩

1991年08月25日 10時25分05秒 | Weblog
同郷の一番弟子は俺の家の庭にプール造ちゃるばいと大口叩いたが未だに完成せず。
そして弟子の為に先輩と二人であるプロジェクトを組んだ。
その計画は29日六ッ門で、もう一度話すバイ。

そしてMTBの一番弟子が突然電話して来た。出来の悪い弟子だが高校卒業と同時に就職の世話から色々と俺に迷惑ばかりかけっぱなし。でもやはり弟子だ。かわいい。
そんな弟子と又タッグを組むかな、面白い事ができるかも、でも今スグは時間が無いからこれは年を空けて話そうな。

もう一人同じく同郷の後輩と短距離と長距離のコラボだ。
こいつ10年ほど前に合宿中の俺に電話してきて、飛行機のチケット取ったからニューヨークに着いてきてと強引に名古屋セントレアから拉致された。それもファーストクラス、帰りはコロラドに寄らされたのはいいが右も左もわからず遂に俺の友人にヘルプ、商談はうまくいった。
上機嫌の後輩はクリスマスだからラスベガスに行こうと言い出した。一路ラスベガスに向う準備は整えたが、時差があるのに気が付かず飛行機に乗り遅れ何時間もかかってラスベガス入り。
ここで2人のタッグが炸裂、見ていた現地の日本人にオタクらプロですかと聞かれるしまつ。
2日間ほとんど寝ないで勝負した。


こんな面白い後輩達とは今でも高校の時の乗りで話をしている。
12月後半が楽しみだ。