九州の風来坊

今は自由人で風来坊、何処までも突っ走る男は何処に行くのやら

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ツールド沖縄えの道3

2009年10月31日 23時37分20秒 | Weblog
練習を本格的に開始して3週間目が過ぎた。
折れたアバラの痛みも無くなりまさに順調に仕上がっている感じ。
そこで今日は長距離練習に行く事になる。メンバーはマトリックスの二人と安原の皇太子ダイキ、今日は地獄の訓練が休みだから俺らと練習、弟も途中で合流予定が彼女とデートで練習をすっぽかす。さすが安の息子。
この息子達の家庭教師をしていたのは俺の娘だったから自転車に乗ってると言ったら驚くだろうな。ダイキ4km団体追い抜きジュニア日本記録メンバー。
プロ野球志望から父ちゃんの好きな競輪選手に成るらしいぞ。

練習で最初に登る鍋谷は、未舗装時代から俺の抜け道、高野街道も何十年と走っているがかなり変わっていて驚いた。道が良くなると自転車乗りには最悪になる、工事辞めてくれ。
この道、以前はシマノの住田、安原、俺と3人でよ良く練習したものだ。(シマノのメンバーも)この時、安原と何時までこの道で練習するんだろうなと話をしていたが。何と息子と練習するとは思っても見なかった。
人生は驚きの連続だ。それにしても3年振りに強い選手達と走る、高速で流れる速度が今の俺にはきついが、それなりの準備はしているから何とかなる、最後の鍋谷も多少疲れは出始めたが納得行く速さで頂上を超えた。
ここで遅れたダイキと安を待つ向川、湧元に別れをつげ一人で帰る事にする、一人になると集中力が切れまったく速度が出ない、それどころか一気に足が重くなりフラフラで最後の坂は蛇行しながら登った。



本棚

2009年10月31日 00時57分38秒 | Weblog
書斎の整理をしていたら、懐かしいも物ばかりが出てきて先に進まない。
何十年も記録された日記。ここ数年戦うであろうと思われたアジアの選手達の資料やタイム、U23、ジュニアの選手を細かく解析したファイルと今ではもう必要が無いから廃棄。
旧東ドイツ、ソビエト連邦当時の自転車の科学とコーチ学の書物。
これはもう一度読み直す、今又読み直せば新たな何かが見つけられそう。
未だ訳されていないロシアの最新の自転車学が出てきた、最後の書物はロシア語で又訳してないし、訳すのに高額な費用がかかるから本棚の飾り。
でも内容を知りたくて、うずうずするのは健康に悪いから廃棄するしか無いかと決断を迫られている。
でも友人のーリーからの贈り物だから捨てられない。ユーリーはロシアスポーツアカデミーの自転車コーチ学の先生だった。もう年だし、この所連絡も無い、今頃何をしているのだろうと思いながら本をながめている。
そして整体、マッサージ、解剖学の書物、そういえばもうだいぶ前になるが、整体、マッサージの免許を取得して、その後解剖学の講習と授業に行って居ない。
学費も高いし、解剖学の講習は中国天津医科大学で授業を受けないと卒業にはならないのだ。それも結構な日数が必要。
大体今となれば卒業してもただの経歴に過ぎないし、行くのは辞めようかと思うが興味は未だある、この件はどうなっているか先生に聞いて見よう。

コメント (1)

休みのはずが

2009年10月30日 19時38分00秒 | Weblog
昨日のハードな練習で、さすがにオッサンの身体は限界と思われたが、全然効いてないぜ。かかってこんかいと言う感じ。
でも今日はぐっとこらえてお休み、超回復の狙っての休みだ。
ここで、ひよっ子ならあせって練習となるが、俺は不真面目だから練習なんぞしない。
てな訳で早朝未だ暗いうちから仕事をガンガンこなし、夕方はサイクルワールドまで部品を取りにサイクリング。
ここで福井社長と練習の話、福井社長は60歳を超えているがガンガン自転車に乗っている。昨日も高野山まで言ったとの事、俺達完全に距離で負けている。
今月1kmでベストタイム、1分20秒台に突入したらしい。このまま行けば後数年で18秒台?
凄い、特に凄いのは練習の事を理解している事だ。来年は世界マスターズ選手権ですね、オッサングープで行きますか?

楽しい会話をした後はサイクリングロードを流して帰宅、その後電動自転車に乗り換え用事を済ませに豪快に坂を下って行った。すると夜空に燦々と輝く緑色のランプが赤色に点滅、何と嫌な予感、バッテリーが切れだ。ウルトラマンじゃないが赤いランプが点滅し始めて3分も持たずに一気に重くなる、ここからが試練の始まりが俺は昔自転車選手、負けてたまるかとペダルを踏み倒すが電動自転車はただのもりと化した。
ダンシングがしづらい、足は未だ余裕があるがダンシングの体勢が悪く前に進まない、ロードレーサーでも登るの大変なのに。
そうだ電話して迎えにこらせれば良いんだとポケットを探すが、何と携帯を持って来ていない、こうして夜空の中ウエートトレーニングしながら帰宅。
コメント (2)

ツールド沖縄えの道2

2009年10月29日 13時45分53秒 | Weblog
何と1分もタイムを更新、20分の壁をぶち破った。
昨日のタイムが限界かと思っていたが、今日は10ワット増し、後半かなり苦しかったのだが感覚的には未だいける。
足が重くなるのでは無く、心臓が動かない、後半は心臓が痛くなり失速。
これまで余り堕落さに、心臓の周りに脂肪がつき大きく心臓が動かない(自論)
このまま動かし続ければ数ヵ月後には結構走りそうな感じだが、そうも行かないのが現実。
坂を下り、超得意コースでのインターバルが始まる。
ここはどうせ無理と思って安原監督と一緒にゆっくりの走るはずが、何故か若者へ挑戦となった。
1本目、さすがに速い、一気に筋肉に負荷がかかるが、ここが練習となるのだ。
2本目膝の上が笑う(力が入らない)3本目、遂に体の中のスイッチが入った。
4本目同じ速度域を出し始める、ここで気がついたのだが、オールアウトになってからの回復がオッサンの俺の方が早い、(感覚ではなく正確に計測している)
最後は俺の先行で締めくくったが、プロを十分苦しめる速度域まで持って行った。
こうして練習のフルコースが終了したが、気が抜けたら全然走れないから最後の練習には付き合わず安と帰宅。
そもそも走れるはずが無い、時間が短ければこうして走れるが、1時間20分が限界。
もう少しハイパワーで走るようにしないと沖縄はきつそうだ。
現在の力を冷静に見て、完走は絶対大丈夫、後は最後の坂を登る持久力が必要となる、まだ時間は十分あるぞ。
日々走れるようになるのは考えられた練習方法があるからだ。
ここ1週間で10kw上げる事が目標で、明日は軽くリカバリー、明後日は長距離練習で様子を見る。
来週になればチキンラーメン法ができるまでに到達していれば、自然と能力はUPする事だろう。

ツールド沖縄えの道

2009年10月28日 16時39分45秒 | Weblog
マトリックス向川のアシストで練習。
お陰で鍋谷峠今季最高タイムをマークできた。
選手の調整で10日ほど前から練習をしていたから、その成果が早くも出始めている。
何と2回も限界を超えてしまった。昔は貴方の知らない世界に皆を導いていたが、今ではその世界に到達する事はできなかった、それがその入り口付近までいれるようになった。
お陰で全身が痺れ心臓と横隔膜が痛くなり、目の前が暗くなる、まるで河豚の肝を食べたような感じ。(皆ほとんど食べた事無いよな危険きわまり無いから)
こうして最高の練習と調整はオッサンを変えていく。
メタボオッサンは仕事をしながら空腹にも耐えている、未だ練習が終わった訳では無いがでも腹減った。
昔から腹が減っては戦は出来んと良く言ったものだ、血糖値が下がり思考能力が無くなって行く、ここでオッサンは酒ダイエット、日本酒登場だ、これで体重をコントロール。(ほんまかいや、これも経験です、良い子は真似しない事)
しかしここで肝心なのが飲まれるべからずだ。
大体俺は、高級な日本酒より、何故か超低価格なワンカップが好きだ。
ワインも飲むがワインの銘柄に今興味無し、以前1本100万円もするワインを飲ませてもらったが、味はわからず水を飲むように飲んでしままった。
鬼殺し、超低価格な清酒、飲む為に家にある訳では無い、(体の為、使用方法は知る人ぞ知る使い方をする)
そんな鬼殺しを今はダイエットに使用している、下がった血糖値を一気に上げ夕食まで我慢、我慢、はよ飯作らんかい?
そして今日も時間を割る予定だ、その成果は着実に出ているぞ。
暗闇ダッシュ、時間の無いオッサンには効果的だ。
こうして明日もマトリックスの練習にお邪魔する。

ツールド沖縄

2009年10月27日 16時25分28秒 | Weblog
軽い気持ちでエントリーしたツールド沖縄130km。
皆がこの距離を走ると言うから、俺もと考えてみたものの何とフクガワダムを2回も登る、それもほとんどアップ無しでだ。そんなの知らなかったぜ。
そして皆大丈夫ですかと人事?登ったるで、沖縄のコース多分自転車乗りで俺が一番コースを知り尽くしているはず、なんせ20年も走っているし、合宿でどんだけ回っているか自分でも判らん?多分ギネスに載るほどだろう。

2年前は85kmに参加した、この時は最初の登り2kmで撃沈、その後、後ろから来たエリートのグループにまぎれ込み、最後の登りに突入したが時速7kmと大失速、一人で下ると追い風平坦でガンガン行くぞと一踏みしたが失速、その後女子の後ろにつきっぱさしでゴール7位と言う結果だった。
足の止まり方が世界選手権と同じだった。
思いおこせばあの時は未だ少し練習していたような気がするが、今回はそこまで練習はしていない。無謀なオッサンのチャレンジと流してほしい。

でも未だ時間はあるぞ、これから毎日が成長期間となりレースまでの時間を逆算して調整を行う、時を割る時間法を使い究極の調整法で力を伸ばしていく、なんせここは調整のプロ、あとは自分がどれだけ本気になれるかだ。
練習の準備のステップ1は突破している、これからステップ3入る。
そこで練習の初日、練習に出るが駅伝を見るために早々に帰って来た。
昨夜ローラーを乗る予定がK1を見てしまった、何と精神が弱い事。
こんなんじゃダメだ、目を覚ませ闘争心よと呼びかけて見るが返事が無い。
でもやるぜ。
ツールドを走るにあたって、まず突き出した腹だ。レース当日までにはそこそこへこむ予定だ、なんでそんな事言える?経験です、一応ダイエットのプロだったんで。
レースは当日までに70~71kgでいければ何とか坂も登るでしょう、3kgの減量。
筋力、マッスルメモリー使います。
神経、神経系の練習で破壊します。
持久力、これは原始人の血が流れているので結構いけるんです。
WGH3倍量で回復させていただきます、ダメなら6倍の大量投与。
最後はチキンラーメン法で仕上げてみます。
これが今回の練習調整法です、筋肉一杯一杯でレース走れないかも知れませんが、これしか130km走りきる方法が見当たりません。
秘密兵器は超軽量カーボンホイル50mmにソーヨの超軽量のタイヤだ。
ここは金にいとめはつけんぞ、かかってこんかい。

敵が現れた、夕食は何と油で揚げたハイカロリーだ、見るからに美味そう、ワイン飲むしかない。
何だこの食事は俺を太らす気か?ツールド走るんだぞ、あんた選手でも無いのに無い行ってるん?選手に失礼でしょ。
だよな、選手じゃないよな。
てな訳でダイエットは明日からにします、何と精神が弱い事。



再生クランク

2009年10月26日 19時10分58秒 | Weblog
ブラックにアルマイト加工され、レーザーでMUURのマーク。
まさに新品。
実はカンパのクランクで、アルマイトがぼろぼろになりどしようも無くなった物を再生したものだ。
コメント (1)

ゴリの自転車

2009年10月26日 19時00分38秒 | Weblog
予定が大幅に変更され会議がキャンセル。海外もキャンセル。皆キャンセル。
てな訳で冷たい雨、そこで時間を有効利用の一日となる。
ゴリラの弟分用の自転車を組みつけている。
優勝記念だもってけ泥棒、皆に内緒だぞ。
完成はもう少し待ってな、部品が足らなかった。
そういえばパータイチエン、11月に広島で会議?俺にも行ってくれって言ってたけど、日程は?広島から帰る時に、鬼島に向かうのであれば大阪によって自転車運んでくれたら良いのに。
自転車バラシテ組み立てられるか?
ゴリラってサルより賢い?知恵の輪いける?

コメント (2)

ソーヨの実力

2009年10月26日 07時52分57秒 | Weblog
萩原が何でこんなに軽いのですかと質問してみた。
それはですね、勝たせる為に作られているからです。
爆発的な速度で坂を駆け上がってきた萩原の足元を固められた物は。
330gしかないカーボンホイルと日本のテクノロジーが詰まったソーヨのタイヤだった。
その実力は凄い、新円に真丸のタイヤはわずか200g少々、短い期間でここまで成長したのはソーヨの揺ぎ無い向上心だろう。
ハンドメードで作られているタイヤ。
工場で働く人たちにまずは御礼を言いたい、心をこめて選手が勝てるようにと工場から送り出されたタイヤがこうして性能を十分発揮できた事を。
ありがとう益田工場の皆さん。


全日本大学女子駅伝

2009年10月26日 07時20分33秒 | Weblog
昨日全日本大学女子駅伝をテレビで観戦。
佛教大初制覇、王者立命館を破った。同じ関西地区で熾烈なライバル心が生み出した結果だろう。
俺が一番見るのは陸上競技、なぜか昔から見てしまうというか、練習してても必ず放映にあわせて帰ってくる、だからといって陸上マニアではではないのだが。
ただ頑張って勝負に出る姿が好きなのだ。
次に楽しみにしてるのは高校駅伝、でもこれが中々仕事があって見れない。