九州の風来坊

今は自由人で風来坊、何処までも突っ走る男は何処に行くのやら

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

俺が見た全日本

2010年06月30日 16時33分06秒 | Weblog
ふらふらになりながらゴールにたどり着いた野中竜馬。
何時からデカイのか知らないが、初めて見たときからデカイ。
でも何故か目立たない。
初めて一緒に行ったカナダで、逃げを決め、窪木の優勝に貢献した男。
この時俺は、竜馬の身体の中に秘める強さを見つけた、だがその回路のスイッチが何処にあるのかまだわからない?しかも何かとやらかす男、フロントフォークを良く折る。
初めてのU23インドネシアで、穴にはまり宙をまった。メカの健吾が飛んで行きましたと言った時、何が飛んだと聞きなおしたほどだった。竜馬が飛んだ。
幸い草むらだったので怪我はたいした事が無かった。その後豪快に走り始め無事ゴール、2日目は一人さ迷いリタイヤ、何と情けないリタイヤだった。
その後熱を出しベットにうずくまる、だからクラーつけて寝るなと言ったろ?
夜、ローラーで先輩の指導を受け倒れた、すべてを出し切り死んだようだったが、何と数十分後、歓迎パーティーで地元のダンサーと踊っていた、凄い、凄すぎ。
バリではスパイダーマンに変身して、ストリートを駆け巡った、俺の部屋で食い物をそこらへんに散らばし、レースから帰ってきたらそこら辺が蟻、蟻、蟻、だから言ったろ。
皆でプイールに投げ込んでやった。そんな野中はTTが速い、ただし距離が短い、自分で何故速いのかわからないらしい。
でも潜在能力はある、ただコントロールが効かないだけ。
正月の合宿の時には、俺の真後ろでピザを焼いた、それも箱ごと、竜馬よ箱ごとオーブンに入れたら火がつくだろー、火事にするきか?
そんな竜馬、全日本の前は寝ぼけた走りでだったが、今回は粘った。良くゴールにたどり着いたとほめてやろう、それよりもだ、お前が途中まで集団に残りゴールで来た事により、何故鹿屋のエース達が力を出せなかったのか?竜馬が答えを出してくれた、感謝。
次に会う時を楽しみにしてるぞ、なんなら夏休み大阪まで走って来るか?

疲れたぜ

2010年06月28日 23時51分33秒 | Weblog
自分が競技するほうがずいぶん気が楽。
てな訳で俺はバカンスに入ろうと思う。
自転車には乗らない、その代わりに馬に乗る、行先はモンゴルだ。
ビザが取れればそのままカザフスタン、飛行機では無く車でいけたらいい。
明日モンゴルに電話だ頭では色々と考える、その前にフランス行きがあるから、小さなバカンスになりそうかな。
モンゴルは8月か?会長一緒に行きますか?

BLACK DEVLE

2010年06月23日 22時45分47秒 | Weblog
俺の周りは悪魔ばかりだ。
そこで魔界の誘いという酒を飲んで、魔界に行って来た。
人間界は、正しいことを言うとつまらないと言われ、いけないことを言うと悪い人だといわれる、人間社会は痛いところだそうだ。
それにしても悪魔はほんんま悪魔やのー、飲み干してやる。
そして悪魔に挑戦だ。

痩せたのー

2010年06月22日 23時11分39秒 | Weblog
カラミが西日本で優勝した?
2か月前、デブで昔の面影がなかったのに、暴走を繰り返し、プイールでは水しぶきをかきあげ小学生の邪魔をしていたのに。
1本の電話がすべてを変えた、デブ、痩せろの二言で奮い立った。
与えられた使命をまっとうする為にだ、成仏したければやるしかない。
短期間の内に8kg~10kgを落とした、さすがだが、選手なら当然だ。
俺はこのデブの資料を作るために、エルゴメーターテストをしているが、デブの割には強かった。
その後数回の練習で見たが、見るたびに脂肪はそぎ落とされ、走る力も同時に増していった。
3デイの時よりも今、遂にスタンバイした。
コメント (1)

神風の吹く島

2010年06月22日 23時05分20秒 | Weblog
神風が数百年前に訪れた土地に、ふらりと風に乗って行って来た。
その地、小さな時に、そこで起こった凄まじさを聞いたことがある。
だから一度はこの目で見たいと思っていた。
なんてことない島、だが、そこの民族博物館に見覚えがある品があった。
同じ物が数点、俺の家にもある。
勝利の神風が吹く不思議だ。

そいぎ

2010年06月21日 22時41分36秒 | Weblog
よかか、がばいきつかろが、こいが田植えばい。
田植えばして、こもりばせんと稲穂はそだたんやろが、じいちゃんばーちゃんに聞いてんか?
こもりは回復ばい、電気屋に行ってこうてこんね、うっとるけん。
昔の人ばみならないかんばい、そしたら原始人にられるけんね。
原始人にならんと、はがくれだましーも、なーんもやくにゃたちゃせんばい。
わかったら、とばんんといけんとよ。
来週はえすかばい、じいちゃんが、生きとるうちに頭ばつかわなとゆうとるけんね。
そいぎ。

最終ステージ

2010年06月21日 22時36分40秒 | Weblog
完敗した。
今回は負けを認める、それほどまでに強かった小娘。
3ステージはゴールで何とか突き放したものの、最終の天山山脈で手も足も出なかった。
潜水艦のように突き進まれ、完全に俺は止まった。
しかしだ、エンジンが掛かったぜよ、後数日もするとマッスルメモリーがフルになる。
出っ張った腹も少しへこんだ。
次の闘いの日まで精進しよう。

ツールドあさひ、

2010年06月17日 20時57分50秒 | Weblog
初日、がばいロードでの決戦は西え西えと向かった。
アップが終った直後、ストロコビッチの強烈なアタックが炸裂、一瞬離されると思ったが何とか離されず着いていき、頂上で撃墜。
しかし、ここで全力を出し切ってしまい中々回復しない、ここからは新型クルスクもエンジンがかかり始めハイペースで進む、今までとは違うぞ、この速さ、調整しとけと言っただけの事はある。
俺はこのハイペースを予測していたから、食事は超軽め、全身の血液を心臓に送り込めるようにしていたから良かった。
それにしても速い、ギヤもガンガンにかかっている、そろそろペースダウンするのではと思っても全然おちない、それどころかペースアップしていき俺が切れそうだ。向かい風も、もろともしない、後半俺はハンガーノック気味でエネルギーを一気に入れるが、少しタイミングがずれた、呼吸が苦しくエネルギードリンクを飲むチャンスを逃したのだ。
残り数キロ、直線の少し長い坂でストロコビッチがアタック、2人で切れる、ここで遅れるとチャンスを完全に逃すから我慢、頂上を越えて下りを全開で踏むが中々追いつかない、さすがTTチャンピオン、しかし先頭もすべてを出し尽くしているから急速に接近、ペダリングが変わった瞬間、最後の最後で一気に捕らえた。
明日から撃墜合戦が続くが、メタボのオッサンには、がばいロードはきつい。
第一ステージ、同タイムでストロコビッチマユ、オッサンライダー、少し遅れてクルスクツバサ、スイチャオチサの順でゴール



寒さに負けるもんか

2010年06月15日 23時51分48秒 | Weblog
昨夜エアコンを18度に設定して寝た。
もちろんタイマーで切れるようにしなのだが、何故かエアコンはフル稼働。
部屋は南極化して、ペンギンが住む部屋となっていた。それでも俺は寒さに耐えながら朝を迎えた。
おかげで骨まで冷え切り、午前中は寒かった。
身体は寒さだけでは無く、疲労困憊、全日本TTの練習に、年甲斐も無く付き合ったのが疲労の原因、ロードとは違う疲れが、、、、
そして朝からマッサージ、これで復活を遂げる予定だが、、、、メタボ化した腹が重い。

全日本TT

2010年06月14日 17時33分08秒 | Weblog
先輩萩原のスタート前に準備を行う高宮[鹿屋体育大学2年生]
左端にちょこっと写っている、しかもMUURのカーボンTTバイクで完璧に武装しておりやる気満々、相手は実業団でバリバリ走る選手達と力勝負だ。
この少年、北は北海道の出身だが今は南の鹿児島にいて、秋田には一人で乗り込んでき、だからすべて自分せっせとこなしていた。
前日は俺の先輩、川崎氏にお世話になり、昼飯をごちそうになったらしい。
そんな高宮に、スタート前TTのペース配分を完璧にレクチャーしてやった、何があってもこれしかないぞと助言、この助言が完璧に的を得たのだ、後半強い向かい風の中、グングン加速を繰り返し、前を走るプロを抜き去る、そして1位と12秒差、もし完璧にアシストしてくれる人がいたらもしかして勝てたかも?
ゴール後は凄い勢いで俺の前まで来て倒れこんだ、涎だらけのユニホームがどれだけ追い込んだか想像がつく、又新しい選手の出現か?
そんな高宮、身長が高い、帰り際、お世話になった人達に挨拶、地面に水平になるぐらい折り曲げで有難うございましたと挨拶をする。
礼儀正しい少年は来季が楽しみだ、頑張れ高宮、弟も強いぜ。