九州の風来坊

今は自由人で風来坊、何処までも突っ走る男は何処に行くのやら

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

復活だ。

2013年01月30日 19時21分20秒 | Weblog
意外と自転車に乗れている、しかし選手時代に痛めた腰が痛い。
もう一つは膝の皿を割った所が冷えると、かき氷を食べた時みたいに痛くなるので坂が辛い。
何とかならんか?
そこで、きょんぺいにバリッとマッサージをしてもらい一応元気になった。
帰ってからワイルドにターキーをストレートで飲んだ。
あてはミニミニアンパンチョコレート。
でもなめたらあかんで、これが意外と美味いんだ。
仕事があるから勿論ほんの少し飲んだだけ、きょんぺい、エデーに行くぞ。

コメント (1)

迷うね。

2013年01月28日 11時04分43秒 | Weblog
もうすぐツールドカタールが始まる。
そこでASOがVIPでレースを車から見れるようにするよと言われたのだが、どうもいけそうにも無い。
ニッポが走るのなら大門と時間と取って見に行こうかと考えたのだが。ニッポ不参加だし。
でも内間は走るからまだ行くの正直迷ってるけど、時間がなーーーーいかも
カタールまで行くのなら、ついでに行きたいところあるけど、ビザが面倒だし日数が足りないし、今はイスラム圏はやばいかも。
そう考えると又の機会にしようかと思いながら日にちだけが過ぎていく。


3本ローラー

2013年01月25日 15時44分09秒 | Weblog
自転車選手にとってこの3本のローラーに乗るのは難しくない。
自分は当初このローラーを見て、金が無いから手作りで作った。(力作)
しかしゴムの部分がうまく制作できず、結局買うことにした。
購入したローラーはチネリ製で、今でも家にある。(うるさすぎて乗れたもんじゃない)
現在も3本ローラーだけで5台はあるが、今では邪魔

このローラーに乗れるようになるまでの時間は10分ほどだったと思う、意外と器用に乗りこなしたが、一輪車は1時間以上やったが無理で断念。
数年前、シャカリキの撮影で3本ローラーを乗れるようにしてくれと数人を指導したことがあったが、意外と時間がかかった覚えがあった。
乗れる人には簡単だが意外と難しい。
そこで近頃乗れるようになった人にどれぐらいで乗れるようになったと聞くと、2時間台が一番多かった。
じゃロードレーサーに全くない人を乗せるといったいどれだけ時間がかかるのか?見当がつかない。
そこで3本ローラー専用の部屋があるの忘れてた。ここなら素人での乗れるのでは思い、中の物を引っ張り出しローラーを設置した。
そして指導開始、2時間はかかるなかと思いきや、10分もすると走り始めた。
20分もしたらほぼOK、うーやっぱりバランス感覚だというより専用の部屋のおかげ。

大体この部屋は減圧室を作る予定が大反対され3本ローラーの部屋になったのだ。今考えれば減圧室など作ってたらどうなっていたのか?鉄の塊の部屋は使い道は無いし。
解体するにも解体できなかった事だろう。言うこと聞いていて正解。
3本ローラーの部屋は何とか解体を免れていた。
役に立ってよかった。
コメント (1)

大学に行くか

2013年01月20日 22時46分19秒 | Weblog
二日連続く九度山が倉庫に来たのは、DHバーを仕入れ進学に備えるためだ。
その数時間後に自転車壊しました、見てくださいと連絡があり、一応直す準備を整え後日直すことにした。

約束の時間に来て、自転車を見たところ、これならいけると判断、とりあえずこのまま乗ることにさせる、父ちゃ母ちゃんの出費抑えないとね。

九度山は紀ノ川沿いで一人で走る姿をよく見かけたが、当時は全然知らなかった。
その九度山、自分の素質に気が付いてないが、眠らせるか呼び起こすかは自分次第だろう。
その速度域の高さは非常に高いく、高校生の中ではトップクラスだが目立たない、それに安定性が無く大会での成績は今一つだったが時折強さを発揮する。
合宿やレースで一緒になることはあったが、直接指導する立場ではなかったから、もう少し指導できたら面白い選手になったかもしれない。

母かーちゃんは、自転車に乗るとは思ってなかっので、もし最初から自転車乗るのなら北高に行かせればよかったと思われたそうだ。

これから進学して花の都東京に行くが、いいか九度山、ビルの高さに驚くな、あまり上を見ていると首を痛めるぞ。
右も左もコンクリートだ緑はないぞ、柿もみかんもないからな、桃もないぞ。腹減ったらコンビニにいけ、でも柿はないと思う。
そして先輩の力を吸収して強くなって帰ってこいよ、楽しみに待ってるからな。



御払いしなさい

2013年01月17日 00時14分54秒 | Weblog
一昨日プーリーが割た。
とりあえず走行可能なので、ペースを落とし帰宅した。
冷え切った体では何もできないので、とりあえずMTBを貸してやり帰宅させる、そして俺は山に芝刈りに出かけた。
数時間後車で走っていると、見たことがあるユニホームで自転車を押している人が居た。
その姿が大きくなるとやはり見た事があるや奴だった。何で自転車押してるんだと聞いたら、チエンが切れかかってゲージに食い込んでいて走れないとの事だ。
ここから押して帰るのは時間がかかるだろ、1万円で乗せたる?
今回はすぐに修理してやった。
だいたいMTB乗るのなら、工具とポンプとタイヤは持って行け、後サバイバルナイフ、クマに襲われたら知らんぞ。(この辺には居ないか?)
その夜、割れたプーリーを修理した。

そして水曜日は調子に乗り奈良、和歌山方面に行った。なんとなく嫌な予感、道路に雪が残っている、南国和歌山じゃなかったっけ?
坂を登るにつれ雪がところどころにある、登るのには問題なかった。
しかし俺の経験ではここからが問題だ。頂上に着くとぶっちぎれて一人居なくなった、方向音痴の為にトンネルを越えた恐れがあから置いていくことにした。

木陰は雪がある、最初のコーナーは息をこらして通過、次の直線、かなりやばい、もし誰々が居たらまずここで氷にハンドルを取られこけるだろうと思いながら通過。
そして魔のコーナーを無事通過した途端に豪快に横すべりする音が聞こえた。これはこけるなと思ったが絶妙なバランス感覚でなんとこけなかった。
一瞬どきっとした。その直後に難関が訪れた。ここは自転車から降りてシュープレートを雪に食い込ませながら行こうとした瞬間。
方向音痴野郎が突然現れた。何してたんと聞いたら、返事はこけました。じゃくて、、、、、、ハンガーノックで遅れたらしい。
その直後またしても俺の横で豪快に横を向くやつ、しかしここも信じられないバランス感覚でこけない。
ほっとした瞬間、豪快な地響きと共に道路に寝転んでいる奴がいる。
お前何してるん?
それから少し歩いて凍結した道をおりた。すると走行不可能です、何だ?見ると豪快にエンドが曲がっている。
一応直して帰る事にした。
御払いしなさい、日ごろの行いが悪すぎます。
このままエンド交換するから、倉庫に直行するぞと家路を急ぐと、ここで今度は豪華に後輪にハスりやがった。
長年の経験からいくと、あの重さと、荷重のかかり方でどちらの方向にどれだけ飛ばさられるか見当がつく、これはやばい、店のショウーウインドウにまっしぐらか?と思った瞬間助かった。奇跡、神様はいました。
自転車に乗るときは最新の注意を払って乗りなさい。
DI2はボロボロになり、壊れた所とにらめっこ、手術完了。
昨年から壊れたDI2やシフトレバーが散乱している、それにしても壊れすぎやろ。




シクロクロスバイク

2013年01月14日 15時38分00秒 | Weblog

今年はシクロクロス参加するぞと思っていたが、無理。
でも自転車は出来た。でもこれは尾下さんのシクロクロスバイクです。
一応残り3台はカーボンでキープしてあるから、勿論自分のクロスバイクは組み付ける予定。
デスクブレーキも価格が安いから、完成車にしてもそんなに高くないのが良いね。
コメント (1)

役者やのー

2013年01月13日 23時30分26秒 | Weblog
役者ぞろいの少年たちの精神わ受け継がれている。
一番の役者は部を卒業したが、まだまだいるいる、その真剣な眼差しは冷たい空気も熱くさせるような気がした。
今日は朝から長距離で比較的気温が高く、標高が高い割に何と10度もあった。
その坂を登る少年達は力の差があるので、徒然ゴム紐のように伸びる、ある選手は後ろから見ると傾きすぎてガードレールにこすりそうな勢いだ。
頑張れ、もうすぐ頂上だと声をかけると、何とがおーとうなりペダルを踏みだした。なんか聞き覚えがあるがおー、父ちゃんやったーーーーーー。
昔の選手なら知っているはず。
こうして頂上を越え、下り基調の道を快調に走り、トンネルの坂でまたまた演技してる奴?それともエネルギー切れか?
それでも声をかけると、一気に速度アップする、不思議。
最後の平坦も、一応43kmぐらいは出ているが、ほんの1年前は30km後半だったから、確実に強くはなっている、しかしギヤの使い方が進歩してないような気がするのは俺だけ?
学校に帰ると大声で体操、その中心には吹奏楽部?なんか邪魔?ご迷惑かけてます。
その後は大鍋で作られた豚汁だ。奥さんと父兄の皆さんの愛情で一気に疲労回復といくぞ、そして自転車の整備。
ここで死神、サドル割れるじゃないか?だから傾いているんじゃないか?そしてヘッドのガタ、ボトル台座ねじなめてるじゃん?ペダルはずすのお前おかしくない?
漫才見てるより面白い少年達だが、これが少しずつ走れるようになるのが楽しみなのだ。
又新たな新入生が入って来たら今度はどんな面白い場面が見れるのだろうか。
まだまだ寒いが頑張れ少年達よ。
今度サウナで勝負するから体力つけとけ、集合はいつかけられるかわからんからな。


パスワード復活

2013年01月12日 23時08分02秒 | Weblog
パスワードなんか覚えてないぜとばかり、数か月がすぎ、完全に放置状態だったが、ふとしたことでパスワードが。

昨日、久しぶりに梅田の夜の街に繰り出した。1年ぶり?大体梅田も難波も行かない、通天閣なんかいまだ登ったことが無い。
そろそろ制覇しないと、このままいかないような気がする。

昨日の梅田は寒かったが、新しいプロジェクトの発進計画は熱かった。
気が付けば2時を回っている、今までならそのまま朝までという行動パターン、しかしおっさんになると肝臓が弱い。
このままホテルに泊まるか、飲みに行くか、朝まで電車を待つのは寒すぎると思いながらビルの谷間から天空を眺めた。
そして足を止めるとタクシーが1台、おーちょうどいい、家までこれで帰るぞと乗り込み帰宅したのは3時過ぎ。
このタクシーの親父が元ゼネコンマン、そこで共通の話題で盛り上がり、昔の171号線を語りあった。昔が懐かしい。
そして風呂に入り、当然爆睡、ししておぼれかけて目が覚めた。