九州の風来坊

今は自由人で風来坊、何処までも突っ走る男は何処に行くのやら

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

小山弟子のTT

2013年04月27日 20時32分22秒 | Weblog
小山弟子の金剛山タイムトライアル。
3本目とあってタイムを落としたが27分38秒で登頂。
1kmおきにラップを計測してあるから今後の資料に役立てよう。
次も計測してやるから金剛山TTする時は連絡してや、新記録を狙おうぜ。

昔からタイムトライアルは自己計測では無く、バイクか車で伴走して計測しているからその全容が良くわかる。
しかし金剛山も鍋谷峠も道が良くなったものだ。鍋谷なんか1986年頃はまだ途中から未舗装で道が更に狭かったし路面もボロボロだった。(当時は車もほとんど走っていない)
そこで鍋谷峠を発見した時は心ウキウキで良く登りに行ったいうか練習の帰りに下った。和歌山県側は完全舗装だったからタイムトライアルは和歌山県側のほうからだったが今では道が変わりすぎ距離が短く車も多い。
シマノ時代やJPP時代はほぼ毎日タイムトライアルしていたような記憶がある。
近くの峠は水越峠も良く登ったが今では大阪、奈良側両方距離が短くなっているしやはり車が多い、昔は自転車レースできるほど車はいなかった、そのかわりバイクが多かった。
金剛山は34年前から登っているがここも道は良くなったし車が増えたな。一番は大阪側から最後にある電話ボックスの10パーの坂、まるで石畳みたいにでこぼこだったが今では綺麗そのもの、ほとんどの選手がここまではそれなりに速いのだが、この道のでこぼこでダンシングしたら暴れる自転車を抑えきれず失速、魔の坂だった。
コメント (2)

窪木優勝おめでとう

2013年04月26日 23時15分40秒 | Weblog
窪木がプロを抑えて優勝した。(窪木はサラリーマンです)
俺的にはやっときたと言う感じだ。高校時代から窪木を見てきたが詰めの甘さが目立っ選手だった。
その詰めの甘さは練習とレースで見え隠れする、だが選手として大事な何かを秘めていたから高校時代からU23チームで走らせた。
しかし計画が狂ったのは完成させる前に俺がナショナルチームを去ったからだ。未完成のまま今まで来てしまったがまだこれからだ。
思い起こせばラビテビの最終日、自分も優勝したいです、どうしたら良いですかと耳元で囁いた窪木こ今なら勝負できると直感した。
そして周回路のコース脇に立ち逃げるタイミングを指示した。持ち前のスピードで大勝負に出してラスト3周を見事逃げ切り優勝。
レースを見ていた海外の監督もその走りに驚いた。
この時の国歌は格別だったが、窪木は国際ライセンス持ってなくてUCIの役員としったもんだした。
ここで俺は嘘ついた。無くしました。でも仮のライセンスをすぐにファックスで送ります、でも日本はバカンスで競技連盟が休みだから数日待ってくださいと言いた。
そんな嘘バレバレ、でも優勝したから大目に見てくれた。UCIの役員は寛大だった。
その後世界のレースを一緒に転戦したが、経験と体力が不十分でレースと言うものを満足に教える事が出来なかった。
しかし確実に成長してきている、白浜、群馬と助言を自分の物として考え行動が出来始めた。
さー和歌山に帰って来たら更なるレベルアップを目指してみるか。

自転車乗りはじめました

2013年04月26日 14時43分11秒 | Weblog
疲れの原因は3週間ぶりに自転車に乗ったからだ。それも和歌山の農道で。
走りはじめて数分で心拍は150を超え、10分でオールアウト、その後はペース走となり時速12km。
次第に尻の筋肉が固まり始めると速度は10kmを割り始める。こうなるときついが何とか橋本にたどり着き紀見峠を無事越えた。
76km走破。
実は3週間目に運動を始めた途端に手首をねん挫してしまい、運動してなかったから、体重増加と突き出した腹できついのだ。
花粉も少なくなり気温も上がり始めたからこ走る機会も増えるだろう。
昨夜、安原監督が3デイで参加するなら出ましょうと言い出した。出るなら練習せねばならん。でも仕事があるしそうもいかないか?
そんな安原は今日から群馬CSCに旅立った。勿論俺は自転車に乗りにいった。
俺達には経験という武器がある。
時間が無いなら無いなりの練習方法があるのだ、その昔は良く二人でやったものだが、その記憶をたどると気分が悪くなる。
でも確実に走るようになる、白浜でも練習方法を聞かれたが、オッサンにはオッサンのやりかたがある。
後は行動だけだ。


引きが軽くなるワイヤー

2013年04月24日 14時40分50秒 | Weblog
shooting star にワイヤーを交換、劇的に引きが軽くなった。
この聞きなれないワイヤーは、弟子がワイヤーメーカーに作らせたもので純粋なレース用のワイヤーだ。
インナーにノーマルのコーテングの物とダイヤモンドコーテングされたものと2種類がラインナップされている。
ノーマルのシルクコーテングはシマノと余り価格差は無いから試してみてはどうだろうか?
ちなみに高校生が昨年から使用している。



疲れてる?

2013年04月24日 06時32分58秒 | Weblog

ここ3週間自転車に乗ってないのに疲労困憊?
そこで田上が結婚したときに持ってきた田上製薬のマリナミンを一気飲み。
だいたい、肩こりなんぞ余りしたことないのに肩と首がバリバリで気分が悪い、車の運転が原因か?
それとももしかして五十肩?
庭の巨大な石をハンマーで割ろうとした為にバチが当たったか?
1日10分、石は割れるのか?
それともハンマードリル借りてきたほうが楽でいいか?
コメント (1)

TTバイク組み付け

2013年04月19日 13時45分16秒 | Weblog
TTバイクを組み立てるのは非常に時間がかかる作業だ。
ある程度完成させホジションを出すとUCIのルールに軽くひっかかる。なんで750だと思いながら思案?
そこで一気にカーボンハンドルをノコギリで切断。高価なので失敗は許されないが、過去に数本おしゃかにしている。
これで何とか750mmぎりぎりセーフだと思ったらDI2が取り付け不可能、ここから作業1時間で何とか取り付け成功。
こんな状態がここ数年続いているので、今度DHも図面からおこすしかないか?

部品も様変わりして新型DI2はボタン部分が短い、でもTTに11段は必要ないし、新型にしたら旧型DI2がゴミになってしまうからとりあえず使う事を考える。
旧型DI2スペアで買うんじゃなかった?

無理。

2013年04月15日 06時45分24秒 | Weblog
中華圏の勢いは何処まで続くのだろうか?
今やユニホームやフレーム、部品に至るまで生産拠点となって。
EUやUSから多くの人材が中華圏で生活している。
食品メーカーが自転車産業に進出して自転車の流れも変わりつつある。
元々自転車企業より資本力の大きさが全然違うから、今後注目かも。
そんな中華圏からプロチームを作くらないかと連絡があった。
プロチーム?そんなの無理です、50肩で身体が痛いし、老眼で目が見えませんと言うと相手は大丈夫ですと言う。
大丈夫じゃないぜ。殺す気か?

やっぱり日置だった

2013年04月12日 21時18分41秒 | Weblog
この前舞洲で、あれ日置じゃないと言ったら、皆が違いますよと言った。
そして今日、同じくろユニホームの日置に良く似た奴を見つけた。
チーム無職、やはり日置だった。
こうして実業団のレースに行くと懐かしい奴らに出会う。
でも何か昔と違うと思っているのは俺だけかな?
時代は変わったね、なー日置よ。
その日置補給が居ないで?心配するなもし俺がレース会場に来てたら補給してやる、お前が食べる分ぐらいなら何とかしたる。(レース会場に居たらだぞ)
昔俺をゴール前でアシストして病院送りになった分の恩返しだ。

今日も参加しないのですかと言われるが、山岳レースなんて無理、見た目は意外と太って見えないが、実はメタボと筋力低下で腰痛。(広背筋の痛み)
何と今は体重が78kg、見えませんと言われるが、見た目より重い。
腹に石でも入っているのかもしれない。
最近花粉もおさまりそうなので少し自転車乗ってダイエットし始めているから気が向いたら走る、一応登録しているし、マスターズのトラックに出ようかとも考えっているから。
日置も、マスターズだろ、一緒に出るか?

頑張れ

2013年04月11日 17時12分50秒 | Weblog
高校生活をまっとうして大久保が無事高校を卒業し進学した。
これも先生と親父のお蔭だ。
センバツのコース下見に行った時、これから実力をつけて良い走りができるようになるはずだった。
大体あれだけの事故をしたら自転車にはもう乗られないか回復しても乗らないと思ったが、大久保は意志が強かった。
必死のリハビリで回復して見せた。その生きるという根性をこれからも忘れるな。
高校卒業しても俺と先生の教え子だからな。
その大久保のトラックレーサーを今組み付け初めている。「来週中には完成」
目指せパラリンピックを。
そしてこれからも色々な試練があると思うが頑張れ。
何かあったらいつでも相談して来いよ。



少し邪魔

2013年04月08日 15時51分12秒 | Weblog

友人のオッサンに電話したら、奥さんが携帯忘れていってますときた。
俺の友人にはこんな奴らが多く、未だに携帯電話を持っていない、家に電話が無い、勿論メールも届かないと言った奴らが数人いる。
でも昔はこれが普通だから全然気にならない。(用事があれば連絡してくる)
そんな俺もよく連絡がつきませんと言われる、それは携帯をよく車の中に入れっぱなしになるからだ。その他は飛行機や重要な場で電源を切っらそのまま放置してしまい、電源残量0、すると家に電話がかかってくる。
海外は基本的に日本の携帯は余り使用せず海外用の電話を使用しています、もう何年も使用しているのでこちらの方が皆わかりやすい。
それでも最近ラインというやつに登録した。海外に行ったときラインに登録してくれと言われただけで、あまり使わないのが実情。
大体俺は直接電話が好きだ。
元々携帯電話使用歴はずいぶん古いが、今となれば意外と邪魔で手ぶらが好きだ。
それに最近気が付いたののだ、実家や家族の電話番号が携帯に入っていない事に気が付いた。