経済を良くするって、どうすれば

経済政策と社会保障を考えるコラム


 *人は死せるがゆえに不合理、これを癒すは連帯の心

6/14の日経

2017年06月14日 | 今日の日経
 人手不足だけど、賃金が上がらないのはなぜか。まったく、上がってないわけではなく、毎金の現金給与総額は、2016年以降、わずかずつではあるが、上がっている。パート・アルバイトの時給が上がっているのは周知のこと。他方、人手不足だが、フルタイムの求人増加数の1/4は医療介護だ。ここは公定価格で決まるから、上がりようがない。新規求人の増加は、全体では安定しているが、主力の交代が見られる。卸・小売は反動もあって減勢する中、建設が一時の低迷から復活し、製造が強まってきている。建設は一部で賃上げが目立っており、製造はこれからだろう。

(図)



(今日までの日経)
 待機児童解消、待遇改善・シニアが力。1年延命の公的支出どこまで。実質無借金 初の2000社超。自営業からの移動縮小へ・神林龍。
ジャンル:
経済
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ウォッチャーに見る景気の波及 | トップ | 教養としての社会保障の限界... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

今日の日経」カテゴリの最新記事