AID STATION

今を精一杯生きたい

球磨川下りランニング

2014年09月29日 20時20分13秒 | 日記

今週は「球磨川下り30kmラン」。

スタートから5kmまでは最後尾をゆっくり走っていたが、3週後のマラソン大会のことが脳裏に浮かび、スピードランをしとかないといかんなと思い、急遽スピード出してキロ6分で走ることに。

一人抜き、一人抜きで結局15人抜いた。ゴールタイムも3時間9分。昨年のほぼ30分短縮。練習会ではあるが、一応練習会自己ベスト・・・・ところで、ひとつ大失敗

肥薩線では、SL機関車が運行されています。昨年は鎌瀬の手前の球磨川第一橋梁を11時3分に通過するという情報があり、みごとその時間にそこで見ることができました。

今年も時間を調べてみると・・・なんと、11時30分となっていました。そこでみなさんに「ことしは30分遅れるので見れないです」と言ってしまいました。ところが、昨年と同じ時間にきました。私の間違いでした。

私もことしは見れないと思い、いつもより30分早くその場を通過し、葉木で橋を渡って温泉に向かっていたところ・・・うしろで「ポー」と汽笛が聞こえます。時計をみると11時少し前、なんと予定通りに汽車が来ています。

あわてて橋をもどり線路きわに写真を構えて待ちました。みごと写真を撮ることができよかったです。

見れなかったみなさん、すいません。

http://www.ultramaranic.sakura.ne.jp/xa14isyouti.html

 

 

コメント

伊都国~結果

2014年09月26日 20時56分54秒 | 日記

 「伊都国100kmマラニック」の記録が公表されました。順位はつけないとのことですが、やはり、ランナーとしては気になります。

●ベストショット : 伊都国のHP見てなんと!今回の大会のフォトベストショットに私が選ばれていました。写真見てびっくり!!(これも蛇神様のご利益かな?)・・・ありがとうございます

●完踏率 : さて、今回の100km正規コース完踏者ですが、84名出走して29名完踏。完踏率 34%、過去最高でした。

●順位 : 記録を整理して20位までを並べてみました。私は総合14位。15位の選手となんと32分もの差。

途中タイムをみると、19km「ゆらりんこ橋」まで私はトップ。6:40(1時間40分)。トップになった人に13分も差をつけていたのですが・・・

59km(今津運動公園)の第一関門では13位。これから先で2人抜きましたが、2人に抜かれました・・だから結局13位。

●後半の速さ : 前半(49km)と後半(51km)の走る早さが、みなさんどのくらいなのか調べてみました。表の「後半」とあるのは49kmの第一関門以降のタイムです。

10位以降の選手はだいたい51kmを5時間半で走っているようです。しかし、1~2位のトップ選手は4時間半を切っています。1位は4時間です。桁が違います。

1位~10位までは後半のタイムが順位になっています。いかに、後半のスピードが大事かということがわかります。

私は結構一生懸命走ったつもりでしたが、5時間33分でやはり14番目の記録・・・・・前半14位の選手は後半も14位のようです。

●リタイヤ : 次に、どこでリタイヤする人が多いか調べてみました。リタイヤした場所、もしくはショートカットした場所を調べました。下の表は白糸の滝でリタイヤ、もしくはコース変更した人が2名という意味です。これで見ると杉能舎が28名でダントツ。次が野北の15名。

「野北82km」とはゴルフ場の上を通り、山の上に別荘がいっぱいあった所です。そこを下りた所のエイドです。ここから芥屋の大門まで行くか、ショートカットするかの大きなポイントです。

グラフで表現してみました。これでよくわかります。がくっと減っているのは、杉能舎と野北です。選手のみなさん、次回は「杉能舎」「野北」をどうクリアするか、杉能舎で遊んで、かつゴールもする方法、考えましょう。

 

 

 

 

 

 

コメント (2)

ヘビ神様

2014年09月26日 11時43分14秒 | 日記

今日あさ、いつものように仕事場の駐車場を掃除していたら、玄関横の植え込みの中になんかいます。よく見るとヘビの模様の長いもの。

ヘビかと一瞬びっくり。トングで突っつくと、ヘビの抜け殻ということがわかった。引っ張るととても長い。尖端を探すとなんと頭があった。目の跡もある!さらに尾っぽを探すと、1m以上先にあった。

そっと出してみたら、なんと1m80cmもある。私の身長より長い。おそらく胴回りは直径5cmはあるだろう。こんな大きな青大将見たことない!

  

抜け殻にも驚いたが、こんなでかいヘビがここにいたということにびっくり。どうやってここまで来たのだろ。植え込みの中を探したが、もうヘビはいなかtった。どこへ行ったのだろう・・・というか、まだ近くにいるのではなかろうか・・・・そう思った瞬間両足が急に震えた

抜け殻はバケツに入れて、夕方捨てようと思っていたが、従業員に見せたらみんな大喜び。

ヘビの抜け殻は縁起がいい。家の床下で発見されたら、その家はお金持ちになり、病気をしないとのこと。みんな捨てるのはバチが当たる。切ってビニル袋に入れて財布に入れるとか、神棚に飾るとかしたほうがいいとのことで、捨てるのはやめて、小のビニル袋を買って、それに切れないように抜け殻の一部を切って入れた。大きいヘビなので、10個ほどつくり、みんなにあげた。

・・・そういえば、今年はいいことがよく起こる・・・2月の別大完走、5月の萩往還250kmベスト記録達成、7月の玄海100kmマラニック1位、8月の瀬の本高原マラソンベスト更新、9月の伊都国100kmマラニックベスト記録更新・・・さらに今回の熊本城マラソン当選

これらはすべてヘビ神様の影響かもしれない・・・ひょっとしたら「RKK弾き語リストコンテスト」も決戦に残れるかも・・・・ついでと言ってはなんですが・・・・できたら来年の2月の別大が終わるまでご利益をください・・・・・・・・甘い!

ジャンボ宝くじ買ってこよう!

コメント

熊本城マラソン

2014年09月25日 13時12分08秒 | 日記

「熊本城マラソン」・・・当選!

これで4年連続出場になりますが・・・・

大会1週間前は「延岡マラソン(40kmの関門3:30)」

その1週間前は「別大マラソン(40kmの関門3:20)」

熊本城マラソンのころはもう足がパンパンで、走れんでしょうね・・

 

コメント

弾き語リストコンテスト

2014年09月23日 17時23分07秒 | 日記

今年もまた、「RKK明日がR! パークラジオ祭り2014 弾き語リスト 熊本決定戦」が開催されます。

RKKのテレビで弾き語リストの応募のコマーシャルが放映されていますが、なんと!私が演奏している写真が出ています!・・・なんの断りもなかったな?

昨年はみごと「走らんか」で本選の6名に入り、舞台で演奏しました。今年はもうやめようと思っていたのですが、テレビに映った自分を見て、またムラムラとしてきて、結局また出すことにしました。

この大会は、「自作の曲を自分で楽器を弾いて歌う」というコンテストです。カラオケ禁止、多人数の演奏禁止、マシンは使用禁止、一人で楽器を演奏して歌うというコンテストです。

昨年本戦に出た他の5名の方は、大会で1位になった人とか、セミプロの人とか、音楽関係の仕事の人とかおり、純粋なアマチュアは2人だけでした。

曲はランニング以外のテーマにしたかったのですが、どうしても歌詞はマラソンになってしまいます。仕方がなくまた、マラソンの歌にしました・・・どっちかというと、トレイル、マラニックの歌です。

ただ、一つ大問題があります。

もし、本戦に合格したら10月12日(日)の本戦にでなくてななりません。この日は「由布院マラニック」の日です。大観峰を超えて大分県を走っている頃が演奏です。(11時集合、12時リハ、14時半本選、16時半発表)

ということで、合格したいのですが、落ちてもいいか・・・という複雑な心境。

コメント (4)

俵山縦走~かりん

2014年09月22日 12時16分12秒 | 日記

 

K野さんの南阿蘇のお店に行ってきました。

午前6時半、5名で肥後大津駅をスタート。天気予報では雲のち雨。山ですので雨は覚悟して行きましたが、結局走行時は雨は降らず、終わってから降ってきました・・・ラッキー

今回もKさんが絶好調。ひとりダントツラン。途中で見えなくなりました・・・道を間違えなければいいですが・・・

1時間22分で萌の里に到着。ここで宮村さんと合流。宮村さんはなんと自宅から15km走ってきたとのこと。

6名で俵山をめざします。600m地点から直登コースを。1時間36分で登頂(1095m)。山頂には誰もおらず。山頂は雲がかかっており、あまり景色は見えず。ここから地蔵峠をめざして行きますが、雨のあとで少し滑ります・・・下りはもう大変。3名が転倒して、キズ、打撲、服真っ黒事件が起こりました。

俵山~地蔵峠間の登山道は8つの丘を越えます。3番目と6番目はかなり急でしんどいです。8番目の丘は広々とした平坦な丘でながめも最高。今回もここではガスがかかっておらず、絶景が見られました。俵山からここまで1時間、ここから地蔵峠まで1時間ぐらい。ここは時間的に中間地点です。

あとは平坦な道。11時50分に地蔵峠に到着。ここからグリーンロードの脇道を下りていきます。50分ほどで久木野の平坦な道に出て、残り4km。

13時25分「久木野温泉木の香湯」にゴール。7時間のランでした。入浴後、さっそく今回のランのメインイベント、「ログカフェかりん」へ。

玄関に大きな木彫りの看板・・ナント、これKさんの手製・・・さすが!!

M木さん夫婦もおられて、8名でお食事会。カレーとおつまみを注文。ビールは何本飲むのか分からんということで、クーラーにいっぱい用意されていた。

乾杯しておつまみでビール。みんな走ったあとで、まあよく飲む。私も負けずに飲みました・・5本。結局最後は1本残っただけ。

カレーもおつまみもデザートもとてもおいしかったです。これから南阿蘇に行ったらここに寄るようにしましょう。帰りはもうみんなヘベレケ・・・電車の中ではKさんの大きな声が車内に響いていました・・・・

http://www.ultramaranic.sakura.ne.jp/xa14karin.html

コメント (2)

ジャズライブ「TOKU」

2014年09月21日 20時32分54秒 | 日記

先月に続いてまたジャズのライブを聞いてきた。前回は71歳の日野皓正だったが、今回は40歳のTOKU(人の名前)さん。数年前にある曲をYou Tubeで調べていて、彼が引っかかった。フリューゲルホルンを演奏して歌もうたうという変わったミュージシャン。

   

そのときは1回聞いてすぐに画面を変えた。翌日また彼の歌を聴こうとしたが、なかなか引っ掛からない。名前を覚えておらず、それ以後彼を探し出すことができなくなった。しかし、あの声は頭から離れなかった。

昨年、YouTubeをいろいろ見ていて偶然発見。今度は名前を控えた。それ以来、彼の曲をいろいろ調べてファンになった。歌がすごくうまいというわけではないが、声質がいい。低音で独特の声。嫌いな人もいるだろうが、私は好きだ。

今回、熊本に来るということですぐに申し込んだ。開演前に行ったが、もうすでにいっぱいの人が並んでいた。いつも40、50名くらいしか入っていない会場が90名の観客で超満員だった。彼のファンが熊本にこんなにいるとは驚いた。

会場に現れた彼を見てびっくり。髪を後ろに束ねて、ロングスカートはいていた(男である)。私が知っているTOKUはまだ若いときのもので、清い青年という感じだったが、超変貌・・・・貫禄というのだろうか

Night and Day,  Moon Riverなどスタンダードな曲を歌ってくれ、最後に私が一番聞きたかった「Fly me to the moon」を歌ってくれたときは大拍手。

ピアノ、ドラム、ベースのカルテットで、今日がこの4名でのコンサートツアーの最終日だそうで、何となくいつもと違うのではないかという雰囲気を感じた・・・演奏にアドリブが多かったような

演奏は8時から10時半まで続き、超満足・・・ビールも4杯も飲んでしまった

プロの生の演奏は気持ちを落ち着かせてくれる。いつもハードなことばかりやっているが、月に1回は「静」を満喫しましょう。

 https://www.youtube.com/watch?v=6YUs0jO2eUE

コメント

秋の俵山縦走~予定

2014年09月17日 08時21分36秒 | 日記

●「秋深き 俵山越え かりん亭」

7760●実施日:9月21日(日)

●天気予報(南阿蘇):曇り時々晴れ

   30%、25度/13度

●集合: 肥後大津駅 6:18

(JR5:40熊本駅発→6:02武蔵塚駅→6:17肥後大津駅着)

●スタート: 肥後大津駅前 6:20

●コース: 肥後大津駅(6:20)→裏道→萌の里(7:50)→直登コース→俵山山頂(9:20)→尾根縦走→地蔵峠(11:20)→裏道→久木野温泉「木の香」(13:00)

  35km 7時間  累積高度1500m

●ゴール・入浴: 13:00ごろ 久木野温泉「木の香」

●食事・休憩: 2km歩いてログカフェ「かりん」で。14時ごろから1~2時間滞在

●帰り:南阿蘇鉄道 長陽駅発 駅まで徒歩20分 。  15:14 or  16:37

●参加者: 山名、澤水、K島、U働、M村、U野  6名

 お暇な方はどうぞ。

コメント (3)

伊都国100kmマラニック

2014年09月15日 18時43分55秒 | 日記

「伊都国100km」何回走っても、やっぱりこの大会が一番きつい!チマタでは萩往還250kmを完踏した人でも、このレースは完踏できないというウワサ?

今回も予定通りの走りができました。結果12時間27分と大会自己ベストを8分短縮。まだまだ筋力は落ちてません!

●天気:予報では快晴。炎天下を覚悟してましたが、朝は18度と寒いくらい。午前中は山の中にいましたのでさほど暑くなく、午後は雲がかかってきましたので、さほど炎天下に苦しめられることなし。しかし暑い!自販機のたびに頭から冷水をぶっかけて走っていました。

●自販機:後半は自販機に水だけが売り切れ!どうも、先に行った選手が全部買ってしまった様子。仕方がないので麦茶を頭に・・少し茶髪になった?

●踏切:7km地点に踏切があります。キロ6分弱で走っていると、遮断機が下りる時間に一致して、1分動けなくなってしまいます。そこで毎回遮断機が下りる前に通過するように、そこまで飛ばします。

電車は5時39分にそこを通過するので、39分前に通過すればいいと考えていました。今回37分にそこに到着(ダントツです)。余裕をもって踏切を通過したところ、いきなり「カンカンカン」とシグナルが鳴り遮断機が下りました。そうです、遮断機は通過時間より早めに下りるのです。あやうく踏みきりに止められるところでした・・・どうでもいいことですが・・・

●ダントツ:そういうわけで20kmまで1位でした。18kmの上り坂で後ろを見ましたが誰もいません。ダントツだと思っていたら、18kmの「ゆらりんこ橋エイド」に入ると後ろから2人入って来ました。びっくり。すぐ後ろにいたのですね、気づかなかった・・・どうでもいいことですが・・・

●風景:今まで3回とも山中はガスの中で景色は1回も見たことがありません。今回は快晴。よく見えました。しかも30kmの最高峰の所に展望台が作ってありました(昨年はなかったと思うが)。まあ絶景です!糸島が全部一望できました。写真撮ってコースを写真に書いてみました(下写真)。

●杉能舎(55km):前回より5分早く、11時14分に到着。さっそくビールを一杯一気飲み。2杯目は我慢、ソーセージも我慢。このあと、ここで多くの選手が永く休んでいたらしい。

●第1関門(60km):11時53分に到着。1時間半以上の余裕あり。調子いい。しかし、だんだん暑くなってきました。

●志摩ゴルフ場(80km):第2の難所。山越えは3回あるが、どれも傾斜が急で長い。ここも上りも下りも急。

●第2関門(88km):芥屋大門の手前。17時が関門。1時間6分前に通過。ここで完踏できると確信。ひょっとしたら大会自己ベストがでるかもと考え、残り12kmを急ぐことに。

●第3関門(90km):たった2kmの間に二つの関門があるのはおかしいと思われるだろうが、これには理由がある。この2か所からでないとショートカットができないのだ。今回、選手の方もよくわかっていて、「ギリギリにゴールしても、風呂に入ってゆっくりすると宴会に間に合わない。ここでショートカットします」と自主的にショートカットされていた。だから、正規完踏者が少ないのです。

●最後の難関(91.5km~95km):立石山越。90km過ぎてこの山越えはなかろうと言いたい・・と言いながら、ベスト記録が出せるかもしれないと思い、この難所を30分でクリア。山下りて残り5kmを45分で行けばベスト。必死に走りました。

ゴールは12時間27分。ベストを8分更新。うれしいですが、スピードはかなり落ちてます。後半はどんどん抜かれました。抜かれて10分も経つともう見えません。みなさん早い・・ダンダンマラニック仕様になってきたかな

ゴール後は風呂に入って大宴会。私も「走らんか」を歌わせてもらいました。遅くまで飲んで、最高の2日間でした。

http://www.ultramaranic.sakura.ne.jp/xa14itokoku.html

https://www.youtube.com/watch?v=ftNqpbhMD6w&feature=youtu.be

コメント

伊都国~いよいよ

2014年09月12日 08時14分35秒 | 日記

2日後スタートとなりました。体調はよろしいでしょうか。スケジュールを確認します。

天気予報は日曜日は「晴れ」、29度、降水確率10%となっております。おそらく日中は炎天下、体感気温30度以上になると思われます。熱対策を考えておいたほうがいいようです。

●参加選手:釘島、出端、新留、山名、上野(敦)、OBS、吉松、酒井、橋本、中山、木村(雅) 11名

●一緒に行かれる方:

  ① 上野車(釘島、出端、OBS、木村、橋本) 6名

  ② 中山車(酒井、吉松、シオゴンさん)    4名

●集合時間場所: 9月14日(日)0:32 光の森駅前

         (JR熊本駅0:09発→光の森駅0:31着)

●会場着: 3時、糸島の初音旅館(600m先に駐車場)

●受付:  2階(志摩Bの間)、4時から説明会(志摩Aの間)

●参加者: 100km91名、50km19名 合計110名

●寄り道: 「伊都菜彩」9時開店、「杉能舎」9時開店

完踏率: 28%、21%、30%。今回はかなり完踏率は落ちると思われます。

コメント (1)