AID STATION

今を精一杯生きたい

萩往還~申込み

2012年07月29日 20時46分56秒 | インポート

Img039 来年の萩往還の申込書が送られてきました。

今年は250km(450名)、140km(500名)ともに定員制。140kmは今年は580名の参加がありました。来年は定員500名です。のんびりしていては定員オーバーになる可能性があります。

さっそく申し込みました。

250kmは前回は12月に定員になりました。今年はもう少し早くなるのでは。10月ごろまでは大丈夫と思われますが、早めにエントリーしましょう。キャンセルもできますから。

うわさになっていた、5月2日休日論ですが・・・どうもガセネタだったようです。5月2日は木曜日。熊本出発は今年と同じ12時。バスは今までと違い、笠原さんにお願いする予定です。

ところで、一緒に送られてきた記憶集を見てびっくり。今年の大会当日の天気をみると・・・

5月2日・曇り・降水量0mm・最低気温17度

5月3日・曇り・降水量0mm・最低気温17度

5月4日・晴れ

「降水量0mm」・・・0mm??ドシャ降りだったじゃないか!

「最低気温17度」・・・体が震えるくらいに寒かったじゃないか、17度ということはないだろう!!

「2日夜には雨は止み、3日4日は晴れる」と予報したが、実際は3日も暴風雨。多くの選手が気象台に裏切られたと言っていた。中には「気象台を恨む」と言いながら倒れた選手もいた。

それなのに、終わって天気の記録が「降水量0mm、曇?」。自分達の予報が正しかったかのように、記載している・・・・いいかげんにしろ!!天気の表示に規定があるというのなら改正すべき。

・・・・・と文句を言いたい。

来年は250kmに今年より多くの方々が挑戦する予定です。140kmの方々が全員250kmに参加すると250kmが17名とすごい数になります。17名全員が完踏したら、記憶集に投稿しましょう。

コメント

変わり果てた阿蘇路

2012年07月29日 18時14分53秒 | インポート

今日は「延岡マラニック」ができるかどうか、ランルートの下見に行き、帰りはやっと開通した箱石峠を通ってみました。

もう・・・・唖然!!

高森から宮地に向かって坂を上って行くと、あちこちで土砂崩れ。山側から土砂崩れが起こり、土砂と木々が道になだれ込み、道の反対側までなだれ込んで、そっちの木々もすべてなぎ倒していました。

ガードレールはなくなっています。道路はえぐれています。周りに緑はなく、山肌が露出してすべて土色です。

道は木々に囲まれていましたが、その木々がありません。ながめのいいこと。

さらに峠を下りると、今までとは違う光景が・・・・山肌のあちこちがはげ落ち、土が露出しています。緑がありません。

77 さらに下りると、「箱石名水」がありましたが、その場所は山頂からすべて、目にはいる範囲すべて、崩壊!緑はまったくありません。すべて茶色。土砂がなだれ込んで、岩がゴロゴロ。どこに湧水があったか、まったくわかりません。見るも無残な状態でした。(写真は昨年の箱石名水の場所。ここに写っている範囲はすべて崩壊、土色一色でした)

さらに、下っていくと妻子ヶ鼻の横の斜面が崩れてきたようで、この辺もメチャクチャ。なんとか土嚢で土砂を食い止め、車が通れるようにはなっていましたが・・・・すごい!

さらに、宮地の町が見えてくると、右手に古閑の滝がある外輪山が見えますが、そこが10ヶ所近く土砂崩れで山肌が露出していました。

これらの状態から察して、日ノ尾峠までの道もかなりのダメージを受けていると思います。おそらく通行止めではないでしょうか?

さらに日ノ尾峠から根子岳西峰に上るルートは狭い尾根を上りますが、ひょっとして途中で崩壊している可能性があります。

さらに日ノ尾峠から高岳東峰に上るルートもダメではないでしょうか。今までも途中道が崩壊してロープが張られていましたが、あそこはさらに崩壊が進んで、ロープはなくなっていると思います。

今年は阿蘇トレランは止めたほうがいいようです。九重か金峰山にしましょう。

5月に阿蘇五岳トレランをしていてよかったです。

来週阿蘇の復興のお手伝いに行きますが(3名)、はやく正常の生活ができるようになって、阿蘇山もルートが安全な状態になることを期待します。

コメント (2)

お遍路釘さん

2012年07月27日 17時11分02秒 | インポート

1111 1枚のはがきが来た。暑中見舞いのはがき。差出人の住所が「土佐室戸岬24番」となっている。県名も市町村名もない、こんな住所あるのかと不思議に思い、差出人の名前を見て、すべてが解明された。

釘さんからだった。正確に書くと「高知県室戸市室戸岬町」であるが・・・

ナント、7月16日より「四国お遍路・八十八カ所巡り」をしているとのこと。室戸岬にある24番札所「室戸山最御崎寺」からのはがきだった。だから住所に「24番」と書かれていたのだ・・・・釘さんらしい

毎日、照りつける夏の太陽と戦っている。横を通るバスの誘惑に負けず、歩き続けているとのこと・・・・釘さんは倒れてもバスには乗らないでしょう。

さらに、この巡礼で自分の走りが涅槃(ねはん・悟りを開いた心境)の世界の走りになるかもとのことだが・・・・ぜひそうなってもらいたい。すぐに飛び出したりしないこと。

現在、9日目で24番札所、この割合でいくと、36日(8月20日で終了)で96寺になり、充分に間に合いそうです。

上の地図を見てもらうとわかるが、近い所では次の寺は1km前後にあり楽勝。ところが、釘さんが今いる24番札所は23札所から75kmも離れている。おそらく75kmやっと着いて喜びのあまり、はがきを出したのではなかろうか。

75kmで驚いてはいけない、37番と38番はナント94kmも離れている。走れば10時間で着くが?歩いてだと3日(夏場は1日30kmが限度)かかる・・・・まだまだ試練は続く

64歳、釘さん、残り4週間弱、がんばってください!

コメント (2)

ボランティア活動

2012年07月27日 13時08分41秒 | インポート

55_2 阿蘇災害救援ボランティアの参加はどうしたらいいのか調べてみた。

センターに電話・・・・午前8時半から阿蘇駅近くの旧役犬原(やくいんばる)小学校で受付をしているので、そこに行けばいい。駐車場も近くにあり。

帽子、マスク、長袖、長ズボン、長靴、ゴム手袋で来てください。作業は現場で振りかけられ、水、食料は持参、現場での提供はない。作業時間は16時まで。募集条件は「体力に自信がある方」  ・・・・・ということだった

ただし、ひとつ条件が・・・ボランティア保険に入っていることだそうだ。何か事故があったらいけないので、保険に入れということだろうが、現場でサインをして入るのだろうかと思ったら、自分で保険に入ってから来てくださいとのこと。

「ボランティア活動保険」は各市町村に「社会福祉協議会」があるので、そこに行って280円払って保険にはいるのだそうだ・・・・・困った、平日は手続きをしに行く暇がない

保険なしでも構わないのだが、保険なしでは参加はできないそうだ。

そこで、何の手続きも要らず、行き帰りもしてくれるような企画はないか調べたら、ありました。

●「阿蘇災害救援ボランティア活動バスツアー」・・・熊本リビング新聞社、TKUヒューマン企画

午前7時15分市民会館前集合、定員40名。

8時30分から15時まで現地で作業。昼食、休憩あり。

帰りは内ノ牧の温泉復興のために内ノ牧温泉に入って帰る

17:30市民会館で解散。

これだと、保険の心配も要りませんし、お風呂、昼食も心配ないようです。バス代、食事代、入浴代、保険料こみで一人2000円。

これなら、ボランテイアをしたことのない、要領のわからない私でも安心して参加できますし、作業に集中できます。さっそく8月5日(日)に申し込みました。

お世話になったカルデラのコース。来年いい記録が出るようにきれいに清掃してこようと思います。どなたか行きませんか?

予約制です。先着40名。

http://www.livikuma.com/up_file/topic/1207/31120553_1.pdf

コメント (6)

マラソンCM

2012年07月25日 12時46分14秒 | インポート

「シティマラソン福岡2012」のエントリーが、5日目で5500人の参加枠を越えたそうで、今年も抽選になるようです。

フルマラソンの練習として申込しましたが、参加できるかどうかわからなくなりました。

ところで、このマラソン大会のテレビCMがあるのですが、これがとてもおもしろい。中年おじさんの奮闘記、よくあるパターンではないでしょうか。8話あります。第1話から見てください、1話15秒ぐらい。

http://www.citymarathon-fukuoka.jp/

画面の下に最新ニュース :(「シティマラソン福岡2012」のてれびCMをアップしました)というところをクリックすると見られます。

コメント

金峰三山山岳マラソン

2012年07月25日 08時32分57秒 | インポート

マラソン大会の案内が二つ来た。

ひとつは11月25日開催の福岡八女である「黒木平マラソンハーフ」。今年は中止するとのこと。今回の雨でコースが崩落し、今年中の補修は無理とのこと。

阿蘇でも「阿蘇クロスカントリー」「阿蘇サイクルマラソン」が中止になったようです。「阿蘇瀬ノ本高原マラソン」は大丈夫だろうか?

もうひとつは「金峰三山山岳マラソン」。今年で第19回、来年は20回で記念大会かな?

私がこの大会に参加したのは第11回大会から、第10回大会にもエントリーしたのだが、前日転倒してケガしてキャンセル。

44 この時はAコース参加者はたった30名くらいだった。昨年は178名です。7年で6倍にも増えています。

第13回から70名に増えて、第16回からコースが変更になり42kmになって、ランナーズに載るようになってから、119名に増加。

さらに、最近のトレランブームで、トレラン誌にも紹介されるようになり、ここ数年はAコース参加者は180名前後。

金峰三山山岳マラソンはトレラン率は20%ぐらいしかありません。ほとんど舗装された道を走りますので、トレランとは言い難い点があります。どっちかというと山岳マラソン。

しかし、トレランする人にはいい練習会にはなるでしょう。それで人気があるのかも。

昨年はCコースにエントリーしました。3位に入るかと思いましたが、7位でした。みなさん相当に速い。

今年はAコースで記録更新(4時間半切り)を狙いましょう。

(表は過去7年のAコースエントリー数)

コメント

九重16座縦走

2012年07月23日 13時13分17秒 | インポート

111 K武さんが「九重山全山縦走」を実施したと聞いて、びっくりしました。

九重連山というと、広義の意味では涌蓋山などまで含まれますので、全山というと46もの山があります。

狭義で九重連山というと久住山周辺の山だけ(図でいうと、緑18山と白2山)。合計20座。

それを少し広げると、やまなみハウウェイの反対側にある黒岩山など4つ(青の山)まで入ります。

今回K武さんはその20+4=24座を全縦走しようとしたようですが、結局時間が足らなかったようです。足らないといっても17時間半も走っています(あきれる)から充分でしょう。

私の今年の九重の目標は「九重16座縦走」・・・・24座に比べれば7割程度

今までに18座(緑の山)は登りました。今年は前回の12座縦走に大船、北大船、平治、三俣の4つを加えようと思っています。

高塚山、天狗も入れたいですが、とても私の脚力では無理でしょう。まずは16座がどの程度のものか見極めてから考えましょう。

すべて一度は登ったことのある山ですので、コースはわかっています。危険な所はさほどありませんけど、脚がもつかどうか。

雨の影響がなくなる来月ぐらいから、晴れた日曜日にトライしましょう。

★「伊都国マラニック100km(9月16日開催)」の参加者が、「てれっと」から12名!!となりました。車は上野号と有働号、木村号と準備がありますのでご心配なく。

コメント (4)

カルデラ~メダリスト

2012年07月20日 08時52分38秒 | インポート

11 今年の「阿蘇カルデラスーパーマラソン」では60歳代で4位。

3位と2秒差。メダルを取り損ねました。

ところで、カルデラマラソンでメダルをもらえるのは、総合と年代別3位以内です。

てれっとクラブの男性でメダルをもらった人は、幡手さん以外にいるのだろうかと思い、調べてみました・・・・・・意外な事実がわかりました(過去11年100kmの部だけ)

幡手さん以外にメダルをもらった人は、セイヤさん、T瀬師匠、M村さんの3名がいました。セイヤさんは40歳代で2回、師匠は40歳代で3回。意外だったのはM村さんが50歳代で2位になっておられました(8年前)。

幡手さんはここ3回の大会で5つのメダルをもらっています・・・・すごい

女性陣も調べてみましたが、案の定、小牧さんの一人舞台。

調べた範囲だけでも総合入賞6年連続。年令別入賞は昨年不参加だったのを除き、すべて入賞。1位5回。参加してメダルをもらわなかったことはないそうです。調べた範囲でもメダル15個!

小牧さん以外でメダリストは今年のS島さんと・・・

意外でおもしろかったのは、みどりちゃんと大蔵さんがメダリストになっていること。20歳代で入賞しているのですが、この年代は参加者が少なく、完走者がごくわずか。

大蔵さんの場合は完踏者は2人でしたので2位。みどりちゃんは4名がゴールして3位。4位との差は1秒とのこと。4位の人かわいそう(気持ちわかる)。

結果、てれっとのメダリストは男性4名、女性4名おられました。

順位は時の運です。K牧さんはべストタイム9時間16分出した時は、総合4位でした。そのときの3位はシナちゃんでした。

カルデラでメダルがほしいのですが、年代別は60歳以上しかありません。毎年若い?60歳の方が入ってこられます。来年取らないともうチャンスはないでしょう。

しかし、来年参加予定の60歳以上にサブ10の方が、Mさん、Aさん、Mさんとすでに3名います・・・・3位に入るのはもう絶望か!?

コメント

カルデラ~サブ10

2012年07月19日 13時01分53秒 | インポート

今年の「阿蘇カルデラスーパーマラソン100km」では、「てれっとクラブ」から男女とも総合3位に入りすばらしい成績でした。とくに女性陣は8位までに3名も入るという快挙。

3位:S島、4位:K牧、8位:N熊

それに比べて男性陣の記録がいまいちでした。昨年もぱっとしませんでした。理由は速い人が参加していないからです。

てれっとの男性陣はこれまで(21年以前)、どのくらいの記録を出していたのか、過去11年間のサブ10の記録のみを調べてみました・・・調べてみて意外なことが次々にわかりました。 

33 (表はいいタイム順に並べています。赤枠は優勝、茶枠は3位入賞)

てれっと最高記録は、今年幡手さんが出した、ダントツの記録、7時間35分。べスト4の3つは幡手さん。

8時間台は H手さん、セイヤさん、師匠、Takaさん、ら4名が10回記録しています。

21年の時はH手さん、セイヤさん、Takaさんの3名が8時間台だったようです・・・すごい

9時間台は7名が14回記録しています。この中で最も多く記録をだしている方は、なんとM村さんの5回。しかも5回の記録は12分の差しかありません。安定しています。

ここ4年出場されていませんが来年は出場されるとか、またサブ10を狙うそうですが、ちょっと問題が・・・・・参加年齢が60歳・・・やばい、また3位になれない

今年も昨年も、これらの記録を出された方々10名のうち、2名しか参加されていません。故障が原因でしょうがないですが、来年はぜひ10名全員が参加されて、上位をてれっとクラブで独占してもらいたいですね。

女性陣の記録も調べてみましたが、もうK牧さんの一人舞台。

8回中優勝1回、3位入賞5回、今年は10時間台でしたが、それまですべて9時間台。

S島さんがものすごい勢いで伸びてきましたし、K牧さんもまだスピードがあります。来年は2人で1、2位を争ってもらいたいですね。

コメント

延岡マラニック

2012年07月18日 19時42分35秒 | インポート

●Aプラン:

帰りは15時半のバスで帰り、宿泊しない。夜間走行が多くなり景色が見られない所が多くはなりますが、高千穂には午前5時半ごろに着きますので、それ以降の絶景は見られると思います。万が一、途中でバスの時間に間に合わないようになっても、バスが走っていますので(1時間に1本くらいはあります)、それに乗ってワープできます。

スタート : 17時半「光の森」駅前スタート

ゴール : ヘルスケア延岡(延岡駅より5km遠い)

帰熊 : ゴールの数時間後のバス。15時半延岡駅前発、特急バスたかちほ号

●Bプラン:

スタート : 午後8時、居酒屋「さくら」

ゴール  : 午後5時、延岡駅前

宿泊・入浴 : 延岡駅前の「ホテルルートイン延岡」

打ち上げ : 駅前の創業58年の老舗「とんちゃん」

帰熊 : 翌朝、特急バスあそ号(延岡→熊本)、 

   延岡駅前BC7:30発→11:04味噌天神(3500円)、ただしトイレなし

Aプランは15時半のバスです。ゴールは駅から5km先、時間に間に合わない可能性もあります。Bプランの方がゆっくりしていますし、途中が楽しめます。帰りのバスは11時には熊本に着きますし・・・・Bの方がいいかも

コメント