AID STATION

今を精一杯生きたい

橘湾岸100kmコースガイド

2018年10月13日 10時15分11秒 | 日記

●「橘湾岸100kmマラニック・コースガイド」

http://ultramaranic.sakura.ne.jp/18101301.pdf

昨年、橘湾岸W273kmに参加したが、島城址エイドの手前で、コースを間違ってしまった。

国道から右折して島城に向かったまでは正解だったが、何を思ったか、途中で左折してしまった。真っ暗ながら、何か雰囲気が違うと気づき、その辺をグルグル回っていたら、人影が見えて事なきを得た。

萩往還250kmでもそうだが、10回以上完踏している選手でも、コースアウトしてしまう。やはり、何回出ても、つい間違ってしまう。特に夜間や長時間寝てない時に起こりやすい。

どんなレースでも、スタートする前にコースの再確認はしておかないといけないようです。

今回、橘湾岸の100kmのコースを再チェックしていたが、萩往還のときのようにコースガイドがあったほうがいいなと思い、作ることにしました。

 地図だけではわからないことや、間違えやすい所、注意場所、目標となる建物など、走るのに役立つ情報を選手目線でまとめてみました。

1個人の考えで作っています、参考程度にご覧ください。初参加の方には役に立つかと思います。

コメント

橘湾岸317km参加基準

2018年10月12日 07時20分31秒 | 日記

「橘湾岸317km」

「317km」は本当に開催されるのか?冗談か?・・・・と選手間では噂になっていましたが、今回、参加条件が発表されました。開催は来年秋。やはり、本当に開催するようです。

1ステージで317kmというのは、日本最長マラニックではないでしょうか?300kmは「九州縦断」と同じ距離です!普通、宿泊を入れて2~3ステージで行われます。

「317kmハイパーW(H部門)」の参加条件。

・第1優先:E(217km)部門の完走者
・第2優先:W(273km)部門の完走者
・第3優先:L(173km)、P(100km)両方の完走者、3回以上参加。

スタート時間について「8時ぐらいになるだろう」と書いてあります。これは結構きつい。午前8時スタートですと、関門時間が57時間になります。

私は数回、九州縦断をしましたが、最高タイムは64時間です。7時間も違います。レースと個人ランでは違うかもしれませんが、時間の差が大きすぎます。

昨年の273kmの全選手の記録をみると、ラストの100kmには19~20時間かかっています・・・・となると、小浜までの217kmを37時間で着かないといけません。

今年の春に行われた217km(E)の完走者39名の記録をみると、全員35時間以内でゴールされていますので、217kmの完踏者は317kmの完踏の可能性は十分あるようです。

私の場合、273kmを47時間で完踏しました。ということは57-47=10時間。増えた44kmを10時間で行けば、完踏ができます。

317kmでの44kmは6時間というわけにはいきません。九州縦断300kmを数回しましたが、最後はキロ12分のペースです。44kmX12分=8時間48分。10時間に1時間余裕あり。なんとかギリギリで完踏できる程度です。

スタート時間が午前8時ならば、273kmを50時間以内で走らないと、317kmの完踏はきびしいようです。昨年までの273km完踏の選手データをみると、50時間以内の選手は48%(65名)で、半分もいません。これはきびしい。

果たして、317km、何名が完踏できるでしょうか。

コメント

橘湾岸217km~スタート時間

2018年10月09日 20時48分38秒 | 日記

来週あたりから、来春の217km(E部門)の申し込みが始まる。

来秋の317km(H部門)のエントリーに217kmの完踏が影響するとのことなので、217kmに申し込む予定。そこで、217kmの時のスタート時間を何時にしていいものか、調べてみた。

●昨年の273kmの記録を調べると・・・・

小浜(173km)の到着時間は24時間半。それに44km足すわけだらか、走行時間は7時間は余計にかかるだろう。トータル31時間半。しかし、180kmを越えるときは仮眠をとりたい。1時間半とったとして、33時間。

予定走行時間・・・・33時間となる

●今春の217kmの記録をみると・・・(表の横軸がゴール時間、24は4時間台・数字は完踏者数)

33時間台だと5時スタートなら無難。7時スタートではギリギリ。9時スタートでは絶対無理。

217kmでは273kmのように小浜で「20時まで足止め」というのがないので、遅いスタートのほうが無難でしょう。

・・・ということで、5時スタートを選択しましょう。しかし、ひょっとしたら7時スタートにさせられるかも。まさか9時スタートにはならないと思うが・・・・九爆女のXLさんは9時スタートでダメだったし。

コメント (2)

橘湾岸100km~1時スタート最高年齢

2018年10月02日 14時24分28秒 | 日記

11月の「橘湾岸スーパーマラニック100km」の資料が送られてきた。いくつか変更があるようです。

●ゼッケン番号: 希望の番号ができるそうだが、私は指していない。しかし、数年前から「28番」で固定している。永久欠番?

●ゼッケン: 「 The Golden Dragon Runner 」 と書いてある。うれしいですね。

●駐車場: 前と同じで小浜マリーナ埋立地。公民館にはとめてはいけない。

●スタートまでの待機場所: 1時スタート組は公民館。ここが一番落ち着く。

●スタート前のチェック: ヘッデン、反射板、点滅バッチ、カッパを持っていないとスタートさせないとのこと。今までチェックうけたことないが・・・

●島原城での着替え: 島原城での着替えはなし、ただし、ライト等の預りはするとのこと。

●リストバンド: 通過タイムを計るチップの代わりだそうです。初めての体験です。

●島城跡エイド: コースもCPも同じだが、エイドが国道に出た所になった。

●スタート時間と人数(右表): 0時スタートが256名と72%もの人がスタート。1時スタートは40名、2時スタートは8名のみ。

●私のスタートは午前1時。40名いるが、その中で私が最高年齢fだった。67歳で1時スタートは試練です。でも、あえて1時にされたのでしょうから、受けて立ちましょう。

楽しくゴールをめざして、がんばりましょう。

コメント

BBQ after チャリティーラン

2018年10月01日 14時21分38秒 | 日記

10月21日のクラブの練習会「チャリティーランニング in 江津湖」のあとに、BBQを予定しています。お時間のある方はおいでください。

●日にち:10月21日(日)、 この日は「出水つるマラソン」の日です

●時間 :午後2時ごろから

●場所 :田畑邸

●入浴 :車の方は自宅で入浴して、交通機関で来てください。バッテンの湯は現在改装中です。

●会費制です

●参加希望の方は「有働さん」へ連絡ください。

コメント (2)

九州横断マラニック122km

2018年09月27日 08時27分40秒 | 日記

 先日(9月22~23日)、クラブの仲間3名と、熊本→臼杵の九州横断マラニックをした。

1週間前に「伊都国100kmマラニック大会」を走ったばかりだったが、せっかくの連休、なにかしようということで、急きょ臼杵のふぐを食べるという目的で大分まで走ることに。

九州横断はこれまでに5回した。地図でコースを表記。ちなみに、九州縦断も5回。

・第1回(黄): 2008年02月 熊本市内出発→阿蘇滝室坂→竹田→朝地→犬飼→大分駅

・第2回(赤): 2008年12月 大分駅→今市街道→朝治→阿蘇滝室坂→宮地(雨で中止)

・第3回(赤): 2010年06月 熊本市内→阿蘇滝室坂→朝地→今市街道→大分駅

・第4回(緑): 2012年08月 熊本市内→高森→高千穂→延岡駅

・第5回(赤): 2014年07月 熊本市内→阿蘇滝室坂→朝地→今市街道→大分駅

・第6回(青): 2018年09月 熊本市内→阿蘇滝室坂→朝地→犬飼→臼杵

どれも、ほぼ120~130km程度の距離。時間は20~24時間かかった。

2年おきに行い、2016年もやろうと思ったが、阿蘇大震災でそれ以後は道路事情など考えて、中止していた。

今回、道も整備され(東陽大橋の開通・東海大周囲の道路)、走って一の宮へ行けるようになったので、久しぶりに大分への九州横断を計画した。

ゴールは臼杵にして、コースは犬飼からそのまままっすぐ犬飼へ向かうコースにした。これまで犬飼から北上して大分駅に行っていたので、今回犬飼から先は未知のコースになる。

●スタート: 18時、熊本運動公園、晴れ、気温24度。マラニック日和り。

●東陽大橋: 橋を渡ったちょっと先から、歩道がありません。

●栃木の階段: 橋を渡って1kmほどで国道に上りますが、その手前ににある近道の階段は、ものすごい藪漕ぎで通れません。

●滝室坂: 橋の部分が歩道がありませんが、その他は左側に広いスペースがあります。一の宮のコンビニから滝室坂終点まで7km90分。滝室坂付近が一番寒いです。今回も14度まで下がり、半袖では寒かった。

●コンビニ: 一の宮から竹田まで28kmコンビニなし。竹田から臼杵まで50kmはコンビニなし。ただし、時間帯(9時~5時ぐらいまで)ではYショップや道の駅が開いています。我々は夜、早朝だったので、道の駅は開いていなかった。

●朝地から臼杵までの道: 40kmあるが、道は下りが多く、走りやすかった。しかし、景色が単調で、とても長く感じた。

どのコースもそれぞれにおもしろいが、延岡のコースが一番眺めがよく、楽のような気がする。

コメント

マラソン大会~クリック合戦

2018年09月11日 10時00分22秒 | 日記

冬場のフルマラソンの申し込みがいろいろ始まっているが、どれも数分で終了、クリック合戦。私も、防府に申し込みをしたが、数秒足らずでアウト!

申し込み順でない大会でも、抽選にする大会が多い。熊本城に申し込んでいるが、確率50%。

公認コースのフルマラソンに参加することが至難になってきている。

全国マラソンランキングに入ることを目標にがんばっているが、その対象大会に参加できるかどうかが、わからなくなってきました。ヘタすれば、どの大会にも参加できないことも考えられます。

たまに、ゆっくり申し込みができる大会があるが、それらは公認コースでないことが多い。天草マラソンはエントリーできたが未公認。

困ったもんです。

ところで、「橘湾岸スーパーマラニック大会」が来年春の217kmの受付を10月から開始すると書いてあった。

定員は217kmと173kmあわせて300名。前回も217km117名、173km183名ほどの申し込みがあり、合計ちょうど300名。

しかし、次回の217kmは前回と条件が大きく違います。

萩往還がなくなりましたので、それらに参加していた選手が大半、217kmに流れ込むと思われます・・・・・・萩往還難民と呼ばれているらしい、私もそうだが・・・

萩往還マラ肉最終回は250kmは544名。このうち半分の方が、橘湾岸に申し込むと仮定すると、272名!

ということは、来春は217kmに117+272=389。 400名近くが申し込むのではないでしょうか。

217kmも数日で受付終了してしまうのでは?

大会側の対策として、リピーター優先枠を設けて、それを最初に受け付けるとのことだが、前回申し込んだ選手が全員申し込めば、もうそれで定員になる。残るとしても、20名ほどでは。

それと、リピーターとは何ぞや?217kmを走った人なのか、橘湾岸に参加した人全員のことなのか?

橘湾岸に限らず、他の大会でも、申し込みの方法を考えてもらいたい。早いもの順、抽選、以外に何かいい方法はないものか。

たとえば、フルマラソンなら完走タイム順に選ぶとか、ウルトラならここ2年間のウルトラの成績で選ぶとか、大会参加条件をきびしくするとか・・・・これで落選したら、あきらめがつくが・・・・ 

コメント

伊都国100kmマラニック~コースガイド

2018年09月07日 20時05分08秒 | 日記

2週間後の「伊都国100kmマラニック」の資料が送られてきた。ゼッケンナンバーは今年も「1」。何となく責任を感じる。「完踏せんとイカン」と・・・・

今回は100kmは78名。クローズの大会なので、ほとんど顔見知りの方ばかり。昨年も1昨年も台風で途中中止、コース半分だったが、今年はどうだろうか?やたら台風が発生しているようだが。天気予報では晴れマークがついているが・・・・・・

萩往還のときのように「コースガイド」を作ってみた。以下を中心にまとめてみた。

・これまで、コースアウトしたという情報がある場所

・間違えやすい所

・ランナー目線で、目立つものを記載。

・完踏するには、どこをどのくらいの時間で通過するといいか。

作っていてわかったことだが、このコース、曲がり角が多い。70か所近くある。すべてを説明するのはしんどいので、間違いやすいところだけ、写真入りで説明することにした。

このコース、初参加の人は絶対一人では、走れないでしょう。

http://www.ultramaranic.sakura.ne.jp/18090701.pdf

 

コメント

瀬の本高原マラソン

2018年08月21日 15時50分58秒 | 日記

8月26日(日)は「瀬の本高原マラソン」。第37回の老舗のマラソン大会・・・・ちなみに

「天草パールラインマラソン」は46回。  「菊池桜マラソン」はなんと63回。昭和29年から始まっている。当時は何人ほどの参加者があったのだろうか?

●瀬の本高原マラソン、コースマップ:

◆10マイルのコースを詳しく調べました。

 ・2.5kmで右に曲がって急な坂を上る。

 ・3.5kmでまた上り坂がある。

 ・4kmにも上り坂がある。

 ・4.6kmで右折。

 ・6kmから木陰の中に入る、急な下りの連続。

 ・7.3km車道に出て、緩やかな上りになる。

 ・700mほど上って折り返し。 

◆スタート地点の標高900m、 最も低い地点680m、 標高差270m

        累積高度325m

●瀬の本高原マラソンの開催状況:

山岳地ですので、悪天候でよく中止になっていました。過去12年間で4回中止になっています。

今年は台風の影響か、曇りの予報。前日は雨の予報ですから、ひょっとしたら雷雨で中止の可能性もあります。

●参加者年齢分布:

昨年の参加者の年齢分布を調べると・・・50歳台がもっとも多い。60歳台も結構多い。70歳台がなんと30名もいます。

この大会は平均年齢がかなり高い大会です。古い大会は、だいたいこのような傾向があります。

若い人たちの参加は少ないようです。山間部、10マイル、坂ばっかり、というのが影響してるのか?

 

コメント

不知火海周回マラニック

2018年08月16日 11時25分04秒 | 日記

10年前から、お盆の連休にウルトラマラニックをしてきた。今年は新企画で不知火海を一周するという、289km大マラニックを企画してみた。

http://ultramaranic.sakura.ne.jp/xa18siranui.html

100km程度のマラニックは、普通の土日でできるが、150km以上となると、ゴールしてそこで宿泊して帰るというのがいいので、3日以上休みがとれる時しかできない。

以前、熊本→宮崎194km、熊本→長崎176kmを、ゴールしてそのまま宿泊なしで、すぐバスで帰ったことがあったが、かなりきつい。

1年で長い連休がとれるのは「盆」と「正月」のみ。お盆は超暑く、正月は超寒いが、このときしか連休がとれないので、「こんな暑いときに」と言われるが、仕方がない。

*** 今回の「不知火海周回マラニック289km」 ***

以前からやってみたかったのだが、津奈木⇔日奈久間の3つのトンネルが危険で通れない。1回通ったことがあるが、危険極まりない。歩道がなく、トンネルの幅も狭く、長さが4kmもある。ここを通るランナーがいるそうだが、やめたほうがいい。ドライバーに迷惑をかける。

そこで、トンネルを迂回する道を探そうと考えたのが10年前。今年になってやっと行くことができ、道を確認できた。それでさっそく、今年やってみることにした。

ここ2年、九州縦断をしたのだが、猛暑とゲリラ豪雨であえなく2回とも途中中止。最近、天気の変化がきびしく、全行程いい天気などということはまずない。

今回も、同様だった。

●本渡~牛深 : 2日目の朝8時ですでに35度(手持ちの温度計)。昼にはナント39度になった。風があるうちはいいのだが、無風になると、サウナの中にいる感じ。

仲間にもふらついて転倒するものや、気分が悪くなるものが出て、午後のランは中止。牛深まではバスでワープすることに。

●出水~津奈木 : 3日目は長島に移ってのラン。15時ごろ出水に着いたが、気温がまた38度まで上がり、これ以上は危険と考え、残りの津奈木までは電車で移動。

●八代~熊本 : 津奈木を夕方19時スタート。三太郎峠、トンネルを通過し、4日目の朝、八代に着いたが、朝7時ですでに30度超しており、このままではお昼にはまた38度になるのは間違いない。

ということで、みんなで相談して八代で終了することに。

結局、289km走は61%の175kmになったが、不知火海を周回することはできたので、いい体験になった。来年は昼間は走らないようにして、もう一度挑戦してみましょう。

コメント