Hiro君の手作りジャズライブ・京都 Blog

寺崎純(p)を中心とする京都のプレーヤーと大阪、神戸を主戦場とするジャズメンとのブッキングを、行いたいと考えています。

天使と悪魔

2011年03月31日 22時25分38秒 | Weblog

”ダビンチ・コード」”の続編。1000円のもの。話はなかなか面白い。画像は余り良くない。一応二層だけど。
やっぱり、Blu-rayかな?でも、内容が優れていれば、気にならないし・・・。★4.5/5

コメント

シャネル&ストラビンスキー

2011年03月31日 22時24分37秒 | Weblog

昨年だったか、セル版で銀座ヤマハで売ってたけど、高かったので、文庫本だけ購入、レンタルで今回見てみた。
話は、小説と大きな違いはない。注目したのは、ストラビンスキーの奥さんが、典型的な中世の絵画に出てくる女性の顔をしていること。保守的で敬虔なキリスト教徒のイメージか。★3.5/5

コメント   トラックバック (1)

Men in Bkack

2011年03月31日 22時23分14秒 | Weblog

なぜか、Ⅱの方を先に見てしまった映画。面白かったので、3枚3000円でゲット。うーん、シリーズ2の方が面白い???★3.5/5

コメント

GIA

2011年03月31日 22時20分07秒 | Weblog

3枚3000円、アンジェリーナ・ジョリーの主演作と購入してから気がついた。これは片面1層のDVD。画像悪そうだったが、そうでもない。彼女も美人と言うより、色んな表情をする、魅力的な女優。この人はブラッド・ピットの嫁さんで子供も作ったが、結婚はしていないらしい。この女優さん、唇が厚く下口唇が大きく割れているのが特徴。目もでかい。これでピット君のハートを掴んだのか?まさか。自己破滅型のトップモデルの成功と堕落を中々上手く演じている。★4/5

 

コメント

4th Kind

2011年03月31日 22時17分11秒 | Weblog

ミラ・ジョボビッチ主演の映画。実際のビデオを併用しての映画というのは面白い。
ミラは、ついついバイオハザードのイメージが強い女優だったが、結構色んな話の主演を張っている。
ジャンヌ・ダルクも好演だったし。近くのレコード店(古い!!!)で3枚3000円で買ったものの一つ。
得した気分。知り合いに依れば、ミラは、"美人に生まれて良かった"と自ら語ったそうな。美人と言うより(まあ美人だけれど)表情に力のある女優として素晴らしいと思う。★4.5/5

コメント

Deception  彼が二度愛したS

2011年03月26日 22時34分15秒 | Weblog

ユアン・マクレガーっていう俳優、どっかで見たような。私はスターウォーズ見ないし。と思って調べてみたら、”ムーランルージュ”に出ていた。この映画もまあ、ニコール・キッドマンが綺麗かな。さて、Deception, 話の筋は、結構面白い。画像が、なぜか極端に悪いのは¥1000のせいか?まさか。
地デジ、Blue rayが当たり前になりつつある時、もうちっとDVD、旧作は安くならないかな?最も、わたしゃBlue ray プレーヤーもレコーダーも持ってない。液晶テレビだけ46インチ。近くで見ると、酔っぱらうし。

コメント

Paul Desmond plays "Emily" - Monterey Jazz festival 1975

2011年03月26日 12時34分12秒 | Weblog

http://www.youtube.com/watch?v=JkcRo7oUIro

いろんな曲を覚えないと、と、偶々ヒットしたこのYoutube動画、テーマでピアニストがコードを間違えている。9小節目、Amaj7のところを、なんと、Am.maj7を弾いている。アレンジかとも思ったが、やっぱり、この曲の肝の部分。どう考えても、間違い。Easy mistakeでしょうけど、こういうミス、ピアニストがするのは、好きじゃありません。Paul氏は顔色も変えずに吹いてる。アルトの録音、余り良くないのもチと残念ですが。この曲、クラで吹いたらどうなるのか?鈴木孝紀氏ならどうなるのか、こりゃ、面白そう。”僕、バラードはあんまり興味ないです”なんて言わないですよね。オリジナルもボサのバラードだし。今度、譜面持って行って吹いて貰おうかしら。北村英治氏、CDに無かったっけ?谷口英治氏(Oh,cute!!!)Eddie Daniels(Oh!sophisticated!!!)が吹けばどうなるかは、大体想像がつくんだけど、なんちゃって、怒られそう!鈴木氏のアドリブ、要注目!!!

 

コメント

鈴木孝紀 日本ジャズクラリネット界のHope!!

2011年03月26日 02時35分55秒 | Weblog

この前、懲りずに一緒に演奏させてもらった。んで、以前二度ほど、そんな機会が有ったのですが、最初の頃、って、4年前くらい、京都にそろそろ彼自身が出没し始めた頃、上手なのはよく解りましたが、、今回は、はっきり言わせてもらいます。スンゲー!!!!音が良いのは以前から評判だったけど、新しいクランポン・プレステージにして、マウスピースはアレキサンダー・ウィルシャー(僕と同じ、って、彼に選んでもらいましたー!!)リードはバンドレンのクラッシック、時々、アレキサンダー・ウィルシャーのリードを使っているらしい。この日のセッティング、聞くの、忘れましたー!!グスン。さて、音は、兎に角、メチャクチャ良い。嫉妬するのを通り越して、ただただ唖然。ジャズではアンナ良い音、イラネー!!と私は演奏前、発言しましたが、全て撤回、ゴメンナサーイ。技術的にもプロだから上手なのは当たり前かもしれないが、兎も角、益々上手になっているし、音も益々美しい。男前は変わらない。人柄も良い。こりゃ人気でない訳ない。

彼のアドリブは、ホントにドンドン素晴らしくなっている。オリジナリティーあふれるプレイ。既に、彼自身の語法を確立したようです。オリジナリティの確立は、プレーヤーとして一番重要なテーマ。彼自身からにじみ出る音楽性には、脱帽でした。グヤジー!!やはり、若いってのは素晴らしい。彼に共鳴出来る人は多いんだろうなー!!あふれる才能を、まだまだ磨いていく、誠に羨ましいプレーヤーだが、この地味な楽器、クラリネットの可能性を追求、彼自身の力で飛躍させる、そんな楽しみを感じるプレーヤーです。本物です。イヤー、参りました。

音良し、テク良し、オリジナリティー良し。人柄良し、男前、って、ちょっとやり過ぎじゃないの????

コメント

The Sentinel

2011年03月26日 02時33分11秒 | Weblog

キーファー・サザーランドが”24”で人気沸騰し、マイケル・ダグラスと共演した映画。まだ、若いねー!!この頃は。
このDVD、1000円で買って得した気分だったけど、2年前、”二枚買えば一枚付いてくる”というもの。
その頃の値段が1500円って書いてあるから、昔と一緒。何となく、500円にして欲しい。
中身は、面白い。

コメント

3/24Jam session at Soen

2011年03月26日 02時29分18秒 | Weblog

この日は、さすがに震災後、お客様は少なめ。それでも、熱いセッション。
エレキバイオリンの女性奏者、中々のものでしたね。
この方の弓裁きは、きっちりしていて、かなりのトレーニングを積み重ねていらっしゃることが解ります。
曲も、Night in Tunisia,Confermationと、難しい曲ばかり。
ところで、私のエレキバイオリンは、4弦はバッテリーケースが紛失したり、5弦の方は未だに駒の高さを調整していないなど、散々。ま、世のため、人のためには、私はバイオリンは止めた方が良いとは思いますが。この日、何故か疲れていたんで、やめときゃ良いのに、Buddy de FrancoのSwedish cronies、又やって沈没。でも、テナーでYou don't know what love is、アップテンポで、今までで一番良かったかな、なんて思っている内は、止められません。懲りない連中の一人のママ。

コメント

報告1.手作りジャズライブ・京都 第23弾 吹田善仁クインテット+三田裕子

2011年03月18日 17時24分17秒 | Weblog

日本が大変になっているこの時期、ライブを行うことに、いささかの抵抗を感じておりました。

Piano bar"Brera",Yukariママのご提案で、”東北地方大地震の復興支援義援金ライブ”とさせていただきました。当初、お客様数が少なかったのですが、結局、多くのお客様にご賛同いただき、ライブを行うことになりました。改めて、皆様に御礼申し上げます。

皆様のご寄付賜りました浄財、Yukariママのサポートにつきましては、義援金として納め、改めてご報告させていただきます。

今回の大震災は、プレーヤーにとっても、少なからぬ影響がありました。阪神大震災で、身内を失い、其の悲しみを乗り越えた方も。とても人ごととは思えない気持ちをお持ちでした。お客様も、現況を憂う気持ちが漂っていました。その為、かえって誠実で素直なプレイと、お客様の暖かいお気持ちが、いつものライブとは違った雰囲気を作りました。皆様の御蔭です。有り難うございます。

コメント

手作りジャズライブ・京都 第23弾 吹田善仁クインテット+三田裕子

2011年03月17日 22時50分55秒 | Weblog

  

3月17日、吹田善仁(b)糸原摩理(p)東敏之(dr)鈴木孝紀(cl)Hiro(cl,sax)で、三田裕子嬢をフィーチャーして行います。

日時:3月17日木曜日 

First set:19:30~20:30 

Second set21:00~22:00

場所:ピアノバー”Brera" 花見小路新橋西南角モトサンビルB1

チケット:6500円。完全予約制。種類限定フリードリンク

お申し込み

ブレラ075-533-3358

手作りジャズライブ・事務局090-1593-9668、もしくはju-jo@mail.goo.ne.jpまで

吹田、糸原両氏と三田裕子嬢とは、神戸のライブハウスで時々出演していました。昨年12月某団体のパーティーで本格的に演奏、そのメンバーを主体に、関西屈指の人気ドラマー、東敏之氏、関西ジャズクラリネットの雄、鈴木孝紀氏を迎え、お送りいたします。

吹田氏は、大阪、神戸で活躍する中堅ベーシスト。音楽に対する真摯な姿勢が印象的なプレーヤーです。当ライブにも、内田浩誠、谷口英治、滝川雅弘、鈴木孝紀3クラリネットセッションに参加、お馴染みです。

初登場の糸原摩理嬢は、幅広い音楽性の追求を続け、表情豊かなピアノを披露します。もんたよしのりのバックを務めると言う異色の経験も。真剣にプレイするお姿は、とっても素敵です。ステージで見とれてしまいました。

東敏之氏は、ご存じ、高い評価を受ける関西屈指のドラマーです。素敵なお人柄も相まって、男性ファンが多い!!寺崎純ピアノトリオのドラマーとしても活躍していただいています。

鈴木孝紀氏は、将来、日本のジャズクラリネットでトッププレーヤーになること必定の、イケメンプレーヤー。女性ファンが多いのもうなずけます。うん?近々CD作成の噂も。楽しみですね。世界に羽ばたく日も・・・。

三田裕子嬢、既にお馴染みですよね。赤丸上昇中。ちょっとハスキーなアルトボイス、すっかりこのライブでお馴染みです。昨年は、何度もご一緒させていただきました。最近は、京都へ出陣する機会も増えています。でも、京都初登場は当ライブですぞ。

と、言うメンバーで、楽しく、賑やかにライブをしたいと思います。フライヤーができ次第、掲載いたします。

皆様、ふるってご参加ください。

コメント

土井 徳浩(cl.sax)

2011年03月10日 21時51分12秒 | Weblog

関東を中心に活躍している若手プレーヤー。昨年、お名前を初めて伺いYoutubeをチェックしたのですが、録音状態が悪く、???でした。最近再びチェック、”野川”という曲がアップされていました。今見つからないけど。成る程、モダンジャズ・クラリネット奏者で、日本で一番Eddie Danielsに近いと言う人もいますが、その理由の一端が分かったような。Eddieの特徴的な高音のビブラート、小さく美しく吹いていることなどが確認できたような。

いずれにせよ、彼は要注目です。彼のブログはhttp://blogs.yahoo.co.jp/tokuhirodoi

追記:彼は30代半ばだそうで、若手とお呼びするのは間違いでした。中堅プレーヤーです。ハイ。是非、一度、ライブに行きたいと思っております。2011.4.15

コメント

ジャズナイト at サントロペー

2011年03月09日 22時40分50秒 | Weblog

月例のこの会。Jo氏は、でかいシンバル持ってきて、益々音響アップ!中嶋氏は長年のキャリアーで、誠実に暖かくサポートしていただけます。寺崎氏、いつも有り難うございます。

と言うわけで、この日、実は、3/17,手作りジャズライブで三田さんがSpainを歌うというので、彼女のキー、Cmで練習しておこうと思ったのですが、そこまで手が回らなかったのが残念でした。Spain,チックコリアの作で、25年くらい前、流行った曲。その当時も一生懸命、まあ、暇見つけて、ちょっとだけ練習しましたっけ。未だに多くの人を魅了するこの曲、チック・コリア自身も未だ遣ってます。要するにスタンダードになった偉大な曲。

ただ、私はチック・コリアが凄いミュージシャンであることは理解しつつも、まだ、オーディエンスとして、彼の演奏を理解、エンジョイするレベルまでは行っていません。この曲も、小難しい曲ではありませんが、当時、スペイン音楽がジャズに取り入れられていた時代を知っていても、もう一つ入り込めないような。

Youtubeでカシオペア、久保田伸などが遣っているバージョンがCmなので、伴奏代わりにしてカラオケに、近々、Go!!!Youtube,使えますねー!!でも、自らアップロードしている人たちは兎も角として、これからの音楽産業、どうなるんだろ??って疑問は相変わらずです。と、大いに利用している私でさえ、考え込んでしまったりして。でも、下手な考えナントカですが。

コメント

銀座、中野楽器、YAMAHAへGo!

2011年03月07日 22時06分44秒 | Weblog

東京出張の次の日、ルブラン・Bliss クラリネット目当てに行って参りました。折しも、ほこ天。でも何となくもりあがってませんねー!

さて、お目当てはどこにも置いていない。聞くのも申し訳ないので、諦めて帰ってきました。それにしてもBliss クラリネット、お安いせいもあるのか、試奏、中々出来ませんね。購入するお金もないので、文句は言いませんが。ネットの評価はバラバラなようで。でも、お得であることは間違いないようです。私は、この楽器の彫刻部に金粉を入れて、ゴージャスにすればカッコ、更に良くなるんじゃないかと思ってはいるのですが、って、相変わらず見た目。人間、中々進歩しないモンです。

コメント