Hiro君の手作りジャズライブ・京都 Blog

寺崎純(p)を中心とする京都のプレーヤーと大阪、神戸を主戦場とするジャズメンとのブッキングを、行いたいと考えています。

2馬力ゴムボート

2013年08月12日 19時30分54秒 | Weblog

さて、2馬力ゴムボートを下手くそサーファー救助のために買った。
仕事場でウィンドサーフィンクラブも作ったことだし。
仕事が増えた、その合間をぬって、8/10,11,性懲りもなく琵琶湖に。
土曜日は、ゴムボートの試運転。
詳細は、若いのに全て任せた、というか、丸投げしたのだが、当然、あれが駄目これが駄目。この若いの、結構横着で・・・。エンジンオイル入れるのに、缶から直接入れようとしたり、エンジンキルスイッチ、乗ってから理解したり。理系の癖して、結構力で押すタイプ。家でゴムボートを膨らました時も、嫁に人力で入れさせたらしい。尤も、奥殿も、人力ポンプを旦那と思ってなら踏み続けられたそうな。
勿論、当日は、車からエレキを弾いてきて、電動モーターで空気を出し入れした。そう、空気を抜く時もこのポンプを使うんです。若いのは、手で押して空気を抜こうとしていた。あああ!!!ちゃんと取扱説明書くらい読めよ!!!


何とか、ボートを組み立て、エンジンを装着、オイルを入れ、ガソリンを入れ、って、炎天下でガソリン入れて大丈夫か、等と言いながら、タンクをのぞき込んで入れた。爆発したらどうすんだろ??日本記録を達成した猛暑でも、爆発しなかった所を見ると、タバコを吸ったりしなければ大丈夫らしい。
さて、エンジン始動、結構苦労しながらも、エンジンが掛かり、試運転開始。
いや、予想より推進力あり。始めの10時間は慣らしが必要とかで、恐る恐るスロットルを回す。その内、音を聞きながら速度調節をしていると、半分のスロットルでも全開でも、エンジンの音程は殆ど変わらない。ま、所詮2馬力だし。
日曜日は、総勢6人で、この日は結構風、波が強く、とても、下手くそサーファーにとってウィンドサーフィンを楽しめる様な条件じゃない。私も、前記の如く体力低下で、必死。血圧上がって胸が苦しい。息も絶え絶え。
昔なら、これくらいが楽しかったのに、と、些か残念というか、グヤジイというか。
この条件で、2馬力ゴムボートは、というと、意外によく走る。出鱈目にボードを引っ張ると、って、要するに救助に行くと問題あるが、サーフボードの船首(バウ)に紐が掛かっていれば、この条件でも牽引は可能。


メンバーに、ウォーターバイクに乗れる免許を持っている人がいたが、結構楽しんでた。
彼はウィンドサーフィンも上手。
琵琶湖で中風くらいまでなら、この2馬力ゴムボートでレスキューに使える。但し、陸風の時には止めた方が良いが、この条件でサーフィンするメンバーは、我々の仲間には誰もいないから、問題にならない。
2馬力と馬鹿にしちゃいけない。
ただ、たまにエンストすることがある。もう少しアイドリングを挙げないと駄目なんだろうね。きっと。
ガソリンタンクは、可愛く1L。それでも燃費良好、一時間位フルスロットルで走っても大丈夫のよう。


エンストの時には、時間を空けて、再スタートでエンジンがかかるよう。って、これ、オーバーヒート????
どうしても駄目なら、手漕ぎで。
要するに手漕ぎで何とか陸に上がれそうなところまでなら安心していけるって事。
それにしても、免許無しで、これくらいのボートに乗れればやっぱり楽しいです。釣りにも行けそ。
今年の秋はイカ釣りだ。
海では、水冷の為、後で洗わないといけないらしい。
いくつか重要な注意点があるので、その当たりは、ちゃんと把握して乗りましょうね。お若いの!

コメント (3)

ジャズライブやってる暇がない。

2013年08月12日 19時27分44秒 | Weblog

今年度は大変な年。
2月に糖尿病が発覚、鬼嫁ダイエットで治したと思ったら、次に高血圧。腹が減るから、酒飲んで誤魔化そうとして、塩分取りすぎーーー!!!降圧剤を飲み始めた。年だもんね。その一方、いい年して、仕事が倍増。一週間経つのが早いこと早いこと。楽器の練習もままならず、年に相応して朝起きだけは一人前以上。
その一方、ちょっと暇でウィンドサーフィンに行ったら、行きはよいよい帰りは怖い。何と、一端セイルを落としたら、セイルアップが、筋力、握力の低下で出来ない。昔、小さすぎる、スピードが出ない、と馬鹿にしていたセイルがアップできない。それに、ボードにはい上がるのは、二度が限度。これじゃ命に関わる。リタイヤするか、もう一度筋トレして、ダイエットして、持久力アップして挑戦するかの岐路にたたされて。36歳の時、殆ど体を動かさずに仕事に没頭、中学の時に二回滑って、余りのつまらなさにチャンピオンコースに行った事のある、初心者コースを二回滑ってへとへとになって、リフト一日券を捨てて、お宿で寝ていたことを思い出す。まだ、何とかなるかな。ギグを、カーボンファイバー製の軽いものにかえれば。なんちゃって。大蔵省はこの申し出を完全無視。却下!!!
まあ、2馬力ゴムボート、買って貰った所だし。

コメント (2)