Hiro君の手作りジャズライブ・京都 Blog

寺崎純(p)を中心とする京都のプレーヤーと大阪、神戸を主戦場とするジャズメンとのブッキングを、行いたいと考えています。

Midnight Sun Live 7/23 鎌田恵(P)、浅井あきこ(Vo)、Hiro

2011年07月29日 20時31分34秒 | Weblog

久しぶりの鎌田恵さんとのコラボ。イヤー、楽しかったなー!!!!!この方、気っぷの良い、元気印のピアノです。そもそも、性格が明るく気っぷも良く、元気印。ジャズプレーヤーは、やはり演奏に性格が出てくるのかなー?以前もご一緒する予定があったのですが、私がドタキャン。ゴメンナサーイ。

思えば、長い間、恵ちゃんとはご一緒出来ませんでした。でも、以前にも増して、魅力的なピアノ。良いですねー!

そこに浅井さんのしっとりしたボーカル。わ、私はー、ゴ、ゴメンナサーイ!!でも、ホントに楽しかったなー!!

この日は、K氏、Maru氏も交えての楽しいライブ。この際、バイブも遣っちゃエー!!と、久方ぶりにバイブも演奏。でも、長らくさぼっていたため、中身は、ウッスー!!お邪魔しました。

メグちゃんと、K氏と打ち上げ。いろんな話に花が咲きましたー!!!!又やりたいなー!!!

 

 

コメント

お知らせ:赤穂美紀スペシャル・ライブ+西村 泳子(vl) 手作りジャズライブ・京都 第25弾

2011年07月14日 19時19分25秒 | Weblog

日時:平成23年7月14日木曜日
    開場:19:15
    First set:19:30-20:30
    Second set 21:00-22:00
場所:ピアノバー”ブレラ(Brera)”
    花見小路新橋西南角B1
    電話:075-333-3358  フリードリンク 6500円

 

久しぶりの赤穂美紀さんの登場です。
今回は、バイオリニスト、西村 泳子嬢をフィーチャーしてのライブです。
ラテンのボーカリスト兼実力派ダンサーである美紀ちゃんは、新生バンド”Akomiki"結成以後、益々進化しています。オーソドックスなラテンから、モダンなラテンに、時には難解なものにも突入!!いろんなシチュエーションでのパーフォーマンスを重ねています。
元気印の美紀ちゃんと、初登場の西村嬢、一体どんなライブになるのか、今から楽しみです。
どうぞ皆様、ご参集下さい。
赤穂美紀(vo)
谷本 ナオキ(p)
北出 裕一(b)
柳 佑樹(dr)  以上”アコミキ(Akomiki)”バンド
西村 泳子(violin)

コメント

時計仕掛けのオレンジ

2011年07月11日 22時28分46秒 | Weblog

この手の映画は、苦手ですが、スタンリー・キューブリック監督の力作。詳細は以下に、秀逸な解説があります。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%99%82%E8%A8%88%E3%81%98%E3%81%8B%E3%81%91%E3%81%AE%E3%82%AA%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%B8

コメント

月例 ジャズナイトatサントロペー

2011年07月05日 20時19分12秒 | Weblog

月例のジャズナイト、ホストは寺崎純(p)中嶋明彦(b)Joe(dr)Hiro(cl.sax)

この日は、お客様も多く、ノリノリ。さて、私は鈴木孝紀氏のオリジナル、”Violet"を演奏。この曲、如何にも簡単そうで、実はジャズメン作曲ならではのコード進行がBridgeの部分にしっかり組み込まれている。ここをどうアドリブするかがポイントなんだけど・・・・、解りませーん。もう少し勉強してみて、解らなければ、教えて貰おう。この曲のアドリブ、寺崎氏、さすがの演奏。実はどうアドリブするのかちょっと質問したけど、禅問答でした。何れ、寺崎純ピアノトリオで、鈴木氏をフィーチャーしてのライブ、遣りましょうと”纏まりましたー!!”鈴木氏との演奏は、前回、はねつけられるような圧力を感じ、もう二度と遣らないと心に決めたのですが、9月、又、遣ったりしてー!北村英治氏と初めて演奏させていただいたときのド迫力は、今も忘れ得ない人生最高の体験ですが、鈴木氏とは数回、演奏させていただき、まあ、なんとかついて行けると思った矢先、3月のライブでの素晴らしいアドリブ、美しい音に感銘を受け、且つ、圧倒され、参りましたーー、の心境です。彼は既にサイドメンとして、4枚のCDに参加、若いながらも、高い音楽性と美しい音が既に評判のプレイヤーですが、見栄えは勿論、人柄も魅力的で、今後、益々楽しみな逸材です。この曲、リバーブ(エコーという方がわかりやすいかも)しっかりかけて演奏、好評でした。手作りライブでも、彼の人気は上昇中。9月は彼がリーダーでのライブですよ。

二回、連続参加できなかったこの会、やはり、とっても楽しく演奏に、歌伴に夜は更けていくのでありましたー!!

コメント

総合格闘技 桜庭、シウバ、ヒョドール

2011年07月04日 20時53分09秒 | Weblog

私のアイドル、桜庭和志が田村潔司に負けて以来、精彩を欠く様になった。それ以前も、膝の調子が悪く、見ていて痛々しいときもあった。その後、日本人のスターはぽつぽつ出てきていたが、興味が次第に薄れてきた。(とは言っても根が好き者で・・・。)思えば、桜庭の偉大さは誰にも負けないくらい理解しています。その好敵手、バンダレイ・シウバが引退するという。ネットをチェックすると、ヒヨドールも2連敗で引退のよう。うーん、時代は移るなー!!桜庭が体がぼろぼろ(特に膝と耳、肋骨骨折もトンデモナイ重傷だった。)其れでも、頑張る姿は、まさに中高年の★だった。桜庭が何回遣っても勝てなかったバンダレイ。凄い顔してたけど、鍛え上げた肉体、スポーツマンシップ、これも素晴らしかった。ミルコとの一戦も歴史に残る。誰も勝てなかった、冷徹なヒヨドール、南都に連敗。いよいよ引退か?!!!Youtubeで見たが、まだまだ彼の力はこれでは終わらないと思うのだが。

コメント

Zoom Q3HDをゲット!

2011年07月02日 04時36分34秒 | Weblog

ウン才の誕生日プレゼントに、貰ったー!!

この器械、音もとれればハイビジョンでの映像も撮れる。ま、映像の方は兎も角として(そりゃ、ハイビジョンビデオカメラのようにはいかんわな!私は持ってないけど。)、これでレコーダーが二台。問題は、共に電池が余り持たないこと。Q3HDは2時間くらいらしい。まっ、イッカ!この商品、取説もアバウト、アバウトさが売り物らしい。私のようにアバウトな人間にはこの方が良いかな。これはちゃんと蓋も閉まる。

これでYoutubeにドンドンアップロードなんて、ま、人の迷惑を考えると大人しくしておいた方が身のため。人のためですが。

さて、SDHCカード、32Gまで付けてくれた。Transcend class 10のもの。以前、odata SDHC8GB class6を、TASCAM 2dだったっけ、の為に購入したのは良いが、なんと、ファイルエラー頻発、電池の蓋までふさがらない。これでは開いた口がふさがらないとガックリだったが、このSDカード、Q3は使えます。ウシッシ!!

この機械、神戸の某ライブハウスで評判だとかで、ワイフが嫁に買わせたらしい。TASCAMに比べ、多機能となっているので、音質は落ちるかもしれないが、悪くない。TASCAMも音は良い。タダ、セッティングにエネルギーが要り、演奏に神経使ってて、セッティングするのは実は苦痛。その為、ライブビデオも人に頼んでいる。でも、Q3なら楽。オッサンの映像など不要と思っていたが、楽器の吹き比べ、レコーダーだけでは、何吹いてたか、忘れてしまうことがあり、以前困った経験があるが、これならお手軽で、その辺も解りやすい。兎に角、お気楽、お手軽に録音録画するには、とっても良さそ。パンツイッチョで録画録音して、ワイフに見せて呆れられたけど。勿論、録音だけでも出来ますよ。と言うわけで、何かと便利そうなQ3HDでした。ただ、作りは、他のサイトのレポートにもあるとおり、安っぽい。でも、超軽量。この手のコンセプトの物はこれで良いんでしょうね。世の中、良い製品、出てきてます。

TASCAMとの音質韋駄天チェックも何れ、レポート!!?

コメント

Midnight Sun Live 6/25 at Kitanozaka,Sannomiya

2011年07月02日 03時40分42秒 | Weblog

吉尾敬彦(P)、佐川明子(Vo)、浦田和史(B)のライブに乱乳。この日は、私のウン才の誕生パーティーの二次会。佐川、浦田ご両人は今までに何度か遊んでいただいたことがありますが、吉尾氏は初めて。彼のCDはお聞きしたことがあります。

突然、できあがったオッサンの乱入、とまどわれたようですが、ハッピーなピアノ。真面目な浦田氏もノリノリ。佐川嬢もガンガンにフェイクしたりしてー!!このメンバー、とってもハッピー。手作りライブで遣ろうと盛り上がりましたー!!

最近は、ラッパ吹くのに酒は飲まないのですが、この日は、日本酒たっぷり。演奏は息も絶え絶え。でも、楽しかったなー!!大変お邪魔いたしました。

コメント

男と女の不都合な真実 the Ugly Truth

2011年07月02日 02時46分46秒 | Weblog

2009年の作品。西友で、なんと¥500でゲット。ジャンヌ・ダルクと同じく安い、良い。主演のキャサリン・ハイグル、可愛い、色っぽい女優。ジェラード・バトラー、どっかで見たことある、300???と思ったら、その通り。結構新しい映画。

この手の軽いLove comedy、見ていて楽しい。何で500円なのか解りません★4.5ヶ

 

コメント