JO7TCX アマチュア無線局

せんだいSD550   特小・DCR 山岳移動 

スパイダーコイル 立体巻き

2021年04月04日 | コイル作り


 スパイダーコイルの型枠というのはたいがい厚紙を切り抜いて作るので強度的にはいま一つです。aitendoで扱っている型枠はプリント基板と同じ材質のようで、試しに購入したところけっこうな強度がありました。これならばということで、以前に考えてそのままになっていた立体巻きを試してみることにしました。


<材料>
型枠 aitendo SPL90-15 直径9cm 羽15枚
線材 0.35mmポリウレタン線
ベーク中空パイプ 長さ1cm
自在ブッシュ 溝4個






 型枠2枚を使い約1㎝の厚みを持たせた構造とします。中央と15枚の羽根先端に3mm穴が開いており、そこに長さ1cmの中空パイプを接着。乾いたらもう一枚の型枠を貼り合わせる。中空パイプは数カ所のみで良いかと考えていたのですが、パイプ無しの羽にたわみが生じることがわかり、すべての箇所に取り付けることにしました。今回も自在ブッシュを両面テープで貼り、分割巻きを採用。これで枠完成。あとは線材をブッシュの溝に沿って巻くだけです。溝が4個で枠の直径も小さいことを考慮し、1つの溝に10回巻きとしました。分割巻きは2度目ですが、厚みがあって前回以上に巻きにくく、集中力が続きません。油断すると溝を間違えてしまうのと、何回巻いたのかわからなくなります。溝に通すたびに目視しながら巻き進めました。最後の溝に10回巻いたところでインダクタンスを測ってみると109μH。思いのほか上がってくれません。追加でさらに5回巻いて168μH。これで良しとしました。中間タップは容量的に意味がないので付けませんでした。45回巻き。








 横から眺めるとバスケットコイルを平たくしたように見えなくもありません。立体的な巻き方により浮遊容量が抑えられ分離も良くなるのでは?

 ゲルマラジオ実験ボードにつなぎコイル単体で室内受信してみました。厚みが1cmあるので自立します。慎重にバリコンを回すとNHK仙台第一がかすかに聞こえてきました。弱々しくほんのかすかです。コイルの方角を合わせ41ほど。最大限に集中し話の内容が了解できる程度。窓際で少し上がり41~51。以前、10cmの薄い型枠にリッツ線を巻いたことがあり、その際は音声の片りんも聞き取ることができませんでした。それに比べると少しマシかな、といったところです。エアコンアースに接続したところだいぶ聞きやすくなったものの、仙台第二放送は受信できず、分離の良し悪しまでは確認できませんでした。








 今回は手間がかかったわりには期待したほどではなく、ちょっとがっかりな結果でした。ただ、この型枠自体はいろんな巻き方ができそうで、また何か試してみようかと思います。






コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 分割巻きスパイダーコイル | トップ |   

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (おかざきKG295)
2021-04-10 20:59:59
お元気ですか?
暖かくなって、山も登り易くなりましたね。

ところで、明日(4/11)みやぎの皆さんとC4FM&LCRで遊ぶ約束をしています。私は、一応、麓山に陣取るつもりでいます。DVも持っていきますので、よろしかったら、430DVでQSOしませんか?
お昼前後、433.320DVをワッチしています。(たまに、同周波数でCQも出します。433.300はC4FMで使う予定です。)
おかざきKG295さま (JO7TCX)
2021-04-11 05:23:26
せっかくのお誘いですが出られそうになく、なかなかタイミング合わず残念です。麓山いいですね。気を付けておでかけください。25日以降から連休にかけては近場の山でも登ろうかと考えています。その際、機会がありましたら430DVにてよろしくお願いします。      

コメントを投稿

コイル作り」カテゴリの最新記事