かぶれの世界(新)

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

(迷想)トランプ大統領の最後の日の予言が出始めた!

2018-09-07 15:22:30 | ニュース
今日送付されてきたニューズウィーク日本版のニュースメール(9月6日付)はかなり衝撃的だった。トランプ大統領の無能さについてBウッドワードの新著「Fear(恐怖)]の紹介と、ニューヨークタイムズに掲載されたトランプの暴走を阻止する政府高官の匿名記事が2本、冷泉氏の中間選挙予測と大統領弾劾の可能性についての総合的な展望など、殆ど反トランプ記事が満載されていた。

よくよく読むと何れも新聞等に断片的なニュースとして報じられたことがある。だが、現職大統領に不利な記事をこれだけ纏めてニュース週刊誌に報じられるのは珍しい。Bウッドワードは私が信頼する第一級のジャーナリストで、ウォーターゲート事件でニクソン大統領辞任まで追い詰めた。彼は関係者の発言を積み重ねて事実を追求する独特のスタイルをとる(日本の「かもしれない連発」評論家とは大違い)。

記事を総合すると、トランプ大統領は小学生並みの知識で首になった側近を含め政府高官は彼の暴走を何とか食い止めようと日夜努力している。首になったプリーバス元主席補佐官から現役のケリーやマティスまで痛烈な論評が引用されている。一方で大統領自身「弾劾される危機」を認識して回避すべく中間選挙の勝利に必死で注力している。

さて、その中間選挙だが冷泉氏は現在僅差の上院より下院の方が民主党が勝つ可能性が高いとみている。最近の世論調査では大統領不支持率が60%と頻繁に報じられているが、選挙になると勝敗は微妙だと思う。今迄も何度か指摘されてきたが、一つは民主党に不利な選挙区の問題、もう一つは民主党支持者(非白人・女性・高学歴)の投票率が必ずしも高くないのだ。

加えて民主党のサンダース大統領候補に代表される左傾化が無党派に嫌われる可能性がある。これについては民主党内に中道に引き戻そうという動きがあるが果してどうなるか。共和党にとっては経済が好調で株高が続く現在を維持するのは必須だと思う。総合すると私は民主党有利とはいえず勝敗は微妙で、直前に何か人目を惹く大きな事件が影響するだろうと私は予測する。

何れにしても、トランプ大統領の足元の政府内から悪いニュースが次々と暴露される事態は初めての異常な事態だ。通常なら末期的状況といってよい事態だが、トランプ氏の場合は馬鹿というか鈍感というか特別な神経をしている(というか、神経がない)のでどうなることか。一言、めげてない。

あのニクソン大統領でも到底追いつかない無神経さだ。だが、普通に考えれば彼は追い詰められているはずだ。彼にも最後の日が見えて来たはずだ。WP、NYT、CNN、FT、WSJ、… 皆そう思っているが、所詮彼にとってはフェイクニュースだ。ホワイトハウスは匿名記事の犯人探しを始めた!■
ジャンル:
海外
コメント   この記事についてブログを書く
« やっとピークを過ぎた猛暑 | トップ | チョット一休み ラ・ラ・ラ... »

コメントを投稿

ニュース」カテゴリの最新記事