かぶれの世界(新)

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

身近に迫る友の死

2018-05-13 15:13:25 | 日記・エッセイ・コラム
一昨日いつもの様に川沿いの道を散歩していると、見知らぬよぼよぼのお年寄りから声をかけられた。声の主をよく見ると懇意にしていた集落に住む先輩だった。私より3歳年上の運動万能の野球部の先輩で、私が中学に入学した時卒業したので一緒にプレーしたことはない。

その後地元の大学を出て農業試験場で働き、退職後は長く地区長を務め母もお世話になった。近年余り見かけなくなり、癌の手術を受けたと聞いていた。近況を確認したのち、彼は熱心に我が家の家系のことを聞き出した。実は義母の法事に行った時も同じような質問を受けた。

こういう言い方は失礼だが、人は自分の将来が見えて来ると逆に身近な人の家系や歴史を知りたくなるのではと思った。今度は肺気腫になり医者からそう長くないと告げられていると彼は淡々と言った。話しているうちに体力が続かなくなったようで、彼は堤防の斜面に座り込んでしまった。彼の話は大袈裟ではなかったようだ。

実は2週間前に彼と同い年で、懇意にしていた先輩が2月に急死したと聞きショックを受けた所だった。彼は松山市で先端電子部品の輸入商社を経営しており、何度か事務所に伺ったことがある。昨年、偶然会った時も元気な様子でどこにも異常がある様には見えなかった。

聞くところでは本人も含め亡くなる前までそんな気配はなかった。孫の運動会を見に行きその場で心筋梗塞で倒れ亡くなったという。子供は4人とも女性でやっと後任の社長が決まったそうだ。彼を良く知る人は若い頃松山市の盛り場で遊び惚けたのが遠因ではないかという。噂とはそういうものだ。

私の散歩コースはこういう話があちこちで聞ける情報源の塊だ。加えて話好きで誰とでも友達になると自称する私は、普段なら聞けない深い話も漏れ聞くことがある。先日脳梗塞になってリハビリ中だという老人につかまって、聞きもしないのに発症から治療を受けリハビリまで詳細に説明してくれた。

私が死ぬのもそう遠くないかも知れない、いつかそうなる可能性があるのは認識している。彼の経験は貴重で参考になると思い最後まで彼の演説を聞いた。二人の先輩の話を聞くまでもなく、彼等の死は単なる話題ではなくなった。だとすれば何をやる?その答えは見つからない。■
コメント

法事が続いた宴の後

2018-05-06 16:32:36 | 日記・エッセイ・コラム
華やかな暴風
先週初めから家内に加え子供達とその家族が東京からやってきた。義母の一周忌に合わせ7月に死んだ母の三回忌を頼み込んで前倒しして貰い、4日5日に連チャンで実施する法事に参加するためだ。孤独な私の田舎暮らしが花が咲いた華やかさと暴風が吹き荒れた騒ぎで賑わった。

義兄の17回忌を兼ねた義母の法事は昔風の儀式で坊さんが3人もいて長いお経が続き、お経の途中から焼香が始まった。家内の実家は我が家に比べると多産系の一族で、参列者は数人の親戚と義母の子供・孫・曾孫の七割程度でもお堂が一杯になった。一方我が家はその逆で子供お孫も合わせて両手で足りる上に家族葬の流れで親戚も呼ばずこじんまりしたものだった。

近況を確認
義母の法事では施主の義兄から、我が家の法事を前倒しをしてくれたので東京からの家族も参加してくれたと感謝された。実際は子供達には無理をしなくともいいと伝えていたが、子供達が自発的に参加してくれたもので私も彼等に感謝した。彼等や孫達も同じ年頃の人達と一緒に楽しめたようだ。

私も参列した方々に挨拶し、話の合う同い年の義兄と近況を確かめた。彼は退職後プロ並というかそれ以上の農業活動をしているらしい。また薬品会社に勤める家内の甥からシャイアーの買収について議論を戦わし、同年配の親戚の方に聞かれ我が家の一族の歴史について詳しく説明した。

私は長曾我部氏が滅亡し山内氏が土佐の支配者になった時逃げて来たと説明したが、後出する和尚は法事のお経の後で一族のお墓の前で歴史を語り、長曾我部氏四国統一時に当地に来てそのまま土着したという。米子から転地されてきた大名加藤氏は刀を捨て農民になる条件で許したと言われている。

住職とは寺の庭を石庭風に作り変えたのを褒めると、次々と面白い話を聞かせてくれた。東福寺の副議長に出世した今故郷の小寺と京都の東福寺を行ったり来たりと忙しいらしいが、私には京風の白砂の入手が彼の最大のテーマみたいに聞こえた。色々な人と話が出来ただけで良かったと思う。

和尚と施主の競争
翌日は我が家の母の三回忌で、出席者は私達夫婦と子供2人と孫3人に義弟のみで質素で静かな法事だった。いつもの様にお経の後何も言っているか定かでない説教を聞き、西側の山にあるお墓に向かい急な階段を昇って行った。79才になる住職の足元は定かじゃなかった。

聞くと登りが特にきついらしい。私も膝が痛いが彼は息が続かないようで、短い坂の途中で休みを入れて何とか我が家の墓まで辿り着いた。先年癌の手術をしたはずだが、今度は肺気腫だと自分で言われた。次の法事(七回忌)は和尚も私もないなと思った。今まで冗談で次はどっちかと言い合っていたが、どうも和尚が先になりそうだ。私も自信はない。後は子供たちの判断に任せるしかない。

暗転
家族との最後の夜イタリアン(と思っていた)を食べに出掛けた。ところが、メニューにはミートソースとクリームパスタだけ、ピッツアが5種類もあり、カレーライスとかなんでも出す洋食屋に変身しておりちょっとがっかりした。味も期待した通りではなかった。そこから運勢が変わった。

その帰りに家内が言い出してワインを買いにショッピングセンターに立ち寄った帰り、高速道路下の通りに出る信号が黄色から赤に変わる時強引に交差点を左折した。そのとたん後方に点滅する光が見え、途端に今迄の楽しい家族との会話が暗転した。その先の広場に停められ信号無視の9000円の罰金を命令する切符を切られた。2点減点でゴールドカードカードから青色に変わる。

パトカーに乗せられ事情聴取された後、罰金を払っても3ヵ月間注意せよと警告を受けた。免許証の情報を書き取っているのを見て米国ではその場でコンピューターで免許証を確認していると言うと、聞かれてワシントン州とカリフォルニア州だと答え当時の経験を説明した。話をしているうちにがっかり気分が普段の話好きに戻り少し立ち直った。最後に私らしく「お仕事ご苦労様です」と言って家に向かった。家内も嫁も同情する言葉の裏で下を向いて少し笑っていると勘ぐった。

孤独な生活を再開
家族全員が東京に向け夫々に我家を出て行き、田舎の家で孤独な一人暮らしを再開した。家内や娘と嫁が汚いとか臭いと言いながら実家の気付いたところを清掃し綺麗にしてくれた。残してくれた食料や残り物で暫くは手抜きしても食事には困らない。

賞味期限は気にしない。気を付けるべきは好物の甘い物を沢山残してくれたことで、少しづつ注意して食べて行く積りだ。私の気分を反映したかのように午後から雨が降り始めた。夫々に東京に戻ったり、松山の旅館に一泊したりした家族からLINEが入った。一安心した。■
コメント

今も役立つ異文化交流教育

2018-04-21 18:34:08 | 日記・エッセイ・コラム
30才前後に受けた社員教育「異文化交流」は未だに役に立っている。中でも上司が言った言葉「相手の言葉で自分の主張を説明し理解を得よ」と「交渉相手が自分の組織に戻り認められる合意を目指せ」という教えが鮮明に記憶に残っている。1970-80年当時、海外の会社とのビジネスが増え交渉する状況を想定して社員教育を計画したものと思われる。

それから数年後に私も管理職になり海外の企業や社内部門と交渉する立場になった。その件については別の機会に紹介するとして、本記事では仕事以外の私生活の局面でこの教えが役に立っていることを紹介する。この教育の効果だと思うのだが、私は大抵の場合どんな人とも比較的早く打ち解けて仲良くなれる。老若男女、国内外の誰とでも気にすることなく話しする。

私は国が違わなくとも人は多少とも異文化圏にいると思って接している。田舎にいると誰でも見かけると、挨拶し、知人なら近況を聞き、冗談の一つでも言って笑わせる。17日に投稿したように集落で孤立している再婚女性と土地の情報交換する中になり、彼女の愚痴を聞き何故馴染めないか聞き出した。それを頭に入れて徐々に集落に溶け込めるように助力したいと思っている。

彼女の様に孤立しているか、或いは口数の少なく難しい人もいる。前回紹介した老境に差し掛かった独身男性が数年前から仕事をしなくなり周囲を心配させている。数日前に地区の元班長にうつ病で精神科にかかっていると聞いた。今日散歩の後彼の家の前で会った時、元気かと声をかけると彼自ら「職場環境の変化でやる気を失い医者にかかっていた。先生はもう大丈夫、あせらず時間をかけて新しい環境に慣れよ。」と言われたそうだ。私は「皆、気にしてくれてるよ。何でも相談してね。」と勇気づけた。これまでは何で仕事もせずブラブラしているとしか思ってなかったが合点がいった。

田舎の集落内の人達も話してみれば夫々に異なる背景の下で暮らしている。先日紹介した犬連れの夫人はこの地域の人達の「大洲人気質」そのものが馴染めず嫌な思いをしている様子だった。私も彼女と同じような体験をしていたのでその悩みが理解でき、その理解を基に悩みを聞いてあげるとすごく喜んでくれた。これはもう善悪の問題ではない、文化の違いだと理解しないと対応が難しい。

米国シアトルで暮らした時には庭の手入れや洗濯はヒスパニックと呼ばれる中南米からの移民に頼んだ。滅多に顔を合わせることもなく、籠かなんかに支払の小切手を置いておくと翌日なくなっている関係だ。カリフォルニアに移った時は工場内の掃除を就業時間後にヒスパニックがやっていた。遅くまで残業した時、私は彼等を見つけるとニコニコ笑って挨拶しねぎらいの言葉をかけた。普通そういうことはしないらしいが、皆夫々の場で自分の仕事をしていると思えば私には同じだった。

銀座でフリーハグ運動をしている若いお嬢さんを見つけたら躊躇なく抱き着くのも同じ。美人だけ特別声をかける訳ではない。車椅子で買い物をしている女性を見つければ手助けが必要か申し出るし、交差点にいるお年寄りを見つけたら信号が切り替わる前に渡りきれそうか様子を見る。田舎で外国人観光客を見れば下手な英語で楽しんでるか声をかける。知らないオジサンに声をかけられても大人も子供もあまり警戒感を見せないのは、長年の習慣でそうなったのかもしれない。

やたら誰にでも声をかけ相手が何を欲しているのか理解しようとするのは、遡れば40年前受けた「異文化交流」教育がその後の環境で身に着いたからだと思う。その私が最近驚いたことがある。小2の孫に比較的複雑な言い回しである抽象概念を説明した時、一瞬にして私の言おうとした要点を理解したことだ。私の異文化交流教育が一瞬にして乗り越えられた気がした。■
コメント

田舎暮らし雑感2018(1)

2018-04-18 09:16:53 | 日記・エッセイ・コラム
恒例の「田舎暮らし雑感」は暗い話題からスタートする。今回は複雑な田舎の世代間人間関係を解きほぐそうという努力をしてみた。

限界集落1
隣の家の奥さんが挨拶に来て、その後長々と世間話をした。ご主人は向かいの家の孫と結婚し2人の子供を儲けたが、後に離婚し再婚したのが彼女だ。彼女も二度目の結婚で20代の女の子がいるという。再婚して何年も経つが、彼女は集落の誰とも付き合いがなく孤立しているように見える。

私(多分私だけ)は彼女とも普段から別け隔てなく話をし、何とか周りの人達と付き合えるよう気配りしている積りだがうまく行ってない。未だに隣にどんな人が住んでいるか(後で説明する)知らなかった。今回は彼女は打ち解けて集落の人達、特に老女達の悪口を聞かされた。

老女達は80-90代で今更あれこれ気配りして発言しなくともおかしくない。彼女等に悪意が無くとも、よそ者の再婚女性が悪意と受け取ってしまったと思う。聞くと中々険悪だった。再婚後向かいの家から覗かれないよう高い塀を作ったり、車を回す為に広い庭を使いたいとの申し入れを断ったりとか。

再婚後残された子供達を手放した際のやり取りがこじれた原因の一つのようだ。かなりの後遺症が残っている様子だった。実家が裕福でBMWの大型車を乗り回し、やや見下した感じがするので近所のオバサン達(老婆というべき年だが)も煙たいのかもしれない。

だが、疎外されたと感じる彼女の気持ちも良く分かる。この集落は一人も子供がいなくなり彼女は限界集落だと吐き捨てた。老婆とやや若い独身の中高年男性ばかり。我が家のように老人は死に子供は全員都会に出て行き空き家になった所はまだないが、他の家も有力な予備軍だ。

大洲人気質
まだ高尾山で傷めた膝の具合が悪いのだが気分転換を兼ねて川沿いの道を散歩した。途中で時々見かけたことのある2匹の犬を散歩させている中年婦人を見かけた。私の顔を良く覚えていて最初は犬を去勢したら太り始めたとか世間話が続いた。私も膝が悪いものだから彼女に合わせて歩いた。

何かの拍子で新居浜に住んだことがあるというと、彼女も東予(愛媛県東半分のこと)出身でここ(大洲)とは天候も気質も全く違うと言い始め話が弾んだ。天気予報が晴れなのに昼まで霧に包まれている。了解してくれたはずなのに何時までも忘れず根に持っている、何でも丁寧に「お」を付けて言うが相手の意志がはっきりしない、反対せず分かったと言いながら後で反対する。

私が数年前に投稿した記事「大洲人気質」と同じ事を彼女は指摘した。同感だが私はそんなものだと思っても、彼女は許せない。ご近所との付き合いは何時まで経っても馴染めないそうだ。ご主人は福岡の出身だが勤め先は海沿いの伊予市で、1日中ここにいる彼女とは苦労の度合いが違うのだろう。

私は同じ伊予市から嫁いできて苦労した母の話や盆地気候の米沢でも同じ傾向があるとの話を紹介した。わかれ際に「また、愚痴を聞いて下さい」と言われた。彼女の悩みを理解して聞いてくれる人が周りにいないのだろうと思い、「もちろん、喜んで」と返事した。

限界集落2
その散歩の帰り道に何人か別のオバサン達に会い、大袈裟に帰郷を歓迎して貰った。お土産までもらった。滅多に会わなくともここで育った私はよそ者ではないということだろう。話の長い彼女達に別れを告げ実家に向かうと、やっと私より若い集落の元班長にあい最近の地域の状況を聞いた。

最初の話題は30年ぶりという大雪だったが、気になったのは冒頭に出て来た隣の隣の家の中高年兄弟だ。二人とも独身でとっくに結婚適齢期を過ぎている。兄は母が死ぬ前にご両親が続けてなくなり全てにやる気がなくなり、家に籠るようになったという。うつ病の気があり精神科に通っているという。

弟は真面目で外に働きに出ているが農業は出来ないらしい。相続した田畑は放置されていたが、最近は誰かに頼んで耕作されている様子だ。この二人が結婚する可能性はほぼゼロ、どう考えても将来は悲観的にならざるを得ない。更に問題は兄弟がこの集落全体を象徴している様に感じることだ。

その斜め隣りの大きな家に少し希望を発見した。何年も前に離婚した息子と付き合っているという若い女性に会った。いやに離婚再婚が多い。結婚前だが彼のお母さん(お婆さん)公認のようだ。私は積極的に自己紹介してこの集落にいい感じを持ってもらうよう私なりの努力をした。この集落唯一の希望の星だ。■
コメント

甦る母の教え

2018-04-14 18:10:38 | 日記・エッセイ・コラム
今年から二刀流でMLBに挑戦した大谷選手の大活躍がまだ続いている。本人だけでなく日ハムの起用法から始まり、高校や少年時代の野球コーチの育成方針や両親の育て方まで根掘り葉掘り調べて報じている。プライバシーは全くなくなったが、活躍している間は悪いニュースが流れてこないだろう。我が家と違い両親のケンカを子供に見せなかったそうだ。

ニュースを見て私も母から教わったことを思い出した。何故かこぴっどく叱られたことだ。小学生の中頃までだったと思うが、気が短い母に頼まれた庭の草引きや掃除などの用事を忘れると何度もゲンコツを食らった記憶がある。だが、母より私の体が大きくなるといつしか体罰されなくなった。

中学生になった頃だったと思うが学校で教わった素数分解の問題を父親に見せて解き方を聞き、彼が答えられなかったことがある。後からそのことを母に自慢気に話した時、母は激怒して「父親を試すようなことをするな」と叱られた。凄い勢いで叱られた上に、私自身も後味の悪い思いがして未だに忘れられない。

父は子供の時から頭が良いと言われ、町役場から市町村合併で市役所に勤めた。旧制中学卒の学歴だったが自己学習で土木工学を学び専門家になって市役所の幹部になったと聞いた。子供の頃に父の本棚に「ラーメン」という題の分厚い専門書を見て不思議に思ったものだ。

母はそんな父を誇りに思い私の不用意な言葉を許せなかったようだ。私の印象では母は自分の子供より父のことを大事にした人だと思う。そのお蔭か私も子供心にしっかり心に刻んだ。■
コメント