かぶれの世界(新)

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

うちわで重要法案審議が遅れていいのか

2014-10-22 14:35:03 | ニュース

 小渕経産相と松島法相の辞任を受け、野党各党は衆院本会議での法案審議に反対し、そのあおりで重要法案への影響が出てきていると報じられた。野党は「同じ日に2閣僚が辞任する前代未聞の出来事で、安倍首相の任命責任を追及する」という。

 報じられた内容によれば小渕氏の法律違反は明らかだし、松島氏の辞任も状況を考えればやむを得ないと思う。「政治と金」の長い歴史を振り返ると、個別の事情はどうあれこの二人の政治家の認識不足は閣僚として許されない。非難されるべきだ。

 だが、だからと言って重要法案の国会審議を遅らせる理由にはならない。うちわを配った大臣を罰することと、重要法案の審議を止めるのと、国民にとってどちらが重要かよく考えて欲しい。民主党の姿勢は政策よりも政局を重要視した小沢時代に戻るのか、或いは更に遡って何でも反対の社会党に先祖帰りする積りか、と思わずにはいられない。国民は決して喜んでいない。

 マスコミ報道も傍観者みたいな報じ方は卒業して欲しい。日本メディアの報道の在り方はTBSのニュース番組を連想させる。メジャーリーグの失敗だけをあげて「喝」を入れ、それを上回るメジャーの魅力を無視する張本氏とそれを笑いながら傍観する「サンデーモーニング」と同じ構図だ。

 木を見て森を見ない報道では、政治が何をやろうとしているか全体像の視点が無く個々の政治家の振る舞いを見せ、読者や視聴者がトータルで健全な判断をする機会を奪うことになる。秘密保持法でも何故必要かの説明抜きに、知る権利のみ強調するのも同じだ。そんな原理主義的な報道では我が国は何を優先すべきか、何が障害になっているか伝わってこない。

 メディアは反面教師として是非サンデーモーニングを見て自分がやっていることを理解して欲しい。野党が重要法案を軽視する姿勢をとるなら、法律違反ではないが国民にとってうちわの大臣より重要法案の審議を止める罪は大きいと指摘したい。マスコミはそのくらいの見識を持てと言いたい。■

コメント

筋肉の遺伝子

2014-10-20 18:24:27 | スポーツ

 昨日の午後、品川にある息子宅を訪問した。1週間前にジャズフェスがあった前日が幼稚園生の孫の運動会だった。残念なことに、私は喉に違和感があり用心して欠席した。孫も息子もリレーに出て活躍したと後から家内に聞いて、ビデオや写真を見せて欲しいと言って押しかけた。

 つい2週間前に家族が集まって食事したばかりだが、2人の孫はその時より大きくなった感じがした。自分の家だとリラックスできるので大きく見えるのではとの嫁さんの言葉に成程とうなずいた。彼女の手作りのサラダや取り寄せの寿司・ハンバーグにビールやワインで気軽な家庭パーティ風に昼食をとりながらビデオを見せて貰った。

 孫は年少組では駆けっこが早いらしく、リレーに選ばれて活躍したので長男夫婦も家内も満足そうだった。リレーに参加した父親達は予想通り運動不足で転倒が相次いだが、彼等の真剣な面持ちには我々全員驚いた。事前練習までやったと息子夫婦は笑いながら言った。息子もついつい力が入ったそうで、普段のラクロス練習の効果が出て無様な事態にはならなかったようだ。

 ビデオを見て驚いたのは父親たちの真剣な走りっぷりもさることながら、先生の合図を聞いた孫が超が付くほど緊張して体がこわばるのがビデオの遠目にも明らかだったことだ。ビデオには無かったが、先生の言うことを聞かない他の園児に大声で指図したそうだ。うっそー、この生真面目な性格は一体誰に似たのだろう。誰も心当たりがない。

 私は自分でも相当いい加減な性格だと思うし、長男もそれ程生真面目な性格ではなかった記憶がある。嫁さんもそんな感じはしない。とは言っても、自宅に帰ると孫の玩具はあちこちに散らかし放題、かたずけもせずやりたい放題。明らかに外面と内面を使い分けている。だとすれば、私に似ているのかもしれない。

 駆けっこが早いのは私や息子に似ているかもしれない。と言っても学校内レベルで、区内の競技会に参加とかいうレベルに到達するのは大変だ。息子が全日本ラクロスの大会に参加すると聞いた時は驚いたが、競技人口の少ない’たかが’ラクロスだ。私のバドミントンは一番良かった時期でも市民大会のAクラス程度だった。孫にも競技スポーツに参加して楽しめれば良いと思った。

 そう言えば先週ジムでトレーニングした数日後に参加したバドミントン練習では、体が軽く感じ勝率が34割に改善しパートナーにも動きが良かったと褒められた。目標の減量はまだだが運動能力が少し回復した。クラブのまとめ役が教員資格を保有し運動生理学をとったと聞いて、私の内腿や尻の筋肉はジムのマシーンの最大負荷でもOKだったが何故か聞いてみた。

 彼女によるとバドミントンをやると腿や尻の筋肉が強くなるのは皆に共通することらしい。田舎の歯医者崩れの友人によると私の腿や尻、背中の筋肉量が多いというのを聞いたことがある。どれもバドミントン練習で作られた筋肉のようだ。つまり、この腿や尻は孫には引き継げないかも。■

コメント

美しき人々

2014-10-18 15:03:32 | ニュース

 御嶽山噴火で行方不明者の捜索活動打ち切りを受けて、県や地元自治体が陸上自衛隊や警察消防に感謝する式典のニュースが流れた。全員見つけられなかったのは残念だけど、捜索隊から二次被災を出す訳にはいかない。妥当な判断だと思う。長野県知事や地元住民からの感謝の声を聞いて少し救われたような気がした。

 と言うのは、行方不明になったマレーシア航空機の中国人乗客の家族や、韓国旅客船地没事故における韓国人家族の反応が日本人のそれとは対照的だったからだ。私の目には家族の一員を失った悲痛な気持ちは分かるが、中国人や韓国人の振る舞いが見苦しく感じて素直に同情できない自分に対して嫌な気分になった。

 それに比べると東日本大震災や今回の御嶽山噴火の被災者家族のじっと悲しみに耐える姿は私には寧ろ美しく感じた。この美しき人たちの為に何とかしてあげなければという気持ちになった。多分、世界中の人達がそう思ったはずだ。中国人や韓国人の家族が大声をあげて責任追及し暴れるのを見ると、申し訳ないけど彼等の深い悲しみにそれ程同情心が湧かなかった。

 私は日本人の静かに耐える悲しみ方に美しさを感じる。ある意味、芸術的でさえあるように感じる。どちらが優れているとか言う積りはないのだが、どうせなら美しい方が私は好きだ。日本人だから当然の感情かもしれない。■

コメント

すぐやる人

2014-10-17 23:23:44 | 健康・病気

 一昨日かかりつけ医に健康診断の結果を聞いて、今後1年間で体重を4kg減らして65kgにする目標を設定した。昨日朝早速ジムに出かけトレーニングに精を出した。私は自称「すぐやる人」だ、問題はどのくらい続くかだ。今のところ決意は固い。

 トレーニングは昨年の春以来だから、約1年半ジムに行かなかったことになる。その頃に比べるとこの市営ジムの運営の民営化が進み、新しいマシンが増えていた。かつてはトレッドミルが4台しか無く事前予約が必要だったが、今回は待ち時間ゼロで利用できた。

 最も新鮮に感じたのはトレーナーが総て若い女性に変わっていたことだ。それだけで部屋全体の印象が変わる。新しいウェイト・トレーニング・マシーンの使い方が分からず、機械に張り付けられた説明書を読んでいると長身の美人トレーナーと目が合った。期待通り直ぐに来てくれて使い方を丁寧に教えてくれた。狙い通りだ。何しろ思いついたら「すぐやる人」だ。

 彼女の方はちょっとボケかけたジーサンだと思って手助けしてくれたと思う。実際、トレーニングに来る人達が以前より若返り、見渡すとアラサーからアラフォーの女性が67割くらいいたと思う。以前は平日だと高齢者が圧倒的に多かった印象がある。老人にとって最新のハイテック化された機械の使い方が難しく足が遠のいたのかもしれない。老人は変化に弱いのだ。

 昨日は久しぶりなので軽めのトレーニングに留めた。エアロバイクを1時間(約480kカロリー)、ウェイトトレーニング30分、トレッドミル20分(180kカロリー)やった。ウェイトの負荷は内・外腿は機械の最大荷重でもやれたが、それ以外は最大荷重の1/3から1/2で精一杯だった。これから少しずつ負荷を増やしていきたい。

 トレーニングが終わると体重が約1kg減っていたが、昨晩風呂上がりに体重計に乗ると元に戻っていた。今朝起きて午前中まではどこにも異常を感じなかったが、午後頃から肩の付け根の(内側の)筋肉が痛い。バストトップのウェイトトレーニングで普段使わない筋肉を使ったのだろう。

 逆に足や腹筋・背中の筋肉等は痛みが無く、今までのラケットの素振りやフットワークとインターバル・ウォーキングによって筋肉が鍛えられていたのだと思う。これからジムに週2回、バドミントン練習1回、その他の日は従来通りバドミントンの素振りやウォーキングを続けていきたい。筋肉量が増えるなどの効果を見計らって見直して行く積りだ。■

コメント

この1年は何だったんだろう

2014-10-15 22:42:10 | 健康・病気

 先月末に帰京し期限切れ直前に駆け込みで受けた健康診断の結果を聞きにかかりつけ医に行った。先生は私の生化学指標や心電図・眼底検査等を見て前回と同じコメントをした。高コレステロール・高尿酸・肝機能が問題だと。この1年間これら3つを考慮した減塩や食材等食生活改善をしてきたはずなのに、その努力が報われず何ら改善してなかった。一体何だったのだろう。

 先生はコレステロールと尿酸は要治療の段階になったと言われた。コレステロールはLDL/LDH3.5にまで悪化していたので危険値を大きくオーバーしていた。だが、若い頃からコレステロールが高く薬を服用して筋肉痛になったと申告すると、それはこの薬の典型的な副作用と言って処方せず様子見になった。心配だけどしょうがない。

 高尿酸値についても今回は9.6まで急上昇し、痛風が出ないと言っても放置できないと覚悟した。尿酸を下げる薬はかつて服用し、私の勝手な判断で止めたもので服用再開はやむを得ないと思った。3つ目はクレアチニンが基準値を超え腎機能が悪化している。直ぐに人工透析と言う状況ではないが、毎年少しずつ増えているのが問題で要監視だと言われた。

 処方箋を持って薬局に行き最近痛風が出ないので安心していたと薬剤師に私の素人解釈を言った。彼女の説明では尿酸値が変化した時に結晶が出来痛風になるのであって、尿酸値が高くても変化しないと痛風が出ないこともあるという。それで納得したが、その理屈ならこれから薬で尿酸値が下がる時に通風が再発するのではと心配だ。

 この1年健康に配慮して食事や運動などを改善して今迄になく生活習慣に気を使ってきた積りだったのにこの結果には失望した。しかも、高血圧が体内の諸機能に悪い影響を与えると言われ真面目に薬を服用して血圧を安定させた。夫々の症状に対応した薬で治すしかないのだろうか。薬漬けは嫌だ。高齢者になり生化学指標の悪化速度が早くなった。年には勝てないということか。

 それでも今年の健康診断結果を見て、これからの1年間やってみたいことがある。それは体型の立て直し、特に体重を減らすことだ。今現在私の体重は69kgで生まれて以来最も重い。腹囲は85cmで、BMI25にまで悪化した。身長が若い頃より2cm低くなり164.8cmになった。背骨の骨と骨の間隔が狭まったのだろう。多分これは手の打ちようがない。と言うことで一度減った基礎代謝量を何とか取り戻して、食事量を減らさずに体重を65kg以下に下げるのを目標にしたい。

 その前に今朝、半年前に田舎に行った時治療の途中だった歯医者に行った。田舎にいる間に差し歯の白いカバーが半分割れた。一度田舎で治して貰ったのだが直ぐに外れた。口を開くと鼠色の金属が見えて凄くみっともないので早く治療して貰えと、帰京後家内と娘に責められていた。やっと今日予約がとれ馴染みの先生に仮の対応をしてもらった。本処置はこれからだが、見かけは万全だ。田舎にいる時からやらねばと思っていたことが、一応全て終わった。まだ宿題だらけだ。■

コメント