かぶれの世界(新)

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

懐かしのカントリー

2016-12-24 18:14:39 | 音楽
たまには気分転換で音楽の話題をしたい。90年代半ばに米国に単身赴任した時、テレビ放映される頻度が圧倒的に多いせいもあって半年もたつと立派なカントリーミュージックのファンになった。テレビで見た女性歌手は美人で歌が上手くて、毎日テレビで見れば自然とファンになってもおかしくない。

その頃はシャナイア・トウェインが圧倒的人気で、2枚目に出したCDが1千万枚以上売れ、カントリーのジャンルを超えて人気ナンバーワンを争っていた記憶がある。彼女は短期間にトップに上りつめたので、リリースしたCDはそれほど多くなくシアトルのタワーレコードを探しまくった。

サクラメントに引っ越してすぐカリフォルニア州の博覧会(State Fair)があり、暇潰しに行くと会場の一角で無名の歌手(少なくとも私には)のカントリーソングのコンサートがあった。そこでビールを飲みながら聞き覚えのあるカントリーソングを聞いていると、米人同僚夫妻に出会い世間話を楽しんだ記憶がある。カントリーのそんなのんびりした気分にしてくれるところが好きだ。

女性カントリー歌手は概して美人で歌が上手かったが例外もあった。歌のうまさは抜群なのに顔立ちはそれ程美人じゃなかった天才少女リアン・ライムがもう一人のお気に入りだった。シャナイアとリアンがリリースしたCDは殆ど買ったと思う。他にも当時シャナイアと双璧の美人歌手がフェイス・ヒルだったが、私はそれ程ではなかった。

帰国し2000年頃に買ったCDジャケットを見て登録したカントリーソングのメールマガジン「Nash Country Daily」が今でも毎週届く。最近寂しいのは上記の歌手たちのニュースが全く流れなくなったことだ。逆算するとシャナイアやフェイスはもう50歳前後のはずだから、かつてほど活動せず露出が少ないのかもしれない。だが、今でも大御所のドリー・パートンやレバ・マッキンタイアはしょっちゅう登場する。

イラク戦争でブッシュ政権を非難してナッシュビルで出禁扱いになったDixie Chicksや、カントリーから一桁市場が大きいメジャーのポップスに転向したテイラー・スイフトもメルマガには登場しなくなった。ナッシュビル・レーベルにもカントリーというよりポップスっぽいものが結構あると思うのだが、一旦彼等がカントリーじゃないと決めつけるとそうなってしまう狭量さがある(と聞いたことがある)。

私は音楽より美人歌手が好きなだけではないと最後に言い訳しておきたい。米国にいた時同僚に美人歌手のCDばかりあると皮肉っぽく言われたことがある。そんなことはない。例えば男性歌手の中ではジョージ・ストレイトのファンで、2,3枚程度だがCDを持っている。だが、彼も年をとり全国ツアーをやめたと宣言、それ以来メルマガにも登場することが少なくなった。最早、懐メロならず懐カントリーのファンになってしまったようだ。■
コメント

モーニングジャズ

2015-05-01 22:35:47 | 音楽
正しくは「朝の車中のジャズ」だ。毎月曜の朝に行く母の見舞いを連休の間だけ金曜の今日に変えた。朝の連ドラが終り暫く時間を見計らって車に乗った。いつも時計代わりに聞くラジオの番組が多少違うだろうと思い、気分転換を兼ねて義弟がくれたマイルス・デービスのCD(Kind of Blue)を聞くことにした。

と言うのは昨年彼の車で愛媛県の南端にある愛南町に名物の「びやびやかつお」を食べに行った時、車中で聞いたマイルス・デービスのトランペットが朝の気分にピッタリで凄くいい気分になったからだ。部屋で聞くよりピッタリはまった。だが、私の車で聞いた今朝のマイルス・デービスは全く駄目だった。

車の雑音が酷くて部屋のステレオセットで聞くトランペットの微妙な音色が吹き飛んだ。旋律だけしか聞こえてこない。若い頃から分不相応に車好きの義弟は、今も大きなベンツ(Cクラスというらしい)に乗っている。彼に言わせると乗り心地もさることながら車の中で良い音楽が聴けると自慢していたのを思い出した。

半年前の音の記憶と比べ余りの音質の違いにがっかりしたと同時に、ラジオから流れて来るJポップや演歌が結構いつもテレビで流れる音と同じように聞こえるのに気が付いた。成程そういう音の作り方をしているのかと勝手に想像して感心した(本当はどうか知らない)。余りお金をかけなくても同じ音が聞けるような作り方と言うのも凄いなと感心した。それはそれでビジネスとしてはありだと。

付け加えると去年彼のベンツの車中で聞いたマイルス・デービスは美味しいコーヒーが飲みたい気分になった。今日はそんな気分にはならなかった。そうなる前にCDからラジオに切り替え、「朝の小話」番組を見つけて馬鹿笑いしながら母のいる介護施設に向かった。■
コメント

台風前夜のジャズフェス

2014-10-14 09:45:46 | 音楽

 昨日の昼小雨の中、最寄りの駅近辺の商店街に弁当を買いに出た。オカズのカツを揚げて貰う数分間断って駅の周りを歩くと、ちょっと洒落た黒いTシャツを着た男性がJazz in Fuchuのパンフレットを配っていた。「雨だけどやってんだ」と声をかけると、「屋内会場だけになりましたが、やってます。駅の向こう側のモールでもやってますのでどうぞ。」と返事が返って来た。

 大震災で自粛していたジャズフェスが5月から10月に時期を変えて再開したと息子から聞いていた。今迄は田舎にいて聞けなかったが、今年こそと思っていたのに台風が来て残念と思い、そこで思考停止していた。モールまで足を延ばすと広場に小さな人だかりがあり、そこからクラリネットが聞こえて来た。直感ではプロの音だ。やっぱり生は良いなと思いながらトンカツ屋に戻った。

 台風19号が速度を速め日本縦断しそうな勢いで午後になると徐々に雨足が強くなり、とても外出する気分にならなかった。夕方になって読書に飽きてコルトレーンを聞きながら、改めてパンフレットを見た。今年は市内の23会場で120のバンドが参加するという。学生や社会人からプロまで参加するが、有名な阿佐ヶ谷みたいに一流ミュージシャンは出演しないと思っていた。

 だが、パンフレットのプログラムを見るとメイン会場のトリで、ジャズフェスのアドバイザーをやっている谷口英治と彼のカルテットと、大井貴詞(Vib)と赤木りえ(fl)がゲスト出演して即席のセッションが予定されていた。この人達を無料で聞ける、これを見逃す手はないと急に思い立ち雨の中ウィンド・ブレーカーを羽織って足早にけやき通りのホールに向かった。10分足らずの距離だ。

 会場はあちこちに空席が残っており、5列目センター付近という絶好の場所に空席を見つけた。待ち時間に洗足学園の学生バンドが通路をマーチングした。耳元で管楽器やドラムをガンガンやられて耳がおかしくなった。本番は最初にカルテットだけで2曲、その後ゲストが加わって3曲やった。学生バンドで耳がおかしくなったのか、コルトレーンと聞き比べたせいなのか、或いは即席のセッションのせいかはっきりしないが、初めは音が過剰に主張し合っているように聞こえた。

 最近CDばかりでライブで聞かなくなって、生の音に慣れてなく圧倒されたせいかも知れない。それでも谷口氏がちょっとファンキーだという4曲目あたりから私の耳にもなじんできたように感じて、生演奏を楽しめたと思う。(いつも理由にする)年のせいで聞いたことがあるはずなのに最後のルパン3世のテーマ以外に曲名が全く思い出せなかった。情けない。更に強くなった雨の中自宅に戻ると7時半ばで、家族は夕食が終わる頃だった。■

コメント

歌詞が先か、曲が先か

2012-10-12 21:50:18 | 音楽

向きジャズ・カントリーのファンだという私の音楽の軽口です。「歌詞が先か、曲が先か」、といっても曲が出来るまでのプロセスの話ではない。私はそんな話題をする音楽のレベルにない。柄でも無いし。私がどんな風に音楽を楽しんでいるか、チョット書いてみただけのごく軽い駄文です。

義弟は筋金入りの音楽ファンだ。若い時から分不相応に高額なステレオセットで、優れた録音品質の名演奏を聴いてきたプロ級の耳を持った音楽の理解者と自称する。彼は一流の音楽のみ認める。一流を聞き分ける耳を持つかのように、時間をかけて名演奏を「聞き込む」と良く表現する。彼のレベルに達しないメカ・音源(録音)・楽曲を辛らつに評する。

彼の揃えてくれたステレオセットでCDを毎日聞いている。だが私の本音は、その時その時心地よいと感じる音楽をジャンルに関係なく理屈もなくただズルズルと聴く。音質は良いに越したことはないが絶対条件ではない。退職後、独りで過ごすことが多くなり色んな音楽を聴くようになった。その中でも、パソコンを操作しながらBGMとして音楽を聴くことが圧倒的に多い。

となると、クラシック以外はパソコンを経由して音楽を聴くことが多い。スピーカーもアンプも一級品とは程遠い。しかし、世界中で今どういう音楽が支持されているか分かり、一方で若い頃ヒットした曲が映像とともに懐かしく聞けるYoutubeを重宝している。そこで私が改めて心に沁みるのは音質より歌詞だ。歌詞が表示されるYoutubeはその点でも便利だ。

情的で懐古調の曲を近年好んで聞くようになった。Youtubeのお陰でかつてボーカルも楽器を含めて一つの“音”として聞いていた歌詞の意味が分かるようになり、その内容に触れて新鮮に感じ好きになった曲がある。元々詩が若い頃を思い出させる松田聖子の「蒼いフォトグラフ」とか森高千里「渡良瀬橋」みたいなのも好きだったが、義弟にそう言うにはいささか躊躇う。言うとすれば若干気取ってジャズやカントリーとかラフマニノフだ。それが冒頭の表向きの理由だ。

3.11後私の好みが更に感傷的な方向に向かったと自覚している。中でも嵌まったのが以前投稿したように70年代に吟遊詩人といわれ活躍したダン・フォーゲルバーグで、今でも時々思い出したように聞く。好きなのはLonger, Run for the roses, Leader of the band, Same old lang syneなど。メロディも良いが特に歌詞がいい。彼の曲はどれも聞く者を優しい気持ちにさせてくれる。特に傷ついた人の心には響くのではと思った。最後の曲など聞くたびにウルウルしてくる。

去年大阪の義弟のうちに泊まった時、彼のパソコンを開いてこの曲を紹介した。すると彼は「感傷的で甘っちょろい」と酷評し、私は全ての音楽性を否定されたようで二の句が継げなかった。勿論、彼に悪気は無いし深い音楽の知識があっての発言だと分かっている。その言葉は今も頭の隅に残っている。彼とは音楽性を議論する積もりはないしその知識もない。ただ教わるだけだ。それはそれとして、これからも歌詞のもつ意味を良く噛みしめた楽しみ方を止めるつもりはない。

歌詞の意味を考えるようになって、今まで敬遠していたJ-POPのかなりが人生の応援ソングだと気がついた。多くの人に受け入れられるのは歌詞の持つ力があるからと思う。私には先入観があって唯の騒々しい流行の歌みたいに思っていたところがある。そう思えば好みじゃないと思っていた演歌もそう悪くないかもしれない。最後に音楽性を云々する積もりは全くない、あくまでも自分の好みを言ったまで、この件で議論する気はありません。■

コメント

カーペンターズ・ワンス・モア

2012-02-12 12:05:47 | 音楽

ポップ音楽の女王といわれたホイットニー・ヒューストンが亡くなったと速報が入った。死因や亡くなった場所は不明だという。90年代米国に住んだ頃彼女は正にスーパースターだった。最近はドラッグや離婚などスキャンダル以外に活躍を伝えるニュースもなく、意外感よりその時が来たかという印象だ。

彼女の死は昨夜のNHKの音楽番組SONGSでカーペンターズ特集を見て感じたのと同じ何とも言えない寂しさがこみ上げてきた。一時代世界のトップに立った二人とも幸せな死に方をしなかったのが哀れだ。

SONGSは音楽番組というより、上質のインタビュー番組のようだった。リチャード・カーペンターが谷村氏に答えて、妹カレンが約30年前に亡くなった時のことを昨日のように生々しく語った。彼自身がプレッシャーで精神不安定になり、どうしようもない無念さを改めて伝わってきた。

日米でカーペンター特集番組を何度も見たが、リチャードの想いが最も良く出ていたように感じた。インタビューは今までの番組を見て好感を持ったリチャードが、番組スタッフを自宅に招いて行ったという。聞き手の谷村氏個人の魅力と番組制作の姿勢を気に入ったのだと思う。

私がカーペンターズを初めて知ったのは、70年代初めラジオから流れてきた「雨の日と月曜日は」の天使のように透明な声にショックを受けた時のことだ。当時洋楽と邦楽が同じ番組で流れていた。数年後ベスト版を買ったが、当時こんなにも優しく美しい歌がいいと誰にも言わなかった。

70年代半ば過ぎにカーペンターズの何度目かの来日コンサートを聴きに行った。今はもうなくなった新宿の厚生年金会館だった。当時長期出張していた(といっても通勤可能な川崎市にある)事務所の女の子とダブル・デートだった。女の子達の顔は忘れたが、コンサートの後食堂みたいなところでビールを飲んだことを思い出した。

セリーヌ・ディオンみたいにこれでもかと声を張り上げて歌うスタイルも悪くはないが、聞くだけで疲れる時がある。そういう時はカレンのように自然な感じの美しい声が身体に沁みたものだ。「青春の輝き(I need to be in love)」のプロモーション・ヴィデオ(pv)を見て、何度も見てるはずなのに懐かしく涙が出そうになった。■

コメント