旭山ら~めん通り

ラーメンを食べたり、走ったりしています。

【限定】タンタンメン 一七五°郎@175°DENO担担麺 江別蔦屋書店

2021-09-25 23:55:55 | 【二郎の研究】


175°DENO担担麺です。



今回は江別蔦屋書店、初訪問
2018年11月に江別の蔦屋書店内にできた、新しめの支店です。
ここ江別蔦屋は巨大な複合施設で、書店だけでなく、カフェやフードコートも併設されています。
そのフードコートの一角にこちらのお店があります。



今回はこちらの限定にしました。
G系、二郎インスパイア系の担々麺、一七五郎です。
限定とはなっていますが、長い期間提供していまして、準レギュラー的なメニューかと思っています。



タンタンメン 一七五郎。(1000円)
シビれと辛さは、通常の担々麺と同様選択できます。
今回はすごくシビれる、辛さは普通にしました。
一七五郎の場合、野菜、背脂、ニンニクをお好みで調整できます。
メニューには「マシマシOK」と書いてあります。
今回は、野菜増し、背脂増し、ニンニク少なめでお願いしました。

というわけでまとめると、
一七五郎、すごくシビれる、辛さ普通、野菜増し、背脂増し、ニンニク少なめ
になります。



豪快な外観です。
野菜多めですが、いわゆる二郎インスパイア系の店から比べると大人しめ。
横から見ても山はそんなに高くありません。



それでも天地返しは一苦労。
何とかひっくり返しました。



麺は、加水率低めの太麺。
やや平たい切り口。
通常の担担麺の麺とは全く異なります。
ワシワシっといただく、食べ応えのある麺です。



白濁スープは濃厚でまろやか。
ベースのスープは、濃厚(白湯)の方なのだと思います。
そこにシビれが強く効いていて、しっかりと担々麺の味になっています。




さすがは175deno担担麺。
担担麺と二郎系が融合した、美味しい1杯でした。



↑ランキングに参加しています


にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
↑ラーメン情報


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
↑札幌情報


いつもクリックありがとうございます。

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 尾道ラーメン 暁@広島市 「... | トップ | ら~麺 どらせな@札幌市東区... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。