歩く・見る・食べる・そして少し考える・・・

近所を歩く、遠くの町を歩く、見たこと食べたこと、感じたことを思いつくままに・・・。おじさんのひとりごと

栃ノ心優勝おめでとう!アナスタシアちゃんによろしくねェ!

2018年01月27日 | 相撲の話し

栃ノ心の優勝がほぼ決まりました。

きょう栃ノ心が松鳳山に勝つか、もし負けても鶴竜が負ければ優勝決定です。


ちのしん前頭三枚目
栃ノ心
12勝1敗
白丸 白丸 白丸 白丸 白丸 白丸 黒丸 白丸 白丸 白丸 白丸 白丸 白丸
正代 荒鷲 隠岐の海 高安 豪栄道 貴景勝 鶴竜 嘉風 御嶽海 琴奨菊 宝富士 玉鷲 逸ノ城

 

松鳳山

 

私の予想では、たぶん、栃ノ心は勝って、鶴竜は高安に負けると思います。

平幕が秋楽を前にして、勝ち星に二つも差をつけての優勝決定です。

横綱、大関がだらしなかった面が、多少はあると思いますが、栃ノ心が強かったのです。右膝の復調で本来の力を取り戻したと考えたいです。

まあ、「平幕」と云っても元三役力士ですから、括弧付きの平幕優勝だと思います。

一時はケガで幕下どん尻近くまで落ちて、よくここまで戻ってきて、そして、幕内最高優勝です。頑張りました! 立派です!

昨年の11月、故郷ジョージアで誕生し、まだ見ぬ長女の“アナスタシア”ちゃんの存在が、とても、とても、とても、優勝への大きな力となったと確信します。

栃ノ心とは、それなりに『袖すり合った仲』なのです。あれは、2007年の1月でした。あれから、もう、11年の歳月が流れたのです。

この時の顛末は、こちら。

http://blog.goo.ne.jp/cocoro110/e/b54414951bcefcce27ab31da45a51de2

はやいけれど、兎に角、優勝おめでとう!

今場所が終わったら、ジョージアにすっ飛んで帰るのですね。

可愛い!可愛い!可愛い!“アナスタシアちゃん”によろしくネェ!

 

 

 

コメント (1)

稀勢の里 頑張りました!良くやりました!ご苦労様でした。

2018年01月19日 | 相撲の話し

稀勢の里は、本日、6日目より休場となりました。

きのう、喜風に敗れ5日目にして1勝4敗ですから、横綱としては当然の休場です。

初日は貴景勝に、3日目は逸ノ城に、4日目は琴奨菊に、いずれも負け方も最悪でした。

場所前には、中途半端な状態で出場するよりも、もう一場所休んで、“体調を整えてから出場すべき”との意見が聞かれました。

でも、私が察するところ、今場所の出場を見送って、来場所に懸けたとしても、それほど体調の改善は見込めず、本場所を遠ざかる事による、土俵への恐怖感が増すだけ、との判断だったと思います。

稀勢の里は、完全に自信を失っています。体力の衰えを気力と技で補う事を、彼に求めるのは無理かも?

横綱としての「心・技・体」、いずれについても、もう、31歳の稀勢の里に望むことは、かなり無理があると思います。

やはり、大関に上がるのも、横綱に上がるのも、遅すぎました。

それでも、大関での優勝、新横綱での優勝と、二場所連続優勝は見事でした。

照ノ富士との、本割り、そして決定戦は見事でした。記憶に残る一番でした。

頑張りました、良くやりました、ご苦労様でした。

もう引退してゆっくり休んで下さい。

以上。

 

 

コメント (1)

データ改ざん?ねつ造?無資格検査?すべては惰性と矜持の喪失から!

2018年01月12日 | 世間話し

新年も明けて、本日は12日となりました。

ブログの更新が、もう、なんか、かったるくなりつつある、きょうこの頃です。

このままでは、ぼけてしまう! 何か! 書かねばァ!と、思いつつ頭を叩きつつ、PCのキーを叩きつつ、画面を睨みつつ、思いを巡らしつつ、コーヒーを啜りつつ、時折窓の外を眺めています。

まあ、わたくし、体力には自信があるのですが、68歳にもなると、いろいろな事に対する反応が近頃は、かなり鈍くなっていると、それなりに自覚しつつあるのです。

世間様が、どうであろうと、そんなことは、知ったコッチャ無い!関係無い!旨い酒が飲めればそれでイイ!何て、ことになりつつあることに、それなりの危機感を抱いたりしているのです。

兎に角、いろいろな世間の出来事に、それなりに反応して、思いを綴ることで、脳の活性化を図らなければ!と、何て事で、今年もブログの更新を!と考えるのであります。

なんか、どうも、今年の抱負みたいになってしまいました。

と、云う事で、去年の終盤にかけて、マスコミを賑わせた、あの、神戸製鋼とか、日産自動車とか、富士重工とか、三菱マテリアルとかの、品質データ改ざん、無資格検査とかについて、一言、綴りたいと思います。

それで、中小零細企業を品質管理で渡り歩き、糊口を凌いできた身として、他人事では無いのです。

何を隠そう、わたくしも、データの“改ざん”、“でっち上げ”、には、それなりに手を染めてきたのです。

まあ、扱っていた製品が、製品ですので、命に関わるような、致命的な事には繋がらない、どうでもイイような、隅っこの部品でしたから、罪の意識はまったくありません。

ホント!「不良対策書」では、嘘をたくさんつきました。ゴメン!反省!

それで、一連の報道で流れた“特採”と云う言葉が、とても、とても、懐かしい響きでした。

規格には外れているが、使用上には問題無いとして、規格外の製品を特別に採用する特例処置ですが、わたくしも、勝手に“特採”を個人的に行ってきました。

使用上に問題がある可能性が考えられる場合は、納入先に「特採申請書」を提出していました。物によって、内容に寄っては“特採品”は通常の納入価格より下がることがあります。

特採をくり返すと、それなりに許容範囲は判ってくるのです。それと、購入する側も特採申請に対する社内手続きも面倒なので、それなりに、暗黙のルールができあがっていくのです。いわゆる“忖度”となるのです。

日産、富士重工の無資格検査ですが、最終の完成品検査で、不合格となるよう車は、まったく無いと思うのです。

不良品は見つける努力よりも、造らない努力です。今時、最終検査で引っ掛かるような生産技術力では生き残れません。

ここで、話しを大きくします。

すべての問題は惰性と、製造現場の矜持の喪失です。

高度成長時のルールをいつまでも、いつまでも、くり返している内に、すべてが形だけとなり、疑問を抱かず唯々くり返しているうちに、ルールの意味を考えなくなるのです。

人間なんてモノは、毎日、毎日、同じ事をくり返していると、いつしか何も考えなくなるのです。形だけになるのです。

そして加えて、新自由主義で野放しの資本主義で、製造現場は軽視され、現場の人間も仕事に誇りが持てなくなり、製品に対しても責任感が喪失して来るのです。

いままでどうりに、決められた作業を、それなりにやっていれば、問題無しとなってしまうのです。

現場管理者も、現場が特に問題としていないから、問題無いと解釈するのです。そして、経営陣も現場の技術的問題には関心は無く、唯々利益追求で、視線は株主に向けられているのです。

そして、製造現場は、いまでは、誰がやっても、一定の品質が維持されるようになっています。ですから、製造現場は海外に移転されるのです。

そして、近い将来には、無人化される事でしょう。

無人化すれば、人件費はゼロです。年金も、健康保険も、退職金積み立ても、労働基準法も、みんな関係無くなるのです。

そんな、無人化移行期の製造現場に誇りを持つことは、とても、とても、困難です。

ですから、そんな、こんなで、データ改ざんも、無資格検査も、まあ、こんなもの、何て、事になるのです。

と、云う事で、すべては、過去の惰性と矜持なのです。

それで、政治もです。過去の惰性と矜持の喪失で、まあ、こんなものと、諦めで“自民党安倍一強”になるのです。

もう、ホント!安倍チャンの顔は見飽きました。

もう、そろそろ、自民党も“包み紙”を変える時期と、思い始めた気配がする、きょうこの頃です。

話しが広がってきました。

このあたりで閉めます。

それでは、また。

 

 

コメント (1)

2018年のごあいさつ!です!

2018年01月01日 | その他

昨日の大晦日はとても寒かったです。

東京は初雪が降ったようです。

こちらでも、夕方頃に白い物がチラホラ舞って来ました。

これまで暖房はエアコンだけでしたが、やっぱり石油ストーブ!となり、昼過ぎ、近所のガソリンスタンドで灯油を購入。

無色透明の風を送るエアコンよりも、赤い炎が見えるストーブは暖かい。そして、ストーブは煮たり焼いたりできるのです。本日のお昼は焼き芋に決定!

そうでした! 本日は、誰が何と言っても、全国的にお正月でした。

まあ、60数回も正月を迎えると、なんとも、かんとも、飽きてくるのです。昨晩も9時には床につきました。

紅白はここ数年まったく見ていません。曲名にも、グループ名にも、歌手名にも、横文字ばかりが目立ち、知らない歌手、知らない曲ばかりとなりました。

世の中は、少子高齢化なのに、紅白の選考基準は何処か変? たぶん、年寄りはそれなりの習慣で紅白を見るとして、テレビ離れしている若者を狙って、こんな出場歌手となるのでしょう。

ほんと、正月の何がめでたい!何て、ことに、なりつつあるのです。

クリスマスなどは、まったく関係ありませんでした。去年までは、鶏のモモ焼きなど、スーパーで買い求めしたりしていました。

ケーキはもう数年食べていません。食後高血糖ですから、世の中には糖質0のケーキもあるようですが、まあ、そこまでしてケーキを食べる気はありません。

今年のクリスマスはマグロの刺身でした。

5日には人生68年、段々と、面白い事が少なくなっていくのです。

先日テレビで、アパートで一人暮らしの老人(70代?)が、カップ酒の蓋を開けつつ、『今はこれだけが楽しみ』と呟いていたのを見て、頷いてしまいました。

このままだと、間違いなく老け込んでしまいます。

元日から、なんとも、“しけた話”しになってしまいました。

       そう! 正月はメデタイ!

      そう! 何が何でもメデタイ!

     そう! 誰が何と云ってもメデタイ!

         2018年! 平成30年!

兎に角! メデタイ!のだァ~~~~~~~!!!!!!!

             以上

これで、新年最初の更新を終わります。

 

それでは、また。

  

コメント (2)