歩く・見る・食べる・そして少し考える・・・

近所を歩く、遠くの町を歩く、見たこと食べたこと、感じたことを思いつくままに・・・。おじさんのひとりごと

脱原発でイノベーション!もしかして認知症なの?

2014年01月30日 | 世間話し
最近は、どうも、怒りっぽくなりました。自分の思うようにならないと、直ぐに苛立つのです。相手に攻撃的な態度や言動を吐くのです。

残り少ない人生、嫌な事は、やりたく無い、見たく無い、聞きたく無い、関わりたく無い、トンデモ無いのです。

兎に角、好きなことだけを!やりたい!見たい!聞きたい!関わりたい! そして、食べたい!のです。

でも、しかし、好きなモノだけ食べたいは叶わないのです。

それなりに血糖値が気になり、それなりに合併症が気になるのです。もし、70歳を過ぎても健康であったなら、饅頭、どら焼き、甘納豆を腹一杯食べて、食後にタバコを腹一杯吸いたいと思うのです。

と、まあ、ここまで書いて来て、何と、まあ、情け無いと云うか、いじらしいと云うか、バカバカしいと云うか・・・・・・・、これって、やっぱり、認知症?

兎に角、躰と頭をバランスよく動かす事にします。

と、云う、事で、都知事選です。

どうも、巷の情報や、近所の噂を、それなりに分析すると、“細川・小泉連合”は、思っていたほど盛り上がりに欠けるようです。固い地盤で組織票の“自民・公明連合”に乗っかるあの桝添候補が頭一つ抜け出しているようです。

やはり、細川さん、小泉さん、二人はやっぱり、もう、賞味期限と云うか、消費期限と云うか、かなり前に切れているのかも。

何と云っても、東京都民は、あの怪しい売文家業の猪瀬直樹に、前回の選挙で4百数十万票を入れたのです。このことを、考えると、脱原発での勝負は、ちょっと、ちょっと・・・、だったのです。

大都会の東京に暮らす人達は、それなりに、それなりで、新しい時代の、変化のさきがけ的な、そんな傾向が? 何て、事は、無いのです。

これからは、時代を動かす、新しい変化は、大都会から離れた、小さな、小さな、地方の田舎町からわき起こって来るのかも。

それにしても、です。

“脱原発”は後ろ向きの決断ではなく“前向きの決断”です。

“脱原発”は“イノベーション”を巻き起こします。

“脱原発”は人類が“新たなステージ”に乗り移るチャンスです。

安倍総理、“戦後レジームからの脱却”とは、すなわち“脱原発”なのです。核エネルギーからの脱却は、大きな、大きな、とてつもない、文明史的な大転換なのです。

安倍総理、そんなに大げさでもなくとも、“第三の矢”である事は間違いないです。

原発ゼロでは、日本の経済が立ち行かない!と云う脅かしは、真っ赤な、真っ赤な、大嘘です。立ち行かなくなるのは、単に電力会社の個別的経営です。

電力会社と一緒に沈没するのか、それとも、新たな船に乗り移るのか、その第一歩が都知事選挙なのです。

それで、何ですが、経済界では、あの“孫正義氏”が、政界では、あの小泉氏が、脱原発に未来を見たのです。お二人共に、いろいろと問題はありますが、先を見る眼は、それなりに優れている方々なのです。

都知事選挙は、脱原発がメインテーマなのです。その他のテーマは、とてつもなく小さく、桝添氏でも、ドクター中松氏でも、マック赤坂氏でも、当然、田母神氏でも、誰が当選しても変わらないのです。

それと、吉永小百合さんが、細川候補への支持を表明したようです。彼女は、それなりに、政財界との繫がりがあるので、それなりの選挙情勢を耳に入れていると思います。と、云う事は、細川氏の逆転が確実になったのかも?



それと、創価学会が桝添氏から、細川氏に乗り換えたとの情報が流れています。こちらも勝ち馬をかぎ分けるのは素早いのです。

それと、内部的にも、原発再稼働、消費税増税、集団的自衛権等々、もう、これでは、学会組織は持たない事もあるようです。

兎に角です。精神の安定を第一として、細川候補に対する、不利な情報は見ない、聞かない、触れない事にしたのです。

と、云う事で、流れは、吉永小百合さんが変えたのです。細川知事誕生で、日本の、アジアの、世界の、二十数年間続いた閉塞状況からの脱却が始まるのでした。

ホントに、ホントに、安倍総理、アベノミクスの成長戦略の第三の矢は、“脱原発”で間違いない!

本日は、寒いので、真っ昼間から焼酎のお湯割り片手にしての更新でした。


兎に角、都民の皆さん、よく考えて、“細川氏”に投票しましょう。そして、絶対に当選しない、東京なのに“宇都宮”で、弁護士なのに“健児”氏への投票はご遠慮下さい。


それでは、終わり。

コメント (1)

右手が動かない! その2 気分も悪い

2014年01月29日 | 健康
昨日の続きです。

それで、先々週11日の夜9時に風呂から上がって右手が動かなくなり、12日に総合病院でレントゲンとCT検査を受け、特に異常無しで、一週間程度様子を見るとなり、14日、掛かり付けの診療所でも、同じような診断結果だったのです。

それから、15・16・17日と症状の変化はなく過ぎて行き、そして18日の土曜日、事件は起きたのです。

18日は午後から母の実家の寺に出掛けたのです。片道約45分程度の距離です。この日は観音開帳で、去年のお札やお守りを納め、新しいお札お守りを頂いて来たのです。

帰宅して暫くした4時頃、母が手が痺れと言い出したのです。これまでは“ちからが入らない”と云っていたのです。それがねビリビリと痺れる”と云うのです。

肘から指先にかけてビリビリと痺れ、それだけならば大きな変化とは云えないのですが、痺れに伴って、気分が悪いと云うのです。貧血のような“意識がス~~ト無くなるような”吐き気とは違うようで、兎に角、気持ち悪いと云うのです。

気持ちが悪いから部屋のベットに寝かせてくれと云うのですが、動くと余計に気持ち悪くなるので、抱きかかえてベッドに寝かせてくれと訴えるのです。

91歳の小さくなった母を抱きかかえるのは容易だと思ったら、いざ抱えてみると、これが結構大変なのでした。40㎏は無いと云っていたのですが、ほぼ灯油のポリタンクが2本ですから結構重かったのです。

そのままベットの上掛けの上に寝かせてしまい、それから躰を移動させながら上掛けの下に滑り込ませるのが大変でした。事前にそれなりの準備をしてから移動すべきだったのです。兎に角初めての経験です。

そして、それからが、ホントに大変でした。

手の痺れ、気分の悪い症状は治まらず、母が”昨晩、亡くなった妹や、おやじがの夢を見たきっと、迎えに来たのだ”とか、貯金通帳とか、現金が入っているバックをベットの下から出すように云って、私にいろいろと説明するのでした。

気分はもうダメ!死んじゃいそう!と云った状態なのです。

1時間ほど経過したのですが症状は治まらず、掛かり付けの診療所に往診をお願いする電話をしたところ、電話は自動受信に変わっていて“本日の診療は終了しました”と、録音の声が流れるだけでした。

この日、18日で土曜日、時間は6時過ぎ、症状が出てから2時間が経過。ここまで来たら、もう、救急車かと思ったのですが、呼吸は正常、顔色も正常、気持ち悪いだけ、もう少し様子を・・・と思ったのです。

そんな、こんなで、どうしたもんかと、診察券を手にとって裏返して見たら、急患用の電話番号が載せてあったのです。それではと、そちらに電話を掛けると、こちらも、休日診療を行っている病院、診療所の電話番号を紹介するテープの声が流れるだけなのです。

それではと思い、次なる手段は12日に受診した総合病院です。電話をして、この間の経緯、症状を説明すると、事務員の、とても、とても、やる気のない声、やる気のない口調で“専門医は居ませんがそれでもよければ”と、ボソボソと小さな声での返事。

これは、ダメだと・・・・・・・。

この続きは次回とします。


それでは、また。






コメント

右手が動かない!

2014年01月23日 | 健康
いゃ~~、ホントに驚いた!と云うか、参った!と云うか、“母の右手”が突然動かないと云うか、力が入らないと云うか、箸も握れないのです。

本人の話では11日(土)の夜9時頃、風呂から上がったら突然!右手が動かなくなったそうです。

私が母から告げられたのが、翌朝(日曜)の7時過ぎ、トイレに用足しに降りたら、用を済まして出て来た母が、右手をダラリと下げて“右手が動かない”と力なく云うのです。

えッ!それって!もしかして!“脳梗塞”の文字が頭に閃きました。いつから?動かないって、痺れるの?右足は動く?と矢継ぎ早に質問。

母の答えからは、右手に力が入らない、右脚は問題無い、とのこと、朝起きたばかりで、しゃべり方は多少不明瞭でしたが、“ろれつ”はそれなりに回っていました。

脳梗塞の可能性は薄いと判断。それでも心配なので、休日でも診療をしている近くの総合病院に10時過ぎに連れて行きました。

休日は急患で混んでいるかと思いきや、ことのほか受け付けホールは人影が少なく、待ち時間数分で、内科医の診察、手のレントゲン、脳のCTスキャンを受ける事ができました。

結果は問題無しとの診断。原因は解らないが、そのうち自然に治ると告げられました。

※それにしても、休日診療で、レントゲンとCTで、診察料は3千円を満たない額に驚きました。アメリカだったら数十万円かも?

11・12・13と連休でしたので、発症から3日後の14日の火曜日に掛かり付けの診療所で受診。

この診療所は整形と内科を看板に掲げており、1週間ほど前から腰痛のリハビリ中で毎日通っていたのです。リハビリ後に受診した結果は“筋肉の疲労か?神経の障害?”との診断でした。こちらでも自然に治りますとの事。

筋肉か?神経か?診断は、母が一月ほど前から、朝から晩までテレビを見ながら千羽鶴を700羽ほど折って居たこと、そして、手が動かなくなる一週間ほど前、手首と肘の中間の外側を強く柱にぶつけたと、その二点を告げたことから導きだされたものでした。

そして・・・・・・・・、この後は次回とします。


それでは、また。


※今は、それなりに回復に向かっております。



コメント

驚きました!さ○い君

2014年01月14日 | その他
本日は、とても、とても、個人的な連絡です。

突然、コメント欄に懐かしい友達からコメントがあったのです。

思い起こせば、あれから何年の歳月が流れたのだろう。

いろいろな記憶をつなぎ合わせて、指折り数えると、40年近く前のこと?

君と知り合ったのは、あの山手線で一番寂しい駅でした。

駅から歩いて5分ほどの自動車関連の部品会社です。

思い出しました。五反田駅近くの映画館で、何故か二人で「寅さんの映画」を観たこと。

夏に神津島に行ったこと。夜竹芝桟橋から出航して、神津島には翌朝に着いたと思います。

船は満員で船室には入れず、甲板にゴザを敷い、君が缶ビールをワンカートン、カップ酒を数本飲んでいたこと。

いつか何処かの居酒屋で飲んだ時は、テーブルも、イスも、コップも、皿も、バラバラの寄せ集めで、場末感溢れる店だったこと。そして、そこの煮込みは鍋を見ただけで食べる気がしなかったこと。

いろいろな事が思い出されます。あの頃は、まさしく、青春でした。

故郷に帰ったような事を風の噂で聞きました。

いまは何処で暮らしているのでしょうか?

連絡を待っています。

コメント欄にメールアドレスを送って下さい。

        以上

個人的な連絡を終わります。

コメント

都知事選に細川の殿様が出陣か?

2014年01月09日 | 世間話し
噂は以前より、ネットや週刊誌のレベルで流れていたのですが、本日、朝日新聞の朝刊一面で報道された事で、いよいよ噂のレベルからかなり確かな段階に入ったようです。

脱原発で安倍政権に挑むようですから、それなりに評価をしたいと思います。当選の確率はかなり、かなり高いと思います。

反自民ではなく、反安倍で、保守穏健派と云ったところですが、兎に角、彼が当選すれば安倍政権の原発再稼働方針に対して、一定の歯止めになると思うのです。

兎に角、土井香苗さんは立候補する様子は全く無いので、ここは殿様で、脱原発で、安倍政権に一矢を放ち、反撃の足がかりと、思う次第です。



でも、しかし、何となく、この殿様、形勢が不利になると、アッサリと戦場から退却する方なので、その点が心配です。




それでは、また。
コメント (1)

都知事選挙は終わったも同然?でも未だ土井香苗が・・・

2014年01月08日 | 世間話し
本日は、新年最初の更新となります。

前回の更新が去年の12月16日ですから、かれこれ23日ぶりです。

かなり、長い休憩でしたが、なかなか書きたい気持ちになれないのでした。それならば書くな!との言葉が飛んできそうです。

がぁ、でも、しかしです。

還暦を越え先日の5日で齢を重ねる事64年、あと1年で公式的にも“高齢者”の仲間入りするに至った現在、ブログの更新は、何を隠そう、ホント!読まれている方には失礼ですが、ボケ防止が第一の目的なのでした。

書くことは考える事で、とても良いボケ防止になると、自分では思っております。

まぁ、そういう事で、今年も、1本指打法で、ひらがな入力で、指先を動かして、見たこと、感じたこと、有る事、無い事?、気分の赴くまま、いろいろと綴って行きたいと思うのです。

それで、東京都知事選挙なのですが、安倍自民党政権に対して、反撃の大きなチャンスなのに、野党の統一候補は、またしても、あの地味で、地味で、演説下手の、カリスマの対局に位置する宇都宮健児氏なのです。

宇都宮氏はホント!大変立派な方だとは思いますが、選挙です!政治です! 野党は“風”を起こさなければ勝てません。前回の選挙結果を見れば勝敗は既に明らかです。

野党と云っても、社民と、共産と、反原発の市民グループと、それを取り巻く市民グループが宇都宮氏を担いでいるのですが、ホント!真面目に!当選すると思っているの?単なるアリバイ工作?・・・・・・・と、思ってしまいます。

選挙は1月23日告示、2月9日投開票です。従来型の選挙ではポスター等の手配から逆算すると、もう、そろそろ日程的に限度と云われています。

まぁ、インターネットを酷使して、従来と異なる選挙戦を展開すれば、未だ未だ立候補の名乗りを挙げるには多少の余裕があるのかも、究極の後出しジャンケンで、告示日の締め切り時間ギリギリ滑り込みセーフ!何て手もありえます。

兎に角、“リベラル”で反自民で、反原発で、“旋風を起こし”共産党から民主党、無党派層を巻き込み、そして、公明党、自民党の支持層にも食い込み、一発逆転を起こす候補を担ぎ出しましょう。

もう、ホント! 貴女だけですよ! 土井香苗さん、旋風を起こす可能性があるのは、ホントに、ホントに、貴女だけです。可能性は少ないですが、宇都宮氏よりは何倍も、いや何十倍もあります。

誰か、何処かで、彼女を説得しているの?

まぁ、そんな事を云っても、私は都民でも無いし、当然、“土井香苗さん”に面識もないし、彼女に繋がる人脈も無いし、唯々、手をこまねいて、佇んでいるだけなのですが・・・。

今日迄の情勢では、舛添要一氏に自民、公明、民主が相乗りして、宇都宮健児氏との一騎打ちで、告示日に選挙戦終了で、史上最低の都知事選になること必定。

ホントに、同じ弁護士でも、宇都宮さんと、土井香苗さんでは、選挙の風景はまったくもって変わるのです、もしも、もしも、土井香苗さんが立候補すれば、たぶん、いろいろな事情からして、宇都宮さんは立候補を取り止めると思います。

知っている人は知っているのですが、宇都宮健児氏を擁立しているグループは内紛で、もう、選挙前から選挙どころでは無い様相を呈しているのです。

前回の都知事選で、公職選挙法に違反する問題が内部告発され、それに対しての弁明が、誰が観ても、誰が呼んでも、弁護士に寄って書かれているとは思えない酷い内容なのです。

まぁ、もし宇都宮氏が当選したら、またも辞任で知事再選になる可能性が高いのですが、でも、しかし、絶対に当選しないので、兎に角、宇都宮氏を担いでいるのでしょう。

兎に角、土井香苗って誰! 何処のどいつ、どんな奴とお思いの方は、ネットで検索して下さいませ。

因みに、こんなお顔の方です。

兎に角、38歳で、美貌で、東大卒で、弁護士で、国際派で、左翼ではなくリベラルで、しゃべりもOKで、都知事には充分のキャリアをお持ちの方です。

 
兎に角、選挙戦を告示日で終わりにさせないで、1月23日告示日から、2月9日の投開票日まで楽しませて下さい。

新年、仕事始めの更新でした。

それでは、また。


コメント

2014年のご挨拶

2014年01月01日 | その他
2014年が明けました

ことしは、いろいろと

とても大きな出来事が

起こりそうな予感

経済的にも、政治的にも、外交的にも

もしかすると軍事的にも

そして、自然界においても

そして、相撲界においても・・・・・・

兎にも角にも、退屈しない一年になるのではと思う次第




















コメント