歩く・見る・食べる・そして少し考える・・・

近所を歩く、遠くの町を歩く、見たこと食べたこと、感じたことを思いつくままに・・・。おじさんのひとりごと

新潟市⑦ やっぱり美川憲一で新潟ブルースです!

2012年01月31日 | 旅の話し

先週の続きです。

まだ、新潟市内を歩いています。

来た時とは、反対側の歩道を歩いています。

萬代橋を渡り終え、すこし行ったその先に、何かの碑のようなものが見えて来ました。萬代橋の周辺には、いろいろな碑が建っているようです。何たって萬代橋と云えば、東京の日本橋と互角の“重文”ですからね。


やっぱり!ありました! “新潟ブルース”の歌碑です。


歌が流行ったのが、昭和42年(1967年)あの“美川憲一”のヒット曲です。“黒沢明とロス・プリモス”との競作だったそうですが、美川憲一の記憶しかありません。

市政100周年は1989年(平成元年)ですから、碑が造られて22年。曲がヒットしてから45年。

想えば、45年前はわたくし、まだ高校生の頃でした。こんな詞を、どんな気持ちで聴いていたのか?あれから、いろいろとあって歳月が流れ、いま、こうして新潟を訪れ、ひとり歌碑に向かって立っているのです。

美川憲一の声が聞こえてきます。歌詞をじっと見つめていると、それなりに味わい深いのです。萬代橋の傍らで“新潟ブルース”は、とても、とても、心は旅愁になるのです。

しばし、歌碑の傍らで、旅の寂しさを味わい、そして楽しみ、休日の人気の無い街を、宿に向かってひとり歩きはじめます。宿では“連れ合い”が帰りを待っているのです。


こちらも、やっぱり!の、新潟で“江戸前”の“万代寿司”です。萬代橋の側にあるから万代寿司。かなりストレートな命名です。店の外観は、“重文”の萬代橋と同じく、かなり歳月の移ろいを感じさせます。


こちらは、欄干だけが残る“鏡橋”この辺りは昔、掘り割りが多くあったそうです。新潟国体(1964年)向けて、いろいろ町並みが整備され、昭和30年代末頃までにすべて埋められたのでした。これは、その名残の欄干です。


もうすぐ宿に着き朝食です。


それでは、また。


コメント (2)

新潟市⑥ 萬代橋は“重文”で信濃川は千曲川です

2012年01月28日 | 旅の話し
先日の続きです。

高浜虚子さんの歌碑の先には、市内で、ロケーションと、料金で、たぶんナンバーワンかも?知れない“ホテルオークラ新潟”があります。

“この際?だから、奮発して!泊まっちゃうか?”何て、血迷ったこともあったのですが、やっぱり諸般の事情を熟慮し諦めたのでした。


12月の13日に“クリスマスディナーショー”です。女性演歌歌手ナンバーワンですから料金は3万円から3万6千円です。う~ん。石川さゆり・・・ですか、生で、観てみたい、聴いてみたい。


11月20日は、未だに“偽物”と間違われる親爺の名前を、継いだと云うか、貰ったと云うか“林家菊久蔵師匠”です。こちらも親爺の名前を、継いだと云うか、貰ったと云うか桂春蝶師匠。政治家も、芸人も、2代目、3代目の時代です。

さあ、いよいよ、憧れていた、夢に見た? 萬代橋を渡ります。


朝焼けの空をバックに“朱鷺メッセ”が見えます。


まさに、朱鷺色?に輝く空・・・・・・。今日は晴天です。


渡り終わり、振り向くと、朝日に照らされたホテルオークラ、やっぱり最高のロケーションに建っています。


渡った橋の袂には、何やら、いろいろと建っています。


何だろう、この緑青風に装飾された看板は?と近づいて見ると、


萬代橋が重要文化財であるとの説明でした。そうなんです!ニッポン広し?と云えど、橋で“重文”は東京の日本橋と、この新潟市の萬代橋だけなのです。


こちらは橋のいろいろな説明です。


由来とか、


構造とか、特徴とか、記されています。ここで、橋の長さ見ていて思い出したのです、橋の長さを歩幅で測るのを忘れていました。これで、やっぱり、虚子先生の歩数も、やっぱり、後で、弟子に歩かせたとの思いを強くしたのです。


橋の先には、長~い、長~い、長~い、バスの停留所がありました。


ふり返って、しみじみと眺めてしまいました。こういうのは生まれて初めて見ました。何でも、生まれて初めては楽しいのです。


バス停の向かいでは、ビルの工事が進行中です。私は工事現場好きなのです。道路を横断します。


“新潟日報”の社屋を建設しているようです。


クレーンの林立する風景はワクワクします。来年の今頃には完成するようです。


そろそろ萬代橋を渡って、宿に戻ることにします。


信濃川の風景、信濃の国では千曲川と呼ばれ、越後の国に入って信濃川、日本で一番長い全長367キロメートルです。もう、あの先は日本海。

※それにしても、千曲川と信濃川が同じ川だったとは、還暦を過ぎてから知りました。学校で習ったっけ?

時計を見ると、もうすぐ7時、宿に戻り朝食です。


続きは、また来週。

コメント (1)

新潟市⑤萬代橋は“千二百七十歩なり露の橋”

2012年01月25日 | 旅の話し
一昨日の続きです。

新潟の夜が明け、いつもの朝と同じ時間に目覚めました。

トイレに行って、ベット脇のパソコンを起動して、メールを確認して、ブログのアクセス状況を見て、ニュースをチラット見て、窓の外を確認して、着替えをして、ひとりで朝の散歩に出発です。

6時20分過ぎにホテルの玄関を出ました。


こんな通りにホテルは面しているのです。


人影も、車の影も少ない土曜日の、新潟市の、萬代橋通り?の、上大川前交叉点の、早朝風景。


初めての、遠くの、知らない街を、ひとり歩く、ワクワクします。

新潟米の“シュー”が、何と!5個入りで“390円”ですか? まさかクリーム無しのシューだけ?そんなことはあり得ませんから、きっとカワイイ一口サイズなのでしょう。一個78円です。 


新潟市は、日本海側で唯一の政令指定都市で、人口は80万人の大都会なのです。かなり、都会ぽいビルです。地震が来たらかなり危ない気がします。新潟は災害の街なのです。


萬代橋が近づいて来ました。


何やら、傍らに、石碑です。


歌碑のようですが、文字がヘナヘナで読めません。


あの“高浜虚子”の歌碑のようです。「千二百 七十歩なり 露の橋」ですか・・・・・・・。虚子らしく、大変具体的で判り易く、きっちり五七五で詠んでいます、がぁ、う~ん、唸ってしまいます。こんなんで俳句なの?


だいたいですよ、橋を渡るときに長さを歩数で測ると考えていても、下流の景色を見たり、上流の景色を見たり、川面を眺めたり、空を見上げたり、考えたり、歓心したり、いろいろしたりするのです。

いろいろ見たり、感じたり、考えたりしていたら、絶対に歩数を忘れるのです。渡りはじめから終わるまで、569・570・571・・・1124・1125・1126・・・・・・何て、“伊能忠敬”じゃあるまいし、ホントに本人が数えたのでしょうか? 

もしかして、ホントに虚子自身が、「いいか!みんな!これから俺はこの橋を何歩で渡れるかを数え、その歩数を歌に詠む、気が散るから、脇で余計な話しを絶対するな!」と宣言したのでしょうか。まぁ、それは、それで、面白いですけどね。

私の想像では、渡った後で、先生是非記念に一句となり、歌を捻っている時に“橋の長さを歩数で表現したら?”と思いつき、傍らの弟子に歩かせてその歩数を報告させたのでは?と思うのです。

それで、1270歩で橋の長さ782㍍を割ると、一歩が57.3㎝となります。歩幅は身長から100㎝を引いた値が標準だそうで、歩いた方の身長は157㎝と推定されます。

そこで虚子の身長を調べてみたら、何と!何と!180㎝の大男とか、137㎝の小男だと面白かったのですが、そのような身長に関する記述は発見できませんでした。

まあ、誰の歩数でも、この「千二百 七十歩なり 露の橋」を詠んだのは虚子に間違いありません。兎に角、萬代橋の袂の傍らには、高浜虚子が50歳の“露の頃”に詠んだ句碑があります。


さあ、三代目の萬代橋307㍍は目の前です。何歩で渡れるか数え?・・・・・・ます。


それでは、次回。


コメント (1)

2012年1月24日は雪でした。

2012年01月24日 | 季節の風景
天気予報はピタリと当たり、前日の9時頃から雨が雪に変わりました。

朝起きて窓を開けると外は雪景色。









民放も、NHKも、都心の積雪に比較して、“つくば市”は5㎝と伝えていました。南関東の平野部で、つくば市の積雪が特に多かったようです。

それにしても、兎に角、冬は、何と云っても雪景色です。

雪かきは何故か気分が高揚するのです。

コメント

新潟市④ 夕食後は街を漂い萬代橋で面影と哀愁

2012年01月23日 | 旅の話し
先週の続きです。

それで、5時半過ぎ、そろそろ夕食と云うことで、下調べをしておいた店に向かいました。夕食を何処にするか、ネットで検索していろいろ思案の末に決定したお店です。

店の選考基準は、宿から徒歩15分程度で、和食で、個室で、料金は二人でそこそこ食べて、そこそこ飲んで1万円以内でした。最終選考に残ったのは3件、その中で料金的に一番リーズナブルだったのです。個室を選択したのは、タバコの煙を極力避けるためです。

いま、“やらせ”が噂の“食べログ”は、参考にはしませんでした。特に、この手の“旨い・不味い”評価はまったく当てになりませんからね。素人の料理評価は“好きか・嫌いか”であり、“旨い・不味い”はナカナカムズカシイのです。

まぁ、そんな事はどうでもイイのですが、兎に角、ホテルを出て、先ずは左に曲がって数十㍍行って、広い通りに出て、そこを左に曲がって百数十㍍行った左側、地図で記憶した所に、間違い無くそのお店は有りました。


メニューを拝見。


この手の書き方は、いまいち読み取りに苦労します。最近、この手の“落書き?”スタイルが流行りなの?


先ずは、付き出しで一杯。私は中生、連れは酎ハイ、それで、この酎ハイなんですが、かなり濃い感じがしました。1杯で1.5杯分かも?


それで、食した料理は、舞茸の天ぷら。


舞茸のホイル焼き、


ホタルイカの沖漬け、


サンマの刺身、


紙かつ・・・新潟名物のタレカツ丼のカツの部分をつまみ風にアレンジしたそうです。


秋鮭のハラス・イクラ添え、


旬の特上にぎり、


追加で、コハダとホタテ、


それぞれ、マアマアのお味でした。“紙カツ”はかなりボリュームがありました。“秋鮭のハラス・イクラ添え”は、少々塩分が強く、酒のつまみよりも、ご飯のおかずに向いています。

やっぱり、新潟の名物料理は、誰が、何と云っても、“イタリアン”に“タレカツ”のようです。お米の旨い土地では、料理は発達しない傾向があるのかも?

6時ごろに食事を始めて、終わったのが7時半頃、ほぼ1時間半の滞在。以上の料理を頂いて、料金は8千5百円程度でした。

腹ごなしに夜の繁華街を歩きます。金曜日の8時前でこの寂しさです。


“幼稚園座り”の可愛い女の子がひとりでベンチに佇んでいます。こんな所で独り佇むのは可哀想です、隣にお友達か姉妹を座らせて下さい。


変な格好の女の子達が、何やらチラシを配っていたのです。振り返り暫く様子を眺めていたら“連れ”が「ハロウィンの仮装じゃない」の一言で納得。


新潟の夜は、とても寂しく、哀愁と云うか、旅愁と云うか、それなりに旅人の、眼に、心に、いろいろと、染みこみ、囁き、なげかけてくれました。


新潟交通の路線バス、艶の消えた“銀ネズ”の車体が哀愁を湛えています。


新潟と云えば、誰が、何と云っても、萬代橋です。ここに立つと、“ホントに新潟に来たんだァ!”との想いがしてくるのでした。


あちらに見える高層ビルの明かりが“朱鷺メッセ”だと思います。


夜景を眺めながら歩く“夜の萬代橋” 新潟の夜は“面影の街”でした。

夜の街を漂い、それなりにお腹もこなれ、それなりにロマンチックになって、二人でホテルに戻ります・・・・・・・。

本日はこれでお終い。


新潟話しは、まだまだ続きます。



コメント (4)

新潟市③ ホテルの部屋の明かりが点かん!

2012年01月19日 | 旅の話し
一昨日の続きです。

それで、フロントでチェックインして「鍵」を受け取って、部屋は4階でエレベーターに乗って降りて、廊下を歩き、降りてから3部屋目のドアを開け部屋に入ったのです。

さて、部屋の明かりを点けようと、入って直ぐの壁にあるスイッチを押しても、部屋は暗いまま、それではと、暗い部屋の中にそろそろと入って行ったのです。

ベットの脇のスタンドのスイッチを引っ張ったり、壁のスイッチを入れたり、鏡の前のスイッチを入れたり、バスルームのスイッチを入れたり、何処を、どうやっても、明かりはまったく点かないのです。

いったい?これは?どうなってるの?もう、これは、絶対に!何らかの故障であるとの結論に達して、フロントに降りて行ったのです。

フロントのお嬢さんに「部屋の明かりが点かないけど」と云ったら、「部屋を入って直ぐの壁にキーホルダーを差し込んで下さい」と、涼しい顔で告げられたのです。

“なに!そう云う仕掛けなの”ホテル側の不手際と思っていたら、こちらの不手際?だったの?でも、しかし、そう云う“仕掛け”を何故に、事前に説明しないのか?と思ったのです。

でも、でも、インターネット予約で、ネット決済している客だし、見た目にも、そんな仕掛けは十分承知の旅慣れた、“ビジネス”に泊まり慣れた客と判断されたのだ思うことにして、まあイイかと、納得する事にしたのです。

それにしても、退職してから10年とチョットの歳月が流れ、ビジネスホテルも変わっていたのです。働いていたあの頃は、年に数回、地方のビジネスに宿泊していたのですが、そんな仕掛けに出会ったことは有りませんでした。

何か、チョット、情け無い気分でエレベーターに乗ったら、30代と思われるカジュアルな服装の男性に、

「部屋に入って電灯が点かなくて、フロントに聞きに居いったのですが、最近は何処でも、キーホルダー差し込み方式なんですか?」

「ええ、そうみたいですね。私も初めての時は戸惑いましたよ」生真面目そうな表情で、私の方に視線を向けて答えてくれました。

「そうですかぁ~、やっぱりねぇ~」

「お先に」と生真面目な男性は3階で降りました。ビジネスマン風でも無く、単なる物見遊山の旅行者風でもなく、あの服装、あの荷物、あの言葉使い、あの雰囲気、たぶん、彼は、東京本社の技術屋さんで、工場に新製品の立ち上げで来たのでは?・・・・・・。

まあ、それで、4階に着き部屋に行くと、連れが「判ったわよ!直ぐに呼び戻そうとしたらもう、エレベーターのドアが閉まって降りって行ってしまって」と云うのです。

キーホールダーを壁の穴に挿入すると、確かに、間違い無く、明かりは灯ったのです。


明るく広い部屋で、ベットも110㎝でゆったりでした。ツインで一泊7480円と云う安さ。何か昔はもっと狭くて、暗くて、シングルで6千円位だったような記憶があります。ホテル業界もデフレ?


兎に角、明かりも灯り、部屋に荷物を下ろし、一息ついて、晩飯を食べに街に出ます。

部屋の“明かり話し”が予定より長くなってしまいました。

この続きは、次回とします。

それでは、また。

コメント

新潟市② 日本海に沈む夕陽をミタ!

2012年01月17日 | 旅の話し
“新潟旅行話し”の第1回目から一週間が経ってしまいました。この間、いろいろとあってブログを更新するのが、チョットばかし気乗りしなかったのです。

でも、やっと、そろそろ気分もそれなりに回復して来たのです。更新しても、しなくても、アクセス数にはあまり変化が無いのも、チョットばかし何なんですがね。

昨日は、何故か?“阿部定事件”関連の記事に“125件”のアクセスがありました。いったいどうして?と、思ったら、巷では 「男性・全裸・遺体・陰部・切断」事件があったようで、その関連でアクセスがあったようです。

これで犯人が“妖婦”であったなら、これは、もう、まさに、平成の「阿部定事件」です。あの頃から“恐慌で軍国主義で戦争”の時代に、世界が、日本が、差し掛かったのでした。

歴史はくり返すと云いますが、何か、とても、見た目では世相が似ているような、似ていないような・・・・・・・。

話しが、かなり、かなり、暗く、猟奇的な方向に走ってしまいました。話しを新潟に引き戻します。

それで、磐越道をひた走り、日本列島の背骨をトンネルの連続で横断し、ようやく新潟平野に入ったのです。視界は開け目の前には平らな大地が広がっているのです。

この間、暫く、写真を撮るのを忘れていたのです。ですから、お見せする写真は残念ながら一枚も有りません。

“新潟中央IC”に近づくにつれ、右前方2時の方角あたりに、異様に大きなドーム状の建物が眼に入ってきました。きっと、アレは野球場ではなくサッカー場かも、と二人で話したのですが、面倒で未だに確認はしていません。

兎に角、新潟中央で降り、そのまま直進して、高層ビルの“新潟県庁”の交叉点を右折して市内に向かいます。このあたりの位置情報はそれなりに、事前調査で頭に入っているのです。


市内に入りました。前を走る車は、当然、新潟ナンバー、ここは間違いなく新潟市です。“新潟市内を歩いて見たい”との想いを抱いてから、はや一年と数ヶ月、とうとう、遂に、新潟市内に脚を、車を、踏み入れたのです。


右手には“東警察署”の建物が、それにしても、“新潟東警察署”ではなく、正式にも単に“東警察署”なの?


市内に入ったのが四時ちょっと過ぎで夕方です。そこで、“夕方と云えば!そうだァ!夕陽だァ!”と閃いたのです。日本海側に来たならば、これは、もう、日本海に沈む夕陽を見なければ、話しにならないのです。

旅の予定には、何故か、まったく“日本海に沈む夕陽”は入っていませんでした。兎に角、夕陽を見なければと、海岸に向かったのです。

“萬代橋”を渡って海岸に向かう事にしたのですが、曲がり損ねて、次の通りまで行き、“柳都大橋”を渡って海岸に向かいました。

橋を渡り真っ直ぐ行けば海岸に出ると思ったら、かなり、くねくねした、あまり広くない道を、あっちに曲がり、こっちに曲がりして、やっとこ、さっとこ海岸通りに出ると、目の前には丁度良い具合に駐車場があったのです。

これは、もう、水平線に沈む夕陽を見るための絶景ポイントになっております。何故か、新潟ナンバーの車が多く眼に付くのでした。地元の人でも沈む夕陽を見に来るのです。


海岸から真っ直ぐ、海の彼方の水平線に、陽が沈むと思っていたのですが、かなり陸地よりに、海岸よりに、夕陽は沈んで行くのです。


夕陽を見ていると、何故か、何だか、夕陽に向かって“叫びたい”衝動に駆られたのですが、隣に居る連れを見て、その衝動を抑え込んだのでした。


ホントに、ホントに、美しかった! 眩しかった!ロマンチックだった! ホントに予定外の感動でした。


ヨカッタ!綺麗だった!と、二人で感動しつつ、今夜の宿に向かったのです。来た時とは違うルートで、私の“動物的勘”だけを頼りに、狭い道を、一方通行の道を、くねくね道を、いろいろ通って、間違うこともなく、たぶん最短距離で宿に到着したのでした。

宿は、“東横イン新潟古町”です。


それで、車を駐車タワーに入れて、チェックインして、ドアーを開けて、それからが、“ちょっと”だったのです。


続きは、次回とします。


それでは、また。

コメント

①新潟市へ向かって列島横断

2012年01月10日 | 旅の話し
そろそろ、2012年度のスタートです。

先ずは、“新潟旅行”の話しからです。新潟旅行と云っても、県庁所在地で、日本海側で唯一の政令指定都市である、新潟市、それも中心部のみを歩いたのです。

忘れもしない、思い起こせば、2010年の12月でした。今となっては“一昨年”の12月です。何故か新潟市内を歩いてみたくなったのです。

“歩いて見たい”と云う“カテゴリー”を新設して、12月2日~12月16日に渡って11回のシリーズで“新潟市の話し”を、ネット情報をネタにして、行ってもいない、見てもいないのに、いろいろと綴ったのでした。

そして、そして、行って見たいと思ってから早一年の歳月を経て、遂に、2011年の10月28日、午前10時過ぎ、常磐道を“生でホンモノ”の新潟市に、助手席に連れ合いを伴って、向かったのです。

最初のトイレ休憩です。この頃は、こんな所にも“ファミマ”が進出しています。


トイレで用足して、何故か、また、入れてしまいました。ファミマの隣は“自販機のドトール”です。何か、味気ないコーヒーでした。


一休みして、常磐道を快調に走ります。青い空、白い雲、気持ちイイです。


昼食は、このところ、旅行での定番、ラーメンを、こんなお店で頂きます。


久しぶりのラーメンは、それなりに美味しかったです。


隣の席では、カレーライスを注文した中年の二人組、一人が“しかし、デカイ皿だなァ~”と、一言呟いてから、食していました。

私も、カレーの匂いに釣られて、運ばれて来たとき横目でチラリと見てしまったのです。確かに、皿だけが妙にデカイと思いました。

デカイに容器に、ご飯もカレーも薄く広く盛りつけ、見た目の満足感を狙っているようですが、行き過ぎると、製造側の思惑とは逆に、もの悲しい風景になってしまうのです。

ラーメンを啜りおわって外に出ると、目の前に“災害派遣”の文字。自衛隊の車両です。


迷彩色の戦闘服姿。今は、日本は非常事態なのでした。それでも、我々は、のんきに旅行などしているのです。少しでも、景気が浮揚する、僅かな手助けの、ほんの一部に、と・・・、思っているのです。


それで、常磐道から、いわきインターで磐越道に入り、東北道を横切り、猪苗代湖を遠くに望み、“会津若松”を過ぎて、長いトンネルが続く区間を走り、新潟平野に出ます。


長い“トンネル区間”は、それなりの歳になったわたくしには、それなりの緊張があり、車窓の変化も少なく単調で、それなりに疲れるのでした。

そんな、事で、今年度初の新潟旅行の第1回目は、このへんで、お終い。

では、また、次回。


コメント

誕生日なのだァ!

2012年01月05日 | その他
本日は、何を隠そう、わたしの誕生日なのだ。

62回目なのだ。

特に、何も、イベントは無いのだ。

よくも、まあ、無事にココまで生き長らえるたものだ。

折り返し地点は、かなり過ぎているのだ。

これからも、好きなようにやるのだ。

これから、世の中、激動なのだ。

とても、楽しみなのだ。

悪人を捕まえるのは、警察だけでは無いのだ。

悪人を裁くのは、裁判官だけでは無いのだ。

国を動かすのは、政治家や官僚だけでは無いのだ。

世の中は、専門家だけに任せるのは、とても、とても、イケナイ事なのだ。

専門家に任せると、東電第一原発のように暴発するのだ。

専門家だけでは、もう、世の中は、回らないのだ。先が無いのだ。

これからは、フツウのシロウトが、世の中を回して行くのだ。

だから、とても、とても、たくさん、たくさん、勉強しなければならない、とっても大変で、とっても面白い時代なのだ。


でも、おじさんは、歳をとったので、たぶん、高見の見物が中心なのだ。


これが、2012年、62回目の誕生日にあたって、今、思いついた、所感なのだ。


以上、終わりなのだ。


コメント

新年のご挨拶です

2012年01月01日 | その他
                本年も
              
               当ブログを

               御愛顧のほど

              よろしく 御願い

             申しあげ 奉りま~す


コメント