気まぐれ日記☆着物の小部屋

2007年耳下腺癌の手術で顔が変わり、生活が一転。街歩きと着物と芝居のブログをどうぞ宜しく♪

五月後半は・・・

2007-05-31 00:09:29 | 旅行
 「継続は力なり」と言いますが、

ブログを続けるのも力が要りますね。

すっかり御無沙汰だったのに、ブログを覘いて下さる

方がいらっしゃってなんだか嬉しいです。


 さて15日以降の行動は・・・・忙しかったです。

一言で言えば自分が今どの程度行動できるのか、

体力と気力を計っていた時期でもあるし、

傷ついた顔で、知らない他人と関われるかどうかを

試していたともいえます。・・・結果良好♪



18日 11時から歌舞伎座「勧進帳」一人で行く
    夕方夫と待ち合わせて浅草「鼈甲磯貝」へ
    退院祝い兼誕生日プレゼントで
    憧れのブローチ兼帯止めを買ってもらう。
    ちょうど三社祭の初日。かっこいい兄さん
    姉さんたちがまぶしい。

19日 友人と友人の娘さんと赤ちゃんが我が家に
    遊びに来た。おすしを作ってみんなで食事
    赤ちゃんて気持ちが和む。かわいい

20日~22日 2泊3日で京都へ。
    夫が若冲の展覧会に行くので、私も行く。
    ついでに一泊増やし熟年夫婦京都二人旅。
    緑が爽やかで生きてて幸せ!!

東福寺
    
    

三千院


24日 インテリアコーディネーターの仲間と
    東村山の草門去来荘でランチ。
    コーヒーはフォレストイン昭島で
    眼下に緑の森を眺めながら
    久々のおしゃべり。
    ICの人たちは強くて刺激的。
    私の状態を見ながらも、「対面対応なしの
    仕事があるわよ。電話対応ならいけるわよ」
    と仕事を紹介してくれる。ありがたい。
    まだできないけど、もしかしたら
    また仕事に復帰できる可能性もあるかも。
    嬉しい。元気が出る。

27日 市主催のの一日ベレー帽作り教室に参加。
    夫はまだ無理と反対していたが無視。
    引きつった顔で、普通にしゃべっていたら
    そのうち皆も普通に話しかけてくれるように
    なった。社会参加OKの自信がつく。

29日 立川のリサイクル着物「五箇谷」さんに
    遊びに行く。紫織庵さんの長襦袢生地
    でできた帯を作ってもらうことになった。
    新しい着物や帯は興味がなくて、
    今では出来ない、あるいは今では作らない
    様な変な模様が好き。
    だから新しい帯を作るのは中年になって
    まだ2度目。出来上がりが楽しみ。

30日 久々の雨降り。
    無農薬の甘夏でママレード作り。
    シャンソン聴きながら・・・

こうしてみると、遊び好きで、

平和な日々が戻ってきたような気もします。

明日明後日は実家の母のところに行きます。

日記ブログはまめに書かないと大変ね。





コメント

母の日

2007-05-15 16:31:45 | 芝居



 一昨日の母の日、朝早くから宅急便が・・・・・

息子から、小さなバラと黄色いかわいいお花が届く。

大阪の友達の娘さんから、ニナ・リッチのハンカチと

扇子のセットも・・・・

「東京のママに」って贈ってくれました。

自分のお母さんに贈るだけでも大行事なのに、

よそのお母さんにまで気を配ってくれるなんて

ほんとに優しい娘さん。感激。

私の娘は、4月の誕生日プレゼントを兼ねて

ルミネtheよしもとに連れて行ってくれました。

こんなにまとめてプレゼントをもらうのは

初めてです。

で、記念写真を撮ってみました。



ルミネtheよしもとを観るのは、初めて。

ここは吉本興業東京進出の拠点で、いつでも

お笑いが観られます。

興味はあったけど、行く機会もなく、

一度行ってみたいという私の呟きを娘が

覚えていてくれて実現しました。

びっくりしたのがオリジナルグッズ!!

南海キャンディーズのキャンディーとか、

よしもと芸人達の顔の人形焼、同じく顔が

印刷されたマグカップ、タオルなどなど。

女の子達が買うわ買うわ、かごいっぱい

買っている子がたくさんいました。

お金を払ったからには「笑うぞ!」と

皆笑う気満々できているので、舞台は

ちょっとしたことでも異常な盛り上がり!

いつもの芝居とは勝手が違うけど、

熱気が面白かったです。

ちなみに出演は・南海キャンディーズ・麒麟・こだまひびき?など。

吉本新喜劇は出演ほんこん?

南海キャンディーズなら知っているだろうと、

出演日を選んでくれたようで、

気を遣ってくれて嬉しかった~~


☆☆さて、今日読んだ1冊☆☆

「モーゼスおばあさんの絵の世界」
田園生活100年の自伝・未来社

75歳から田園の絵を描き始め101歳で
なくなった、おばあさんの自伝です。
描き始めたときは、リューマチで手が思うように
動かない状態だったそうですが、
娘時代ののどかな風景や、農夫達が総出で
働く姿を素朴なタッチで、明るくのびのびと
描いています。
この絵を最初に見たのは20数年位前で、
確か「暮らしの手帳」の特集だったような
気がします。
新宿の美術館で本物を見たときは
「やっと会えたのね」という懐かしい気がしました。

この本は絵のことにあまり触れていなくて、
田園での楽しい(大変な)生活を
サラサラと描いています。
人間数十年生きるということは、
いろいろな事があるのね。
丁寧に生きていれば75歳からの出発も可能である
ということに、勇気付けられました。
コメント

ベニスの商人!

2007-05-10 12:58:06 | 芝居
 昨日ブログを書いたのにうっかり消してしまった。

まだまだ慣れなくてわからないことばかり!

大変です。ふぅ~~~

めげずに今日も挑戦!


 ホリプロの株主優待で、ベニスの商人を申し込んだら

即日完売と言われてしまった。

そうよね。超豪華メンバーですもの。

シャイロック・市村正親、バサーニオ・藤原達也、

ポーシャ・寺島しのぶ、見たくなりますよね。

しばらく病気療養していたので、人気チケット取りの

要領をすっかり忘れてました!

シャカリキにならなくちゃあ、取れっこない!

次回は頑張ります!



 今数えたら昨年は20本ぐらい芝居を見てました。

我ながらびっくり!

仕事の合間に、家事や高齢の母の所にいく時間も

確保しながら、よくこれだけ行ったものです。

昨年の私のピカ一は三谷幸喜脚本・染五郎主演

「決闘!高田馬場」血わき、肉踊る、テンポ軽快で、

美しい舞台、いまおもいだしてもドキドキする。

亀次郎が上品な愛嬌があってよかった!!

その前、新春浅草歌舞伎で彼に魅せられ、、

「高田馬場」あとも、歌舞伎座に見に行ってしまった。

もちろんテレビ「風林火山」も見てます。


ピカ2は工藤官九郎脚本・劇団☆新感線

「メタル・マクベス」

内野聖陽・松たか子・森山未来・橋本じゅん(この人大好き!)

東京公演千秋楽だったので、アンコールは

内野さん達のヘビメタバンドのロック公演だった。

最高の贅沢を味わってしまった!!!


今年1月に癌宣告前に2本、宣告後2本見た。

市村正親・大竹しのぶの「スウィニードット」と

劇団☆新感線・染五郎・阿部サダヲの

「朧の森に棲む鬼」そのほか。

新感線は絶対に逃しません。



以前ほどではないけれどまた見に行きます!!
コメント

閑話休題・・・熱海2泊3日

2007-05-08 13:49:53 | 旅行
 なかなか入院までたどり着けなくてごめんなさい。

いろいろな事があって、思い出すのが少々しんどくて

またまた後回しです。



 5月4日から6日まで、母(88歳)と娘を連れて

夫と4人で温泉旅行。

母と娘は二人で都心に住んでます。

娘は職場に近くなるし、母も同居人が一緒だと安心なので。


 母に会うときはガーゼを当てていたり、

スカーフを被っていたりで、

傷口を見せていなかったのですが、

今回は数日一緒なので、すべて公開です。

童女のように、じっと眺め、

左側についている移植した肉座布団を眺め、

「重たくないの?」「それはいつ外れるの」

「お医者さんもひどいことするね~」

と言ってました。

確かに娘の顔がめちゃくちゃになれば、

たとえ病気が治ったとしても、

割り切れない思いが残るのでしょう。

子を思う気持ちに触れたようで有難く、

ホロッとしてしまいました。


 熱海って何があるの?って思うでしょう?

昔々の大観光地温泉で、今は寂れてる・・・・

なんて思ってましたが、どうしてどうして・・

観光地めぐりの循環バスが走り、駅前には

足湯。温泉地復興の、専門家が入って

だいぶ活性化してました。

そういえば私が家族旅行で来たのは、

40数年前だった・・・・・。


 上の写真は「起雲閣」熱海市指定有形文化財。

大正時代から昭和にかけて造られた

贅を尽くした邸宅で、戦後は旅館として、

志賀直哉、川端康成などに愛されていたようです。

新緑の庭園もすばらしく、思わぬところで、

美しい空間を味わいました。

ゆったりとコーヒーも味わえたし満足。

その土地に行って見なければわからない

味わい深い建物ってありますね。

明治、大正、昭和始めまでの建物が

大好きな私としては、

今回の旅行、大正解でした。

宿の貸切露天風呂も新緑が鮮やかで、

4回も入ってしまいました。

人目を気にせず温泉に入れたのも、幸せ。











コメント

耳下腺癌報告 その2

2007-05-02 11:48:24 | 病気・後遺症
 昨日は入院前日まで書きました。補足です。


 膿の出るタイプ耳下腺癌のため、耳下腺から耳の後ろと前、

耳の中(外耳部分)等におでき状の腫瘍が出来ていました。

手術は耳下腺、耳の前後、外耳、更に、転移はないが、

腫れのある首のリンパ節も取り、穴の開いた部分に、

お腹の肉を移植するというものです。

動脈、静脈も顕微鏡で見ながらつなぐので、

傷口はかなり大きくなるとの事でした。



手術の内容やら、後遺症やら、先生も時間をかけて、

通院のたびにいろいろ説明してくださいました。

実に丁寧な説明で、手術で取り除く方法しかないと納得し、

セカンドオピニオンも必要なしと判断しました。



新しい疑問・・・私「外耳にある腫瘍を取るということは

耳の穴はどうなるのでしょう?」

先生「外耳はなくなります」

私「えっ!耳の穴がなくなるのですか?」

先生「そうです。ふさぎます。」

私「聞こえるんですか?」

先生「聞こえなくなります。」

当たり前でしょ、という感じでした。

ん~ん!この辺になると驚かなくなりました。

耳が半分なくなる、顔が半分麻痺、このうえ、

耳の穴がなくても聞こえなくても、見かけは

たいした違いはないでしょう。



今日はここまで。

午後は映画「クイーン」を見に行こうかしら。

退院後、初めての一人映画です。

スカーフを巻いて出かけてきます。



コメント

半年ぶりです!

2007-05-01 15:29:45 | 病気・後遺症
 仕事に遊びに寸暇の惜しみなく突っ走ってきましたが・・・・

突然の癌宣告を受け、緊急入院、手術、そして自宅療養。

今、最終検査結果が出て転移なし、抗がん剤、放射線治療治療の必要なしという

ラッキーな結果となりました。


けれど癌は恐ろしい病気です。人生が変わりますね。

私は顔の癌でした。

病巣の周囲を抉り取るので、さまざまな後遺症とともに、

顔が変化(具体的には顔面麻痺、大きな傷)し、

今後新しい顔と人生を受け入れることとなりました。

 顔の癌の場合、ウツになる方が多いそうですが、

幸いにも私は絶望することなく、この状態で、

できる限りの楽しみを見つけていけそうな気がしています。


 当分、病気関連の書き込みが多くなるかもしれませんが、

闘病記ではありません。

私より苦しい状況の方数多くいらっしゃるのを知り、

闘病記なんておこがましくって、恥ずかしくって、

かけません。

 しばらくのあいだ、変化してしまった人生の

日々の挑戦をメモしていきますので、どうぞ宜しくお願いします。



まずは経過

 ○以前より耳の後ろに直径1cm大の丸い豆のようなできものがあった。
  健康診断でも、かかりつけの医院でも、脂肪の塊といわれていた。
 
 ○2007年1月8日・耳の前も膨らんできたので、市立病院へいく。
  「取ると顔に傷が残りますか」と聞いたら、
  「そんな事より、直すことが先決」といわれて、???なに?
  皮膚科から耳鼻科に移動、その日のうちに、
  CTとMRIを受け、画像の説明を受ける。
  普通これらの検査は予約して数週間待つこともあるらしい。
  緊急事態らしい。

 ○2007年1月9日・耳下腺の専門医が週1回くるので、再度病院へ行く。
  担当の先生の話・良性の腫瘍ではないようなので、この病院では処置できな   い。
  大きい病院へ行ってくださいと言われる。
  そんな事言われたって知らないし・・・・
  いい病院を紹介して欲しいとねばる。
  妙に冷静で、顔の手術なので、手術の経験が多いところ、研究材料にされそう
  なところはイヤと、急に宣告されたのに病院への希望はハッキリしていた。
  癌専門A病院を紹介される。
  2日後に診察予約を手配して下さった。
  すばやい処理に感謝!

 ○1月11日・A病院で診察。細胞診を受ける。(結果は後日)
  更に後日入院して生検(患部を切り取って検査)を受けることになる。

  病院からの帰途、学校に寄り、2ヶ月ほど休む旨を伝え、
  代わりの教師を見つけてもらうように頼む。
  定期的な仕事は本厚木と池袋の2箇所、一年間受け持つ講座や
  次の週からの新規開講もあった。
  仕事ができない残念な気持ちと、気持ちが通じ合った生徒たちの
  卒業制作にかかわることのできない寂しさがあるが、
  治すことが先決。

 ○1月17日~21日まで検査入院。
  手術中に出た結果では、悪性度の低い癌。
  ・・・ハッキリした結果は後日とのこと。
  耳は半分切ることになると言われる。
  悪性度が低いということは、神経切断などはしなくて良いのかと喜ぶ。
  大きな誤解だったが・・・
  耳に関しては娘からの情報で、シリコンを使った精巧な
  偽物を作ることができるのを知り安堵。

 ○1月24日・耳下腺癌告知。
  顔面神経の束が5つ顔に向かっているが、
  その根元が耳の下にある。手術はその神経の束の根元を切断すると
  説明を受ける。
  顔面神経切断した顔ってどんなだろう?
  不安がいっぱい。

 ○1月27日~30日大阪より友人が上京。
  30日午後は東京駅に友人を送った後、
  芸術劇場でミュージカルを観る。
  入院は2月1日に決まる。

 ○1月31日・入院前日の検査を受ける。


今日はここまで、続きは後日です。

ブログにこんな事書いていいのかしらね?
 


  
  
  
   

コメント