気まぐれ日記☆着物の小部屋

2007年耳下腺癌の手術で顔が変わり、生活が一転。街歩きと着物と芝居のブログをどうぞ宜しく♪

ショック! 1・2・3

2007-06-19 00:16:14 | 病気・後遺症
 退院して3ヵ月半。手術の後遺症で今頃になって 

エッ!って気がつくことがある。


その1・・・先週の金曜日、ふと腹筋体操をやってみた。

  なんと!1回も出来ない!仰向けになっったら最後、

  どうジタバタあがいても腹筋だけでは起き上がれない。

  この年齢にしては腹筋あったほうなのに~


  お腹の肉と一緒に筋肉も6cm×11cm位取って

  頬に貼り付けたので、全く力がなくなってしまったのだ。

  このままで年取ったら腹筋がないので超猫背の

  おばあちゃんになってしまう・・・・ショック!

  毎日NHKのテレビ体操しかやってなかったので

  気づかなかった。 鍛えねば!!!


その2・・・・小さいころからの好物が、枝豆、

  とうもろこし、スイカ。

  昨日スイカを食べて、またまたショック!

  前歯でサクってかぶりつくことができないのよね。

  前歯の噛みあわせがおかしくなっていて

  前歯使用不可。スイカも噛み切れないなんて!

  今年から細かく切ったスイカを食べる羽目になろうとは

  去年は考えてもみなかった。

  枝豆はOK、お試し済み。

  とうもろこしもかぶりつけないだろうなぁ~。

  これから好物が変わっていくのかなぁ~。


その3・・・・土曜夜は新宿のイタリアンレストランで

  高校時代の同級生6人とおしゃべりデート。

  左耳が聞こえなくなっても

  それほど不便を感じていなかったが、

  にぎやかなレストランの中では、

  皆の話が聞き取りにくいのに気がついた。

  楽しく会話に参加できるのも4人までなのかしら。

  いつも楽しみにしている集まりなのに・・・

  大勢の集まりに参加しても

  これからはつまらなくなるのかしら?

  まあ不安を抱えても仕方ないこと。

  これからも大いに人前に出て、

  自分の力を推し量りつつ、

  楽しくさんかできるほうほうを考えて

  いくこととしましょう。



なかなか大変です。

体力がついてきた段階で、今まであきらめていた

仕事への復帰も考えだしましたが、

やはり道は遠く、かなりな努力が必要なようです。

でも、ぼちぼちがんばっていくこととしましょう。



コメント

残念!

2007-06-17 01:04:21 | 芝居
 16日は(もう昨日ですね)劇団新感線

「犬顔家の一族の陰謀」の一般発売日。

娘は新感線ファンクラブ、ぴあなどの優先予約が

外れ続け、私が久々の一般発売に挑戦。

でも私はこれがうまくいったためしがないのよね。

電話が通じたときはすでにもう終了のケースばかり。

今回は万全を期し、今回は私と夫で、携帯2台、

家電話と3台の電話で挑戦してみたけど駄目。

11時半過ぎにローソンに行き、そこで

ローソンチケットに挑戦。・・・駄目でした。

この芝居に行くのをずっと楽しみにしていたので

がっかり!!!本当にガックリきました。


・・・で、午後は立川着物リサイクルショップ五箇谷さんに行く。

・・・・で、憧れの久米島紬をゲット!

これはずっと欲しかった紬で、

昨日お店のホームページで入荷を知り、駆けつけた次第。



新感線のチケットが手に入れられなかった失望は

久米島紬で穴埋めするとしましょう。

ん~ん、この喪失感埋められるかなぁ~ ??






コメント

定期健診

2007-06-15 00:21:03 | 病気・後遺症
 転移もないので今月から月一回の定期健診で

よくなった。楽です。

 先週の金曜日は形成外科と頭頸科の検診。

なぜ今頃書くかというと、楽しい検診だったから。

そして温かい気持ちがまだ続いているから。

私の顔は耳下腺を取り、その部分にお腹の肉を移植しているので

顔側面に大きなコブがある。

また、顔の左側が顔面麻痺なので、顔全体が

ダーッと下がるところを人工的に

引き上げている。しゃべったり笑ったりすると

口が45度ぐらい曲がってしまう。

うっかり電車の中で大笑いしてしまうと、

注目されてしまうので、気を付けてはいるが、

所詮周囲は他人。あんまり気にしない。


さて形成外科の先生・・・・

手で私の口を引っ張り上げたり下げたりしながら

コブを見て、「頭頸科の連中、美的センス

ないよな~。もっと少ない肉でもいいだろうになあ~」

とボソッ。

大笑いしてしまいました。

先生よく言ってくれました!

私もそう思ってたんです!

病気・手術・美的センス・この語句の組み合わせが

新鮮でした。

そして先生が、真面目に私の顔のことを考えてくれて

本当に嬉しかったです。



頭頸科では・・・

担当の先生は実に真面目。よく説明してくれる。

手術後初めて落ち着いて本日撮った頭の輪切りCT写真を見る。

真っ黒で何もない空洞部分がコブ。コブの中身は脂肪なので

脂肪は黒く映るそうだ。

鼻の下の辺りの写真は1/5ぐらいの部分が真っ黒。

実に変な写真だけど先生は「よく、移植した部分が、

くっついてますね」なんて言っている。

実にシュールな会話。


先生たちがいかに病気を治すことに情熱をかけているか

実感した日でした。


コメント

定期健診

2007-06-14 23:56:20 | 病気・後遺症
 転移もなく順調に回復しているので今月から月1回の

定期健診でよくなった。

先週金曜は形成外科、CT、頭頚科の順に回った。

日記なのに一週間たった今頃書くなんて!と思われるでしょうが、

とても印象的なことを言われて、まだ温かい気持ちが

続いているので少々書いてみたくなったのです。


当日まず、形成外科へ・・・・

顔の左側は顔面麻痺なので、顔全体がダーッと

下がるところを人工的に吊り上げていますが、

今は特に口元が曲がっていて、しゃべったり、

笑ったりすると口が45度ぐらい曲がってしまい、

とても不自然。

電車などで、うっかり大笑いしてしまうと、

注目の的になってしまうので、

多少は気を付けて大人しくしようと思ってますが、

まあ周囲は赤の他人ばかりなのであまり気にない。

あと移植した肉が顔の側面にぺったりと

張り付いてコブのようになってます。


さて形成の先生・・・

(一年後顔の形の訂正手術をして下さることになってます)

下がっている口元を手で上げたり下げたりしながら、

ボソッと「頭頸科のやつら、美的センスないよな~、

いくらなんでもこんな大きな肉くっつけなくても

いいのにな~」と言い出すので

思わず笑い出してしまいました。

先生よく言って下さいました!

私もなんとなくそんな気がしていました!

病気→手術→美的センス・・・??

考えたことのない語句の組み合わせが

とても楽しかったです。

また先生が、私の顔のことを

真面目に考えてくださっている気持ちが伝わって

本当に嬉しかったです。


 そして頭頸科の担当の先生へ・・・

本日撮影CTの頭部の輪切り写真を見せてもらう。

初めて、落ち着いて手術後の写真を見る。

輪切りにすると、顔のコブの部分が真っ黒に映るので

不思議な写真。コブの中身は脂肪。脂肪は真っ黒に

映るそうです。

鼻の下あたりの輪切り写真では、

全面積の1/5ぐらいが真っ黒く映っている。

とても変な写真なのに私も夫も先生も

誰も驚かない。先生は順調にくっついてますね・・・

なんて言っている。


病院の先生って、病気を退治するのに

生きがいを感じているのがつくづく

わかりました。安心してお任せできる病院に

行くことができて本当にラッキーでした。

それにしても顔のことをこんな風に論じる

なんて、なんともシュールな世界に

私は暮らしているようです。





コメント