松美の言絵(いえ)

私は誤解されるのが好きだ。言い訳する手間が省けるから。

ハンドルを握ると人が変わるドライバーを、擁護する。

2017-10-25 14:03:07 | 日記・エッセイ・コラム

 ハンドルを握ると人が変わる? 馬鹿言っちゃいけないよ。東京人はこれだから困る。

 それには深いわけがある。何事も訳があるんだよ。

 じゃあキミは、ルールを守らない人間を見て、見ぬフリをして過ごすのかね。路上でタバコをポイ捨てしたり、ごみをぶん投げたり、女の子に絡んでいく人間が目の前にいても、知らぬフリをするんだね。

 それが運転中に起きていることだよ。だがね、一度目にしたぐらいでは、私も頭に来たりしないよ。まあいい、3度までは許してやる。と普通思うわね。

 1時間の通勤中、それが何度起こると思うね。まあ私くらいだね。交通ルールを守って運転しているのは。

 だから爆発するんだよ。こいつらには1回、正義の鉄槌を下さなきゃならない。そう思うのが自然でしょう。その頃にはエンジンも暖まって、吹かせばいい音が出るようになっている。たまに善良なドライバーを、驚かすようなこともあるさ。とにかく自動車学校を卒業したとは、到底思えない人間ばかりだ。

 これで頭に来ない方が、変人だと。思わないかね。

 今はむしろ反対になった。のんびり紅葉を眺めながらわざわざ田舎道を歩いているのに、後ろからくっつきやがる。何をこんな田舎道、急ぐかね。

 私は外人。日本の秋は、最高だね。目が喜んでいる。これを見逃すなんて、なんともったいないことをしているんだ。

コメント