山上俊夫・日本と世界あちこち

大阪・日本・世界をきままに横断、食べもの・教育・文化・政治・歴史をふらふら渡りあるく・・・

名護、稲嶺支援の活動に参加します

2018年01月25日 09時24分32秒 | Weblog
 南城市でオール沖縄の瑞慶覧長敏さんが僅差であれ勝利したことの意義は大きい。名護の稲嶺3選へのはずみになるだろう。
 しかし、ことはそう単純ではない。南城市での敗北を受けて、首相官邸派はいっそうの引き締めで企業への下請けへの圧力を強めるだろう。また公明党創価学会は必死のとりくみをするだろう。だから稲嶺楽勝などありえない。もとから互角、どちらが勝つかわからない闘いだ。わたしは、稲嶺3選失敗の可能性ありとみている。
 そういう思いもあり、名護での稲嶺支援の活動に加わることにした。ひとりが加わることで状況が変わるわけではないが、思いの連帯が大事だ。安倍ファシズムともいうべき反動政治への対決の切っ先で状況を切り開いてくれたのが名護の稲嶺市長、そして翁長知事と沖縄県民、オール沖縄のたたかいだ。日本全体が名護の沖縄のたたかいによってファシズムからかろうじて守られている。だからその恩返しだ。日本全国から恩返しの連帯の活動をしなければならない。安倍首相は今国会で、「働き方改革」いや残業代なしの「働かせ方改革」、「〇〇革命」を連発している。よくいうよ。革命などということばを使う権利はない。やっていることは反革命ではないか。民主主義、立憲主義の破壊者安倍。ファシズムと反革命の旗手。
 だから一番安い民宿を確保して活動に参加することにした。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 名護の前哨戦、南城市でのオ... | トップ | またも普天間基地の米軍ヘリ... »

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事