山上俊夫・日本と世界あちこち

大阪・日本・世界をきままに横断、食べもの・教育・文化・政治・歴史をふらふら渡りあるく・・・

益川さんは英語の論文を書いていた

2009年04月28日 23時16分40秒 | Weblog
 日本科学者会議の『日本の科学者』09年5月号に「2008年度ノーベル物理学賞受賞者益川敏英さんを囲んで」という20ページにわたる座談会の記録が載せられている。子ども時代から現在までを語るということで、家庭のことから名古屋大学・大学院、京都大学でのこと、教職員組合のこと、学術政策・教育政策から科学者の社会的責任まで語りつくしている。もちろん物理学、素粒子論の話も座談会の相手が九後太一、鈴木恒雄さんという素粒子物理学者なのでたっぷり語り合っている。
 全体がすごく興味深い内容なのだが、ここでは、三つだけ紹介したい。
 ひとつは、益川さんは英語をしゃべらない、苦手だということだが、漢文を読むごとく英文をよみこなすということ。そして、益川さんの博士論文は英文だったということだ。唯一の英文の論文だそうだ。しかも、その論文のタイプ打ちをしてくれたのが後に結婚することになる女性だった。
 二つ目は、名古屋大学の物理学教室、とくに坂田昌一研究室の自由で民主的な空気についてだ。坂田教授だけは先生で、あとはだれであれ「さん」「君」で呼び合っていた。運営も話し合い。自由闊達な議論を尊重するところから、独創的な研究がうまれてきた。
 三つ目は、座談会に同席した編集長の生井兵治さんが、座談会の最後に益川さんに質問し、益川さんが答えた部分だ。引用しよう。
「生井 ありがとうございます。お聞きしたい一つ目は、唯物弁証法(自然弁証法)によれば、あることが見つかれば、必ず、その前が見つかるということになります。それなら、ビッグバンから宇宙がはじまったことになっていますが、その前のことをどう考えればよいのか、ということです。
益川 虚数時間を入れたりして、無から有ができると言っているんですけど、種(たね)があるんです。なぜそこでそういう取り扱いをしているのか、そういう取り扱いをすることが許されるのはなぜか、という質的な問題まで含めれば、そういう意味で種はあるんです。距離という概念がありますね。なぜ距離があるかという問題設定があるけど、距離という概念からスタートしたのでは距離の概念は出てこない。そう考えると、距離という概念はあるミクロの段階までいくとぼやけ出す。そういう場面では距離を越えた新しい概念が必要となる。ということです。そういう意味のことを、坂田先生も話されていました。だから、時間の創世ということは成り立つという議論の立て方になるでしょうね。」
生井 ありがとうございます。これで長い間の疑問が解けました。」
 ビッグバンが宇宙の始まりだが、始まりのまえは何なのだという問いへの答えだ。虚数時間というものがでてくるとわれわれは困ってしまうが、ビッグバン以前では、距離という概念も意味をなくすようなレベルで、われわれが知る時間が生まれる以前ということなのだろうか。距離や時間というものでは測れない世界、距離や時間がない世界だったのか。
 難しい問題もふくめて、面白い記事だった。
コメント (2)

最近読んだ本 世界がキューバの高学力に注目するわけ

2009年04月25日 11時23分47秒 | Weblog
 吉田太郎さんの『世界がキューバの高学力に注目するわけ』(築地書館、2008年)を読んだ。
 「2004年に出されたユネスコの『万人のための教育モニタリングリポート・2005』が教育モデル国として推奨したのは、フィンランド、韓国、カナダ、そしてキューバだった。ピサの読解力、数学、科学リテラシーの全部門でトップを独走するフィンランドが手本となるのはわかる。韓国とカナダもわからないわけでもない。だが、なぜ、キューバなのだ。」(16頁)
 この本の初めに、ユネスコが実施した統一学力試験の成績が掲げられている。中南米の成績の一覧だ。2008年の第2回の小学校3年算数の平均は、ブラジル510点、メキシコ530点、ウルグアイ540点に対し、キューバ645点。6年の科学では、メキシコ520点、ウルグアイ535点に対し、キューバ670点。グラフで示されているのを読み取ったので若干のずれがあるかもしれないが、大変な差だ。他国の最上位生徒の層の成績がキューバの平均点という構図だ。
 経済的には貧乏なキューバはOECDのメンバーでもないので、OECDの学力到達度調査(PISA)には入っていない。だが、PISAの数学・科学の調査と比較するのもムダではないだろう。2003年のPISAの15歳の数学で1位の香港550点、6位日本534点、35位ウルグアイ422点、37位メキシコ385点、40位ブラジル356点。6年の科学では、1位フィンランド、2位日本、33位ウルグアイ、37位メキシコ。
 キューバの教育の特徴をいくつか。
 クラスの規模はいちばん多くて20人だ。中学校では15人学級。高校は30人学級。中学校を15人にしたのは思春期だから。しかも担任が多くの教科を教える。難しい時期だから、同じ教師がひとりの生徒と長時間向き合うことで勉強と生活の両面でサポートするのだという。校舎はオンボロで、学校を修理する授業もある。学習と労働の結合が基本理念になっている。競争ではなく、自主的に学びあう、助け合って学びあうのが基本だ。経済力は大変低いとはいえ、GDP比の教育投資は大きい。2006年で12・3%だ。OECD平均は5・8%、日本は4・7%。教育の位置づけ、意気込みの違いだ。
 少人数クラス、競争ではなく助け合って学ぶという点はフィンランドと共通だ。塾がないのも共通だ。
 この本を読んで、順位が下がったといって競争をあおる日本のことを思わざるをえない。競争はあおるが、教育費は増やさない(大阪では大幅に減らす)、少人数学級にはしないという日本は、1位のフィンランドからは何も学ぼうとしない。考えるヒントになる本だ。

 
 
コメント

橋下府政1年シンポジウムに参加しました

2009年04月20日 08時09分25秒 | Weblog
 昨日(09・4・19)、明るい会主催のシンポジウム「橋下府政1年 その虚像と実像」に参加した。OMMビルで開かれたが、300人分用意した資料が足りなくて、80人の方にはあとで事務局から送るという盛況だった。
 明るい会の構成団体以外からも二人を向かえたシンポジウムだった。内容を要約して書くのは大変なので、「あれっ、そうかあ」と思ったことをひとつだけ記したい。
 それは、WTCへの府庁移転案を否決に追い込むとりくみのなかで、明るい会のメンバーの調査・情報提供が大きな力を発揮したということについてだ。宮原威議員の発言で紹介されたことだ。
 ひとつは、WTCのメリットとして、関空からは府庁へ行くよりWTCの方が近い、早く着くと移転案に書かれていたが、実はWTCの方が時間がかかるという情報提供。もうひとつは、咲洲地区の地盤沈下、しかも不等沈下が続いているという具体的調査結果である。これらが共産党府会議員団にとどけられ、調査しなおして府議会での討論の素材にされたとのことだった。
 府当局から出てくる数字は正しいと府議団でも思い込んでしまいがちだったが、このようにそれぞれ関心のある事柄に付いて調べた結果を提供してもらったことが正しい結論を出す上で力になったということだった。WTCの方が府庁の耐震補強より200億円安いという最大の論拠も、議員団の調査をうけ、知事の側が147億円に訂正。さらに府庁の跡地の売却には、地価が下がり続けているもとで路線価の倍の値段で売れることを前提にしていたなど、ずさんなものだった。結果は200億円が逆転した。
 シンポジウムのコーディネーターの中山徹奈良女子大准教授が、府庁移転案という重大問題の資料がこんなに薄っぺらなものだったんですよと、文書の厚みを指で示した時には、「へえ~、にわかづくりの、ちょろい資料で重大議案を押し通そうとしていたんだなあ」とびっくりした。人気があれば、あとは脅していけると踏んでいたのだろう。
 細部のことであっても、事実に基いた調査が大事だということを改めて知った。
コメント

橋下知事 なにわ筋線で新大阪~関空30分台のウソ

2009年04月19日 08時08分01秒 | Weblog
 わが橋下知事が、WTCへの府庁移転に失敗しておとなしくするのかと思ったら、今度は、高速道路淀川左岸線となにわ筋に鉄道を通すと騒ぎ出した(09・4・18『産経新聞』、4・19『朝日新聞』)。
 大阪は交通網にミッシングリング(失われた環)があって、それをつなげば、効果は100倍にも千倍にもなると、橋下知事は言う。100倍などといい加減なことを平気で言う。でも大阪ほど鉄道網が整備されたところはないと思うのだが。淀川左岸線は1970年代からの公害反対世論で建設されなかったものだ。
ここでは、なにわ筋新線について書こう。
 橋下氏がさかんにぶち上げているのが、新大阪から梅田北ヤードの梅田貨物線を通ってJR福島からなにわ筋に入って南下し、JR難波駅と南海汐見橋駅までを新設するというものだ。なにわ筋から最後は、二つに分かれ、JRと南海につなぐ。JRの方は、JR難波駅から既設の線路を通って環状線今宮駅で「特急はるか」と同じ線に合流する。橋下氏によればこの新線を通ることによって、新大阪から関西空港まで現在は「特急はるか」で47分かかるのが、30分台でいけるというのだ。8分ないし10分短縮できるというのだ。本当か?
 新聞の地図または道路地図などで見てほしい。なにわ筋線は南北にほぼ直線、それに対して「はるか」が通る環状線は西に大きく三角形状にふくらんでいる。数学の「三角形の二辺の和は他の一辺より長い」の定理によって、「はるか」のほうが距離は長い。なにわ筋線が時間を短縮できるとしたらこの三角を直線で走ることにある。もちろん「はるか」もノンストップだ。「はるか」も梅田貨物線を通るから大阪駅には止まらない。西九条には止まる列車もある。天王寺には止まる。環状線の福島から今宮の距離をノンストップで走る「はるか」を、なにわ筋線を直進することでそんなに短縮できるのか??とうてい無理だろう。関空快速の大阪~天王寺間は早い時間帯で17分、遅い時間で19分だ。3つの止まる駅の時間をのぞけばノンストップで13、14分くらいだろう。「はるか」で新大阪~天王寺間が早い時間帯で15分、遅い時間帯で20分だ。福島~今宮間では10分くらいだろう。この「はるか」の10分の区間で8分も短縮できるのか。絶対に無理だ。あと短縮できるところがあるとしたら、新線は天王寺にも停車しないということで1分ほどを稼ぐしかない。「はるか」は京都や奈良など大阪府外の人を主な客層としているのだろう。大阪駅に止めないことでそれがわかる。でも新線が天王寺にも止めないのなら奈良方面からは利用不能だ。いまでも「はるか」はガラガラだ。大阪のJR関係の客は「はるか」ではなく関空快速に乗る。天王寺に止めるとすれば、8分はおろおか、5分短縮もむずかしい。
 このように見てくると、橋下なにわ筋線は8分10分どころか、わずが数分のために3000億円をつぎ込むのは、まったくばかげている。だが、橋下氏は、「将来世代に負担を先送りしないためにと歳出削減を進めてきたが、将来世代のために必要な社会インフラなら借金を負わせても作るべきだ」と言っている。なにをいうか。まず削った教育費を元に戻せ。将来世代のための教育費を削って、なにが将来だ。
 この橋下なにわ筋線に対して、最大の負担を要求されている平松大阪市長は同意してしない。大阪市民の利便に供する鉄道ではまったくない。橋下氏は財界のための事業の創出に関心とねらいがある。それにしても、新聞は、なんの疑問も、何の批判も書かずに、橋下氏の言い分を垂れ流しするばかりだ。
コメント (5)

橋下知事 懲戒処分か

2009年04月16日 23時34分47秒 | Weblog
 『朝日新聞』09・4・15夕刊は衝撃的情報を掲載した。橋下弁護士(知事)が山口県光市の母子殺害事件の被告弁護団の懲戒請求をテレビで呼びかけた行為をめぐって、大阪弁護士会の綱紀委員会が「弁護士の品位を失うべき非行にあたる」と認定する方向で意見をとりまとめたという。
 懲戒請求をテレビと言う場をつかってあおった人物が、逆に懲戒されそうになっている。一方、殺害事件の被告弁護団の懲戒請求は当然のことだが却下されている。
 弁護士でありながら人権をふみにじって恥じない人物が、マスコミの寵児となり、知事の座にまでかけあがり、テレビをつかって府民世論をあやつって政治をすすめる。これに怒りを感じている方は少なくない。
 私は、6、7年前、よく通っていた食堂で『週間ポスト』を読んでいたが、そこにひどい人権侵害の文章を毎週載せている人物がいた。それが橋下弁護士だ。こんな人権無視の発言をする人物が弁護士とはどういうことだ、と怒りを感じた。
 大阪弁護士会のこれからの動きを注視したい。
コメント (2)

橋下知事 驚きのイエスマン人事

2009年04月13日 07時46分39秒 | Weblog
 橋下知事が新年度人事で、部長を総入れ替えをした。外部への出向、左遷、中途退職など(『朝日新聞』09・4・1)。部長らは、大阪センチュリー交響楽団や関西空港の活性化策で知事と議論を戦わせた人たちらしい。
 一方で、2階級特進でひな壇部長に登用された課長もいるという。その人は、知事の選挙公約の校庭の芝生化に熱心にとりくんできたことで知られる人だという。何のことはない、自分に熱心にしっぽを振った人を重用しているにすぎない。はっきりいって、教育施策としての芝生化などいらない。素人の思いつき。愚策。金の無駄遣い。現に教育費を大幅に削りながら、なんで芝生なのか。あほかといいたい。金があまって、何か使い道はないですかと言うときに、じゃあ校庭の芝生化をしてくれたらうれしいですねというレベルの問題なのだ。こういうレベルのことに熱心な人が2階級特進だから、この人事は背筋が寒くなる。
 知事は、部長総入れ替え人事については「適材適所としか言いようがない」といった。つまり、とばされたり、退職に追い込まれた部長は適任ではなかったということだ。記者会見の記事のなかで、記者が、「そのやり方では自分の周囲がイエスマンばかりにならないか」と質問をうけたのに対して、「過去1年間で僕に一番反対意見を述べて大抵抗したナンバーワンの人物って誰だか知ってます?(前教育長の)かせ山(哲男)さんです。(1日から)副知事ですよ。僕は全然構わないんで。意味のある議論だったらいい。」とのべた。興味深い言い分だ。
 確かにかせ山教育長は一番反対意見をのべただろう。なにしろ学校予算を2割も減らす、小学校1・2年の30人学級の廃止(これはPTAの100万署名などのまえに撤回)、10年、20年と働いてきた350人の府立高校の教務補助・実験実習補助の臨時職員を1人残らず首を切る、学力調査の結果を公表しない市町村は教育予算をへらすと脅して従わせる、知事の権限でない教育行政にことごとく指図をするなど反教育的行動の数々、法令違反のオンパレードだ。現場の校長からの当然の声を受け、かせ山教育長は発言した。組合の交渉においても教育長は、教育を守るために頑張るといった。あたりまえのことだ。
 でも結果をみよう。1・2年生の30人学級以外は、すべて知事の思い通りにやっているではないか。教育長はなんだかんだいいながら、すべて知事の言うとおりに教育行政をもっていったのだ。部長級のなかで「一番反対意見をのべて大抵抗したナンバーワンの人物」が実は橋下知事の最も忠実なイエスマンになっていたのだ。教育委員会は知事の行政権力からは独立した機構であるはずなのに、教育行政に介入する知事に初めは抵抗しつつ結局全部受け入れると言う、独立性を放棄することを繰り返した教育長の責任は計り知れない。教育委員会議も同じ責任を負う。6人の教育委員の1人に教育長も入る。橋下氏は、08年度気に入らない二人の委員を再任せず(更迭)、入れ替えた。教育行政の独立性を担保するはずの教育委員が知事によって好きにいじられるのだからこわい。知事の指示・介入によってできあがった教育政策が、形の上だけ教育委員会議にかけられることによって、独立した機関決定という体裁を整える。知事に抵抗はしたが無理だったというそぶりでそれを推進したのが、橋下知事の結果として最も従順な部下となったかせ山教育長だった。
 関西空港の活性化の問題でも各部長から意見があったというが、当然だろう。伊丹空港や神戸空港をああしろこうしろと越権行為の思いつき発言をして関空の活性化をはかろうとしたことが通らないのは当たり前ではないか。事実、知事は関空問題を言わなくなった。それにくらべて、最初は意見をいいながら、結果として自分の思い通りの方向に持っていってくれ、一番つくしてくれたかせ山さんを副知事にしたのだ。かせ山さんの最大の功績は、現場からの猛烈な反発があった反教育的施策のかずかずを、現場に対してはもう抵抗しきれないと言う格好で押し通したこと、その手腕なのだ。くそ教育委員会といわれながら、知事と一体化していったそのご褒美が副知事任命なのだ。
 つまり、橋下知事の記者への反論はまったくあたらない。逆にイエスマン人事の証明になっている。「議論は全然構わないんで。意味のある議論だったらいい。」という言葉をそのままうけとってはいけない。部長会議での議論の結果が、この総入れ替え・副知事人事に現れている。
 4月から組織替えをし、戦略本部会議をを設けて、知事、副知事らが府政の基本方針を策定し、数値目標を各部局に作らせ、達成度をチェックするらしい。知事の価値観と同じ人をあつめて「価値観の共有」によって府政をすすめるという。「議論は全然構わない」とは明らかにちがう。教育費を削って教育日本一のごとく、教育・文化・福祉をずたずたにして、関西州広域行政の中心大阪をめざして突進しようというのだろう。だが、道州制は構想や政治運動はあるが、なにも法律がない。ありもしない関西州に府庁の組織を使って欲しくない。脱法行為だ。やるなら自分の政治運動として自費でやるべきだ。そのような方向をにらむことで今ある大阪府の行政をゆがめてはならない。
 道州制は、小泉構造改革の市町村合併の大型版だ。市町村合併を受け入れた町村では地域の疲弊がいっきにすすんだ。村役場がなくなって何十人かの職員もいなくなり、村の中心地がなくなり、近くの商店街はいっそうさびれ、村全体がおちこんだ。誘導と脅しの平成の市町村合併の悲惨。
 道州制で利益をあげようと一生懸命なのが関西財界だ。関西州では、周辺部に位置する県や地域は、確実に、平成市町村合併で騙されて捨てられた村のようになる。200メートルのWTCに昇ったら関西州が見えたと大声をあげた橋下知事。彼は関西財界と「価値観の共有」をしている。「価値観共有」府政は、方向性が危険だし、暴走する危険性大だ。

 
コメント (2)

休憩から復帰しました

2009年04月11日 11時12分51秒 | Weblog
 このブログは13日ぶりに復活します。ずいぶん長くお休みをしてしまいました。なんか、書く意欲、元気が起きなかったのです。
 というのは、3月31日に永く勤めた北野高校定時制が閉校となり、大変な量の本やプリント類を家に運び、職員室をみんなで空っぽにして学校をあとにしたのですが、いままで味わったことのない寂しさを感じました。31日には、『北野定時制―ー教育と研究―ー』という研究誌の印刷製本も終え、府立・大阪市立図書館など最低限の発送もしました。学校の正式な刊行物ではなく、教職員の自主的な教育研究活動としてつくったものです。印刷数わずか50部、ホッチキスでとめた素朴なつくり。でも110ページにもなりました。北野定時制の教育のひとつのまとめとして9人の現・元教員が書いたものを収録しました。閉校を迎えるにあたって、北野定時制の存在証明としての意味をこめたものです。ささやかな抵抗の意味も含んで。
 ここに目次をかかげます。
 刊行にあたって
 俳句による地理学習              出垣雅宣(社会科)
 淀川におけるイタセンパラの生活史戦略     小川力也(理科)
 武道の原理とその教育的可能性         明田眞次(保健体育科)
 自由民権運動の理論家 中江兆民の思想     関戸 勝(国語)
 苦悩の中でー啄木は古くなったかー       関戸 勝(国語)
 化学物質過敏症の生徒への取り組みについて   木戸育子(養護)
 2007年度生活習慣調査より           木戸育子(養護)
 地理Aの学習                 川内 太(社会科)
 『正しい言葉遣いを身につけるとは』、とは…? 大野忠秀(国語科)
 定時制における労働基本権の学習        山上俊夫(社会科)
 国際法からイラク戦争をとらえる        山上俊夫(社会科)
 トルコの詩とことわざについて         亘 敏治(数学科)
 
 このように最後の日までばたばたと忙しくすごした北野定ももうありません。そのあとに起きたことは、社会の2極分化、貧困の進行にともない定時制への志願者が大幅にあふれたいう現象でした。閉校が、歴史的な愚策、犯罪的ともいえる「改革」であったことが動かぬ事実で証明されました。
 翌日、池田市にある渋谷高校に向かいました。転勤です。朝7時きっかりに家を出て、阪急石橋からあるいて30分、8時半の少し前に着きました。通勤1時間半。朝6時に起きなければいけないという圧迫感から、夜10時半ごろには寝ます。まったく新しい生活です。
 このような新しい生活の中で、ブログを書くということがおっくうになり13日も御無沙汰する結果になってしまいました。新しく更新していないのに見てくださった皆さんにはお詫び申し上げます。昼の高校の生活に移って、通勤時間が往復で80分長くなったことを含め、ゆとりの時間が減ったことが原因です。いままで見たことがなかったゴールデンタイムのテレビをついつい見てしまうことも。
 これまでブログは、自由に使うことができた午前中の時間、定時制での様々な思いとセットになっていました。それが崩れて、なかなか立て直すことができずに、書くという意欲も少し萎えていました。
 でも今日からまた、復活します。
コメント