山上俊夫・日本と世界あちこち

大阪・日本・世界をきままに横断、食べもの・教育・文化・政治・歴史をふらふら渡りあるく・・・

ほっと一息

2009年02月28日 08時51分41秒 | Weblog
 2月26日、『北野定時制72年史』の本文の最後の原稿をだした。昨日27日、あとがきと奥付を出稿して、すべてを出し終えた。1年3ヶ月におよぶ作業がおわった。最後の3ヶ月が大変だった。休みなしの突貫作業の連続だった。精神的にそして時間的に余裕のない生活のため、運動はまったくせず、肥満傾向になり、筋肉はおちそれが脂肪におきかわった。駅まで歩くのが唯一の運動。それも最後の1、2週間は車通勤。あまりに疲れたし、通勤時間を半分に短縮して時間をうみだすため。出力すれば写真も含めて500ページがそのまま印刷できる形で出稿する契約なので、仲間の教員のみなさんも昼夜兼行の作業に奮闘した。ぎしぎしに詰まった表が続くページなどは、前の方で文章を追加するとぐちゃぐちゃにこわれたりした。それを立て直すのに大変な神経をつかって、忍耐強く作業してくれた。何しろ500ページ布製本の上製本1500部なのに200万円を切る値段なのだからすべての責任がこちら側にある形の出稿だった。仲間のチームワークと高い能力なしにはできなかった。ほんとにお疲れ様、ありがとうといいたい。みんな疲れていて、また通常の学校業務は当然あるので、まだ打ち上げもできない。わずか数人の小さい所帯でなんとかここまでこぎつけることができた。感謝あるのみだ。でも校正の機会をつかって行数が変動しない範囲でより正確さを期す作業をしたい。あともう少しがんばろう。
 オバマ大統領、予算教書で国民皆保険を確立する方向にすすむこと、その財源として富裕層の増税で対応することを表明した。レーガン大統領以来の金持ち減税の流れを逆転させる策で注目だ。でも、アフガンに米軍を増派する、軍事予算をふやすなど、危険な側面も同時にもっている。だからオバマ政権の評価は、事実にもとづいて正確におこなわなければならない。すこし時間の余裕ができたのでオバマのことも追っていきたい。
 昨日の宗教裁判は、みなさんすぐにおわかりのとおり、靖国神社をめぐる裁判です。
 
コメント

常識が通らない変な宗教裁判判決

2009年02月27日 09時44分08秒 | Weblog
 昨日2月26日、大阪地裁で、宗教行為に関する変な判決があった。
 死んだ父親が、遺族の希望しない宗教施設に祭られているのは我慢がならないから、そこからはずしてくれという訴えだ。訴えの法的根拠として、「宗教的人格権」「敬愛追慕の人格権」の侵害をあげた。原告が幼児の時になくなった父親は原告がまだ子どもの時に、この宗教に神として祀られた。信者として名簿搭載されたのではなく、神の一員として登録されているのだ。そんなことを勝手にしていいのか。
 神として登録された父親は、もともとその宗教の信者だったのか。そうではない。この裁判は、9人が訴えている。ある原告は、浄土真宗の僧侶で、死んだ父親も浄土真宗の住職だった。それが真宗以外の宗教団体に神として祀れらている。浄土真宗は親鸞の教えにもとづいて仏を信仰の対象にしている。その団体の神とは無縁だ。またある原告は、死んだ父もふくめてクリスチャンである。それが遺族の意思を無視して、この宗教の神とされている。どう考えても変だ。
 こんなことが是正されないのは、信教の自由が保障された民主主義社会で考えられないことだ。
 この宗教は、遺族に了承を得ることなく、死んだ人を神にしてどんどん加えていく。だから神の数がふえていく。キリスト教も神を信仰するが、死んだ人がどんどん神に加えられたりしない。
 原告らは、この宗教に対して、父親が望まない宗教の神として登録列挙されるのは我慢ならないからはずして欲しいといっても、無視されつづけているので、裁判に訴えて、是正の命令を出してほしいといったのだ。こんなひどい宗教団体の横暴は、ただちにやめさせなければ民主主義社会とはいえない。信教の自由は絵に描いたもちだ。
 原告は、この裁判で、「宗教的人格権」「敬愛追慕の人格権」という権利の侵害だと訴えた。こういう概念をもちださなくても、勝手にいやな宗教に登録されているのは我慢ならない、やめるよう命じる判決をだしてくれ、これだけで十分だとおもう。でもなかなか手ごわい相手なので、こういう「敬愛追慕の人格権」という権利の侵害だといって裁判をしたのだ。
 ところが、なんと大阪地裁は、原告の訴えをすべて退けた。
 村岡寛裁判長いわく、「遺族が主張する感情は不快や嫌悪の感情としかいえず、法的に保護するべき利益とは言えない」と。神として勝手に祀ることは、その宗教団体が「信教の自由に基き自由に行うことができる抽象的、観念的行為で、他者への強制や不利益を伴わない」から、遺族の権利侵害はないといった。
 すごい判決だ。日本の裁判所と裁判官の頭はどうなっているのか?勝手に人の親を自分の宗教の神に登録した宗教団体の行為は、信教の自由として保護されるが、そんな勝手なことをやられて精神的・宗教的苦痛をうけた被害者に権利侵害はないというのだ。
 これだったら、新しい宗教団体、弱小宗教も、日本国内で本人や遺族の意思を無視して、死んだ人を勝手に神として登録していっきに大きくすることができる。しかも裁判所のおすみつきで。なにしろそんな行為が信教の自由なのだから。死んだ人の遺族に宗教団体への登録申請書に無理やり書かせるという強制の行動をしなければ、権利侵害でないのだから。神として祀られることが、遺族以外の第三者が知り得なければ、名誉やプライバシーの侵害もないと判決で断言したのだから。
コメント (2)

あの中川昭一さん

2009年02月17日 00時37分52秒 | Weblog
 中川財務・金融大臣がローマでのG7で泥酔状態でかみあわないやりとり、ことばを出そうにも出ないというまったくひどい、まさに醜態を演じた。朝、テレビで見た時は脳梗塞でことばが出なくなったかと思いもしたが、いや、あの顔の崩れ方は酒の飲みすぎだな、しかも相当の、と思った。ロシアの首脳との会談もとんちんかん。そのあと1時間後の記者会見は全くだめ。途中で寝てしまった。起きてしゃべったが、ろれつがまわらない。
 国際舞台で、あんな醜態を演じた人は知らない。即刻、免職だ。学校教員だったら100%クビ。宿泊行事の勤務時間外の夜中にビールのんでもクビ。宿泊行事の仕事として生徒指導の場面でおなじものを食べざるを得ない食事代まで自腹。宿泊行事にいくと7000円から10000円損をする。そんな世界だ。公務員のトップの大臣は年に一度か二度の仕事に泥酔状態で臨んでも、かぜ薬をたくさん飲んだといってすまそうとしている。細川自民党幹事長は、国会答弁では普通に答弁しているので問題ない、といった。
 中川さんといえば、忘れられないのが、NHK教育テレビの従軍慰安婦の番組にあの安倍さんとともに政治圧力をかけて、放送直前まで改変作業をさせた政治家だ。自民党でもウルトラ右翼の人物だ。
 きっちりけじめをつけてもらわないと筋が通らない。
コメント (2)

いいかげんにしろ橋下知事

2009年02月15日 00時15分13秒 | Weblog
 金曜日の朝、出勤前、便所で新聞を読んだら、橋下氏の府立大学リストラ提案の記事をよんで、無性に腹が立って、ブログにそれを書いた。45分かかった。『72年史』で時間も精神的ゆとりもないのに、それでもあまりのことなので書いたのに、gooブログ投稿のクリックする瞬間にパッと消えた。がっくり。45分を返せ!と思ってもあとの祭り。消去の操作をしていないのに、ちょっとしたことで消える。ほんとにがっくりする。gooブログ利用させてもらってありがたいのだが、これだけはなんとかならんのかと思う。
 明日朝、だらだらせずにすっと出ようと思うので、今のうちに少し書いておこう。
 橋下さん。いい加減にして欲しい。府大も市大も中途半端だと。なにをもってそんなことをいうのか。多様な研究教育活動をしている総合大学を中途半端などと一言で論評するばかさ加減をどう評したらいいのか。橋下氏にどれだけの知性があるのか。知性のある人間は、とてもこういうことは言わないし、言えない。こんなことを平気で言うのはとても恥ずかしいことだ。それを恥ずかしいとも思わずに平気で言っているのだからどう考えたらいいのか。小さい子どもは、自分が客観的に見えていない。思春期をむかえると絶えず自分が恥ずかしくなり、自分に嫌悪感を覚える。自分はこれでいいのかとおもいつつ成長する。大人はもちろん、知性があれば当然、自分の発言が人を傷つけないか、客観性があるか、公平性はあるかなど瞬時に判断する。非行少年は、人が見ているのを気にもせず、恥ずかしい行為を平気で行う。どうもそのような行動スタイルではないかと思うのだが。どうだろうか。
コメント (3)

ちゃんとできなくて

2009年02月12日 00時01分14秒 | Weblog
 ブログの更新が滞りがちになってすみません。
 『北野定時制72年史』の執筆・編集作業がいよいよ、最終ぎりぎりの段階にきて追い込まれているからなのです。様々の入力・編集は数人の先生によってたかってやってもらってるのですが。
 2月23日の14時に最後が締め切り。印刷の版下が入ったUSBを渡すことに印刷やさんとの間で約束したので、もう延ばせません。写真も含め版下完成状態まで、編集をこちら側でやることを前提の契約なので大変な集団作業です。本の製作費用を安く押さえるためです。あと11日しかありません。ああ~っ!最後の1週間は、1960年代から2008年までを見直して、写真を入れ、間違いを修正し、付け足すべき項目で後回しにしたままのものをちゃんとするなど、もっと大変になること間違いなし。その前に、15日までに、一応、2008年度まで終了することが必須条件。
 まあ、愚痴みたいなことで申し訳ありません。
 こういうことをいうのも、意志を固くするためです。それにしても、インフルエンザにもかからず、熱も出さずにやってこれたのは、幸いでした。でも、余裕がない生活のため、やや食べすぎ、必然的な運動不足で、豚になってきました。24日から豚にお別れするぞ!とまた決意表明。
 今日、1050頃帰ってきたら、家のロウバイはまだかぐわしい香りで迎えてくれました。以前は20メートルもむこうまで香りがただよってきたのですが、今では木の下にきてわかるくらいにまで元気をなくしています。1月はじめから咲き始めて、2月も半ばでも頑張って咲いてくれている。感謝、感謝です。
 もう、寝ます。おやすみ。
コメント

橋下知事の暴言「だめな公立高は廃校」

2009年02月08日 08時39分44秒 | Weblog
 橋下知事は、教育行政は知事の権限からは独立しているということを全く理解していない。就任早々、教育法についての無知をさらけだして、恥をかいたにもかかわらず、教育への介入の発言をやめない。こんどの発言はもう度外れているとしかいいようがない。朝日の2月4日夕刊にある。

 大阪府の橋下徹知事は4日、「府民の感覚を冒涜するような校長がはびこる公立高校は抜本的な改革が必要だ」と、府立高校の校長らへの批判を報道陣の前で展開した。ある報道機関が実施したアンケートで、難関大学への進学に重きを置く専門学科を府立高10校につくる府教委の計画に、府立高の校長の7割が「反対」と答えたことに怒った。
 橋下知事は「だめな公立はもうね、廃校」(公立も私立も)甘えたところは淘汰する、きちんとした形をとる」とも発言。公立高と私立校との競争の土台を整えるため、授業料負担を同じにする制度の検討を、指示したことを明らかにした。具体策として、私立高に子どもを通わせる家庭に公立高の授業料との差額を支給する「教育バウチャー制度」の導入に触れたが、「何百億かかるらしい。なかなか難しいところがある」とも話した。

 10校40学級だけ特別進学学科を作るという府教委の計画に、校長の7割が反対といったのは、見識だと思う。すべての生徒の最大限の成長を保障するために努力し、生徒と接している教育者の回答として傾聴すべきだ。
 かせ山教育長はつぎつぎと知事に屈服していうとおりになってきた最後の決定がこの特進学科だ。なんとこれらの論功行賞として彼は、橋下氏に気に入られて今度副知事になる。この最新の決定への校長の本心に腹が立った橋下氏、先の暴言にいたった。気に入らない校長がはびこる公立高校は廃校にするといった。
 こんな暴言は知事と言う公人の発言としては絶対許せない。撤回、謝罪すべきだ。府立高校は自分の持ち物と考えているとしか思えない。もうこれは、封建領主の発想だ。近代民主主義の時代のものではない。あきれてしまう。
 だめな公立・甘えたところは淘汰するといった。何がだめなのか、何にどう甘えているのか?考えがちがうことをそういう風にいう。言葉・思想・想像力の貧困だろう。これから見せしめ的な“仕打ち”をしようというのだ。もう、根っからの封建的な権力者の姿丸出しだ。
 これほど、腹が立ち、気分がわるくなったのもめずらしい。それにしても、新聞・テレビはどうだ。もちあげるばかり。麻生首相はコテンパンにやっつけるくせに、橋下知事にはこびへつらう。こういう姿もあさましい。こんどの暴言は、新聞が徹底的に批判して、撤回・謝罪まで責任を問うのは社会の公器としての新聞の役割ではないのか。
 橋下氏は、また教育バウチャーをやるといった。アメリカのバウチャーを充分知らないでいったのだろうが、まったくとんちんかんだ。義務教育でないところになんで?私学助成を一方で削ったのに、公立との差額を支給するという摩訶不思議。大阪だけ、小中でなく高校で教育バウチャーをやるという。今年、学校の予算を20%削ったのに、何百億円も追加支出する?頭の中がどうなっているのか。不思議だ。私は、アメリカのいくつかの州でやっている教育バウチャー制度の導入には反対だ。学校間の格差を政策的につくりだし、教育予算を削って、教育の貧困をつくりだすものだから。
 乱筆でごめんなさい。時間がないので見直しもせず、仕事に行きます。しゅっぱ~つ!

 
コメント

新聞がうすくなった

2009年02月04日 09時04分24秒 | Weblog
 最近、朝日新聞が薄くなった。今日は28ページ、昨日は26ページだ。
 理由は簡単。未曾有の不景気によって広告が激減しているからだ。大企業の、自動車などの全面広告が全くない。イメージアップの広告がない。載っている広告は、直接読者に商品を買ってもらうためによびかける種類のものばかりだ。
 今日のでみると、全面広告は、「女性のための育毛剤」「日本直販のお買い得情報」「進学塾WIN・中学1年生は1年間授業料をいただきません」、部分広告は、本の宣伝、健康器具、通販化粧品、ダイエット食品、ゴルフクラブ、健康食品さらさら血液、すっぽん活力、朝日旅行、カニツアー、コルテオ大阪公演、中央三井信託銀行などだ。
 昨日の全面広告は、「女性の白髪染め」「健康食品・脳内核酸」「パソコンのデル」、部分的な広告は、新潮社・池田大作関係の本・週間西洋絵画の巨匠モネ・週間女性、週間朝日などの出版広告、コラーゲンドリンク、保湿キット、フェイスサロン、綾小路きみまろ、JAバンク、外壁工事、関西アーバン銀行など。
 直接、今日、明日に買ってもらおうという広告ばかりだ。企業イメージアップの大型広告は完全に姿を消した。大変な時代の変化を感じる。
コメント (2)

益川さんの反核平和への発言を期待します

2009年02月01日 21時24分24秒 | Weblog
 1月31日の『朝日新聞』夕刊トップに、「益川氏覚悟の反戦 ノーベル賞講演触れた戦争体験 9条危機なら運動に軸足」という見出しの武田肇記者の記事が載った。益川さんは、ノーベル賞講演で戦争体験にふれたが、各紙ともこれに深く触れようとはしなかった。武田さんは、時間をおいて、この問題に立ち入った。いい記事だった。
 湯川秀樹・坂田昌一・益川敏英、ここにながれるのは、狭い専門領域にとじこもらない科学者の社会的責任の自覚だ。
 学者として業績をあげた人には、世俗的な名誉のさそいがある。それでがっかりすることは数え切れない。たとえば野依さんは教育再生会議の座長にまつりあげられ、教育現場で苦闘するものからは我慢ならない政策立案のお先棒担ぎの役をした。教育学の専門化が1人もいない教育の審議会だった。スポーツ関係でもそういう使われ方をすることはよくある。権力からちやほやされると、ころっとまいるのは、あまりに単純ではないか。
 益川さんのノーベル賞の発表の時の発言ですごいと思ったのは、ほんとにうれしかったのは実験で理論が証明された時で、もう決着がついている、受賞は世俗的なことですからと語ったことだ。
 益川さんが、物理学者としてだけでなく反核平和の学者としても、湯川さん・坂田さんを伝統をひきつぐ、日本を代表する知性として活躍されることを心から願う。
コメント

大阪女子マラソン

2009年02月01日 10時13分11秒 | Weblog
 先週は大阪女子マラソンだった。以前、2,3度、御堂筋や大池橋に見にいった。今年は、72年史作業ですっかり忘れていたし、とてもいけるような状況ではなかった。一緒に72年史作業をしている同僚は、なんと手が触れるくらいの近くで応援したと言っていた。それは、大阪城公園だ。移動しながら何度も見たと。最高の応援スポットだ。
 御堂筋の時は、友人が出場資格タイムを突破したので出たのだ。一般選手が走りおわるまで見た。外人選手は手をふってくれる。でも団子状態で走ってくるので友人を見つけることはできなかった。御堂筋は往復2度見ることができる。
 一流選手は小柄で細い。驚くほど早い。今年は渋井さんよかったね。
 大阪女子マラソンは、よく知った街並みが映されるので好きだ。
コメント