インド式炒伽哩のきのこエッグcurryをいただきました

炒伽哩こんばんは。

先月末に、久しぶりにインド式炒伽哩(チャオカリー)の前を通ったら、牡蠣カレーなんてものが提供されているようでした。
(先月末までで夜限定メニューです。現在は提供は終了しました)
久しぶりに訪問したくなりましたので、ランチタイムのピークを外して行ってきました。

炒伽哩

遅いランチの14時台でしたが、それでもお客さんは結構入っていました。
看板を見ると、きのこcurryなんてメニューがありました。
今回はこれにしてみましょうか。
看板には「秋限定」と書かれてありましたが、サイトを見ると冬メニューとしてまだ記載されていますね。

きのこエッグcurry(1020円)を10辛(80円増)で注文してみました。
うーん、お昼から贅沢ですねf(^^;)
しばらくして、カレーが運ばれてきました。

炒伽哩

ライスに少量盛りつけてから運ばれて来る、この炒伽哩の提供スタイルは何ともそそられます。
楽しみにいただきました。

炒伽哩

最初にびっくりしたのが、しめじがとても大きいです。
ハタケシメジという種類だそうで、スーパーでよく買うブナシメジとは違うみたいです。
(参考:ハタケシメジ情報サイト
白アワビタケ、タマネギ、レンコン、絹さやといずれもシャキシャキの歯ごたえと野菜の旨味が楽しめる素材ばかりです。
レンコンはあまりカレーの素材としていただいた事はありませんでしたが、薄めにスライスされていて違和感なかったです。

炒伽哩の10辛は私が美味しくいただけるボーダーラインなのですが、トマトとふわふわのスクランブルエッグのおかげで辛さも和らぎました。
ほぼ1年ぶりに炒伽哩でいただきましたが、カレーソースがもっとクセがあったような気がしたのですが(一部のスパイスが突出しているとか)、味の感じ方が変わったのかもしれません。
ともあれ、非常に美味しくいただけて、しっかり発汗しました。

今度はまた別の組み合わせで、いろいろいただいてみたいと思いました。
自分にとってドンピシャのカレーと辛さの組み合わせを求めて、炒伽哩巡礼の旅は続きそうですf(^^;)
それでは、失礼します。

【過去記事】

春の嵐の土曜出勤で炒伽哩の春カレーm(_ _;)m(2009.04.26)

炒伽哩のドライカレー弁当をいただきました(2008.01.28)

夢民がインド式炒伽哩に新装開店(2007.10.27)

夢民のフィッシュトマトエッグcurry(2007.02.21)

夢民のグリーンエッグcurry(2007.01.12)

夢民のチキントマトcurry(2006.07.26)

夢民のサマーcurry(2006.06.18)←店舗情報載せてマス
※30min.のお店ページはコチラです。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )このエントリーを含むはてなブックマーク