魚沼WEBニュース

新潟県魚沼市や周辺市のニュース・情報をお届けします!週刊「魚沼WEBニュース」 ★★ 提携 「小出郷新聞社 」

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

車いす対応の送迎車導入

2014-03-30 | '14魚沼市のニュース


日本財団の助成受け堀之内工芸

Img_7274 魚沼市根小屋の障害福祉サービス事業所「堀之内工芸」(高橋省三所長・利用定員30人)では、日本財団の助成を受けて車いす対応の利用者送迎用車両をこのほど新たに導入した。
 堀之内工芸では、シーツ・テーブルクロスなどのクリーニングや箱折り・商品袋詰めなどの作業が行われており、現在マイクロバスなど3台の車両で利用者の送迎を行っている。しかし近年は利用者の年齢が高くなってきて車いすで通所する利用者もいることや、4月から障害者に入浴や排せつ、食事などのサービスを提供する生活介護事業にも取り組むことから、車いす対応の送迎車両の導入を検討、日本財団に助成を申請していた。
 導入された送迎車両はワンボックスタイプの普通車で10人乗り。最大4脚の車いすを搭載することができる。3月20日には納車され、高橋所長は「日本財団の助成により購入できありがたい。今後活用させていただきながら、通所者が利用しやすいよう考えていきたい」と話していた。

コメント

結の灯りアートコンテスト

2014-03-30 | '14魚沼市のニュース

一般の部は2作品が金賞

_mg_1808_mg_2018 雪を利用したロウソクの灯りアート作品の出来栄えを競う「魚沼市結の灯りアートコンテスト」の審査が3月24日、市役所小出庁舎で行なわれ入賞作品が決定した。
 このコンテストはプロジェクト結実行委員会と魚沼市、市観光協会などが毎年行なっているもの。魚沼市内で1月1日から3月15日までに制作された雪を使ったロウソクの灯りアート作品を、写真に撮って申し込むことになっており、8年目となる今回は一般の部に16点、ファミリー部門に13点の計29作品の応募があった。
 審査は、画家の早津剛氏を委員長に、大橋直樹魚沼地域振興局長、大平悦子市長、桜井俊幸プロジェクト結実行委員長、三友泰彦市観光協会長により行われ、一般の部の最高位である金賞には上条コミュニティ協議会雪まつり実行委員会が制作した「みんなで遊ぼう、猫バスとトトロ」と今泉雪灯りまつり実行委員会が制作した「『希望のひかり』が輝く魚沼市」の2作品、ファミリー部門の金賞には佐藤弌巳さんの「笑門大福」が選ばれた。
 金賞、奨励賞以外の入賞作品は次のとおり。
▼一般部門
【銅賞】「吹雪の夜、弥三郎ばさが来ると言う」小峯会(小平尾)【審査委員長賞】「ととろのすべり台」根小屋城下蒼遊会とゆかいな仲間たち【魚沼地域振興局長賞】「祝 2020東京オリンピック」J-POWERグループ【市長賞】「『祝!魚沼市制10周年』~東湯之谷をみんなで盛り上げよう~」東湯之谷コミュニティ協議会【観光協会長賞】「魚沼PRゆるキャラ“米々じいちゃん”が金メダルだ~」広神中学校文化部【結実行委員長賞】「冬季五輪~子どもに夢を~」羽川コミュニティ協議会
▼ファミリー部門
【銀賞】「めごげだね」ここ掘れ!かずくん【銅賞】「ふなっしーと雪うさぎなっしー」Anju【コニカミノルタ賞】「うま年がんばろう!」林あゆみ【本町商店街賞】「ヒカリノカベ」根小屋子ども会

コメント

ベビーマッサージ・ファーストサイン教室/資格取得スクールOPEN!!

2014-03-30 | PR お知らせ

 

 

魚沼市に赤ちゃんとご家族の子育てを応援するベビーマッサージ・ファーストサインのお教室・資格取得スクールkurumi~クルミ~がオープンしました。

 

kurumi~クルミ~では、光り輝く子どもたちの未来のために、親子で一緒にふれ合い、遊び、学べる場をご用意しております。現代社会で今もっとも必要とされている「コミュニケーション力」の育成を赤ちゃん期から親子で実践できて、人との関わり方を自然に学べる体感的なお教室です。保育士・幼稚園教諭がお届けするお教室kurumiでは2つのお教室を開催中です。

 

 

 

Photoベビーマッサージ教室・・・赤ちゃんの肌とママやパパの肌のふれ合いを体感します。手と手、心と心が触れ合う、親子の絆を深める大切なコミュニケーションが楽しく学べます。

 

【4月定期レッスン(講師自宅) 4月10日、17日、24日(10時~12時)3回¥9,000 残席3名】※手順シート、オイル・おしっこシート代込、1回のみ参加¥4,000

 

 

 

Photo_2ファーストサイン教室・・・お話前の赤ちゃんと手を使ってお話、コミュニケーションを育むお教室です。

 

【4・5月定期レッスン(講師自宅) 4月18日、25日、5月9日、16日(10時~11時)4回¥10,000 残席3名】※サインシート、オリジナル絵本等の教材費込み、1回のみ参加¥3,000

 

※プライベートレッスン、出張レッスン(県内無料)、各種イベント参加ご予約お承り致します。

 

 

 

kurumiで資格が取得できます!!私も3児の母であり、ママセラピストとしてお仕事をさせて頂いておりますが、ママが協会員の大半を占める当協会では、お子さんと一緒に学べる!!働ける!!環境づくりをしています。赤ちゃんとご一緒にお教室の先生も目指せます!!随時、無料ガイダンス行なっています。

 

詳しいお問い合わせはお教室専用:025-793-7510

 

専用メールフォーム:kurumimilk@amail.plala.or.jpまでご連絡下さい!!

 

HPはこちら→http://kurumimilk.net/

 

ブログはこちら→http://ameblo.jp/kurumimilk-baby/

 

素敵な出会いをお待ちしております。

ロイヤルセラピスト協会認定講師 米山香菜子

 

コメント

山森勲さんを偲ぶ会

2014-03-29 | '14魚沼市のニュース

思い出語り別れ惜しむ

Img_7293 昨年12月に交通事故により亡くなった魚沼市堀之内の獣医師、山森勲さんを偲ぶ会が3月22日、Aコープ堀之内店で開かれ、集まった人たちが山森さんの業績を振り返るとともに思い出を語り合った。
 山森さんは北海道出身。獣医師として旧堀之内町職員となり魚沼地域の畜産業の振興に尽力。退職後は動物用医薬品販売会社に勤務するとともに自宅に雪国動物医院を開業していた。職員時代から地域の文化活動に積極的に取り組み、徐々坊敬慕会事務局長として堀之内の江戸期の俳人・宮徐々坊の業績を広く紹介したのをはじめ、山岡荘八顕彰会事務局長として顕彰碑の建立や業績を後世に伝える活動を展開。郷土史研究家として貞心尼などの研究にも力を注いだ。
 偲ぶ会は山森さんと親交の深かった人たちにによる実行委員会が開いたもので、魚沼市内を中心に南魚沼市、長岡市などから約90人が出席した。
 会では発起人代表の星野芳昭さんが「本日は大勢の方からご出席いただき、たぶん山森さんも喜んでいるのではないと思います。短い時間かもしれませんが山森さんを偲んでいただき、懐かしい話をお互いにさせていただければ幸いです」とあいさつ。実行委員の宮正?さんから、この日記念品として出席者に配布された遺稿文集について説明され、坂西省吾さんから掲載されている山森さんの俳句が紹介された。
 献杯の後はテーブルスピーチで山森さんの思い出が語られ、生前の写真も会場に映し出されて故人を偲んでいた。

コメント

浅草岳スキーツアー

2014-03-29 | お知らせ

4月13日と20日に実施
浅草岳の雄大な自然を満喫しながらスキー、スノーボード、トレッキングを楽しむ第58回浅草岳スキーツアーが4月13日と20日に行なわれることになり参加者が募集されている。
 開催日の前日か当日に入広瀬地区の民宿、旅館の宿泊した人限定のツアー。スノーボードやトレッキング(歩きのみ)でも参加できる。
 ツアーの参加資格は中学生以上でスキーはシュテムターンができる人、スノーボードは中級以上の人。標高差約1000mを登り、下山する体力のある人。登りの所要時間は約5時間。
 募集人員は各回30人で最少実施人数は10人。参加費は8000円(宿泊料・1泊2日、ツアー参加費、傷害保険込み)。温泉のある宿は500円増し。
 当日は、ホテル大自然館前を7時に出発し、11時30分から12時頃に山頂到着、13時に下山を開始し、15時までにホテル大自然館前に到着の予定。
 申し込みは次の宿へ。
【入広瀬地区】大島、とちおや
【大白川地区】休場、才七、大雲沢ヒュッテ、喜楽荘、目黒、花登
【五味沢地区】音松荘、浅草山荘



コメント

春の全国交通安全運動

2014-03-29 | お知らせ
 
4月6日から10日間実施
春の全国交通安全運動が4月6日から15日までの10日間実施される。
 スローガンは「春風に のせよう マナーと 思いやり」。運動の重点は《1》子どもと高齢者の交通事故防止《2》自転車の安全利用の推進(特に自転車安全利用五則の周知徹底)《3》全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底《4》飲酒運転の根絶《5》横断歩行者の保護(新潟県重点)。




コメント

鼓童ワン・アース・ツアー

2014-03-29 | '14魚沼地域のイベント


6月9日 小出郷文化会館

「鼓童ワン・アース・ツアー2014~神秘」が6月9日、魚沼市小出郷文化会館大ホールで行われる。
 鼓童は、太鼓を中心とした伝統的な音楽芸能に無限の可能性を見出し、現代への再創造を試みる集団。1981年、ベルリン芸術祭でデビュー。1年の3分の1を海外、3分の1を国内、3分の1を本拠地・佐渡島で過ごし、これまでに46か国で3700回を超える公演を行い、12年からは歌舞伎俳優・坂東玉三郎を芸術監督に招聘している。
 今回の公演は、坂東玉三郎の演出による「ワン・アース・ツアー」第2弾。「神秘」と題した同作では、太古より我が国に伝わる神事(カミゴト)を、劇場空間で構成、さらに進化した鼓童の太鼓芸能を披露する。
 公演は18時30分開場、19時開演。入場料は全席指定でS席6000円、A席5000円。友の会・サポーターズクラブ先行発売が4月5日9時から、一般発売が4月19日9時から。問い合わせは同館《電》025-792-8811へ。

コメント

空手で全国大会出場

2014-03-29 | '14魚沼市のニュース


守門中1年の岡部海輝くん

Img_7483 魚沼市須原の岡部海輝くん(守門中1年)が空手の全国大会に出場することになり、3月25日に星勉教育長から激励金が贈られた。
 岡部くんは3月28日から30日まで北海道北広島市で開かれる文部科学大臣旗争奪はまなす杯第8回全国中学生空手道選抜大会の個人組手競技に出場する。
 岡部くんは小学生の時も何度も全国大会に出場しており、現在、堀之内体育館と大和中学校で毎日2時間の稽古に励んでいる。今年に入ってからは山梨県の道場に通っての稽古も行ってきている。
 堀之内庁舎を訪れ激励金を受け取った岡部くんは「ベスト8に入ると全日本の強化選手になることができるので、それを目指してがんばりたい」と全国大会への意気込みを語り、星教育長からは「まだ中学1年生で先が長いので、怪我をしないよう精一杯がんばってください。北海道はまだ寒いので風邪をひかないように」と激励の言葉が送られていた。

コメント

二科会絵画彫刻展

2014-03-29 | '14魚沼地域のイベント


4日から池田記念美術館

Photo_3 南魚沼市浦佐の池田記念美術館では「二科会新潟県会員会友 絵画彫刻展」を4月4日より開催する。
 同展は新潟県の二科会会員と会友の絵画と彫刻自選作品約60点を展示するもので、会期は4月29日まで。期間中の6日、13日、26日には14時から出展者によるギャラリートークも開催される。
 開館時間は9時から17時、水曜休館。入館料は大人500円、高校生以下無料。

コメント

春の火災予防運動

2014-03-29 | お知らせ


4月1日から7日まで実施

平成26年「春の火災予防運動」が4月1日から7日まで実施される。
 運動の重点目標は「住宅防火対策の推進」で、消防本部では「全国各地では住宅用火災警報器(住警器)が設置されていたため、大事に至らなかった事例が多数報告されています。大切なご家族を守る上でも是非、設置をしましょう」と呼びかけるとともに、「春とはいえ、まだまだ朝晩は寒い日が続くので暖房器等、火の取り扱いには充分に気をつけましょう。また、今年は油漏れによる出動が多くなっています。ホームタンク等からの給油時は、終るまでその場から絶対離れないようにし、バルブなどが確実に閉まっているかを確認しましょう」としている。
 なお、4月5日には「防火対策キャンペーン」がスーパー原信小出東店駐車場で開催され、住警器の設置促進なんでも相談、消防音楽隊の演奏、消防車両の展示、消防戦隊ウオヌマンによる防火広報、ポケットティッシュの配布などが行われる。時間は10時から12時。

コメント

若松憲昭写真展

2014-03-29 | お知らせ


4日から小さい記念館

Photo_2 魚沼市親柄の小さい記念館では若松憲昭写真展「小さな命たち・アマゾン川源流部(ペルー・ボリビア)」を4月4日から6日まで開催する。
 東京都在住の写真家、若松さんがアマゾン川源流部を旅して撮影した世界一の規模である熱帯雨林にすむ小さな生物たちの姿を紹介する。
 時間は9時から17時30分。入場無料。

コメント

記者日記

2014-03-29 | 小出郷新聞コラム

下手の横好きではあるが、今年も魚沼市内外のスキー場に何度か足を運んだ。あくまで個人的な見解だが、今冬は土日の天候があまり良くなかったように思う。少し残念なシーズンだった。雲一つないような青空の下でのスキーは実に気持ちがいい。日ごろのストレスが一気に抜けていくような感覚がするところが、筆者がスキー場へ行く理由の一つとなっている▼また、リフトに乗って滑っている人たちを見るのもけっこう楽しい。小さい子どもたちが果敢に滑っていく姿や親子で滑っている姿は微笑ましいし、雪にまみれながら縦横無尽に滑る若いボーダーのパワーを羨ましいと思い、年配のスキーヤーの熟練の滑りに感心させられる。そして何よりゲレンデでは多くの笑顔を見ることができるところがいいと思っている。ゲレンデを訪れるスキーヤー、ボーダーは友人同士や親子で楽しみに行くのだからそこに笑顔があるのは当然のことであり、一人で行ってもその笑顔を見ていると楽しい気分にさせてくれる▼一時は減少の一途を辿っていた来場者数であったが、近年は少しずつ回復してきているとも言われている。子どものリフト料金を無料にしたり、19歳のリフト料金を無料にするなど様々なサービスによる誘客への取り組みの効果との見方もある。また、今冬のソチ冬季オリンピックで南魚沼市の小野塚彩那選手がフリースタイルスキーハーフパイプで銅メダルを獲得するなど日本選手の活躍は、子どもたちや若者たちのスキー、スノーボードへの関心を高めてきているようだ。▼スキーやスノーボードは用具やウエアなど比較的お金のかかるスポーツであり、天候次第では寒さや冷たさを我慢しなければならない時もあるが、スキー、スノーボードならではの楽しさがある。今年のシーズンも終盤となってきたが、残り少ないシーズンをより多くの人たちから楽しんでもらいたいと思うとともに、来季はさらに多くの人たちがスキー場を訪れてくれることを期待している。

コメント

薬師でタイムレース

2014-03-29 | '14魚沼市のニュース

練習の成果を競う

Img_7318 湯之谷ジュニアレーシングクラブでは、第4回チャリティータイムレース「MIZUE CAP スーパーオリンピックス」を3月23日、薬師スキー場で開催、魚沼市内外の小学生から一般までの参加者が今シーズンの練習の成果を競った。
 この大会は、子どもたちに練習の成果を試す機会を与えようと毎年開かれている。
 魚沼市出身でトリノ冬季五輪日本代表、ワールドカップなど世界の舞台で活動している星瑞枝選手の名を冠したこの大会には魚沼市内を中心に県内外から60人が出場した。
 競技はジャイアントスラローム2本の合計タイムを競うもの。この日は晴れたり雨が降ったりの変わりやすい天候となったが、慎重にゴールを目指す低学年の子どもたち、果敢にコースを攻める高学年や中学、一般の参加者に声援が送られていた。
Img_7353 Img_7462 競技の合間には星選手が着用したヘルメット、ゴーグルなどのオークションやプレゼント、ワールドカップで付けたビブス(ゼッケン)が当たる宝探しなども行われ参加者を喜ばせていた。
 また、会場の薬師スキー場では22、23の両日、「FMX」のダイナミックな雪上バイクショーが開催され、豪快なジャンプが会場の人たちを楽しませていた。
 タイムレースの結果は次のとおり。
【男子】
▼小学1・2年《1》大平陽生(須原レーシング)《2》内田晃羽(薬師スキースクール)《3》高橋陸都(湯之谷JRC)
▼小学3・4年《1》杉田光生(長岡AJR)《2》小宮山侑莉(須原レーシング)《3》木下柊人(同)
▼小学5・6年《1》笠原拓朗(広神東小)《2》渡部要(湯之谷JRC)《3》貝沼遼太郎(同)
▼中学生《1》桜井敏規(湯之谷JRC)《2》近藤勇貴(小出中)《3》星諄和(湯之谷JRC)
▼青年《1》目黒優平(湯之谷スキークラブ)
▼成年《1》桜井嘉紀(大湯温泉JSF)《2》杉田和生《3》桜井太
【女子】
▼小学1・2年《1》水落日子(奥只見スノーアカデミー)《2》佐藤珠花(井口小)《3》星結衣(奥只見スノーアカデミー)
▼小学3・4年《1》佐藤玲奈(井口小)《2》櫻井瑠那(大湯温泉JSF)《3》櫻井瑠里(同)
▼小学5・6年《1》星侑里(湯之谷JRC)《2》佐藤結衣香(同)《3》星莉妙子(井口小)
▼中学生《1》中澤七香(湯之谷JRC)
▼一般《1》難波真理(八海山エンゼル高速隊)《2》末永祥子

コメント

没後20年特別展

2014-03-29 | '14魚沼地域のイベント


トミオカホワイト美術館

Photo 南魚沼市上薬師堂のトミオカホワイト美術館では、富岡惣一郎没後20年特別展・富岡惣一郎「白の世界シリーズ」を開催している。
 同展示では、制作活動の初期から晩年にいたるまで、各年代の作品約50点を展示している。
 開館時間は10時から17時。入館料は大人500円、小・中・高校生250円。水曜休館(4月30日、5月7日は開館)。

コメント

酒気帯び運転で懲戒処分

2014-03-29 | '14魚沼市のニュース


魚沼市

魚沼市は3月25日付けで、酒気帯び運転をした公民館施設管理員(54・非常勤職員)に停職3か月の懲戒処分を行ったことを発表した。
 このことについて大平悦子市長は「全職員に対し、交通事故・違反の防止を訴えてきておりましたが、重大な違反が起きてしまったことに対し、大変残念に思っています。非常勤職員も、全体の奉仕者である公務員の一員であることを自覚し、規律保持を徹底させるよう、研修等を実施し資質向上を目指します」とのコメントを発表した。

コメント