魚沼WEBニュース

新潟県魚沼市や周辺市のニュース・情報をお届けします!週刊「魚沼WEBニュース」 ★★ 提携 「小出郷新聞社 」

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「小出まつり」が開幕

2012-08-25 | インポート

26日には県警音楽隊パレード

魚沼の夏を彩る恒例の「小出まつり」が今年も8月25日から27日まで行われる。
 例年どおり多彩な催し物が計画されており、今年は26日に県警音楽隊を迎えて交通安全パレードや演奏会が行われるのをはじめ、歌謡ショーには昨年に引き続き、2010地方アイドルナンバー1決定戦でグランプリを受賞した「Negicco(ねぎっこ)」が出演、消防戦隊ウオヌマンのパフォーマンスも披露される。
 目玉イベントの花火大会は26日19時30分から。また、花火に合わせて「魚沼吹奏楽団水辺のコンサート」が小出橋上流側の河川公園で開かれる。恒例の自由参加「大民謡流し」は27日19時15分から本町通りで行われる。行事内容は次のとおり。
【街頭行事】
【25日】囃子屋台(浦町蛟龍会・18時~)▼お御輿お祓い(悠興会、稲荷町、横町、羽根川・18時30分~)
【26日】お御輿(悠興会、稲荷町、横町、羽根川、青島、古新田こども・7時~17時)▼神社御神輿渡御(清水川辺神社・9時~12時30分)▼囃子屋台(小出囃子同好会・9時30分~17時30分)▼県警交通安全パレード(本町通り・12時45分~14時)▼キッズダンス(本町交差点・16時~)▼魚沼産☆夢ひかり(同・16時30分~)▼水辺のコンサート(魚沼吹奏楽団=魚野川河川公園小出橋詰・19時30分~)▼花火大会(19時30分~20時40分)
【27日】踊り屋台・囃子屋台・へそ踊り・お御輿(浦町蛟龍会、南本町、干溝・7時30分~18時30分)▼よさこいソーラン・フラダンス(本町交差点・12時20分~13時)よさこいソーラン2(同・17時30分~)▼大民謡流し(本町~三番町・19時15分~20時15分)
【演芸大会】(清水川辺神社境内特設ステージ)
【25日】アマチュアバンドライヴ(15時~18時)
【26日】新潟県警音楽隊演奏会(14時20分~15時・雨天時13時~小出郷福祉センター)▼小出中学校吹奏楽部演奏会(17時~18時・雨天中止)▼消防戦隊ウオヌマン・パフォーマンス(18時15分~・19時45分~)▼歌謡ショー(葉月みなみ・18時30分~・20時~)
【27日】▼フラダンス(ヴィーナス・アロハ、なかよしアロハ=18時~)▼フラダンス(ホアビリ・18時15分~)▼パラパラ(ママ&チビパラーズ・18時30分~)▼民謡(魚野民謡会・長谷川三絃会・18時45分~)▼舞踊(佳珠美社中・18時55分~)▼同(丸山会・19時15分~)▼同(幸翔会・藤翔会・19時30分~)▼歌謡ショー「Negicco(ねぎっこ)」(20時~20時30分)
【その他】
【25日】お神輿お祓い(清水川辺神社・18時30分~)▼盆踊り(四日町諏訪神社・青島上之山神社・19時30分~)
【26日】東京小出会交流テント(清水川辺神社境内・10時30分~17時)
【27日】秋季例大祭(清水川辺神社・11時~)▼開運熊手抽選会(同・14時~15時)

コメント

「わたしの主張」地区大会

2012-08-25 | インポート

中学生の考え堂々と発表

Img_1436小千谷市、魚沼市の中学生が、日ごろ考えている清新かつ建設的な意見を発表する平成24年度「わたしの主張」小千谷・魚沼地区大会(主催=魚沼地域振興局健康福祉部・小千谷市教育委員会・魚沼市教育委員会)が8月22日、魚沼市小出郷文化会館小ホールで開催された。
 大会では、各中学校から選ばれた代表11人が、学校生活や家庭、地域で自分が日ごろ思っている主張を堂々と発表した。
 審査の結果、「恥ずかしいと思う心が、恥ずかしい」と題して、他人に流されず自分自身の考えを持つことの大切さについて発表した小千谷中学校3年生の井口美瑠さんが最優秀賞に選ばれた。
 また、優秀賞には「高齢社会を考える」という課題で発表した守門中学校3年生の佐藤紗月さん、「もし、世界中の人がみな夢をもったら」と題して発表した東小千谷中学校3年生の伊佐尚子さん、「伝統を引き継ぐ心得」題して発表した片貝中学校3年生の安達諒さん、「やらなければいけないこと」と題して発表した堀之内中学校2年生の渡辺琉々さんの4人が選ばれ、このほかの生徒には奨励賞が贈られた。
 最優秀賞に選ばれた井口さんは9月17日、燕市文化会館で開催される県大会に出場する。

コメント

平成寺子屋「子供学園」

2012-08-25 | インポート

小学生が様々な体験

Img_073421回平成寺子屋「子供学園」が8月18、19の両日、魚沼市今泉の真福寺で行われ、子どもたちが様々な体験学習や共同生活を楽しんだ。
 この子供学園は、有志による平成寺子屋の会が毎年夏休みに行っているもので、今年も地域の小学1年生から6年生まで子どもたち約30人が参加したほか、奨学生の時にこの寺子屋に参加した中学生、高校生7人がお手伝いに駆けつけた。
 18日は開園式に続いて座禅や草履つくり体験が行われ、お昼にはカレー作りに挑戦した子どもたち、午後からは近くの日付川で沢ガニやニジマスのつかみ取りを楽しんだ。また、夜は、盆踊りや映写会、腹話術も行われた。
 2日目は午前5時半に起床し、座禅や写経などのお寺での生活を体験した子どもたち、工作なども行われ、お昼にはそうめん流しに舌鼓を打った。

コメント

3回目のキルギスでの指導へ

2012-08-25 | インポート

星野さんが市長を訪問

Img_1413魚沼市小出稲荷町の星野大吉(友昭)さん(79)は、国際交流基金の日本文化紹介派遣助成事業により9月5日から14日まで中央アジアのキルギス共和国で居合道の指導を行うことになっており、20日には、今年で3年目となる指導の出発前に魚沼市の大平悦子市長を表敬訪問した。
 居合道教士七段の星野さんは、南魚沼市の国際大学で7年前から留学生に居合道を指導。ここで学んだキルギスの留学生が帰国後、道場を開き居合道を指導していることから一昨年からこの弟子の招きによりキルギスを訪れ居合道の指導と普及活動を行ってきている。
 当初から3年計画でキルギスでの指導を行ってきた星野さん。国際交流基金の事業としては最後の訪問となる今回も一般への講習や指導者講習、キルギス居合道大会の開催が予定されている。
 「昨年は小出商工会の協力で浴衣、今年は市民の協力で不要となった道着をキルギスに送りました。多くの人から活動を後押ししてもらいありがたい。3年計画の最後の年なので、今まで以上にしっかりと指導してきたい」と星野さんが意気込みを話すと、大平市長は「キルギスで居合道を習っている方々には昇段審査で魚沼を訪れた際に何度かお会いしており、これからも頑張ってほしいと思っています。星野さんからはキルギスに日本と魚沼をPRしてもらいありがたい」と話し、現地での交流に役立ててもらうため同市青島の早津剛さんが魚沼の風景を描いた水墨画の色紙(複製画)20枚を星野さんに寄贈した。

コメント

戦争体験を聞く会

2012-08-25 | インポート

9月1日小出ボランティアセンター

魚沼九条の会では「戦争体験を聞く会」を9月1日、魚沼市小出島の小出ボランティアセンター多目的室で開催する。
 聞く会は、戦争が繰り返されることがないように貴重な体験を後世に語り継ごうと開かれるもので、66年前に広島市で被爆し、平和の語り部として現在も活動している新潟県原爆被害者の会「新友会」事務局長の山内悦子さんが「十七才で被爆して」と題して体験を語る。山内さんは昨年の「うおぬま市民大学講演会」で講師を務めた。
 14時から16時。入場無料。

コメント

26日に「SU祭」開催

2012-08-25 | インポート

イベント盛りだくさん

須原スキー場PRイベント「SU祭」が8月26日、魚沼市須原の須原レク都市公園で行なわれる。
 このイベントは、須原スキー場をウインタースポーツに限らず「人と自然、人と人が繋がる交流の場」と捉え、訪れた人たちに楽しい思い出を作ってもらおうと有志による実行委員会が開催するもの。須原地区コミュニティ協議会後援。
 SU祭では、只見線小出・大白川開通70周年イベントのかかしコンテスト公開審査会をはじめ、須原スキー場の未来を考える公開トークショー(11時45分~)、オリジナルろうそくや人形などを作る体験教室、魚沼で活動するミュージシャンによるDJ・音楽ライブ、屋台、フリーマーケットや出店、ちびっこ宝探し、スイカ割り大会など多彩なイベントが行われる。
 時間は10時から17時まで。入場無料。

コメント

小学生ドッジボール大会

2012-08-25 | インポート

みつわSEVENが優勝

P8190046魚沼市内の小学生がドッジボールを通じて相互の交流を図る第4回「魚沼市長杯争奪魚沼市小学生ドッジボール大会(主催=魚沼市ドッジボールスポーツ少年団)が8月19日、小出小学校体育館で開催され、猛暑の中で子どもたちが元気いっぱいのプレーを展開した。
 同大会には市内から8チームが出場、大会は予選リーグと、リーグの結果により組み合わせが決まる決勝トーナメントが行われ、熱戦の結果、みつわSEVEN(堀之内連合子ども会)が優勝した。2位はレッツゴー!ちびっこ軍団(羽根川・横町・浦町連合子ども会)、3位は若バスターズ(若葉町子ども会)、敢闘賞はブルーファイターズ1(青島子ども会)、魚沼賞は、なめこオールスターズ(古新田子ども会)となった。

コメント

9月8日に「ふれあいまつり」

2012-08-25 | インポート

またたびの家

魚沼市須原の就労継続支援事業「またたびの家」(目黒邸前)では第9回「ふれあいまつり」を9月8日、またたびの家と近くの「ふれあいショップまたたび」で開催する。時間は10時から15時。
 まつりでは、10時30分から地域から提供された不用品などを販売する「ふれあいバザー」、11時30分と14時には「福餅まき」が行われるほか、会場には「またたびの家」のオリジナル製品やたいやき、焼そば、かき氷、ヨーヨー釣り、舞茸ごはん、キッズコーナーや、「わかあゆ社」のたこ焼、わたあめの模擬店も出される。受付で割引券とポップコーンをプレゼントする。
 また、前日の9月7日までバザーで販売する品物が募集されている。受付は月曜から金曜の8時30分から17時までで、連絡により取りに伺う。
 問い合わせは「またたびの家」《電》797-3880へ。

コメント

八幡宮で盆踊り「大の阪」

2012-08-25 | インポート

ゆったりと伝統の舞

Img_1299_1国の重要無形民俗文化財に指定されている盆踊り「大の阪」が8月14日から16日までの3日間、魚沼市堀之内の八幡宮で踊られた。
 「大の阪」は、江戸時代に堀之内が縮布の市場として京阪地方と商いが盛んだった頃にもたらされたと伝えられている。
 高さ6メートルほどの櫓(やぐら)を組まれた八幡宮の境内では、櫓の上に太鼓の打ち手、下には音頭取りと笛の吹き手。その周りを輪になって踊る「大の阪」はゆるやかで、一歩下がって二歩進み、腕は肩より下げないように踊るのが基本で、櫓の周りには優美な踊りの輪ができる。
 日中の猛暑も少し緩んだ夜の境内には浴衣姿などの踊り手や子どもたちが大勢集まって、踊りの輪ができていた。また、境内には食べ物などの屋台も出され、夏の夜をゆっくりと楽しむ人の姿がみられていた。

コメント

ウッドフラワー教室

2012-08-25 | インポート

9月に伊米ヶ崎公民館

ウッドフラワー教室が9月7日、伊米ヶ崎公民館で開かれる。講師は干溝の大平知子さんと虫野の滝口ミチ子さん。時間は13時から16時。参加費は1000円(材料費)。申し込みは同公民館《電》792-0082(9時から16時)。

コメント

うおぬま森の学校

2012-08-25 | お知らせ

9月9日

「うおぬま森の学校」では魚沼市の花カタクリの群生地整備作業を9月9日、小出公園で行う。カタクリ群生地周辺の草刈りなどで、時間は8時から11時まで。集合場所は第3リフト乗り場駐車場。申し込みは9月6日までにNPO法人魚沼交流ネットワーク《電》792-1336へ。

コメント

「屋台囃子in皇大神宮」

2012-08-25 | インポート


楽しもう堀之内の2つの宝物
9月2日
 魚沼市堀之内の2つの宝を楽しむ「屋台囃子in皇大神宮」が9月2日、堀之内の皇大神宮拝殿で行われる。
 堀之内の「皇大神宮」は、今もお神送り、お神迎えには、近隣市町村から大勢の人たちが参拝に訪れる。また、「十五夜まつり」に繰り出す「屋台囃子」は現在、島河屋台連と稲荷町屋台連の2団体が1年を通して練習に励んでいる。
 このイベントは、「堀之内の宝物である皇大神宮と屋台囃子を楽しんでもらおう」と皇大市の会が「皇大市」合せて毎年開催している。時間は午前9時30分頃からで演奏は1時間程度、入場無料。
 また、当日は恒例の「皇大市」も開かれる。皇大市は、堀之内地区の中心部に位置する皇大神宮界隈に昔の賑わいを取り戻そうと、毎年5月から10月までの第一日曜日に皇大神宮参道(伊勢小路)で開かれているもので、取れたての野菜や季節の山菜、趣味の工芸品などが販売されている。
コメント

記者日記

2012-08-25 | 小出郷新聞コラム

全国的に厳しい残暑が続いている。県内でも気温が高くなることで名をはせている魚沼市では8月に入ってから気温が35度を超える猛暑日が続いた後、お盆の頃には一旦、気温が下がったが、このところに来てまた猛暑日となる日が多くなっている。猛暑といえば一昨年は記録的と言われた猛暑であり、9月入っても厳しい残暑が続いた。昨年は一昨年ほどではなかったがやはり厳しい暑さだった。近年は会話の中に「近年の夏の暑さは、昔の暑さとは違う」という言葉がよく聞かれるし、筆者もそう感じている▼先日、プライベートで群馬県に出かける機会があった。群馬県は熊谷市や館林市など猛暑で知られる県なので、「魚沼同様に暑かったら嫌だな」と思いながら朝からグングンと気温が上がる魚沼を出発した。向った先は沼田市。目的地に到着して車を降りたが標高が高いためか、暑いには暑いが魚沼の暑さほどではなかった。夏でも凌ぎやすい気候のためか、道の駅などは随分と賑わっていてそこまでの道路は大渋滞となっていた。帰りにその道の駅に立ち寄ってみたが、なるほど外に居ても汗が噴出すような暑さではなく、賑わう理由がわかったような気がした。道の駅から岐路に着き僅か1時間ほどで魚沼へと帰ってきた。冷房の効いた車内にいるうちはわからなかったが、一度車から降りると、明らかに1時間前に居た場所とは違う、茹だるような暑さに全身が包まれた。車で1時間あまりの場所なのにこれほど気温が違うのかと愕然とさせられた▼日本国中、どこに行っても同じように暑いと思えば、仕方ないとも思えるのだが、車で1時間あまりしか離れていないのに、随分と凌ぎやすいところがあると思うと、損をしているような気持ちになった。気温ばかりでなく、今年の夏は降水量も少なく、田んぼが水不足となっているところも出てきている。8月もすでに残り僅か。そろそろ厳しい残暑が去って、爽やかな気候になってもらいたい。

コメント

ライオンズ新人球技大会

2012-08-25 | インポート


野球は広神中が優勝

Img_1352_1Img_1383Img_1406魚沼ライオンズクラブ主催による第49回「魚沼市中学校親善新人野球大会」が8月18日と19日、第46回「魚沼市中学校親善新人バスケットボール大会」と第33回「魚沼市中学校親善新人バレーボール大会」が8月18日にそれぞれ行われ、中学生が厳しい残暑の中、熱戦を展開した。
 野球大会は、小出中学校野球場で行われ5チームが出場。広神中学校が決勝戦で湯之谷中学校を破り優勝した。
 バスケットボール大会は小出中学校体育館で行われ、4チームが参加した男子では広神中学校が優勝、小出中学校が準優勝となった。4チームが参加した女子では小千谷中学校が優勝、小出中学校が準優勝となった。
 バレーボールは小出郷総合体育館で行われ5チームが参加。湯之谷中学校が優勝、小出中学校が準優勝となった。

コメント

魚沼地区珠算競技大会

2012-08-25 | インポート

小中学生115人腕前競う

第32回「魚沼地区珠算競技大会」(全国珠算教育連盟新潟県支部主催)が8月19日、小千谷市のサンプラザで行われ、魚沼地域の小中学生が日頃の練習の成果を競った。
 大会は、総合競技、種目別の読上暗算競技・読上算競技、個人順位決定戦、フラッシュ暗算競技が行われ、魚沼4市から約115人が参加した。結果は次のとおり(魚沼市関係分のみ)。
【団体】▼小学校低学年《2》小出珠算学校佐梨教室《3》堀之内珠算塾▼同高学年《2》小出珠算学校伊米ヶ崎教室《3》同佐梨教室
【個人総合】▼小学校低学年《2》近藤千織(佐梨)《3》吉田悠佑(堀之内)《6》大平乃愛(佐梨)▼同高学年《2》関美登莉(伊米ヶ崎)《5》植木美結(佐梨)▼中学生《3》齋木李帆(佐梨)
【読上暗算】▼小学校低学年《1》吉田悠佑(堀之内)《2》近藤千織(佐梨)《3》真島莉帆(堀之内)、山内稜太(佐梨)▼同高学年《1》関美登莉(伊米ヶ崎)《2》植木美結(佐梨)▼中学生《1》齋木李帆(佐梨)《3》杉山百合恵(伊米ヶ崎)
【読上算】▼小学校低学年《1》近藤千織(佐梨)《2》吉田悠佑(堀之内)《3》杉山亜理沙(伊米ヶ崎)、鈴木夢美(堀之内)、真島莉帆(同)、井口あか莉(佐梨)▼同高学年《1》関美登莉(伊米ヶ崎)《2》植木美結(佐梨)
【フラッシュ暗算】▼小学校低学年《2》吉田悠佑(堀之内)《3》近藤千織(佐梨)▼同高学年《2》関美登莉(伊米ヶ崎)《3》植木美結(佐梨)

コメント