魚沼WEBニュース

新潟県魚沼市や周辺市のニュース・情報をお届けします!週刊「魚沼WEBニュース」 ★★ 提携 「小出郷新聞社 」

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

楽しくものづくりを学ぼう

2007-07-31 | お知らせ

テクノスクールで工作教室

小学生から楽しくものづくりを学んでもらう第1回「夏休みこ

ども工作教室」が8/24魚沼市掘之内の県立魚沼テクノス

クールで開かれる。県立魚沼テクノスクールの主催、魚沼市

ものづくり振興協議会の共催。教室は小学4~6年生が対象

で保護者同伴も可。①電気コース・延長コードづくり②木工コ

ース・本立て、コースターづくり③石膏コース・足形づくり④動

力コース・モーターで動くものづくり、の4つのコースがあり各

コースとも定員15人。申し込み先着順。時間は13:30~15

:30まで。参加費は100円。申し込みは8/10までに所定

の申し込み用紙に必要事項を記入の上、県立魚沼テクノスク

ールへ。問い合わせは、同テクノスクール794-2410へ。

コメント

約1000冊の子どもの本展示

2007-07-30 | お知らせ

8/4から「夏休み絵本村」

子どもたちから絵本に親しんでもらう第6回「夏休み絵本村」

が8/4~8/12まで魚沼市須原の守門交流センターで開

かれる。この催しは、市内外の子どもたちが絵本を楽しんだ

りお話しを聞いたりして、本に対する関心を高める機会にしよ

うと、有志による実行委員会が主催して行われる。絵本村で

は、絵本を中心に子どもの本を約1000冊展示、手にとって

見ることが出来る。8/4にはオープニングセレモニーが10:

00~11:45の間行われ、児童文学者・齋藤惇夫さんの講演

会が開かれる。演題は「子どもたちへのメッセージ『冒険者た

ち』について」。また、会場では毎日、10:30~11:00に「お

はなし会」が開かれるほか、「手作り絵本教室」「石ころペイン

ティング」などのワークショップも開かれる。絵本村の開催時間

は9:30~16:30で入場無料。

コメント

小出高校ベスト8は25年ぶりの快挙

2007-07-29 | ニュース

第89回全国高校野球新潟大会

小出高等学校野球部は第89回全国高校野球新潟大会で

7/28直江津高校を6-2で下し25年ぶりにベスト8に進

出した。準々決勝は長岡工業と7/29新発田市五十公野

球場で13:00から。

UX高校野球サイト

コメント

小出高校の6学級維持を

2007-07-28 | ニュース

魚沼市・南魚沼市が県教委に要望書

魚沼市と南魚沼市は「新潟県立小出高等学校の6学級維持

を求める要望書」を7/18新潟県教育委員会に7/19に地

元皆川雄二県議に提出した。7/2に新潟県教育委員会が公

表した「中長期高校再編整備計画」で、小出高校の平成20年

度募集学級数が、現在の6学級から5学級に1学級削減され

る計画になっている。このことからまず、7/12は小出高等学

校同窓会が「中長期高校再編整備計画」の見直しを求める要

請を魚沼市長に行い、これを受けて魚沼市長、南魚沼市長の

連名で県教育委員会に要望書を提出したもの。要望書では「

このことは募集学級の単なる1学級減にとどまらず、学校現場

の混乱や意欲減退、ひいては魚沼地域全体の今後の発展に

大きな影響を与える問題。小出高校の近年の努力や地域住民

の期待や信頼に逆行している」と6学級の維持を強く求めること

にしている。

コメント

親子で星を見ながら歩こう

2007-07-27 | お知らせ

「星空ときめきウォーク」参加者募集

夏の夜、親子で星を見ながら歩く第一回「星空ときめきウォ

ーク」が8/18に実施されることになり、参加者が募集され

ている。「星空ときめきウォーク」は平成16年まで実施され

ていたナイトウォークのような大規模な企画ではなく、市内の

ファミリーをメインターゲットとしたアットホームなイベント。「

夏の夜に、親子で星を見ながらウォーキングし、親子のふれ

あいを深めてもらおう」と企画された。コースは市役所広神庁

舎をスタートし、主要地方道小出守門線を歩いて大倉沢まで

行き、国道252号線、市道親柄金ヶ沢線を通って広神庁舎

でゴールする全長約15km.。当日は17:00から受付開始で

18:30から開会式を行い19:00にスタートする。参加費は

500円。参加者全員に参加賞が用意される他、抽選で協賛

各社提供による景品をプレゼントする。申し込みは所定の申

込書に必要事項を記入し魚沼市教育委員会生涯学習課スポ

ーツ振興室または各総合事務所へ参加費を添えて。締め切

りは7/31問い合わせはスポーツ振興室794-6074へ。

コメント

出演者を募集

2007-07-25 | お知らせ

第33回音楽の夕べ

11/11に小出郷文化会館で開催される「音楽の夕べ」の

出演者が募集されている。演奏曲は主にクラッシック音楽

とし、演奏時間は個人が4分、団体が8分(出入り含む)。

参加費は個人、団体問わず一人300円。締め切りは8/31

申し込み、問い合わせは魚沼市文化振興果792-8811へ。

コメント

小出高校陸上部4人がインターハイ出場

2007-07-23 | ニュース

魚沼市が激励金贈る

今月28日から佐賀県で行われる全国高等学校総合体育

大会(インターハイ)に出場する小出高校陸上部の選手4

人に7/17魚沼市から激励金が贈られた。同陸上部から

インターハイに出場するのは3年生の鈴木さん(200m.40

0m.)、2年生の貝瀬さん(110m.ハードル)、下村さん(80

0m.)、1年生の高橋さん(100m.ハードル)の4人。この日

は顧問の先生とともに市役所小出庁舎を訪れ、市長から一

人づつ激励金が手渡された。

コメント

真夏に雪の上で遊ぼう

2007-07-22 | お知らせ

「うおぬま ふれあい夏の雪まつり」

「うおぬま ふれあい夏の雪まつり」が7/28・29の両日に

魚沼市銀山平で行われる。大量の雪を特殊シートで保存し

真夏に繰り広げられるこの雪まつり。祭の目玉となるサマー

ゲレンデは、そりすべりなどを楽しんでもらうほか、子ども達

に人気の魚のつかみどり、恒例の万年雪ツアー、カヌー体験

など多彩なイベントが計画されている。また、会場内の出店

ブースには合併によりさらに多彩な内容となり、28日には湖

上燈籠流し、花火大会、盆踊りなどが行われる「尾瀬三郎供

養際」がある。

コメント

魚沼市では掘之内で震度5弱

2007-07-21 | ニュース

7月16日午前10時13分に発生した新潟県中越沖地震この

地震で魚沼市も掘之内地域で震度5弱、その他5地域で震度

4を記録し、市は16日10時40分に警戒本部を設置、11時22

分と13時に会議を開き被害を把握するとともに対応を行った。

魚沼市の人的被害は転倒による手首負傷をはじめ、打撲・過

呼吸症候群、嘔吐など6人。その他の被害では小出郷文化会

館大ホール天井、町民第2体育館トイレにヒビが見つかった他

上稲倉地内法面に2ヶ所小崩落、根小屋地内水路橋取り付け

部一部沈下、国道252号和田橋取り付け護岸の一部損傷が見

られたが、特に甚大な被害報告は無かった。

コメント

新潟県中越沖地震

2007-07-21 | ニュース

24時間体制で倒壊家屋を探索活動

魚沼市消防本部が出動

青年会議所が災害ボランティアセンターを立ち上げ

湯之谷温泉郷が被災者の入浴受け入れを決定

41

「倒壊家屋の中に人が取り残されていないか

確認の為に柏崎市中心部に入った。凄まじい

壊滅状況だった。10名が亡くなっているが、も

しも深夜に地震が来ていたら相当な死傷者が

出ていたと思える。海岸沿いに行くほど倒壊家屋が多く瓦屋根

と土壁を用いた家の多くが倒壊していた。刈羽村では中心部も

山際も全壊半壊家屋が多数あり、住める家屋が少ないように感

じた。中越大地震より倒壊家屋が多いように感じる」と魚沼市消

防本部・外角誠消防指令補は語る。被災者のストレスは深刻化

している。18日午後には90歳男性が体調不良を訴えて病院に

42 搬送された。心筋梗塞で亡くなる方。電気・水道

が18日から復旧しつつあるが、ガスの復旧には

1ヶ月かかると予想される。夏場では、クーラーが

無い状況での熱中症・感染症に備えなくてはならない。高齢者には

特に気を配る必要がある。

●入浴受け入れを決定

湯之谷温泉郷の旅館・ホテルでは、被災者の入浴受け入れを18日

決定した。被災地と協議しながら送迎バスを運行し、入浴希望者の

受け入れを行う予定である。

●青年会議所がボランティア

青年会議所(JC)は県単位の組織である新潟ブロック協議会が初日

から現地入り、社会福祉協議会と協議しながらボランティアセンター

と災害対策本部を設置。当面は、避難所の開設情報と物資運搬を

担当し、各避難所に水と食料の配送を行っている。

写真提供・・・魚沼市消防本部

コメント

地震が発生しました

2007-07-16 | ニュース

16日午前10:13

上越中越沖にて

震度6強の地震が発生しました。

新潟県中越沖地震についてのリンク

コメント

魚沼の魅力を発信し移住者・ファンを募る

2007-07-15 | ニュース

田舎暮らし協議会が発足

魚沼をもっと知ってもらい、都会からのI・Uターン者を受け入

れて定住希望者の受け皿となりたい。「うおぬま田舎暮らし推

進協議会」が7/10発足して、農家民宿の経営者および市職

員などが構成員となり、魚沼の資源(お宝)を発掘し、都市へ

の情報発信を行うこととなった。主だった事業は、農作業体験

自然体験を通して「癒し」を与えること。団塊の世代に稲刈りな

ど、子どもの頃の田舎体験、人どおしのふれあいを通じて魚沼

を知ってもらいたいというものだ。設立総会は入広瀬地区穴沢

の農家民宿「一陽」で行われ、同民宿経営の土方陽子さんが

会長に、副会長に佐藤貞一さんが選ばれた。今年度は①空き

家・遊休地調査と伝統文化などの魅力の発信、地元食材を用

いたメニュー開発をおこない、情報発信体制を整える。②田舎

暮らし希望者や自然観察ガイド等の受け入れ・養成事業。③

秋冬の田舎暮らし体験事業をおこない、魚沼のファンや移住

者を募ることである。

コメント

アユ好漁に笑顔

2007-07-14 | ニュース

友釣り解禁 9月中旬まで

7/10解禁、好漁のスタートだ。「初日は4時間で25尾の

釣果。今朝は寒く午前は釣れなかった。昼11時半から2

時間で10尾が釣れた」と市内東町のTさん。「今年は天然

溯上のアユが多く、8月が楽しみ。今年は小さいがたくさん

釣れる。大雨が降らなければ希望が持てる」と四日町のH

さん。魚沼漁協によれば上流から小出までよく釣れる。体

長は平均15センチ、友釣り占用区域を福山橋~只見線鉄

橋に設け、遊漁券(一日券)2600円で販売している。問い

合わせは魚沼漁協組合792-0261へ。

コメント

高校生が考えた「未来の魚沼」

2007-07-10 | ニュース

JC主催の論文コンクール優秀賞3作選ばれる

Photo_16 発足25周年を迎えた魚沼青年会議所は

6/30魚沼市地域振興センターで「高校生

論文コンクール」の選考発表会を開いた。

  6人の審査員のひとりである星野市長は「未来の魚沼と市

政運営の参考にもなる」と延べ、他の審査員は大桃美代子魚

沼特使、魚沼市教育長、小出郷文化会館館長、県議会議員、

魚沼青年会議所理事長。市内112名の高校生から1次選考

を通過した15名の高校生が論文を朗読。この中から3人の優

秀賞として次ぎの3人が選ばれた。

Photo_17 ・椛沢靖翔さん「未来の魚沼市 山紫水明の里に思う」

・大桃伊代菜さん「魚沼の自信と誇り」

・津山千穂さん「魚沼の大切なもの」

3名はボストン視察旅行として8/17~25まで海外旅行へ招

待される。また会場賞として他の2名が選ばれ記念品が贈呈さ

れた。

コメント

「夜回り先生」の水谷修先生が講演会

2007-07-08 | お知らせ

小出郷文化会館で7/11入場無料(申し込み制)

昨年11/23魚沼市地域振興センターで水谷修先生が来

訪して、涙を呼んだ講演会が再び開催される。7/11午後

7:00~9:00まで小出郷文化会館大ホールで無料で開催

される。講演会は「今を生きる子どもと親へ 届け!命のメ

ッセージ」と題して行われる保護者必聴の講演会。開場は午

後6:30。入場は無料だが生涯学習課へ申し込みが必要。

申し込みは生涯学習課794-6073へ。

コメント