つつじの書・・

霧島つつじが大好きです。
のんびりと過ごしている、日々の暮らしを、
少しずつ書いていきたいと思います。

エッセイ民謡(3)

2019-12-11 11:11:22 | エッセイ

エッセイ 民謡(3) 2019/9/13  課題【自由課題

教室は商店街の年配の人が多かった。
商店街と言うとざっくばらんの話し方を想像するが、お互いに敬語を使い、馴れ馴れしい感じはしなかった。住宅街からの人もいたから、高円寺という土地柄なのかもしれない。
私は若いと言うだけでよく声をかけてもらった。
先生からは年配の人には頼みにくい小さなお使い、例えば舞台に上がる時など、お茶が欲しい、バックを持ってきて等。
当たり前だが頼まれると嬉しかった。
喫茶店に入った時も傍に座るように手招きし話の輪に入れてくれた。
新入りの私でも、何か役に立つことができる、居場所があると感じた。
商店街でも古くからある古本屋のOさんがいた。
余り笑わない人で、二人きりになった時などは苦手だった。
いつもきちんと唄い駄目出しは少なかった。
私は何度も間違い、言われた所ができない。
体の力が抜けて「フッ」と笑ってしまうが、そんな照れ笑いを見たことがなかった。
帰り道、他の人と別れて二人きりになった。
歩きながら、熱心に私の話を聞いてくれた。
何か不安なことを言ったのかどうか覚えていないが、お店の前に来ても話は続いた。
それからは帰り道で沢山のおしゃべりをした。
お蔭で年上の人と話す時の緊張が少し。薄らいた。
黒い髪をきっちりと纏め、笑った時、奥の金歯が覘くOさんを思い出す。
何の唄が十八番だったのだろう。
教室の唄では毎回汗をかいていたのを気の毒に思ったのか、先生から三味線を習わないかと言われた。
思ってもみない事だった。
暫く考えたが、他の舞台で三味線を弾く若い人を見ていたから、悪くはないかと思った。
 三味線は高そう、買うのを躊躇していたら兄弟子が「ピンキリだよ、撥だって最初は木でいいんだよ」と教えてくれた。
貯金もそんなに無かったから、キリの方でも痛い出費だった。

コメント

エッセイ 民謡(2)

2019-12-03 10:34:34 | エッセイ

エッセイ 民謡(2) 課題【澄む・濁る】  2019年8月23日

民謡教室には休みながらも2年近く通った。
何とか続いたのは、年齢はまちまちだったが毎回和やかな集まりと、その人なりの特徴を尊重する稽古だったからだと思う。
中にとても上手な人が居た。
東北の唄だったかもしれないが澄んだ声が響くと皆聞き惚れた。
その人もだが、何人かが先生の個人指導を受け三味線や太鼓も習っていた。
教室の時は、会員に合わせて三味線や太鼓を叩いてくれた。 

会ではお揃いの着物を用意しなければならなかった。
先生がその事を言うと、親子で習いに来ていた呉服屋さんのお母さんが、帰り道、閉店した店に案内してくれた。
商店街の中でも大きなS呉服屋、「ちょっと待ってて」と言い奥に引っ込んだ。
豪華な着物に見とれていると、息子さんも出てきて採寸をしてくれた。
お母さんにはきちんと敬語で話している。
その後も時々お店に寄ったが、誰が買うのか素晴らしい絞りの着物があった。触るとふんわりし、とても軽かった。
ボーナスが出た時、付け下げを誂えたが、そんな時は息子さんが取り計らってくれた。

先生が出る舞台に、何とか社中みたいに弟子達が駆り出される。
勿論個人指導を受けている人は上手だから問題はないが、その域に達していない人もいる。
私などはその最(さい)たる者なのに、人数合わせに呼ばれた。

舞台が決まると、何時も舞台の立つ位置で一騒ぎがあった。
年配の女性は、前に出るのを嫌って下がろうとする。
結局若いと言うだけの理由で前列へ押し出された。
日比谷公会堂の舞台で唄っている、小さな写真がある。
今ではとても考えられないことだ。

色々揉めた舞台でも、終わると鉢洗いと言う飲み会がある。
稽古の時、厳しいやり取りで音を確認していた兄弟子達も、すっかりリラックスして先生に冗談を言っている。

私は何時まで経っても上達しないから、民謡の弟子になった気にはなれなかったが、真剣にお稽古をする風景は好きだった。

 先生の講評‥‥・下線の部分のために全文がある。

 

コメント

エッセイ 民謡(1)

2019-11-26 16:03:09 | 楽しい仲間

 エッセイ 民謡(1) 課題【触れる・離れる】 2019年8月9日


昔勤めていた会社は、春と秋の社内旅行、新年会、忘年会とよく宴会があった。
お人好しに見えたのか、必ず何かを歌えと言われた。
私はそういう席で歌える歌は何にも無かった。
だから席に座る時は気を付けた。
端っこは良くない、正面も良くない。
なるべく目立たない所、指名されそうになったら、すぐに逃げ出せる廊下に近い席を選んだ。

それが苦痛だった。
カラオケ等無い時代、宴席で歌われるのは大抵民謡か歌謡曲が多かった。
「ほーら、ほーら早く」と手拍子で促されると、慌てて歌詞のわかる黒田節や真室川音頭等を歌った。
少し慣れた頃、歌謡曲の「くちなしの花」を歌うと、歌詞にかこつけて「失恋したの」「どう言う人が好き?」等と冷やかされ肴にされた。

友人に逃げてばかりいると話すと、高円寺の民謡教室を教えてくれた。
教室は商店街の中程にある楽器店の二階にあった。
板の間には様々な楽器やレコードのポスターが貼ってあり、そこに座布団を敷いて座る。

着物姿の先生は、何枚かレコードも出した中年の女性だった。
会員は地元の商店街の人が殆どだったが、新宿の方から先生のファンらしい男性も通って来ていた。

稽古は、初めに皆で合唱し、その後に一人一人が歌う。
大きな男性が窮屈そうに正座をし、ダメ出しを聞く姿は好感が持てた。

私は民謡に向いていなかった。
耳が悪いのか聞いてもその声が出せない。
先生が指を上や下に指して促すが出来ない。
ましてや小節等はもっての他だった。

発表会が近づき、何か一つ歌えるようにしなければいけなかった。
先生は小学校の教科書にも載っている富山県の民謡「こきりこ節」、子守歌のような単調な節回しを勧めてくれた。
土が感じられない、味のある唄には程遠い出来だったが、何とか仕上がり、初舞台に立った。

宴会で唄える唄が一つ出来た。

 先生の講評・・・古き良き昔の社内旅行の風景が、目に浮かぶように描かれている。
           レトロでセピア色の味

 

   



        

 

コメント

エッセイ お彼岸

2019-11-20 10:21:11 | 楽しい仲間

エッセイ お彼岸  課題【秋・自由課題】 2019年10月11日

 もう二十年近く、地元のグループで里山を歩いている。
一人だけの男性Oさんは毎月のコースや計画を練ってくれた。
道中、道草とお喋りで先に歩くOさんに遅れても、黙って待っていてくれる、お兄さんのようだった。

 会が始まってすぐに奥様を亡くされた。
お弁当はコンビニの物が多かったので、昼食の時は、沢山のおすそ分けが集まった。

 Oさんはガイドブックの他に色々な提案をしてくれた。
菩提樹池の蛍、ザゼンソウの群生、人が余り立ち入らない里山の奥、落ち葉が深く積った小金沢、東京湾の無人島猿島、廃線になった山梨の長いトンネル。
「行ってみましょう」は、私達にとって冒険だった。

 暫くお休みをしていたが、今年の冬に亡くなられた。
以前奥様の眠る霊園のことは伺っていたので問い合わせたら、もうお墓に入られたことが分かった。
彼岸には間に合わなかったが、今月末お墓参りをする。
お好きだった珈琲をお供えするつもりだ。

 

    

コメント

江の島あたり

2019-11-10 13:30:06 | 夫と・・・・。

良いお天気につられて、
江の電に乗って散策・・・に出かけました。

大仏様にお詣りし昼食、鎌倉文学館と吉屋信子記念館、
帰りの電車で座れるかが問題。

何所に行っても疲れます。

コメント

エッセイ 耳

2019-10-30 16:43:13 | エッセイ

エッセイ 耳 課題【耳】   2019年Ⅰ月25日  

出かける時は、バスに乗ることが多い。
最近とても疲れやすくなった。
余程急用でなければ、座席に座るようにしている。
渋滞などで長い行列の時は立ってでも乗るが、停留所が近づく度に、席が空かないかとキョロキョロするから恥ずかしい。

入口から後ろの席は二人掛けが多く、そこに座ると連れの人との会話が耳に入る。
すぐ後ろの席の女性が、バイト先のあれやこれを話している。
ラストオーダーが遅いとか、お通しがどうのこうの、店長に文句を言われて泣いたとか。
居酒屋に勤めているのかなと言う様な会話だった。そんな話の後に、
「就職が決まっておめでとう」
「それはいいのだけれど、お給料が安いので心配、保険とか引かれると二十万円にならないみたい」
「バイトでは、幾ら位貰っているの」
「夏休みや多い時は三十万円以上あったわ」
「でもいいじゃない、夕方早く帰れるし、毎月決まったお給料が入るもの」

 降りる時、それとなく見たら近くの大学の学生のようだった。
華奢な体の地味な学生が、夜の居酒屋で頑張っているのだ。
「へ―― 凄いな、アルバイトの方がいいのだ」なかなか聞けない話だ。

 昼間のバスは空いている。
斜め後ろの座席は、母親と娘さんらしい二人が座っていた。

「今月は何時お金を入れるの、自分の物ばっかり買って」
「・・・・・」聞き取りにくい。
「すぐ、直ぐにと、先月も言ったよね」
「だからね・・・・・」
「今日帰り、銀行に・・・・・、いつも胡麻化すのだから、父さんも・・・・・」

大きな茶色のショールを巻いた娘さんは、周りを気にしてか、小さな声で何か言う。
お母さんは「えっ、えっ?」と聞き返し、興奮してきたのか「もうーっ」と大きな声を出し、静かになった。
何を聞いたのかな。

 

 

 

コメント

箱根駅伝予選会

2019-10-22 07:57:50 | つぶやき・・

JR立川駅通路に、箱根駅伝予選会に向けて
出場チームの旗が立っています。

何時もは10月半ばの昭和記念公園のコスモスの花の盛りの頃。
今年は年号が変わる、国家的行事によるため
1週間遅れの
10月26日(土)9:35スタート
陸上自衛隊立川駐屯地~立川市街~昭和記念公園

いよいよ駅伝の季節です。

 

コメント

ムーミン谷

2019-10-13 08:57:18 | 楽しい仲間

10月10日(木)サークルで、あけぼの子供の森公園へ行きました。
私たちは勝手に「ムーミン谷」と呼んででいます。

駅から徒歩20分は少し遠いけど、橋を渡ってすぐに入間川の遊歩道を歩きました。
途中大きな樹の下にベンチとテーブルがあり、行きも帰りもそこでお茶タイム。

気持ちのいい入間川が昨日の台風で濁流が流れた様子。
川って、女心と秋の空ですね。

コメント

エッセイ お祖母ちゃんの味

2019-10-05 11:23:51 | 楽しい仲間

エッセイ お祖母ちゃんの味 課題【食べる・飲む】2010.11.12   

          つつじのつぶやき・・・

       9年前の作品です。遠い記憶の底にあるお祖母ちゃんの漬物の味。


暗い土間を入ると、背戸から、ちろちろと水が流れ落ちる音がする。
以前は木小屋だった小さな家に祖母は住んでいた。

祖母は長生きだった。大抵日の当たる縁側で縫い物をしていた。

「お祖母ちゃん」と声をかけると、目をそばめて笑顔になる。
眼鏡は無くても縫い物は出来るといっていたが、「丁度良かった、針に糸を通してくろ」という。
何本もの針に糸を通して針山に刺した。

祖母はいつも黒っぽい木綿の着物に、長い前掛けをかけていた。
腰が大分曲がっていたから、歩く度に前掛けがひらひらしていた。
髪の毛は、ひっ詰めておだんごを作り櫛を挿していた。
その櫛を水にぬらして前髪をなでる。

時々「裏に行くか?」と言うことがある。
杖を付きながら歩く祖母について行くと、沢沿いの先に、湧き水がしみ出た窪地がある。
蕗や三つ葉などの山菜が生えていて、それを籠にいっぱい採って帰った。
あの頃、祖母とどんな会話をしたのだろう。

私は小学校に入ったばかりの頃、麻疹に罹った。
弟も続けて罹り、その後重病の肺炎になり、母が付き添って入院した。

山の家から祖母が出てきて、治りかけた私の面倒を見てくれた。
いつも側にいて、布団をはぐとすぐに首まで引き上げられた。

熱が下がった時、ご飯の上に、小さく刻んだ菜っ葉の漬物をのせて食べさせてくれた。
食欲が戻ったのか、沢山食べた。
真っ白いご飯と緑色の漬物、あの味はずーと記憶に残っていた。
後に母が作った漬物で思い出し、聞くと大根の間引き菜の一夜漬けだと分かった。

私は一時期、小さな家庭菜園を借りていた。
間引き菜を採るため大根の種を多く蒔き、一夜漬けを作ってみた。

あの時のお祖母ちゃんの味には届かなかった。

 

 

コメント

島津亜矢コンサート

2019-09-29 13:15:32 | 楽しい仲間

島津亜矢コンサートに行きました。

チケットの売り出し時期に気づくのが遅れて
完売したとのつれない返事に諦めていましたら、
10日ほど前に、「まだある」と新聞に載っているとの知らせに飛びつきました。
前から2列目、端っこに近かったけれど堪能しました。

司会者なし、踊り(ダンスなど)無し、全部一人で仕切って歌い切りました。
後半、客席に降りて握手会、その間もマイクを離さず歌いました。

 

 

コメント